趣味の総合サイト ホビダス
 

珊瑚新キットC59をシゴクヽ(`⌒´メ)ノ-20


やあ~~~っと窓ガラスをはめ込み完了しましたあ~~(>0<)/ひ~~~!!ガラスは裏からペタッと張り付けるのではなく 窓枠にキッチリハマり込む様に透明プラ板を削り はめ込んであります~ヽ(⌒〇⌒)ノ


エッチング抜きの窓は わずかな段差があるので その段差を利用して裏側から その段差に引っかかるようにはめ込んであります~ヽ(⌒〇⌒)ノ

キャブ背面の窓のみ ここはリベットを埋める際に その段差を削ってしまいましたので二枚貼り合わせの窓ガラスを作成し それを裏側から貼っています(^^;)

はめ込みによってキャブ側板の板厚を感じさせない段差の窓となったのだヽ(`⌒´メ)ノ自慢!!

キャブ内の座席を準備ちゅう~ヽ(⌒〇⌒)ノたしか青いビニール風だったと思うんだけど つや消しの青としました(^^;)


座席が付くと結構狭く感じるようになるのだ(^^;)一気にそれらしくなるのだヽ(⌒〇⌒)ノ

 そろそろプレート類も整備ヽ(`⌒´メ)ノ
確か昔買った緑プレートがあったなあ~~(^^;)もしかしてC591では??

・・・・と捜してみたら D50374でした(^^;)なあ~~んだ・・。で 一緒に出て来た天賞堂C59のプレートを今回のC591のと比べてみると・・・・・・・・で!でかい!!ヽ(●0〇;)ノ数字の数が多いだけじゃないのだ!となりの カツミのC62のプレートもでかい(>0<)/う~~ん ナンバープレートの大きさなんか気にした事なかったけど これは昔の製品はちゃんと確かめて取付けないと メチャメチャでかい可能性もあるのだ(>0<)/

という訳で シンナーに付けて剥がそうとしたんですが・・・・・・剥がれない(>0<)/ひ~~!1時間近くシンナーに付けても塗料が剥がれません(^^;)なんで~~??焼き付け塗装とか?(^^;)


結局 若干塗料が柔らかくなっている様だったので キサゲ刷毛で剥がしました(^^;)たはは
 エコーモデルのSさんが わざわざ門司港の鉄道記念館の副館長に電話して晩年の1号機は熊本機関区の緑ナンバーであったと確認していただいたのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ記念館の1号機の青ナンバーはやはり門司港機関区の色とのことヽ(`⌒´メ)ノ小倉工場保存時も門司港機関区の青ナンバーに戻したらしい(^^;)

ということで 緑の色を最初写真の左の濃いめのダークグリーンで塗ったんですがど~~も違う(ーー;)ということで 右のエナメルの緑(多分原色の緑?)で 塗りましたヽ(⌒〇⌒)ノ

・・・・が明るすぎて磨き出しの金色文字が見えにくい(>0<)/う〜〜ん

結局 一番右のもう少し濃い緑の水性アクリルカラー(アクリジョン)のグリーンを使いましたヽ(⌒〇⌒)ノ

文字もクッキリ!緑もそこそこ映えて いい感じかも~~ヽ(⌒〇⌒)ノこれにつや消しクリアを塗って いよいよ貼付けです~~ヽ(⌒〇⌒)ノきゃあ~~~!!

・・・・その前にテンダーのランプのレンズがまだだったので 作業しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

レンズは珊瑚のLP42用のプラのレンズの裏側を反射鏡のお椀型に削りましたヽ(⌒〇⌒)ノこうすると いい感じのレンズになるのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ


これでテンダー背面もキリリと締まりましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノここに緑ナンバー付けたら メチャメチャ映えるかも~~ヽ(⌒〇⌒)ノきゃあああ~~

テンダーのプレート貼り付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

緑ナンバーが黒い車体に映えてヽ(⌒〇⌒)ノすてきいい~~~!!テンダー形式表示板もメチャメチャ小さくて大変だったのだヽ(´o`;)ノひ~~~

キャブだけ プレートを貼りましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノここも緑ナンバーが映えて すてきい~~~~!!ヽ(⌒〇⌒)ノきゃああ~~!!

しかし 銘板や換算表がでかすぎて プレートだらけでギュウギュウ感が・・・・(^^;)とくに換算表がでかすぎ(>0<)/う~~~ん・・。でも 逆にこれがスケール通りだと小さすぎて扱いが大変なんですよね~(^^;)う~~む
この後 正面のナンバープレートを貼って一気に完成へ!ヽ(`⌒´メ)ノ・・・・・とは行かず まだまだ続きます~(^^;)たはは
先日付けた 室内灯とヘッドランプですが点灯する前に機関車が走り出してしまうため じっくりと夜の姿を楽しむ事が出来ません(>0<)/わあ~~ん

ということで モーター配線にオンオフスイッチを付けましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

取付け場所をどこに付けるか?必死に考えた末 ここしかありません!(>0<)/後台枠の中に基板を設置しました!!ヽ(`⌒´メ)ノ機関車をひっくり返せば 裏から矢印のネジを回せばオンオフで来ます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

これで じっくり夜の姿を楽しめるのだヽ(⌒〇⌒)ノDCCなら こんなスイッチ必要無いんですが・・・・(^^;)←アナログ人間

キャブ屋根の取り外しはあくまでもメンテナンス用なので あまり気軽に開け閉め出来ないんですよね(^^;)なので キャブ灯を点けないと せっかくのキャブ内ディティールが全く見えなくなっちゃうのだ(>0<)/

モーションプレートの白線はオモッチャっぽくなるのと失敗しそうなので躊躇してましたが やっぱり入れましたヽ(⌒〇⌒)ノやっぱ九州蒸機の特徴みたいだし自分のじゃないので1号機の仕様にこだわるのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノで 白線入れは 烏口で入れましたヽ(⌒〇⌒)ノきゃあ~一発で奇麗に入りましたあ~!烏口 コツがだんだん判って来たのだヽ(`⌒´メ)ノまずは塗料の濃さが重要!!
・・・しかし一旦 白ラインが奇麗に入ったモーションプレートですが 加減リンクを組込んでる途中からラインがポロポロと剥がれるじゃあ~ないっすか!!ヽ(●0〇;)ノひ~~~~。モーションプレートはトップガードではなく黒染めだったため 白のエナメル塗料の食いつきが非常に悪かったらしい(ーー;)う~~~む

ということで まずは黒染めを一旦 キサゲ刷毛で剥がし・・・・

トップガードで塗り直しです~!ヽ(`⌒´メ)ノ

トップガードを塗るのは一番表のプレート部のみで あとはいい感じで錆色になった黒染めのままにしてあります(^^;)中の方は触る事はほとんどないのだ!

モーションプレート 白線入れ完了おお~~ヽ(`⌒´メ)ノちょっと目立ちすぎるので ウエザリングブラックで汚して調子を落としました(^^;)もうちょい汚して目立たなくしてもいいかな~(^^;)

キャブ内の作業も全て完了ヽ(⌒〇⌒)ノということで 発電機のマフラーを付けて屋根取付けえ~!!もう LEDが切れたとかのトラブルが無い限り 屋根は外さないのだ(^^;)主発電機とATS発電機の排気管との取り回しで 屋根の脱着がめっちゃメンドクサイのだ(^^;)たはは

キャブ内灯を点けると いいかんじゃああ~~~~んヽ(⌒〇⌒)ノきゃあ~~~~~

まだ 作業は続きます~(^^;)

助手席側のランボード横に付く 電線管(赤矢印)と機関士側に付く速度計ロッド(青矢印)を塗装ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノトップガードの筆塗りなのだ。両方とも非常に破損しやすいので取付けを最後に回していました(^^;)特に電線管は ランボードの白ラインの上に乗るので 白ラインを入れた後で 後付けにする必要があったのだヽ(`⌒´メ)ノ


機関士側キャブ下の速度計ロッドと機関士側の電線管を取付けええ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ電線管は記念館やムサシノモデルの1号機は黒色なんだけど どうやら現役時はランボードの白線に合わせて白色だったのだヽ(⌒〇⌒)ノただ ランボードから離れた給水ポンプ~キャブ間も白?・・・・と謎だったんですが いろいろネットを検索して どうやらそこも白だった模様(^^;)

ついに 正面にも 緑ナンバー付きましたああ~~!!ヽ(⌒〇⌒)ノきゃあああ~~!!


カッコいい~~!(>0<)/素敵すぎるうう~~~!!

ヘッドマークを取付けるべく マーク裏にマーク受けに差し込むための台座を製作ちゅ~~!!ヽ(`⌒´メ)ノお椀型ヘッドマークなので マークへの接着面もお椀型に削ったのだ(^^;)ひ~~~

台座はサイドや上から見えにくい様に工夫したのだヽ(⌒〇⌒)ノ写真は仮のヘッドーク受けの帯板が刺さってます~(^^;)

ヘッドマークも取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ決まったああ~~!!

やっぱC59の1号機はみずほのヘッドマークがお似合いなのだあ~~!ヽ(⌒〇⌒)ノ格好良すぎて(>0<)/死ぬう~~~~!!ひ~~~~!!


デフの内側にも ちゃあ~~んとヘッドマークが掛かるのだヽ(⌒〇⌒)ノきゃああ~~!!

さあ これでいよいよやっと1号機完成いい~~~!!ヽ(⌒〇⌒)ノぱふぱふ~~~どんどんどん!!

徹底的に現役最後の姿を検証してきたので かなり正確なモデルになってるに違いないのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ自画自賛!!

しかし C59のスタイルの良さ再認識なのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ


早速 TG4を使ってフォーカス合成撮影ヽ(⌒〇⌒)ノらくちんらくちん!!

かっこよすぎる~~~!!(>0<)/売るのもったいなくなってきたな~~!


超アップにも耐える1号機ヽ(⌒〇⌒)ノすてき~~~!!

機関車を入れる箱も キット用のスポンジから完成車体用のスポンジに交換ん~~ヽ(⌒〇⌒)ノ売る用にキットを組むということで スポンジも一緒に買ったのだ(^^;)

自分用だったら キットのスポンジのままで我慢しちゃうところですが さすがにお客さん向けに完成用にしないとね~~(^^;)たはは


C591号機とCタンク 明日からの芸術祭展示に備えての整備終了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

3月25、26日と池袋の鉄道模型芸術祭の日本の蒸機を愛する会で展示していただきましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

珊瑚新キットC59をシゴクヽ(`⌒´メ)ノ-19

前回の動画を公開すると あの「国鉄蒸気機関車史」の著者T氏が掲示板に書き込みがあり、「加減リンク受の位置、あと1ミリぐらい前には行かないんでしょうか?(前後死点のとき加減リンク直立)」との指摘がありましたヽ(●0〇;)ノおお〜!さすが 蒸機研究家のご指摘!!(>0<)/全然気がつきませんでしたあ~!知らなければ そのまま気がつかなかったでしょうが、知ってしまったら 直さない訳には行かないのだヽ(`⌒´メ)ノ

で モーションプレートを1mm前に動かすのはちょっと無理そうなのでエキパンロッドの長さを 元のキットのものと比べてみました(^^;)う~~~む(ーー;)やはりエキパンロッドが0.7~1mmくらい長い・・・・。どちらが スケールに忠実か?は 判らないのですが珊瑚のこのキットに対しては長過ぎるようです~ヽ(´o`;)ノとほほ
そこへ 再びT氏より「実物は長さ1840ミリだから1/80だとヂャスト23ミリ」とのご助言ヽ(⌒〇⌒)ノスケール寸法23mmというこで 計ってみると0.8~0.9ほど長い様です~(^^;)
今回 エキパンロッドの裏側に補強のt0.2の燐青銅板を裏打ちしているのでこれを利用します~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

まずは ロスト部分に切り込みを入れ

燐青銅板を残して切り離しましたヽ(`⌒´メ)ノ所定の長さに調整してからふたたびハンダ付けするです~ヽ(⌒〇⌒)ノ

長さを調整して 再びハンダづけしましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ強度を保つためΦ0.3の燐青銅線を二本さしてあります(^^;)

長さも キットのものとほぼ同じになりましたヽ(⌒〇⌒)ノ

ヤスリ仕上げして完成え~~ヽ(⌒〇⌒)ノよ~~く見ると継ぎ目が判りますが ウエザリングすれば ほとんど判らないでしょう~(^^;)強度が心配でしたが 結構 丈夫に継げたようです~~ヽ(⌒〇⌒)ノきゃあ~!

バルブギアを組み付けてみましたヽ(⌒〇⌒)ノ前死点では こんな感じい~ヽ(⌒〇⌒)ノ加減リンクは完全に直立ではないですが まあ妥協点でしょう~(^^;)たはは

 そしてそろそろ電装の装着なのだヽ(`⌒´メ)ノまずはテンダーから

あらかじめ作っておいたテンダー台車の絶縁側の集電シューを黒く塗って装着う~ヽ(⌒〇⌒)ノこれに配線を接続するのですが ハンダ付けしちゃうと台車の脱着がメチャメチャ面倒になるのでΦ0.3穴の細密パイプに配線をハンダ付けして これを差し込む様にしましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ差し込む側のΦ0.25燐青銅線は 少し湾曲させておいて 差し込んだとき中で突っ張るようにして抜け止めとします~ヽ(⌒〇⌒)ノ

配線後は裏側から見てもほとんど目立たないのだヽ(⌒〇⌒)ノきゃあ~~!!

レールに置いて導通を確認ヽ(⌒〇⌒)ノバッチリです~~!ただし シューはテンダー車輪の踏面を押さえてるので 多少転がりが悪くなりました(^^;)たはは。まあ あとで もうちょいシューのバネ調整をするです~!ヽ(`⌒´メ)ノ

テンダー内にテールライト用の基板を設置しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ基板と言っても端子台?(^^;)赤矢印にLED配線を接続しますヽ(⌒〇⌒)ノ青矢印はテーライトのスイッチ代わりのマイナスネジ(^^;)これを左(緑矢印方向)に回すとスイッチON!ヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダーにテールランプ取付け完了おお~~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

黒い車体に赤いランプはメチャメチャ映えるのだヽ(⌒〇⌒)ノすてきい~~~

連結器もIMONカプラーを使用しましたヽ(⌒〇⌒)ノウエザリングしてないので カプラーだけ真っ黒で 浮いてるですなあ~(^^;)あとで たっぷりウエザリングするですヽ(`⌒´メ)ノ連結器はマっ茶色がお似合いなのだ!!


白線を入れてます~(>0<)/たいへえ~~~ん!なかなか奇麗に白を入れるのは難しいい~~(>0<)/メーカーの量産品は どうやって白線入れているんだろう~~?(^^;)

やあ~~っと助手席側のみ白線 完了おお~ヽ(⌒〇⌒)ノ

キャブ背面の白線は烏口を使いましたヽ(⌒〇⌒)ノ一発で奇麗に決まりますう〜!!

やあ~~っと機関士側も入れましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノあ~~疲れた

機関士側は 白線が配管の裏まで回っているので ここはデザインに使用する白色のICテープを使用しましたヽ(⌒〇⌒)ノ

あと九州機はモーションプレートの淵を白く塗っているのが多く1号機もそうなんだけど
それやると オモッチャっぽくなりそうなので 止めておくのだ(^^;)失敗しそうだし・・・。

 次は室内灯の準備です〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

電球色のLEDと定電流ダイオード、保護ダイオードの組合せで行きます~ヽ(⌒〇⌒)ノダイオードは以前買った珊瑚の点灯セットのやつを使用(^^;)室内灯カバーとLEDは金岡工房のものです~ヽ(⌒〇⌒)ノまずはLEDを室内灯カバーの中に入れて 白のプラリペアで固めます~ヽ(⌒〇⌒)ノ
これで LEDの固定とともにLEDの配線接続部の絶縁にもなるのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ

キャブ内にセットしてテスト点灯おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ実物は2~3灯ついてますが 模型の場合1灯にしておかないと明るすぎるのだ(^^;)たはは

キャブ内灯は 前後進とも点灯する必要があるので金岡工房のキャブ内灯用のブリッジダイオードを介していますヽ(⌒〇⌒)ノ

電球色に照らされたキャブ内 なかなかいい感じかも~~!ヽ(⌒〇⌒)ノ実物は もっと薄暗い感じだったとは思いますが・・・(^^;)

キャブ点灯の回路をボイラー火室天井付近に両面テープで固定!!ヽ(`⌒´メ)ノ表面は絶縁のためマスキングテープで覆いましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ上回り 下回りの電気接続はモータの端子にハンダ付けした燐青銅板の板バネ(赤矢印)が回路基板に付けた接点板(緑矢印)に接触する形としましたヽ(⌒〇⌒)ノこれで 上下の分解が非常に楽チンになります~~ヽ(⌒〇⌒)ノ
 
引き続き ヘッドライトの設置です!ヽ(`⌒´メ)ノヘッドライト用にモデルシ~ダのSL用ヘッドライトモジュールを買いこれは細いLEDの配線もしてあり 設置が楽ちん!!ヽ(⌒〇⌒)ノ・・・・と思ったんですが これだと ヘッドライトの細い穴にLEDを通さないと設置出来ません!穴は配線が通るくらいの穴径しかないので 当然 LEDは通りません!(>0<)/わあ~~ん!!う~~~ん ヽ(´o`;)ノなあ~~~んだ・・・・

結局 ヘッドライトは珊瑚模型のLED点灯セット(大)を使用しましたヽ(⌒〇⌒)ノこのセットはLEDを基板にハンダ付けする必要があるんですが やってみると案外簡単に出来ましたヽ(⌒〇⌒)ノ案ずるより産むが易し!!一応電球色LEDなのですが あまり電球っぽくないので表面にクリアオレンジを塗って
赤味を帯びた色としましたヽ(⌒〇⌒)ノ

点灯セットではLEDの片方の端子はヘッドライトケース本体にアースするようになってますが黒の塗装がガッチリ食いついており剥がすのが大変そうなので配線を繋いで煙室内に引き込みます~(^^;)たはは。点灯セットの定電流ダイオードとヘッドライトのスイッチを組込んだ基板を作って接続!ヽ(`⌒´メ)ノ LEDを組込んだヘッドライトの中に白のプラリペアを流し込んでLEDの固定と絶縁をします!!ヽ(`⌒´メ)ノ

テスト点灯おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノきゃあ~~!写真じゃ良く判りませんが 赤味を帯びた電球ぽい いい色になったのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノすてき~~これにヘッドライト付属のレンズをはめるです~!ヽ(`⌒´メ)ノ

ついに ヘッドライト装着 完了おお~~~!!ヽ(⌒〇⌒)ノ煙室内の基板にはライトを点けずに走れる様に スイッチを設置してあります~ヽ(⌒〇⌒)ノ矢印の接点をドライバーで右回りに回せばライトオフになるのだヽ(⌒〇⌒)ノ小さなディップスイッチを捜そうと思ったんですが こっちの方が簡単に操作出来るのだヽ(⌒〇⌒)ノ・・・・と思うようにしよう~(^^;)たはは

で 早速試運転してみると・・・・・・・・あれ~~(^^;)ランプ類が点灯する前に動き出しちゃう~~(>0<)/う~~んスケールスピード10km/hくらいで 点灯し出して 30km/hくらいでフルの明るさになるかんじ(^^;)う~~ん これでは ライトを付けた状態を じっくり眺める・・・・・ってことが出来ないなあ~~ヽ(´o`;)ノ
でも まあ走行性能は 抵抗が少なくて メチャメチャいい!!ヽ(⌒〇⌒)ノ・・・てこと?(^^;)


苦手のインレタ 完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノまあ 小さなATSのSマークとエアタンク部の検査票なんですけどね(^^;)上からチョンチョンとつや消しクリアでコーティングしましたが エアタンクは一番 指で掴む場所なんで 何度も持っているとクリアも摩耗して剥げちゃうかも~(>0<)/なるべく 触らない様にするるです~~


 さあ〜〜て いよいよC59 1号機もいよいよラストスパ〜トです〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

珊瑚新キットC59をシゴクヽ(`⌒´メ)ノ-18

C591号機も基本塗装が終わって仕上げ段階になってきましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

黒く塗装すると塗装前の金ぴかの時は判らなかった傷や歪みが色を塗ると良く判る様になります(^^;)

機関士側のデフの取付け後部側が外側にズレているのに気づきました(>0<)/ひ~~!ズレは0.1~0.2mmくらいで金ぴか時は全然気がつかなかったのだ(^^;)たはは。言わなきゃ判らない程度ですが やっぱこれは修正しなくっちゃ(>0<)/ひ〜〜。

まず修正部の塗装を剥がして半田ごてを当てるスペースを確保します(^^;)ここにコテを当ててデフの取付け部のハンダを溶かし内側にちょっとだけずらす算段ヽ(`⌒´メ)ノ

そして デフの修正完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノズラす量はわずかなのでなんとかなりましたあ~!テンダーのときと違い 今度はじっくり半田ごてを当てたにも関わらず 周辺のトップガードは大丈夫なのだヽ(●0〇;)ノさすがトップガード!!

コテを当てた部分のハンダを慎重にキサゲし 部分塗装に備えて周辺をマスキングう~ヽ(⌒〇⌒)ノ剥がした塗装部の段差が判らなくなるように 塗膜を斜めにけずっておきますう~ヽ(`⌒´メ)ノこの辺は 車の板金塗装で 部分塗装に使う手法なのだヽ(⌒〇⌒)ノ

塗装完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ修正部分がほとんど判らなくなったのだ!!

給水管とか汽笛を磨き出しましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノここはマスキングしていなかったので 剥がすのが大変ん~~(>0<)/キサゲでかなり強く削り取らないと塗膜が取れません(^^;)塗膜を削り取る感じ・・。

若干塗面が荒れた部分やゴミを噛んだところがあるので修正してゆきます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

さすがに黒染めと比べるとシャープさは劣りますが やはり気軽に素手で持てる安心感はあるですね~ヽ(⌒〇⌒)ノ

小さなゴミの修正をしていると ハンドレールの塗面が ど~~も凸凹しています(^^;)一部塗料を剥がしてみると かなり塗膜が厚く直径がΦ0.1くらい太くなっちゃってるみたい(>0<)/

という訳で ハンドレールと汽笛引き棒のトップガードを剥がしました(^^;)この後 ここは黒染めで着色するですヽ(`⌒´メ)ノ上回りもハイブリッドなのだ!

空気冷却管も気になったので 一旦剥がし ここは一番指で触る部分なのでトップガードの部分塗装としましたヽ(`⌒´メ)ノ

タミヤのエアブラシをあまぞ~~んで買いましたヽ(⌒〇⌒)ノ思ったより安かったのだ!!(^^;)5300円!!これで細かい塗装の修正をやるです!!ヽ(`⌒´メ)ノ

エアブラシを使って ゴミの修正、塗装面の修正部の塗装ヽ(⌒〇⌒)ノトップガードを薄目にして サア~~っと軽く吹いて研磨の傷を隠しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノやああ~~~っぱ エアブラシの霧は細かくて奇麗に塗れるデス~~(>0<)/ダントツの違い!塗装部分もかなり限定的に絞れるので あまりマスキングしなくて済んだのだヽ(⌒〇⌒)ノただし これで最初から全体を塗るのはちょっと大変かも(^^;)缶スプレーでざあ~っと全体を塗る→塗り残し部、修正部をエアブラシで追加塗装する・・・ってのが早くていいのかも~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

磨き出した給水管、汽笛も黒染め液をさっと塗って軽く黒く曇らせて艶を落としました(^^;)
これで 本体の基本の黒塗装は完了なのだヽ(⌒〇⌒)ノこのあと 煙室部分のつや消し部の塗装→各部色差し→ウエザリングと進めるデス~ヽ(`⌒´メ)ノ

C591の煙室のつや消し塗装のためのマスキングうう〜~(^^;)デフやらハンドレールやらがあってマスキングがたいへ~~ん(>0<)/ひ~~。マスキングテープも再使用して節約してるのだヽ(`⌒´メ)ノ

やあ~~~っと 煙室のつや消し塗装 完了おお~~~ヽ(⌒〇⌒)ノエコーで買って来たマッハのつや消し黒に赤、白を混ぜて さらにフラットベースを多めに入れて 煙室用黒を調合しました(^^;)

煙室は断熱材を挟んでカバーされたボイラー部と違い 直接排気の高熱に外板が熱せられるので 外の塗装の劣化も激しく このようにキッチリつや消し状態になっちゃうのだヽ(`⌒´メ)ノ

吹き付けも 濃いめのまま吹いたので かなりザラ付いた感じになりました。通常なら失敗の部類に入るかもしれませんが このザラ付きがかなりリアルな煤っぽさを出しており 非常にお気に入り状態に仕上がったのだヽ(⌒〇⌒)ノきゃああ~~~すてきい~~!!
いよいよウエザリングに移ります〜ヽ(⌒〇⌒)ノ汚すぞおお〜〜!今回初めてプラモデル業界では定番となっているウォッシングに挑戦するですう〜!!ヽ(`⌒´メ)ノ

まずは 失敗しても目立たないテンダーの裏面からエナメル塗料をシャブシャブうぉっしんぐうう~~~~!!ヽ(⌒〇⌒)ノ調子を見ながら何回も重ねて うぉっしんぐ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ気に入らない場合は エナメル溶剤で 拭い取って もう一回 うぉっしんぐ~~ヽ(`⌒´メ)ノ結構時間が掛かるのだ(>0<)/ひ~~
床下と炭庫上面は少し強めに汚してます~ヽ(`⌒´メ)ノ
ウエザリングは汚しではないのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノア~~トなのだ!!

テンダーのウエザリング 何度かやり直しで こんなところかなあ~?(^^;)テンダー側面、後面は うっすら錆色に染めた程度でとどめました。

上面 下面 連結面はかなり強めに汚したです〜(^^;)

もうちょい汚したい気もしますが整備の行き届いた熊本機関区の機関車ということで・・・こんなところで許してやるう~~!!ヽ(`⌒´メ)ノ泥や錆で汚した部分も後でウエザリングブラックを擦り付けてやると黒く落ち着くんですよねヽ(⌒〇⌒)ノまた 全体が仕上がって来た時点で調整するです~!
次は やあ~~っと機関車本体のウエザリングですう~ヽ(⌒〇⌒)ノテンダーでの経験を生かしながら慎重に少しずつ進めています~~(^^;)



まずはランボード上面とランボード下を少し濃いめのウエザリング、そしてキャブ周りをうっすら錆び色にしていますヽ(`⌒´メ)ノ
次は メインのボイラー周りをウエザリングうう〜ヽ(⌒〇⌒)ノ



うっすら機関車全体が錆色に包まれましたが 実際こんな感じだったと思います~ヽ(⌒〇⌒)ノただ 特急牽引機ということで もう少し押さえてもいいかな~?・・とも思うので ウエザリングブラックで徐々に押さえて行きます~ヽ(`⌒´メ)ノ
次はキャブ内を整備するです〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

天井はキャブ内色定番の淡緑色に塗る予定なんですが キャブ側の内張りが黒のままか?淡緑色か?(^^;)う~~む

現役時はキャブ内の壁はみな 淡緑色だったような気がするんですが門司港の記念館の1号機は内壁は黒なんですよね~(^^;)どっちだろう~・・・・

あとナンバープレートは熊本機関区は緑ナンバーだった気がするんですが門司港のは青ナンバーなのだ(^^;)門司港機関区機は 青ナンバーだったのかなあ~?
・・・・と悩んでいると またまたナロネ22さんから 小倉工場時代の写真を見せてくれました!その結果 キャブ内は壁、ドア類は淡緑色だったのが判明!ヽ(⌒〇⌒)ノナンバープレートも調べると ムサシノモデルのOJ C591や IMONのC591用ナンバープレートが緑なので熊本機関区時代は緑 だった可能性が高いですね~(^^;)


運転室の壁を淡緑色に塗りましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノさすがに 細かいマスキングとか出来ないので 筆塗りで ムラムラです~~(^^;)まあ 内張りを設置して ウエザリングをすればムラムラは目立たなくなる・・・・・はず(^^;)

天井と内張りは さすがに筆塗りは避けてエアブラシで塗るです~ヽ(`⌒´メ)ノ

キャブ内の淡緑色の塗装完了おおお~~ヽ(⌒〇⌒)ノさすが 筆塗りの100倍奇麗なのだ(^^;)


細かいパーツには黒と緑の色差しをしましたが・・・・(^^;)ATS関連パーツに塗った緑色が ちょっと違うなあ~~ヽ(´o`;)ノもっと暗い緑なのだ!あとで塗り直すデス〜(^^;)スイッチ箱の黒は 一旦塗料を剥がして黒染めしましたヽ(⌒〇⌒)ノはみ出さないのだ!

内張りを設置してみましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノきゃああ~~!!内装色は奇麗なままではバックプレート等がかなり使い込まれた感じでバランス悪いのでタミヤのウエザリングマスターで少し汚してありますう~ヽ(⌒〇⌒)ノ

圧力計にはパソコンで出力した計器板を貼付けヽ(`⌒´メ)ノ

そろそろ 走行装置の整備を進めるデス~ヽ(`⌒´メ)ノ

ロッド類がピカピカでは ウエザリングを進めた車体に合わないので
軽く黒染め→磨き を数回繰り返して 鈍く光るいい感じのところで止めましたヽ(⌒〇⌒)ノ使い込まれながらも整備されているロッドの質感を目指します!ヽ(`⌒´メ)ノくみ上げてから また多少調整するです~ヽ(`⌒´メ)ノ

上回りのランボード下側は 車輪からの錆やホコリで汚れまくるのでガンガン汚しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ
まあ 下回りと合わせると あまり見えなくなるんですが これで見えにくい奥まったディティールも浮き上がって見える様になるのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

メインロッドとバルブギアを組み付けると・・・・・・・案の定 動きがシブい(ーー;)塗装前 あんなに調整したのに・・。しかし クロスヘッドのスライドバーが傾いているのに気がつき修正すると いきなりスム~~スになりました(^^;)あ~~よかった!

モーターも取付けてみると これまたスロー回転もスム~~ズヽ(⌒〇⌒)ノそしてテンダーも連結してみても 調子いいかも~~ヽ(⌒〇⌒)ノ・・・まだ直線だけですが(^^;)
そこで机の上を大掃除(^^;)して IMONの線路を曲線も並べて試運転!!


きゃああ~~ムチャクチャスムーズに走ります~~ヽ(⌒〇⌒)ノしかも このスピード域ではギアやモータ音は ほとんど聞こえず車輪の転動音のみヽ(⌒〇⌒)ノすばらしい~~!!塗装前に徹底的に走行調整した甲斐があるのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノプラリペアによる絶縁も効いているのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ

試運転の様子をゆ~ちゅ~ぶにもアップしたので見てねヽ(⌒〇⌒)ノ

珊瑚新キットC59をシゴクヽ(`⌒´メ)ノ-17

またまた 更新が滞ってしまいました(^^;)ども
塗装前に 生地完成状態でフォーカス合成写真を撮っておきましたヽ(⌒〇⌒)ノひさびさ



未塗装も これはこれで魅力的なんですが やっぱ蒸機は黒くなくっちゃね(^^;)やっぱ塗るのだ!

で ようやく 塗装の第一歩を踏み出しましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

まずは簡単に塗装出来る 先台車とテンダー台車をブラスクリーンで洗浄ヽ(⌒〇⌒)ノ

その中でも 凹凸の少ない先台車を先にトップガードでスプレー塗装しましたヽ(`⌒´メ)ノトップガードは金属への食いつきが非常にいいのでプライマー無しで直接塗装なのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

小さい車輪も どんどん塗っちゃおうヽ(`⌒´メ)ノというわけで軸受け部分と踏面をマスキングう~~(ヽ(⌒〇⌒)ノちまちま細かなマスキングテープの張り込みが(>0<)/ひ~~めんどくさ~~い!!

まず 車輪の外面を塗装お~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

その次に 車輪の内面と車軸を塗装おおお~~!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

車輪塗装後 テンダ台車もガンガン缶スプレーで塗っちゃいます~ヽ(⌒〇⌒)ノ車輪のマスキングからはみ出た塗料をドライバー等で剥がしたんですが さすがトップガード(^^;)剥がすのが大変なくらい食いついてます~。機関車本体では作用管とか磨き出し部分は極力マスキングしておいたほうがいいかも~(^^;)ただ やはり黒一色の塗装だと せっかくのディティールが黒く潰れて見えにくくなっちゃいますね~ヽ(´o`;)ノここは やはりウエザリングをしっかりやってディティールを浮き出させてやらねば(>0<)/

さあ~~てヽ(`⌒´メ)ノやっと本体の塗装に入ります~~!

まずは下回りから行きます!ヽ(⌒〇⌒)ノ久々に下回りを分解しました!

ブラスクリーンで洗浄し乾かしちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ今回は黒染めとトップガードのハイブリッドで行きます!ヽ(`⌒´メ)ノ奥まって塗装が回りにくい部分は黒染めの筆塗りで先に黒く染めて表の 良く触って剥げやすい部分をトップガードで塗装します!これによって トップガードの厚塗りを防ぐ作戦なのだヽ(⌒〇⌒)ノ

先行して従台車とモーションプレート、ブレーキ一式を筆塗りで黒染めしましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ黒染めの強度を保つため 途中何度も歯ブラシで擦って 黒染めの弱い皮膜を削り強い皮膜を残しながらさらに筆塗りで染めを積み重ねます!ヽ(`⌒´メ)ノこれまでの経験の集大成なのだ!どぶ漬けだと これが一気に進んでしまい弱い皮膜がどんどん積層されてしまうです(>0<)/これで かなり強固な黒染めの皮膜が形成されるのだヽ(⌒〇⌒)ノ
で本当は このあとトップガードを塗る予定だったんですが・・・・・・・・・・・・・・う~~~~ん(^^;)メチャメチャ実感的な仕上がり・・・・うっすら錆と泥に覆われて汚れた足回りヽ(`⌒´メ)ノこれを塗装とウエザリングで表現するのは なかなか難しいのだ(^^;)たはは。まずは下回りは 黒染めで行き よく指で持つ部分はトップガードの塗装か筆塗り(タッチアップ?)で行く様に 作戦変更!!ヽ(`⌒´メ)ノ
上回りは また別途検討なのだ(^^;)すでに塗っちゃった台車は エナメルによるウエザリングで これに近づく様に挑戦して見るデス~ヽ(⌒〇⌒)ノなにごとも経験!!

筆塗りによる黒染めが 思ったより強固な皮膜を作ってくれるので
このまま下回りは全部 黒染めで行けるかも!ヽ(⌒〇⌒)ノ
・・・・とシリンダーブロックと主台枠も黒染めしちゃいましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ で 一旦はメチャメチャいい感じに仕上がったのですが 主台枠の錆色が濃い部分を筆で落としていると 皮膜がポロポロと剥がれ落ちちゃうじゃないっすかあ~(>0<)/ひ~~。何回か黒染め液を筆塗り→ティッシュで研磨→筆塗り→ティッシュで研磨を繰り返して しっかりした黒染めを試したんだけど皮膜が厚くなると剥がれちゃいます~ヽ(´o`;)ノ真鍮部分は結構丈夫なので ど~~~も洋白と黒染めの相性がよくないみたい~~(>0<)/一応染まるんですが 皮膜がちょっと厚くなると 剥がれちゃいます~(^^;)う~~む。黒染め液が真鍮用のためかも・・・・。仕方が無いので キサゲ刷毛で台枠の洋白部分をしっかり剥がして ここはトップガードで行きます~(^^;)シリンダーブロックは結構いい感じに染まったんですが 上回りはトップガードで行く予定なので側面の見た目を合わせるために サイド部分はあとでトップガードで仕上げる予定(^^;)

主台枠と動輪および以前作ったワールド工芸のワフ21000をトップガードで塗りましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

主台枠は火室下の後台枠の部分は黒染めのままで トップガードと黒染めのハイブリッドなのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノやはり 塗装と黒染めの質感はかなり違いますね~(^^;)これから この両者を近づけるためエナメル塗料等を使ってウエザリングに挑戦するです~ヽ(`⌒´メ)ノで ワフは その練習のために塗りました(^^;)先行してウエザリングしてみるのだ!

で しばらく ゆ~ちゅ~ぶで ウォッシングによるウエザリングの勉強をしたです!ヽ(`⌒´メ)ノプラモデル業界では当たり前の技ですが 鉄道模型では まだまだやってる人は少ないのだ(>0<)/まず ワフで フラットブラウンをシャバシャバに薄めて ウォッシングうう~~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

・・・おお~~!ヽ(●0〇;)ノ結構簡単にうっすら錆で遣れた感じに なるじゃあ~あ~りませんか!ヽ(⌒〇⌒)ノ下回りを中心に 錆の出やすいリベットや扉の部品の取付け部分等をウォッシングで塗り重ねて見ましたヽ(⌒〇⌒)ノ側面全体 うっすら汚れた感じになったんですが 写真じゃ判りにくいですね~(^^;)

これは行ける!!ヽ(`⌒´メ)ノとばかりに C591の主台枠にも錆色をウォッシングでウエザリングヽ(⌒〇⌒)ノ錆が出やすい部分は ドライブラシで濃いめに錆を表現しましたヽ(⌒〇⌒)ノもう少し時間を掛けて ホコリや泥の表現を重ねていくです~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

各部をウエザリング後 下回りを軽く組んでみましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ
なかなかいいじゃああ~~ん!ヽ(⌒〇⌒)ノ
台枠と奥まったパーツは ディティールが浮き出る様に濃いめに錆と泥色でウエザリングヽ(`⌒´メ)ノ動輪や車輪は良く磨かれた九州機ということで うっすら錆色を入れながらも少々艶を残してあります~ヽ(⌒〇⌒)ノ・・・写真じゃ 微妙な感じが出ないなあ~(^^;)まあ全体が塗り上がって また細かく調整する予定ですが黒染めとトップガード+ウエザリング なかなかいい感じで進んでます~ヽ(⌒〇⌒)ノ
いよいよ上回りの塗装に入るです~~ヽ(`⌒´メ)ノ気合いを入れねば!!

機関車とテンダーの上まわりを分解して 塗装の準備ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノまずは ブラスクリーンで洗浄するです~~ヽ(⌒〇⌒)ノ・・・・と 思ったら エアタンクのドレインコックが一個取れちゃってる~ヽ(´o`;)ノとほほ~。まずは補修するです~(^^;)たはは


いよいよ機関車とテンダー本体の塗装ということで
両者をブラスクリーンで洗浄おお~!ヽ(⌒〇⌒)ノビカビカになりましたあ~!平泉の金色堂もビックリなのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノこれを見ちゃうと 塗るのは止めて 金ピカのまま美しい状態でとっておきたい!(>0<)/・・・・という気持ちにもなっちゃうのだ(^^;)しかし やはり蒸機は真っ黒で煤まみれが美しい!!ヽ(`⌒´メ)ノという信念は曲げられないのだ!!

という訳で 早速キャブ内の黒染めを筆塗りで行いましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ
塗装が回りにくい部分で 奥まってあまり触らない部分は黒染めで行くです!ヽ(`⌒´メ)ノ表の良く触る部分はトップガードで 本体もハイブリッドで行く予定ヽ(⌒〇⌒)ノさっきまで金ピカだったのに たちまちサビサビの廃車状態になりました(^^;)たはは。経験無い人だったら とんでもない事してしまった!(>0<)/と思うに違いないのだ!

まだ染めが甘いところ 黒染め液が回っていないところがあるので 明日以降追加染めするです~ヽ(`⌒´メ)ノハンダの部分は白い粉を吹いてしまうので ここもあとで修正するですヽ(`⌒´メ)ノこれがあるので 組立時 極力表面にハンダは残さないようにしているのは このためなのだ!(>0<)/

キャブ内は 染めの足りない部分は追加染めヽ(⌒〇⌒)ノハンダの白い粉の部分も追加染めにて黒く処理しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノハンドルやメータ類を軽く磨き出してみましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノまだ 錆色部を黒くしたり 遣れ過ぎた部分の調整が必要な箇所等はチョコチョコありますが それは また全体が黒くなってバランスを取りながらやって行くです~ヽ(`⌒´メ)ノ


デフの裏やキャブ下など 塗装が回りにくい部分もあらかじめ染めておきますヽ(⌒〇⌒)ノ取り外しで剥げやすい部分となる屋根淵やテンダー開口部なども 黒色強化で染めておきましたヽ(⌒〇⌒)ノこの上にトップガードを塗ります~ヽ(⌒〇⌒)ノ

いざ 塗装!と思っていたらテンダー後部上面につく手摺を付けるのをすっかり忘れていたのだ(>0<)/ひ~~~。もう 上板はテンダー台車塗装のとき スプレー缶で一緒に塗っちゃってたのだ(^^;)たはは
熱で塗装がやられる恐れはありますが 試しに裏側のハンダを盛る側だけ少し剥がしてハンダ付けしてみましたヽ(`⌒´メ)ノ

おおお!!ヽ(●0〇;)ノ表のトップガードは無事じゃないっすか!!
たぶんじっくりハンダを流したらヤバいかもしれませんが ちょい付けくらいなら大丈夫なのだヽ(⌒〇⌒)ノさすがトップガード!!普通の塗料とはちょっと違うのかも!!裏面を剥がす時もベリベリとは剥がれず ご覧の様にキサゲ刷毛が擦ったところだけ削り落とされる感じで バッチリ真鍮に食いついてるのが判るデスヽ(⌒〇⌒)ノさあ~すが

キャブの窓下にタブレットキャッチャーを取外した穴をあけました(^^;)これも忘れてた。ナンバープレートは穴位置を確認するために置いた他のナンバー(^^;)今1号機のプレートを切り離しちゃうと どっか行っちゃうのだ(>0<)/

テンダーを塗装するときの取手を作りましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノといっても エッチング製品のいらなくなったランナーを曲げただけですが(^^;)たはは

機関車上回りのマスキングう~が完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノいつもは 空気作用管は塗装してから磨き出して剥がすんですがトップガードの皮膜が剥がすのが大変そうなので 極力マスキングしました(^^;)

塗装時の取手も準備しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノといっても カレンダーを丸めただけすが(^^;)たはは

そして やあ~~~っと 1号機本体が黒くなりましたああ~~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

苦労しました。(^^;)やはり なかなか塗料が回らない部分に集中して吹くと その周りの手前の部分の
皮膜がかなり厚くなっちゃいますね~(^^;)もっと 黒塗りしておけば良かった・・・。結局 少々厚塗りになっちゃいました〜ヽ(´o`;)ノとほほ


何カ所か 垂れかかった部分があったので 乾燥後研磨!!ヽ(`⌒´メ)ノゴミも研磨して部分塗装ヽ(`⌒´メ)ノこれを何回か繰り返して やああ~~~~っと 納得出来る仕上がりとなりました(^^;)ひ~~~

作用管のマスキングを一部 剥がしてみましたヽ(⌒〇⌒)ノきゃあ~~天賞堂のC59みたい!フルウエザリング状態の下回りとのギャップが凄いのだ(^^;)たははは。下回りも ちょっと錆び過ぎかも(^^;)完全に乾燥後 徐々に上回り下回りのイメージを近づけて行くです~ヽ(`⌒´メ)ノ

炭庫の底面が ちょいと艶にムラが出来てますが ここはあとでウエザリングで強めに汚す予定なのでOKなのだヽ(⌒〇⌒)ノ

エコーモデルに行ってインレタを買ってきましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノエアータンクに付ける工場の検査票も買ったのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ全国の工場のが入っており小倉工場もちゃあ~んとあるのだヽ(⌒〇⌒)ノしかし 年月日が40年が一番古い(^^;)もうちょい前のがあるとよかったけど・・・・まあ いいか!ヽ(⌒〇⌒)ノよっぽど拡大しないと見えないのだ!

エコーからの帰り途中、蔦屋に寄って模型趣味を立ち読みしてたら なんとトップガードは導通があるので 車輪に塗るとショートする!とあるじゃないっすか!!ヽ(●0〇;)ノなんだってえ~~!!今までC55やD51の車輪に塗っても大丈夫だったんですが 気になってテスターで計ってみましたあ~(>0<)/が やっぱ家の安テスターで計る分には導通はありません(^^;)あ~よかった。ひょっとしたら 微妙な電流は流れちゃってるかもしれませんが模型の走行には影響はほとんどないのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ

珊瑚新キットC59をシゴクヽ(`⌒´メ)ノ-16

一旦 生地完成となって塗装を待つC59の1号機ですが さらなるブラッシュアップということで 追加工事です〜ヽ(`⌒´メ)ノ

二重首振りの説明をC591で行う予定なんですが 従台車の従輪の復元バネが付いてなかったので
燐青銅線の復元バネを追加しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ緑矢印

灰箱部にその受けを取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノピンク矢印。従台車を乗せると自然に復元バネがここにハマり込むです~ヽ(⌒〇⌒)ノ青矢印の燐青銅線は後台枠の復元バネです(^^;)

従台車に続き先台車も同じ方法で復元バネを付け直すです〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

キットのままだと 先台車のの復元バネと先台車アームとを共締めしないといけないんですが これがちょいとメンドクサイので 写真の様に先台車アームに付けたΦ0.4燐青銅線の復元バネが主台枠側に付けたスリットにハマり込む形としましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

これだと 先台車をポンと置くだけで 青矢印の様に復元バネが自動的にセットされるのだヽ(`⌒´メ)ノ左右の復元力と上から押さえる力の加減でカーブでの先台車の浮き上がりや尻棒との接触が防げるので かなり この復元バネの形状の調整に時間が掛かっちゃいました(^^;)あ~~疲れた〜。

汽笛引き棒を取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ金岡さんからいただいたお宝のΦ0.2燐青銅線(サカツウ製)なのだ!汽笛とキャブをほぼ一直線に貫通してます~ヽ(⌒〇⌒)ノ一直線になるように発電機やその配管をよ~~く検討して取付けた成果なのだ!!

C59(下)の煙突の淵の厚さを削って薄くしましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ上のD51も引物で強度があるので 究極に薄く削ってありますな~(^^;)C59の煙突はロストで強度的に心配なのでD51まで薄くしませんでした(^^;)たはは・・・。しかし 煙突の淵が薄いと メチャメチャ実感的になるのだヽ(⌒〇⌒)ノ

ここで 組立初期 ササッと組んでさっさと売ってしまおう!ヽ(`⌒´メ)ノということでキャブ内はほぼ素組で済ませたのですが ここに来て外観の作り込みに合わずバランスを欠いていたので 出来る範囲でキャブ内のディティールアップに挑戦なのだヽ(`⌒´メ)ノ

天井の木目板の押さえ(アングル?)を追加あ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

結構 目を引くアイテムなのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノこれで ぐっと天井の雰囲気がデルです~!

票差しと これまた金岡製のガラス管差し取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

天窓の開閉ハンドルとガイドレール?を設置い~ヽ(⌒〇⌒)ノ

キャブ機関士側の側内張り(実際は内張りはありませんガ・・(^^;))を製作ちゅ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ椅子はまだ置いてるだけ。この内張りに砂撒きコック、ドレイン弁バイパス弁コック、スイッチ箱等のディティールを取付けて行きます~ヽ(⌒〇⌒)ノ塗装、塗分けしてからキャブ内に取付けるデス~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


内張りに 金岡工房の砂撒きコック、ドレイン弁バイパス弁コック そして電気スイッチボックスとATS関連のスイッチボックスを取付けましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ATS用の電磁弁も付けようとしたんですが 逆転ハンドルに引っかかっちゃうので断念(^^;)残念

実感的でない蒸気分配箱と圧力計を取外しました(^^;)金岡工房製に交換するのだヽ(`⌒´メ)ノ

金岡工房の圧力計に簡単に配管してバックプレート上部に取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ圧力計をグルリと巻き付ける配管はなかなか効果的なのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ

圧力計下の横棒は汽笛操作のロッドです~(^^;)強度を考えて太め(Φ0.4)を使用しましたが まあ蒸気分配箱が付けば目立たなくなるのだヽ(⌒〇⌒)ノ

金岡工房製の蒸気分配箱を入手!!ヽ(`⌒´メ)ノ早速 取付け位置を注意しながら穴をあけて差し込んでみましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ・・・・おお!ヽ(⌒〇⌒)ノまだバルブ取付け前なのに なかなかの細密感!!これにバルブが付けば かなり盛り上がるに違いないのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ

機関士側の汽笛操作ロッドを追加ヽ(⌒〇⌒)ノ本来であれば 機関士の足元のペダルまでロッドで繋がってるんですが目立つ部分のみの取付けです~(^^;)

暖房管と給水ポンプ圧力計装置を妻部に追加ヽ(`⌒´メ)ノ暖房管の安全弁はほとんど目立たないので省略です~(^^;)ども。そして焚き口上に棚を追加あ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


キャブ妻板に石炭撒水管と室内水まきホース そしてその締切コックを取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ本当はインジェクター~締切コックを結ぶ配管も必要なんだけど それを付けると後のメンテが大変なので省略(^^;)たはは


助手席側の内張り板を作成い~~~ヽ(⌒〇⌒)ノ機関士席側よりディティールは少なめ(^^;)金岡工房の三方コックハンドルとスイッチボックスを使用ヽ(⌒〇⌒)ノ助手席側の内張り板を作成い~~~ヽ(⌒〇⌒)ノ金岡工房はキャブ内パーツが充実してるのだ!!

内壁に補強等のディティールが付くとメチャメチャ雰囲気が盛り上がるのだ!ヽ(⌒〇⌒)ノ

機関士側の内張り板前方に金岡工房製の速度計を取付けええ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

すると 速度計がやはり逆転ネジに引っかかってなかなかうまく内張り板が入らなくなっちゃったあ~(>0<)/わああ~~ん!!しかし 知恵の輪的に工夫して なんとか所定の位置に入れる事が出来たです~(^^;)あ~よかった

内張り板は M1ネジで床に固定します~~ヽ(⌒〇⌒)ノ塗装後 エコーの椅子をこのネジの上に被せる形で接着して隠します~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ブレーキ圧力計の上に 時刻表差し取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノt0.2燐青銅板からの自作!!これに時刻表を入れると 機関士側窓からよ〜く見えて目立つんですよね〜〜!ヽ(⌒〇⌒)ノ

岡工房製の蒸気分配箱に締切コックを8個取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ配管も付けたのだ!上に付く圧力計を避けて配管を付ける必要があるので バルブの向きにも結構気を使うのだ(>0<)/


バックプレートディティールのハイライト!蒸気分配箱取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ一気に バックプレートが賑やかになったのだ!

汽笛引き棒も取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで機関助士も安心して汽笛が鳴らせるのだ!

天井裏に金岡工房のランプケースを2個取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノこれにはLEDは仕込みません(^^;)ボイラー上から後ろ方向に電線管に見せかけた燐青銅線で腕を伸ばし、その先に三つ目のランプ取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノこれにLEDを仕込む予定ヽ(⌒〇⌒)ノ配線は腕に絡ませるのだ(^^;)


三つ目のランプケースと腕はM1ネジで取付けて 取り外し可能としましたヽ(⌒〇⌒)ノ付いたままだと塗装の邪魔になるのだヽ(`⌒´メ)ノ


これで キャブの追加ディティールは完了おおお~~~ヽ(⌒〇⌒)ノ椅子は塗装後接着剤で取付けます~。外観の作り込みとバランスよく 細密感バッチシなのだヽ(⌒〇⌒)ノ

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-3

家のドタバタで 作業は牛歩のごとくです〜〜ヽ(´o`;)ノとほほ

キャブの天井に板目板をハンダ付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ前妻板との合わせ目にも角0.5の角線の補強を取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで キャブの側~天井の本体自体がメチャメチャ頑丈になったのだヽ(⌒〇⌒)ノ

そして ボイラーに取付け時 妻板との合わせ目から光が漏れません!!ヽ(`⌒´メ)ノこれで 室内灯を点けたとき 室内灯の光が合わせ目から漏れる心配も無くなるのだヽ(⌒〇⌒)ノ

天窓は開いた状態にするため ロストは使わず自作するです!ヽ(`⌒´メ)ノで キットの天井に開いた穴をガイドに枠を作ったんですが・・・・・ど~も小さい(^^;)それはそうで ロストパーツを差し込むサイズの穴だったのでまるで小さかったのです~(>0<)/最初に気がつかなかったのかあ~!

という訳で 天窓本体の大きさで作り直しました(^^;)たはは

天井裏のデッキ部の板目板も取付けましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

 そして一旦キャブはお休みしてボイラー側を進めるです~ヽ(`⌒´メ)ノ

まずは煙室下のランボードですが 上面にエッチングに寄るボルトが表現されているのですが ちょいと表現が浅いので一旦ヤスッてしまいフロントデッキ側のみΦ0.3の植込みボルト用穴をあけましたヽ(`⌒´メ)ノ

そして 蒸気管カバーの下側の折り返し部をリベットつき帯をハンダ付けして表現ヽ(⌒〇⌒)ノちょいとスケールオーバーですが なかなか雰囲気出たかも~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


反射板ハンドルと支点を取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ実物の この両者は蒸気管カバーとラップしておりキットの穴を一旦埋めて位置を蒸気管寄りに移しました(^^;)

パーツは共にエコーのロストを使用しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

エアコンプレッサーの台座を製作、取付け~ヽ(⌒〇⌒)ノ資料は蒸機の角度に載ってる コンプレッサーを外した写真のみ(^^;)しかし あとは取付け位置等で自動的に形が決まってくるのだヽ(⌒〇⌒)ノ
まあ コンプレッサーを取付けると ほとんど見えなくなっちゃうんですけどね~(^^;)コンプレッサーの位置、傾き、出っ張り具合等々を見ながら慎重にハンダ付けヽ(`⌒´メ)ノ


コンプレッサーのロストは金岡さんに頂いたニワのジャンク品(^^;)エアクリーナーの取付け部が切り取られているので あとで修復するです~ヽ(`⌒´メ)ノコンプレッサー自体は その周辺等の作業が終わってから取付けます~(^^;)
 ランボードを進めるにあたって 逆転腕~加減リンク受け~バルブギア~ロッド類の様子も見ておく必要があると思い ちょいとロッドを取付けてみる事にしました~ヽ(`⌒´メ)ノ
 で 早速 クロスヘッドのピストン棒がシリンダーカバーの穴に入らない(^^;)たはは。Φ1.4ドリルで穴を広げてクロスヘッド~メインロッドを差し込んでみると・・・・動輪が回らなくなります~(>0<)/わあ~~ん

原因を調べると クロスヘッドがカバーに当たってしまってます~(緑矢印)(>0<)/う~~む

動輪のクランクを真下に下げると 本当はクロスヘッドはスライドバーの中間に来なくっちゃ行けないんですが・・・・・・かなり前寄りに寄ってるですなあ~ヽ(´o`;)ノ

さらにクランクを後の死点に持ってくると スライドバーが これまたかなり余ってます~(^^;)・・・・ということは シリンダーの位置が違うか? メインロッドの長さが違うか?
 まさかと思いながら キット組立図にクロスヘッド~メインロッドのパーツを当ててみました(>0<)/

ぎゃああ~~~~!!ヽ(●0〇;)ノメインロッドが約1mm長いいい~~!!でも メインロッドの穴がズレて開いているという感じじゃないんですよね~(^^;)メインロッドのパーツ自体が長い?ヽ(´o`;)ノど~~~しよう~~~~~。というか 図面と違うって・・・・・どゆこと?(^^;)キット買ったみなさん ど~してるのかな~??
 そこでニワのC62用メインロッドがあったので比べてみました!!ヽ(`⌒´メ)ノ

上がキットのロッド、下がニワのC62用です~ヽ(⌒〇⌒)ノ
C62用は長さ的に かなりキュ~ちゃんの図面に近いかも~~(>0<)/形状もC62用のほうが断然近いのだヽ(⌒〇⌒)ノメインロッドの溝の幅はほぼ平行なんですよね(^^;)淵の厚さが太くなるのだ!キットのロッドは 形状的にはかなり印象が違うデスな~~ヽ(´o`;)ノ

実物の写真を見ると 実際は淵の厚さがクロスヘッド側が一番薄く 中ほどになると太くなり そしてビッグエンド近くなると また若干薄くなるのだヽ(`⌒´メ)ノ

図面に合わせると 若干短い(0.3くらい?)ですが バッチリ使えそうです~ヽ(⌒〇⌒)ノ
 後日 珊瑚模型の観察日記に載ってる79618の写真を見ると写真が小さいのでハッキリとは確認出来ないのですがメインロッドの形状や長さが改良されているように見えますね~(^^;)新キュ~ちゃんキットの途中で改良品が出たのかも?(^^;)・・・・・と思っていたら やはり N澤さんより 最新のキットのメインロッドはロストになって寸法は治ってるとのことでしたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ


ニワのC62用ロッドで本体に嵌め込んでみましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ前後の死点で クロスヘッドはほぼ均等にスライドバーの両端に寄る感じなのだヽ(⌒〇⌒)ノ

クランクが下の状態でスライドバーのほぼ中間ヽ(⌒〇⌒)ノほぼ ピタリと合うじゃないっすか!形も ほぼ実物に近い感じなので これで行くのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノただ クロスヘッドとメインロッドを結ぶ段つきM1ネジを買って来なくっちゃ(^^;)現在は 普通のM1 ネジで仮止めしてるのだ(^^;)

C62用メインロッドがそのまま使えるということで金岡工房のメインロッドと段つきM1ビスを入手ヽ(⌒〇⌒)ノ取付けましたあ~!金岡工房さんでは本来はクロスヘッドとのセット販売のところ旧メインロッドが入った珊瑚9600キットの交換用としてメインロッドとM1段つきビスの組合わせで出してくれるそう~です~ヽ(⌒〇⌒)ノよかった!

キットのクロスヘッドとメインロッドを結ぶカシメピンを外すとヘッドにΦ0.8くらいの穴が開いてますんで そのままM1タップを立てます~ヽ(⌒〇⌒)ノ次に金岡工房製メインロッドのビッグエンド側の穴をΦ1.6に広げると使用可能となります~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ニワ製メインロッドはかなり厚みがあって 動輪のサイドロッド、ピンとのクリアランスが厳しく 薄く削らないとダメだなあ~ヽ(´o`;)ノと思っていたんですが

金岡工房製は 薄いので そのままでOKなのだヽ(⌒〇⌒)ノただし 第二動輪のピンはもうちょい低くしないと 本格的に走らせようとすると引っかかるかも(^^;)でもまあ それはもうちょい後で・・・・。

ボイラー後端、バックプレートの位置をほぼスケール通りにしたので
当然キットのモータは入らなくなります(^^;)さらにモーター前端も火室から前方にはみ出るので 若干モータが横から見える形になるです~(>0<)/

ということで モータはIMONの超高級モータヽ(⌒〇⌒)ノ7000円もするのだ!!モータの長さは ぼほ半分ヽ(`⌒´メ)ノ直径はほぼ一緒!
しかもトルクは強力で 十分すぎるくらいあるのだ!ヽ(⌒〇⌒)ノギアボックスもD51用と交換するです~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで モータはスッポリと火室内に納まり さらに前後に余裕があるですヽ(`⌒´メ)ノ

モーターが完全に火室内に収まることが確認出来たので火室の前側の壁(赤矢印)を設置しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノキットのモーターの逃げのためのボイラー切欠きも不必要なので埋めました(^^;)(青矢印)

これで モータや その切り欠きがほとんど見えなくなるです~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

・・・・と思ったら 中高ランボードだと もともとエアータンクに隠れてほとんど見えないのね(^^;)なあ~~んだ・・・。エアタンクが煙室横に設置してあるタイプだと 結構効果がある加工なんでしょうね~(^^;)たはは

アダチのC59用煙突を買ってきゅ~ちゃんに置いてみましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノほぼピッタシなのだ!!パイプ煙突のキュ~ちゃんは格好わるいので あまり好きじゃないんですがこれに交換された両数も結構おり この雰囲気も味わってみたいのだ(^^;)

という訳で 簡単にポン付けで 化粧煙突とパイプ煙突を交換出来る様に工夫して両方楽しめるようにするのだヽ(⌒〇⌒)ノきゃああ~~~~!!

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-2

キットの構成を考えると そろそろランボードとボイラーを合体させてボイラーの位置を確定したいのだ!ヽ(`⌒´メ)ノそのためにはボイラー単体で作業しておいた方が作業をやっておくです〜!!(>0<)/

まずはボイラーの一番上に分割ラインを一本入れるです〜ヽ(⌒〇⌒)ノ蒸機の写真を見ると だいたいここで分割されているみたいなんですよね~(^^;)強めのケガキラインを入れるのだヽ(`⌒´メ)ノ

ガイドになる端材をハンダ付けして ケガキでラインを入れましたヽ(⌒〇⌒)ノこうしないと必ず途中でズレてケガキラインが二本線になったり曲がっちゃうのだ(>0<)/ひ〜〜

接続ボルト用の穴あけヽ(`⌒´メ)ノまた スチームドームの近くに左右一個づつ 洗浄栓(閉)を追加あ〜!ヽ(⌒〇⌒)ノ

ボルト植え込み完了お~~ヽ(`⌒´メ)ノ追加洗口栓もハンダ付け完了。また ドームの裾をヤスリで少々整形中(^^;)ロストの乱れと厚みを調整中。

キットのキャブの下側には写真の様に点検蓋のエッチング表現があるのですが おいらが目指す九州タイプには蓋は無く切り抜きに寄る穴が開いているだけです~(^^;)よって このエッチングの蓋は不要なので平に削りたいんですが これがたいへ~~ん!!(>0<)/他の部分を傷つけずに この平らなエッチングの出っ張りを削るには単純にヤスリがかけられないのだ(>0<)/ひ~~~。

というわけで キサゲでコリコリと気長に引っ掻いて削ってゆきました~~(>0<)/ひ~~~。でも なんとか奇麗に平らにする事が出来たのだヽ(⌒〇⌒)ノキットでは この点検蓋は別付けにして欲しいなあ~~(^^;)

キットにはロスト製のバックプレートがついてますがロストにしては立体感が乏しいディティールなので一旦全て取り払って付け直すことにしました(^^;)たはは

糸鋸とヤスリにて平面にして ベースだけ利用します~(>0<)/これまた大変だったあ~。

ニワの旧型機用焚き口買って来なくっちゃ(>0<)/在庫あるかなあ~~?

キャブのバックプレートを整備するのに床の取付けを検討ヽ(`⌒´メ)ノするときゅ~ちゃんの床 段差が有るのと無いのとがあるのが判明(>0<)/

9608はご覧の様に床の両側が一段上がっているのが判ります!実物図面を見ると これにも段差があるのですが

筑豊方面で活躍していた59684の床を見ると段差が有りません(>0<)/え~~??初期型だけ段差があるのか?と簡単に調べてみると79615は段差があるんで そ~いう訳でも無さそう(^^;)メーカーに寄る差なのだろうか?(ーー;)ど~~しよう~~。
そこへ 珊瑚9600の大家でもあるN澤さんから 下記の情報をいただきましたヽ(⌒〇⌒)ノさあ〜すが!!
================================
9600のキャブ床、オリジナルは段付き、段がないのは後の改造みたいですが、いつ、どこで、どんな改造をされると段がなくなるのかはよくわからんですね。
 初めのころはキャブの後ろ妻板がなかったとか、妻板がついてもかなりきつめの後退角が付いてたとか、そんでもって、あとになって後退角の分側板延ばしてキャブを広げてるとか、キャブそのものでもいろいろ変遷があったりするし、空制を後付けしてる連中はエアタンクとコンプレッサ積むためにランボード周りをいじくってるだけじゃなくて、エア配管取回すんで、キャブの床下もかなり手が入ってたりするので、その時に何かやってるかもしれないし。
 確実、というわけじゃないですが、めじさんが一生懸命削り落としたキャブ裾の点検蓋、こいつが上のほうについてるのは段付き、下のほうだったらもしかすると段なし、と、一応判別の参考にはなるかもですが、下のほうに開いてても高い位置に床があって支障はないので、なんともです。
================================
段差が無いのは後改造でしたか!ヽ(●0〇;)ノということは かなりランダムに両タイプが存在するですね(^^;)筑豊のきゅ~ちゃんを調べると結構 段差無しが多いみたいですね~(^^;)特定番号を作るのではなかったら どっちを選んでも不思議は無いのだヽ(⌒〇⌒)ノ加工しやすい方、見た目が好きな方をよく考えて選ぶです~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


バックプレートに付くパーツを揃えましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノニワの旧型機用焚き口も在庫あったのだ(^^;)よかった!水面計、蒸気分配箱もニワ製で 左右の注水器は金岡工房の新製品なのだヽ(⌒〇⌒)ノこれに合わせて取付けの穴を開けて行きます~~ヽ(`⌒´メ)ノ

バックプレートのパネルの分割ラインもケガキで入れましたヽ(⌒〇⌒)ノ本当は そのつなぎ目にボルトを植え込みたいんですが さすがにバックプレートの厚みが1mmくらいあるので そこへΦ0.25~0.3の穴を数十個開けるのは大変なので省略(^^;)

ニワの旧型機用蒸気分配箱を買う時 C51用(右)と9600用(左)の二種類があったので どう違うのだろう?と試しに両方買ってみたのですが 比べてみると・・・・・・・・・・同じじゃん!!ヽ(`⌒´メ)ノ(おいらの眼で見た範囲では(^^;))ただしC51用のほうが鋳込みがいいので こっちを使用する事にしましたヽ(⌒〇⌒)ノ

一通り パーツを差し込んでみると こお~~んな感じい~~ヽ(⌒〇⌒)ノこれに分配箱にバルブや加減弁ハンドルが付くと 一層細密感が出るのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノただし 注水器や水面計、分配箱等はハンドル部が非常に曲がりやすいので
取付けはキャブ本体取付け後とします(^^;)とにかく ボイラー本体の位置決めのためバックプレートだけ先に固定するです~(>0<)/

焚き口及びバックプレートを固定しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

一気にボイラーらしくなったのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ

次にきゅう~ちゃんのボイラー、キャブ、ランボードを固定してゆく前に台枠の水平を出さねばなりません(^^;)

第三、第四動輪は中央一本のイコライザーで結ばれるんですが台枠を逆さにしたりしていると ご覧の通りイコライザと動輪の受けがすぐ外れてしまいます~(>0<)/

実は この対策品を珊瑚から頂いていたんですが長い間作業ストップしている間に無くしてしまいました(^^;)たはは。というわけで 対策品と同じく イコライザーの両脇に抜け止めの角線をハンダ付けしましたヽ(⌒〇⌒)ノ

これでイコライザーと受けが外れることがなくなり 台枠の姿勢が設計通りとなります~ヽ(⌒〇⌒)ノ

台枠の左右前後の水平が確認出来たので ボイラーを固定すべく ランボードのレベルを調整しているんですが なかなか難航しています~(^^;)たはは

治具を使って組んだ中高式のランボードですが、それぞれの板が繋がっているため こっちのランボードを水平にするとあっちのランボードが水平にならない!(>0<)/ひ~~。まあ 実物も そんなに奇麗に水平になっていないとは思いますが
 一番ベースなところなので ここはキッチリ決めておきたいところです~(>0<)/う~~ん・・・・。キットではランボードにボイラーを固定して下回りと合体する形となっています。しかし これだとランボードが正確に取付かないとボイラーが位置決め出来ないのだ(>0<)/

ということで バックプレートの下にスペーサーを追加して台枠に直接ボイラーが乗る形としましたヽ(`⌒´メ)ノこれでボイラーを基本にランボードの位置決めをしていくことが出来るのだ!!

火室横に台枠とボイラーをネジ止めする台座を設置しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

煙室内にも台枠とボイラーを固定するネジ座を設置ヽ(`⌒´メ)ノキットではランボードにM2のタップが切ってあり ボイラーとランボードを固定しないとボイラーと台枠をネジ固定出来なかったのだ(^^;)

これで ネジ止めにてボイラーが台枠の所定の位置に固定出来る様になりましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノこれに合わせてランボードを一旦バラして位置出ししながらボイラーに固定してゆくです~ヽ(`⌒´メ)ノ

キャブ寄りのランボードを所定の位置でボイラーに固定しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

これで 安定してキャブの取付けも検討出来る様になります~ヽ(⌒〇⌒)ノ

実物の煙室の下は若干鉄板の板厚が厚くなっているので これを表現するです〜〜!ヽ(⌒〇⌒)ノ煙室下のこの段差は他のD51などの機種でも見られますがデフ無しのキュ~ちゃんでは 結構目立つのだヽ(`⌒´メ)ノ


煙室の下に0.2板を追加ヽ(`⌒´メ)ノ

ボイラーと台枠、ランボードの高さ、水平が確認出来たところでキャブの床板のベースを作成ヽ(`⌒´メ)ノ


キャブ下のランボード?の上に乗せて これまた高さ調整ちゅう~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで 寸法がOKとなったら このt0.5の床板ベースをしっかりボイラーにハンダで固定します~~!ヽ(`⌒´メ)ノ

床板をガッチリキャブ下のランボードに固定した後は 矢印の補強を追加してさらに強固にします!ヽ(`⌒´メ)ノそして 赤線部分のランボードを切除しました!!ヽ(⌒〇⌒)ノ実物は こんなところにランボードは無いのだ!!

実物のキャブ下は 前から見ると こ~~んな感じでスカスカなのが見えるんですよね~(^^;)これまでのきゅ~ちゃんの模型の様にキャブ下にはランボードは存在しないのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ・・・・・ということで これがやりたくてキャブ床の改造をしてました(^^;)地味な作業が続くデス~~。

そして キットの後端梁も後に出過ぎてる感じなので 一旦切除ヽ(`⌒´メ)ノ

実際のきゅ~ちゃんはキャブ後面と後端梁の位置がほぼ一緒なんですが キットでは1.5~2mm端梁が出てるんですよね~(^^;)ということで 台枠の方もこの分短く改造する必要があるですヽ(`⌒´メ)ノ

後端梁を作り直します~ヽ(⌒〇⌒)ノキットのはいろいろ切り欠きがあって使えないのだ(^^;)まずは 植込みボルト用の穴あけ!

仮にキャブ下に嵌め込むと こお~~んな感じい~~~ヽ(⌒〇⌒)ノいいかんじじゃあ~~ん!しかし キットには機関車側の中間緩衝器が無いのだ(>0<)/う~~~ん・・・。ニワに9600用の中間緩衝器ってあったかなあ~~?(^^;)

手持ちの在庫パーツをアサルと きゅ~ちゃん用の中間緩衝器(^^;)持ってました。しかし 上がテンダー側で下が機関車側なんだけど こんな板バネが入ってたかな~?(^^;)

と59684の写真を見ると・・・・・(ーー;)全然違う~~・・・・。ま とりあえず機関車側のだけ使うのだヽ(⌒〇⌒)ノテンダー側はあとで悩むのだ!!・・・・・と ぼやいていると またまた9600の神様 N澤さんからのお言葉が!!ヽ(⌒〇⌒)ノ
=======================
テンダーの緩衝器、板バネ付はC50ですね。「6-13」テンダーの図面だけ見て騙されたんじゃなかろうか。板バネの無い緩衝器は、珊瑚でパーツがあるですよ。というか、キットに入ってない?新キューロクのキットなら入ってるはずなんだけどなぁ。
=======================

キットにはテンダーの緩衝器ついてましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノよかった しかしニワのやつはC50用でしたか(^^;)分からなかったあ〜〜!というか 板バネつきの緩衝器って どこにも載ってないんですよね~(^^;)勉強になるなあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノありがとうございました~!

後端梁にボルトを植え込み、中間緩衝器を取付けてからキャブ下フレームに取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

実は上で作りかけた端梁は使わずに作り直したのだ(^^;)中間緩衝器が端梁より結構上に出るのが判ったので それの受け部分を設置する必要があったからなのだ(>0<)/ひ~~~

これでキャブ本体がカッチリ所定位置にハマり込む様になりましたヽ(⌒〇⌒)ノだんだん充実して来たのだ!

キャブ下のステップ取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

これで後端梁が俄然 丈夫になったのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

一旦 これで床、端梁まわりの工作は一段落として こんどはキャブ側~天井周りをイジルです~ヽ(`⌒´メ)ノ

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-1

しばらく更新が途絶えていました(^^;)ども
C591は生地完成しましたが 塗装は涼しくなった秋以降に行う事にしましたので しばらくお休みです〜(^^;)ども

ということで 次のお題の珊瑚の9600 中高タイプで筑豊でアクセク働いていた姿を目指すのだヽ(`⌒´メ)ノ

9600は思い入れの強い機関車で資料も豊富にあるため 自分用にC5512と同じレベルくらいに力を入れて組むつもりなのだヽ(`⌒´メ)ノ・・・・が 下回りを一旦素組で組立ててみると台枠のシルエットが実物と大分違う形になっているのが判り その改造に躊躇してど~しようか?と一旦踏みとどまっていたんですよね~(^^;)

下回りも結構手を入れる必要があるのを確認したあと 上回りも少し進めて改造の検討をすることにしましたヽ(`⌒´メ)ノ

まずは中高タイプのランボードを組むため付属のジグを組立てて調整しましたヽ(⌒〇⌒)ノ

ランボードの上板と下板を組立え~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ランボードの上板、下板を合体ハンダ付けしてたら キャブよりの上板の一枚の曲げが かなり傾いて曲がってる~~ヽ(´o`;)ノとほほ。珊瑚のキット たまあ~に こういったミスパーツがあるんですよね~(^^;)交換してもらうのも面倒なので 0.2t燐青銅板で作り直すです~ヽ(´o`;)ノう~~む

ランボードの不良パーツを作り直しました(まん中)ヽ(⌒〇⌒)ノ右が不良品です~。

で 上板、下板を合体したランボードを組立治具の上に置いてみましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノなかなかいいじゃあ~~ん!!・・・・・が(ーー;)ちょっとまて! これを組んじゃうとジグから外すとメチャメチャ曲がっちゃいそうな状態になっちゃうのだ(>0<)/即 ボイラーに固定したいところですが ボイラーにはまだランボード取付け前にいろいろ加工したい箇所があるのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ・・・・・ということで ランボードはここいらでストップしてボイラーに移るのだ(^^;)たはは
 珊瑚の蒸機はモーターを入れるため 火室がバックプレート側に伸ばされてる場合が多いんですよね(^^;)今回は小型モーターに交換するということで正規の位置まで火室を縮めることにしましたあ~ヽ(`⌒´メ)ノということで どれくらい縮めるか??・・・・スタイルブックを持ってないので図面が無いヽ(´o`;)ノ

と思ってたんですが こないだ買った梅小路90年史に保存機の図面が載っていたのを思い出したのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ買っておいてよかった!!で 早速図面を見ると・・・・・・・(^^;)寸法がフィートインチ表示・・・。大正時代の蒸機はそうなのね(>0<)/う~~む・・・・。なんとかメートル、ミリに換算して図面の縮尺を算出したのだヽ(`⌒´メ)ノ

図面は原型の9600なので キャブの後妻がテーパーが掛かって斜めになっているのが判るデス~~ヽ(⌒〇⌒)ノこの分 横から見たキャブの長さが短く見エルです~!!初期の9600の模型はこの原型のキャブの寸法を使っているのでみょ~~に細長く見える作りだったのだ(>0<)/当然最近の9600模型は修正されてます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

で ボイラーは約3mmほど後を削ることになりケガキ線を入れましたヽ(⌒〇⌒)ノ

ボイラー後端をケガいたラインに合わせて3mmほど切り取りました(^^;)
 火室のケーシングのつなぎ目のラインは手書きのケガキで表現されてるんだけど そのうちの数本がかなり薄くてケガキ刷毛で磨くとほとんど消えかかっちゃっいました(^^;)とほほ

というわけで 上からもう一度 深くケガキを引き直しましたヽ(`⌒´メ)ノ
一カ所一カ所についてガイドがズレない様にハンダ付けしてからケガくんですが
二本線にならない様に細心の注意で作業する必要があり メチャメチャ疲れたのだ(>0<)/ひ~~

実車写真を見ると 一両一両 このつなぎ目の位置や数が違うんですよね~(^^;)縦にも1~2本追加するかなあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

火室横に追加のリベット用穴開けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノそしてよく見ると発電機の取付け位置(緑矢印)の位置だとボイラーバンドに台座が掛かっちゃう・・・・台座位置を横にずらそうとするとハンドレールノブ穴に掛かっちゃう・・・(>0<)/ど~~してえ~~??・・・・・と調べると・・・

助手席側のハンドレールノブの位置が 機関士側と違う~~~ヽ(●0〇;)ノ全車両じゃないけど かなりの確率で左右対称の位置じゃないのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノしかも全然違う位置なのだ!・・・という訳で 新しくハンドレールノブの穴(赤矢印)を開けて 古い穴(青)を埋めるデス~ヽ(`⌒´メ)ノ

例の90年史のキュ~ちゃんの図面を見ていたら助手席側のハンドレールノブの位置が機関士側と違う理由が判ったのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ助手席側のハンドレールは新製当時 煙室横に付いていた加熱ダンパー(緑矢印)の調整ロッドを
兼ねていたのだヽ(⌒〇⌒)ノなあ~~るほど!!

助手席側のハンドレールのみ キャブの中へ突っ込んでいるのも不思議だったんだけど これで解決したのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノキャブ内では このハンドレールの先に調整ハンドル(青矢印)が付いていたのだ!!(>0<)/勉強になるなあ~~!!

交通博物館にあった9850の加熱ダンパーがこれ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ以前 この掲示板でも話題になった装置なのだ!

キャブ内の調整ハンドルからダンパーに伸びるロッドがキュ~ちゃんではハンドレールを兼ねていた(ハンドレール内を通っていた??)らしいヽ(`⌒´メ)ノ

火室部ケーシングつなぎ目追加ヽ(⌒〇⌒)ノオレンジ矢印
安全弁台座表現ヽ(⌒〇⌒)ノ水色矢印
謎の出っ張りカバーヽ(⌒〇⌒)ノピンク矢印
発電機台座部のカバーヽ(⌒〇⌒)ノ緑矢印
ATS発電機取付け跡カバーヽ(⌒〇⌒)ノ青矢印
九州のキュ~ちゃんのATS発電機は煙室のすぐ後に付いてるのが特徴何ですがはじめはここに取付けていた模様(^^;)途中で前に移動したみたい。理由は不明なのだヽ(´o`;)ノ

謎の出っ張りは 9600やD50、60によくあるんですよね~(^^;)
たぶん内火室を押さえている「たわみ控え」が結構飛び出てるので それを
隠すカバーだと思うんですが・・・・(^^;)

只今 洗口栓を検討ちゅ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ写真は後藤寺機関区で撮った59684!

洗口栓取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ上の洗口栓は キットでは(開)が付属してますが 九州では(閉)が圧倒的に多いのだヽ(`⌒´メ)ノということで下側に並んだ大きな洗口栓フタはキットオリジナルで上の小さなやつがエコーの洗口栓(閉)です(^^;)実物写真と比べると 大きな方がかなり形が違うなあ~ヽ(´o`;)ノ実物はもっと丸くて灰皿をひっくり返したような形なのだ(^^;)でも まあ妥協範囲かな~~・・・

で この洗口栓 これまた全車両ではないのですが結構な比率で実物写真の様に出っ張って取り付いてます!図面を見ると ここの洗口栓の四角のボルト頭?がかなり出っ張っており、それを逃げるためこんなに飛び出している模様。ただし 全車両ではなく普通にケーシングに密着してる車両もあるです。(^^;)

でも 面白いので模型も飛び出した形で取付けてみましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

アダチの安全弁(低)を取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ取付けネジを一旦埋めてM1穴を開け直しました(^^;)洗口栓も一カ所追加(矢印)ヽ(⌒〇⌒)ノ

今のところ このアダチ製安全弁が一番形がいいですね~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ハンドレールノブも穴を開け直したのを機に サカツウ製のノブに交換しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノほぼスケール通りの大きさでメチャクチャ頭が小さいくて実感的なのだ!!(>0<)/ただし取付け部がφ0.5なのでこれを使用する場合 珊瑚のボイラーに開いたφ0.7の穴を埋めて0.5に開け直す必要があるです~(^^;)
ちょいと後回しにしていたランボードを組立てましたヽ(⌒〇⌒)ノ

ランボードだけで下回りにネジ止めするとこんな感じ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ
しかし この状態だとちょいと外力が加わるとグニャリと変形してしまいます(^^;)早めにボイラーに固定したいところですが その前にはまだまだいろいろ作業があるのだヽ(´o`;)ノ

逆転腕カバーの部分は逆転腕を表現するかもしれませんので切り欠いておきましたヽ(⌒〇⌒)ノキットでは逆転腕受けがごっそり省略されてますのでなんとかしようと思っとります(^^;)

ボイラーを乗せるとこんな感じ~ヽ(⌒〇⌒)ノしかし この状態で乗せると後に傾いてしまいます~(^^;)キャブの前妻を付けるとボイラーの後側の高さが確保出来る構造らしいです~。

キャブ妻扉の窓枠が キットだとエッチングの凹みで表現されてるんだけど ど~~もオモチャっぽいので 薄板を貼って表現する形としましたヽ(⌒〇⌒)ノ

まずは 窓枠の外形の薄板(t0.1燐青銅)をハンダ付けヽ(⌒〇⌒)ノ

そして内側を窓形状で切り抜き仕上げましたヽ(⌒〇⌒)ノこのあとリベットを植え込むです~!

キャブ前窓枠にリベットを植え込みましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで そこそこいい感じになったのだ!!

前妻をボイラーに取付けましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで 下回り、ランボードに対する前後、上下の位置関係が決定します~ヽ(⌒〇⌒)ノ

キャブ本体をはめ込んでみると・・・・ヽ(●0〇;)ノお~~!すっかりキュ~ちゃんの姿になったのだヽ(⌒〇⌒)ノかっくいい~~!!

珊瑚新キットC59をシゴクヽ(`⌒´メ)ノ-15

またまた しばらく更新が滞っておりました(^^;)ども

いよいよ 生地完成に向かってラストスパ〜トです〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

第二動輪と第三動輪の間が抜けていて ギアボックスが丸見えなので 第三缶胴受けを設置!ヽ(`⌒´メ)ノ

と言ってもギリギリまでギアボックスが来るので 胴受け自体はただの板ですが(^^;)

しかし これに二個角型の油壺が付くので結構目立つ存在なのだヽ(⌒〇⌒)ノ
これを取付けた後 金岡工房さんからこの油壷付き缶胴受けがロストパーツで販売されました!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

機関車とテンダーを連結するとき結構穴にピンを通すのが大変なのでワンタッチ式に改造しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

給水管のポンプ付近にエコーのドレインコックを取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

エアタンクにもドレインコックを取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ指で引っ掛けやすいので最後の取付けとしました(^^;)これで 上回りは 塗装前作業としては ハンダ付けほぼ完了です~~ヽ(⌒〇⌒)ノばんざあ~~い!
次は下回りのロッド類の仕上げと走行調整に入ります〜ヽ(`⌒´メ)ノ

珊瑚の主動輪のクランクピン(写真上)ですが ご覧の様にサイドロッドとメインロッドの間にリブが出ておりお互いのロッドにクリアランスを確保する様になっています(^^;)しかしこのリブがあるとリターンクランクのハンダ付けでクランクピンとメインロッドが切り離せなくなり この後のロッド周りの調整が非常にやりにくくなってしまいます(^^;)そこで今回ドリルレースでこのリブを削り落とし、リタ〜ンクランクの取付け段差の寸法も見直して金岡工房製モーションプレートに合わせますヽ(⌒〇⌒)ノ

これで エキパンロッド取付けの準備が出来ましたヽ(⌒〇⌒)ノこれを付けて走行調整に入ります~~・・・・・これが またメンドクサイ(^^;)たはは

エキスパンションロッド取付け完了おお~~!ヽ(⌒〇⌒)ノ

リタンクランクを含めバルブギア一式を金岡工房製で固めました!!ヽ(`⌒´メ)ノ金岡工房製リターンクランクはM0.5の六角頭の極小ネジでエキパンロッドとの取付けが見た目を犠牲にせずに脱着可能となってます~~!ヽ(⌒〇⌒)ノすばらし~~!

これで 塗装前のディティールアップの作業は全て完了お~~ヽ(⌒〇⌒)ノばふぱふ~~!!
これから 電装、走行調整の段階に入ります~ヽ(`⌒´メ)ノ

さあこれから走行調整のため配線作業ヽ(`⌒´メ)ノという時に ドローバー部に使う段付きの絶縁ワッシャを紛失していたのが発覚(>0<)/ど~~しよう~!珊瑚に買いに行くのも大変なので 以前からプラスチック製品の修理に使っていたプラリペアで段付きワッシャを作ってみましたあ~!ヽ(⌒〇⌒)ノ

まずは 型となる段付きワッシャをハンダ付けとドリルレースで作成!これを「かたどりくん」に押し付けて雌型をとり(矢印)ここにプラリペアを流し込みます~!ヽ(`⌒´メ)ノ

固まってから上面をヤスリで平に整形!中心にM2のネジを切りましたヽ(⌒〇⌒)ノ

これで段付き絶縁ワッシャならぬ 段付き絶縁ナットが完成!!ヽ(⌒〇⌒)ノこれは便利!!ナット無しにドローバーをセット出来ます~!このあと ここに配線したラグとそれを締め付けるナットを付ければOKなのだ!!プラリペア 短時間に強度と固さを持ったプラスチックを製作出来るので 他にもいろいろ使えそうなのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

自作段付きワッシャの掲示板への書き込みを見たウルトラヤブさんから連絡が来てプラリペアのブラックはカーボンが含まれているので絶縁性が保証されていないらしいとの事!!ヽ(●0〇;)ノえ~~~!!知らなかった!・・・ということで 早速白色の素材で作り直しました(^^;)たはは。もともと 白を持ってたんだけど 蒸機の部品ということで 黒をわざわざ買って来たんですよね~~ヽ(´o`;)ノとほほ
ちなみに プラリペアのHPはこちらヽ(⌒〇⌒)ノただの接着剤ではなく プラスチック再生材なのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ強度抜群!!これさえあれば プラの製品が割れたり欠けたりしたくらいは 簡単に直るのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノおいらも 車のスイッチが欠けて使えなくなっちゃったのを これで修理してバッチリです~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

そしていよいよ走行調整です〜ヽ(⌒〇⌒)ノ
カーブでのネックとなる先輪と尻棒の接触をチェックすると やはり なかなか絶縁無しでは難しいのが判って来たので 早速プラリペアを使って絶縁するです!ヽ(`⌒´メ)ノ

尻棒の裏の車輪が当たりそうな部分に例のプラリペアを塗ってヤスリで整形!!ヽ(`⌒´メ)ノ

プラリペアの真鍮への食いつきは抜群でヤスリでヤスッたりナイフで削ったりしてもびくともしません!!ヽ(●0〇;)ノまるでプラスチックが真鍮と一体化したみたいなのだ!ヽ(⌒〇⌒)ノすばらし~~! 逆に必要無い部分にプラリペアが流れ込むと これを剥がすのが大変ン~~!(>0<)/気をつけねば!! しかし ここの絶縁は完璧になったのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ
で 先輪の絶縁は問題無くなったんだけど ど~~も動きがシブい(^^;)調べると指でギアボックスのシャフトを回すとジャリジャリとした感触ヽ(´o`;)ノう~~ん。調子良く走るまで しばらく掛かりそ~~(^^;)

ジャリジャリ感はウオームの端面にバリが出ており オイルレスメタル部に引っかかっているようでしたので ドリルレースにて端面をヤスると スム~ズになりましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノで なんだかんだ弄ってると 案の定ロストのエキパンロッドが曲がってますなあ~~(^^;)これも なにか考えねば・・・・。

イモンの13mmレールで直線→789Rの往復で走行チェックヽ(`⌒´メ)ノ
・・・勢い良く走らせれば なんとか強引に走るのですが スローだとやはり途中で
ショートして停止してしまいます~ヽ(´o`;)ノう~~む。とりあえず取外せる部品は全部外してシンプル状態からショート個所を調査です~ヽ(`⌒´メ)ノ

プラリペアで作った段付きワッシャですが 面倒なので台枠に取付けた状態でプラリペアを流し込んで台枠と一体化させましたヽ(⌒〇⌒)ノ周りの壁までプラリペアで覆ったのでここでのショートは無くなります~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ドローバーも端梁に接近する部分をプラリペアで覆って絶縁確保!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

直線→曲線部でテンダーの給水管の先端がキャブステップに接触していたので 先端を削って短くしました(^^;)

テンダーの火掻き棒受けがキャブの霧除けと接触(>0<)/ 受けを少々曲げて対応。いずれも直線レール上では とてもここが接触するとは思えないくらいクリアランスがあるんですが テンダー~キャブの偏軌で とんでもない部分が接触するです~ヽ(´o`;)ノ
サイドロッドだけの状態でなら 直線~カーブの通過を超スロー運転でも出来る様に
なりましたヽ(⌒〇⌒)ノこのスピードならほぼ無音なのだ!!次にメインロッド、バルブギアを取付けての調整です~ヽ(⌒〇⌒)ノ


逆転腕とモーションプレートを脱着可能にするため逆転軸を写真の様に三分割とし 組立時はパイプに両脇から逆転腕のシャフトを突っ込む形としましたヽ(⌒〇⌒)ノ必要があれば 最後にこの両者をΦ0.5線で貫通させて抜け止めとします!

超スロー運転でも なにも引っかかりも無く スム~ズに走ります~~!!ヽ(⌒〇⌒)ノばんざあ~~~い!!・・・・と一旦思ったんですが よく見ると ラジアスロッドがヒョコヒョコと上下に動きます(^^;)合併テコがクロスヘッドの動きにあわせて ラジアスロッドを押し上げちゃう様です~(>0<)/う~~む。遠目に見れば 気にならないくらいですが 近くで見るとその動きがオモッチャっぽく見えてしまいます~ヽ(´o`;)ノう~~む・・・。なんとかしなくては!ヽ(`⌒´メ)ノ

ラジアスロッドが上下に振れるのは 合併テコのバルブスピンドル径とバルブカバー穴径とのクリアランスがありすぎるのも一因ヽ(`⌒´メ)ノ・・・・とうことで まずバルブスピンドルにはエコーの細密パイプ外径Φ1.0内径Φ0.7を被せてハンダ付け! そしてバルブカバーの穴には外径Φ1.2内径Φ1.0のパイプを植え込みましたヽ(`⌒´メ)ノ これでクリアランスは最小となりラジアスロッドの上下の振れも最小になるはずです~ヽ(⌒〇⌒)ノ

エキパンロッドですが 機関車を持つ時 一番掴んでしまいやすい位置にあるためか 気がつくと内側に曲がってしまっています(>0<)/鉄色の固めの素材で出来ているのですが形状と寸法がスケール通りで非常に細く やはり補強しないと 機関車の扱いに気を使う必要があるです(^^;)・・・というわけで エキパンロッドの内側にt0.2の燐青銅帯板を貼付けて強度アップしました!(写真上、下は製品のまま)ヽ(`⌒´メ)ノロッドの厚さは約倍になりましたが 裏側に貼ったためあまり目立ちませんヽ(⌒〇⌒)ノ効果てき面で 強度&弾性アップ!これを貼ってから まだ一度も曲がっていません!

ロッドを組立てて イモンレールのSカーブでテスト走行ヽ(`⌒´メ)ノメチャメチャスム~ズに超スローで通過します~ヽ(⌒〇⌒)ノバルブギアの動きもなかなか実感的になったのだ!ばんざああ~~~い!!・・・・と思ってたら ブレーキを付け忘れてたので 取付けると・・・・・・ショートで動かん(ーー;)う~~む。まあ ショート個所は判ってるので 気は楽なのだヽ(⌒〇⌒)ノ
で ブレーキのベース板についた砂撒き管が 動輪のフランジに接触していました(^^;)ラジペンで 砂撒き管の曲がりを調整しましたヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダーのテールランプを点灯させるのに 台車に集電シューを設置する必要があるのを思い出しました(^^;)これは塗装前に目処を付けておかないと・・・・。密閉キャブD52の時は台車の横梁に基板をネジ止めしたんだけど さすがに13mmはこのスペースをが狭い!(>0<)/ひ~~~。とりあえず横梁にシューを設置するための絶縁ベース(ファイバー紙)を取付けました(^^;)これに集電シューをプラリペアを使って固定しようと思います~~ヽ(`⌒´メ)ノ


絶縁基板にΦ0.3燐青銅線とプラリペアで集電シューを設置しましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ思ったよりコンパクトにまとまったのだヽ(⌒〇⌒)ノブレーキシューとの接触も気になったのですが 問題なさそうです~!!ヽ(⌒〇⌒)ノ矢印の線にリード線をハンダ付けするです!!

ようやく 両台車 4軸から集電出来る様にしましたヽ(⌒〇⌒)ノ集電と絶縁もテスターで確認して電気的接続もOK なのだヽ(⌒〇⌒)ノ台車をテンダーに取付けて線路上に置くと これらの集電装置は全く見えなくなります~ヽ(⌒〇⌒)ノ
いよいよ これで塗装前作業は終了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

イモンカーブレールのS字 左右とも問題無しヽ(⌒〇⌒)ノ超スローで無音で通過します~~!!

これで 走行調整も完了おおお~~~ヽ(`⌒´メ)ノ生地完成なのだ!!

いよいよ 塗装の検討に入ります~~(^^;)暑くなる前に塗らないと・・・。

珊瑚新キットC59をシゴクヽ(`⌒´メ)ノ-14

C59 1号機も生地完成に向かって追い込み段階になってきましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

ATS発電機の排気管取り付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


ただし  排気管を持ち上げながら屋根の脱着しなくちゃならず かなり面倒(^^;)う~~む・・・。まあ 屋根はメンテナンス時のみ外すのでめったにやらないってことでOKとするです(^^;)たはは

発電機排気管の先に排気の遮蔽板??を取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ最初イモ付けでハンダ付けしたんですが キサゲ時すぐに取れちゃったので遮蔽板の脚を屋根に埋め込むように作り直しました(>0<)/つかれた~

排気管の先端は両方とも穴をあけてパイプに見せかけています~ヽ(⌒〇⌒)ノ


いよいよ煙室戸開閉ハンドル取り付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノエコーのボタン型のやつです~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

二子三方コック上のボルトを植え込み~(^^;)忘れてた・・・。

金岡工房製のバルブギアの取付け検討ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

三枚構成の加減リンクは精巧なバルブギアの再現に欠かせないのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノきゃあ~~すてきい~~!!

しかし よく見ると 加減リンクと第二動輪のリターンクランクの幅方向の位置が全然違う~!(>0<)/ひ~~~! これじゃ~エキパンロッドが付かないのだ!!原因はスケールに近い横幅のモーションプレートに対し 分厚いロッドの重ね合わせに合わせたためリターンクランクが大きく外側にシフトしているのだ(>0<)/もちろん キットのモーションプレートはそれに合わせて幅広になってるです(^^;)・・・で 結局 中梁をまん中でぶった切って全体の幅を2mmほど足しました(^^;)画像無し

今回 バルブギアは金岡工房のC62用を使用しており足回りはC62、C59はほぼ同じなのですが この逆転腕のみ形が違います(>0<)/C62はボイラーが太いため逆転棒の位置が外側に位置しており この逆転腕も釣りリンク腕と別パーツとなって外側にシフトしてます(^^;)C59をはじめ 多くの場合は真鍮色のパーツの様に一体型なのだヽ(`⌒´メ)ノ

というわけで ニワの「SL-259釣りリンク」を使用します~ヽ(⌒〇⌒)ノニワのこれはD51用ってなってるんですが どう見てもC型用の寸法なのだ(^^;)(D型用は若干寸法が短いのだ(>0<)/)

機関士側はいい感じに収まりましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノまだ 助手席側が残ってます~ヽ(´o`;)ノふう~~

やっと助手席側のバルブギアの連結完了おお~~(>0<)/ひ~疲れる~~!バルブギアは スム~ズに動く様にピンをカシメルのが肝ですなあ~(^^;)しかし 並べるとやっぱ苦労した甲斐はあるだけの差はあるのだヽ(`⌒´メ)ノ
・・・と このあとリターンクランク〜エキスパンションロッドの取付けと移ろうとしたんですが 主動輪のクランクピンのネジがど〜〜も舐めてしまって使用不能に(>0<)/ひ〜〜!! 部品調達まで ここの作業はストップ(^^;)たはは



ブレーキ取り付け板に砂撒き管取り付けましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

機関車とテンダーを結ぶ連結棒も作り直しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ


連結棒の穴は一つですが テンダーの連結ピンの位置をズラして機関車とテンダーの間隔を調整します~ヽ(⌒〇⌒)ノ横のネジを緩めてピンをずらすだけなのでほとんどワンタッチで出来ます~!

一番間隔を狭めると上の写真となります~(^^;)もうちょい狭めたい気もしますが これ以上近づけると中間緩衝器が接触しちゃうです~ヽ(´o`;)ノ

一番 広げるとこんな感じ〜(^^;)結構広げないと イモンのカーブがキツいのだ(>0<)/

イモンのカーブだと こんな感じです〜(^^;)まあピン位置はその間で自由に調整出来るので 間隔も無段階で調整出来るです~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

懸案のリンゲルマンチャートの支えをデフステーに取付けましたヽ(⌒〇⌒)ノ

強度を考えて燐青銅帯板で少し幅広に作りました(^^;)かし いくら燐青銅板といっても 指で引っ掛ければ 簡単に曲がってしまいます~(^^;)まあ あんまし頑丈に作っちゃうと 今度はデフステーごとやられちゃうのだ!これから 機関車自体 取扱注意です~~(>0<)/ひ~~~。

機関車取扱注意ついでに 泥ダメも本付けしました(^^;)泥ダメ本体はニワ製ですがΦ0.5の配管とコックは金岡工房の新製品の一体ものです~ヽ(⌒〇⌒)ノ下端に漏斗状の口も表現しましたヽ(⌒〇⌒)ノ

イモンのカーブも二重首振りのおかげで 従台車と泥ダメ配管のクリアランスは全く問題無し!!ヽ(`⌒´メ)ノ

清缶剤の逆止弁と配管をポンプ下部に取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

インジェクターの排気水管先端にも漏斗口を取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


13mmは車輪の幅が狭いので諦めていた 灰箱の開閉腕を再検討ヽ(`⌒´メ)ノ

先端を狭めて取付けましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノご覧の通り 従輪がフルに振っても 1mm近いクリアランスがあります~ヽ(⌒〇⌒)ノこれなら安心!


やっぱ これが付くと 横から見たシルエットが引き締まります~~ヽ(⌒〇⌒)ノ細密感もグッとレベルアップなのだ!!

速度計のロッド取付けええ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

本当はΦ0.3くらいを使いたいところですが強度を考えて太目のΦ0.4燐青銅線を使用しましたヽ(`⌒´メ)ノこれくらい太い方が目立っていいかもヽ(⌒〇⌒)ノ間接を二カ所設け従台車の左右上下の動きに十分追従します~~ヽ(⌒〇⌒)ノただし 上回下回りの分割の度に このロッドを運転室の穴に刺し抜きせねばならず めんどくさあ~~~い!!(>0<)/ひ~~~。ということで まだ ロッドは固定しておらず 差し込んであるだけです~(^^;)最後に取付けるデス(^^;)

C591も 一見完成状態ヽ(⌒〇⌒)ノしかし まだ作業はもうちょい続きます~~(^^;)年越え~~
それでは 皆さんヽ(⌒〇⌒)ノよいお年を〜〜!

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 16
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme