趣味の総合サイト ホビダス
 

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-14

キャブ内を進めたくなったので蒸気分配箱を組んでみましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

ニワのC51用蒸気分配箱に旧型蒸機用レギュレータハンドル そして金岡工房のバルブ類4種類を合体!!ヽ(`⌒´メ)ノ・・・・・・ メチャメチャタコ足配管になるので元の分配箱の形が判らなくなるのだ(^^;)たははは

バックプレートに差し込むとこんな感じ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノキャブ内のハイライトなのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ

圧力計を取付けえ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノボイラー圧と暖房圧力計?だったかな(^^;)ボイラーと屋根の間が狭いので かなりボイラーに掛かった位置となります〜(^^;)パーツはウイストの圧力計ですが 淵の段差が少ないので中をドリルでサラって 塗装後印刷した計器板をはめ込める様にしてあります〜ヽ(⌒〇⌒)ノ



インジェクターと蒸気分配箱を固定しましたあ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ分配箱には徐々に配管を接続して行きます〜(^^;)

シリンダー圧力計ヽ(⌒〇⌒)ノ取付けえ〜〜!!

ブレーキ圧力計の準備ちゅう〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ圧力計の台座をt0.2燐青銅板で作成して取付け〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

金岡工房のブレーキ圧力計に焼きなましたΦ0.2燐青銅線をハンダ付け〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

ブレーキ圧力計取付け完了おおお〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ細い配管がかなり目立つのだヽ(`⌒´メ)ノ

バックプレートのディティールはかなり充実してきたのだヽ(⌒〇⌒)ノ

しかし キャブの側窓からは これらの圧力計は窓より上なので ほとんど見えない(^^;)なあ〜〜んだ

蒸気分配箱のバルブ類に配管接続完了おお〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノかなりグジャグジャになりそうだったので極力スッキリ見える様に配管の取り回しに気を使いました(^^;)たはは

暖房安全弁もかなりオーバースケールになりましたが 自作して設置ヽ(`⌒´メ)ノ矢印。下に伸びる暖房管は後で付けます〜(^^;)しかしキャブ側天井を付けると奥まって目立たないパーツなのでオーバースケールで目立ってちょうど良かったかも(^^;)たはは

これでブレーキ弁を除いてバックプレート関連は完了おお〜ヽ(⌒〇⌒)ノ


機関車の梯子です。キットのもそこそこ細い仕上がりになるんですが もっともっと細くならないか??と検討ちゅう〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ帯板はt0.15X0.5の約半分の幅のを使用おお〜。ただし 組んでみてあまりにも強度が無い場合は 断念するかも・・・(^^;)たはは

梯子を直線で試作してみましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ梯子の幅が上スボマリになっちゃいましたが この細さでもハンダで組んでしまえば そこそこの強度が確保されるのが確認出来たのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ

ボイラー横に置いてみると この梯子の繊細さはバツグン!!ヽ(⌒〇⌒)ノこれで正規の梯子を作れたら あの実物のひょろひょろした頼りない梯子の雰囲気はバッチリ出るに違いないのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノしかし ハンダ付けするまでは ちょいと触るだけで曲がってしまい メチャメチャ繊細で気を使うです〜〜(>0<)/ひ〜〜〜〜

梯子の帯板 何度か作り直して やっとここまで来ました(^^;)ひ〜〜〜。まだ横棒(Φ0.2)を差し込んであるだけですが なんとかなりそうな光が見えて来たのだヽ(⌒〇⌒)ノ

このあと 歪みを取りながら慎重にハンダ付けしてゆくのだヽ(⌒〇⌒)ノ熱で また曲がっちゃいそう〜〜(^^;)たはは


まだ横棒は差し込んでるだけですが徐々に 上の方から歪みを取りながら順に固定して行ってます〜(^^;)神経使う〜〜。細くて存在感の無さは 実物の梯子に近いかも〜〜!!ヽ(⌒〇⌒)ノ自画自賛!!しかし まだ完全にハンダで固定するまでは気は抜けないのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ

いやあ〜〜〜っと 梯子取付け完了おおお〜〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ


固定する前はキサゲするにも変形してしまい気を使う状態でしたが本体に固定すると 上部ステップ、ハンドレール部、ランボードの三点で固定されるので 意外と丈夫になりましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノあ〜よかった!!。苦労しましたが 取付け完了してみると 繊細な梯子の雰囲気が出ており 究極の細さの梯子に挑戦した甲斐があるのだヽ(⌒〇⌒)ノ

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-13

またテンダーに戻って進めます〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

後妻の後部ステップを取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ キットのステップは暖房管受けが無いので 金岡工房のロストを使用しましたあ~!ヽ(⌒〇⌒)ノ

ベリ銅製なので薄板構造にも関わらず剛性抜群!!ヽ(`⌒´メ)ノ これが普通の真鍮ロストだと すぐに曲がっちゃうんですよね~(^^;)

テンダー前妻のATS機器箱を作成いい~~ヽ(⌒〇⌒)ノ 近代機は妻板に埋め込まれてますが キュ~ちゃんは大きな機器箱を道具箱の上にボンと置かれてるのだヽ(`⌒´メ)ノ 扉付近のディティールはベース板の薄い金岡製のロストを使用。数枚の厚板を重ねてボックスに見せかけています~(^^;)

実物の機器箱は前パネルの上に断面が三角形状の雨樋?庇?が設置されてますヽ(⌒〇⌒)ノ

ちゃあ~~んと その雨樋も表現したのだヽ(`⌒´メ)ノ

九州キュ~ちゃんによく見られる側板上部の手摺とATSの配管設置いい~~ヽ(⌒〇⌒)ノ 上下回りが分解出来る様に フロントステップの部分で配管も分割とします~(^^;)

石炭取り出し口取付け完了おおお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


石炭取り出し口はt0.2燐青銅板で4回作り直しましたあ~(^^;)疲れたああ~~~。 この薄板感を出すには燐青銅板は必須なのだヽ(`⌒´メ)ノ 取り出し口の下には たかひろさんにご紹介いただいた図面を参考にスキマをあけて 特徴あるキュ~ちゃんの取り出し口を表現しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ 石炭取り出し口が宙に浮いている感じになるのだヽ(●0〇;)ノ
 炭庫に入った雨水や給水であふれた水はここから流れ出るはずですが その水は いったいどうなるのか?(^^;) ステップの上にビシャ~~~と流れ出るのか??(^^;)

と 実物写真を見ると やっぱ下に樋があるみたいヽ(⌒〇⌒)ノ

多度津に保存されてる八ちゃん(8620)の保存機の写真ですが樋が付いていた跡があります~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ということで 取り出し口の下に樋を取付けましたああ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

インジェクター用給水コックとハンドブレーキのシャフトを設置ヽ(`⌒´メ)ノまだハンドル部は取付けていません(^^;)たはは。 タイヤ水まき用の締切コックも追加しましたヽ(⌒〇⌒)ノ 2個付いているタイプと1個で機関車側で分岐しているタイプがあるみたいなので後者とします~(^^;)部品節約?

締切コックのハンドル取付けええ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ赤矢印。 青矢印のタイヤ水撒き用締切コックのハンドルは 実は金岡工房製の旧型蒸機用締切コックハンドル(右写真)を使用する予定でしたが・・・

取付け面とシャフトとの距離がニワ製締切コックロストと合わず使用は断念(^^;)う~む。結局ここも自作しました(>0<)/ひ~~~

後妻の梯子の代わりの手摺を取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

九州のキュ~ちゃんは 梯子の代わりに近代機の様な手摺?を溶接してる例が多いのだヽ(`⌒´メ)ノ 模型で あの細い梯子を再現するのはなかなか難しいので ここはありがたく手摺タイプを採用しましたあ~(^^;)たはは

後妻にエコーのテールランプ掛け取付けえ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ ヘッドランプ(LP42)の取付け台も燐青銅板をL型に曲げたものを設置しましたヽ(`⌒´メ)ノ

そう言えば LP42の背面は写真の調整ボルト??の様なものが付いてるんですよね〜(^^;)中の電球の前後の位置調整??か何かかな〜〜・・・。

ということで 珊瑚のLP42を改造おお〜〜!ヽ(`⌒´メ)ノ


後面のLP42と電線管設置完了おおお〜〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ 電線も接続しましたあ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダーの後面もだいぶ充実して来ましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ


テンダー前端梁に金岡工房の旧型テンダー用ATS車上子取付けえ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ この車上子は車体から大きくはみ出して取付くロストパーツなので ちょいと強度が心配(^^;) 矢印部分の支柱の裏に支柱の形に切り出したt0.2の燐青銅板を沿わせてハンダ付けして補強としましたヽ(`⌒´メ)ノ またIMONの伸縮ドローバーがこの車上子に当たってしまうので残念ながら伸縮ドローバーは諦め 自作の自動連結式ドローバーを自作して取付けてあります(^^;)たはは

機関車と連結した時の この部分の細密感は抜群なのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ でも これを付けたためテンダーの取扱要注意のレベルが上がったのだ(^^;)たはは

ATS車上子の横に同じく金岡工房のATS配管中継箱取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ 配管、配線はこれからです~(^^;)

機関車と連結して 直線はいいんですが・・・・・・(^^;)

R730のカーブでは中継箱と機関車の端梁のクリアランスがギリギリ(^^;)セーフ??・・・・・と思ったんですが この後 機関車端梁の同じくらいの場所に機関車側のATSツナギ箱が付くので 完全にOUTなのだ(>0<)/ひ~~~。 ドローバーを作り替えて機関車、テンダーをもっと離さないと・・・・・ヽ(´o`;)ノとほほ~~~

機関車側のATSツナギ箱を取付けえ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ これで 様子を見ながらドローバーの長さを検討します(^^;)

ドローバーを1.5mm長く作り直しました(^^;) 当然 機炭間も1.5開きます〜(^^;)

これでR730でもギリギリOKとなりましたヽ(⌒〇⌒)ノ

ドローバー取付け部も改造して矢印のネジ一本を緩めるだけでドローバーピンの位置をスライドさせて機炭間を調整出来る様にしましたヽ(⌒〇⌒)ノ これで展示用に機炭間を簡単に縮める事が出来るのだヽ(`⌒´メ)ノ

でも まあ 1.5mm離した状態でも それほど間延びした感じはしないかな?(^^;)

中継箱に配管接続う〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ車上子への配線はこれからです〜

給水ハッチの取手を帯板で作って取付けええ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-12

しばらくブログの調子が悪かったんで 更新出来ませんでしたが 本日調子良さそうなので続きを載せます〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダーは一旦 一休みにして こんどはキャブ周りに移ります~ヽ(⌒〇⌒)ノ

まずは天窓ヽ(⌒〇⌒)ノ 後側の天窓の開口寸法が少し小さいので もう一回り大きく作り直しましたあ~!!ヽ(`⌒´メ)ノ後の天窓の蓋を開けると 前の天窓にかぶさる様に前にスライドするのだ!ヽ(⌒〇⌒)ノちなみに この後の天窓は熱気抜きのためではなく 機関車をクレーンで上げる時のワイヤーを通すための作業穴とのことヽ(●0〇;)ノ昨年 井門さん、N澤さんに教えてもらったのだ!

そして 実物の屋根上の写真をじっくり見ていて・・・・またまた発見(>0<)/ひ~~。九州のキュ~ちゃんのキャブ屋根はリベット、ボルトがありません~(>0<)/たぶん屋根を張り替えたのだと思いますが ほとんどの九州キュ~ちゃんの屋根はツルツルなのだヽ(`⌒´メ)ノちなみに実物写真は キャブのカーテンは こうやって使う!!ヽ(⌒〇⌒)ノ・・・・ってのが良く判ります~~!!ヽ(⌒〇⌒)ノ雨除けなのだ!!

・・という訳で 屋根上のリベットを全て削って ツルツル屋根にしましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ
吊り金具用の穴も埋めました(^^;)


キャブ屋根の雨樋と窓上の庇を取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ雨樋はメジロ工場標準仕様で燐青銅板t0.1をJの字に曲げて実際に雨樋状にしたものです~ヽ(⌒〇⌒)ノ庇も燐青銅板t0.2を曲げたてボルトを植え込みましたあ~ヽ(`⌒´メ)ノ

いずれも 数個同じ物を作って 一番形状が良い物を使用しました(^^;)疲れたああ~~

キャブの後妻の窓枠の甲丸を設置するため エッチングの窓枠を削り取りましたヽ(`⌒´メ)ノ

甲丸の窓枠ですが 甲丸線を直接窓枠状に曲げようとすると捻れてしまい作成が困難でしたので ここはΦ0.6の丸線を窓枠状に曲げて それをヤスリで半分に削りましたあ~(>0<)/ひ~~疲れたあ~~

妻板に取付け後 Φ0.25のボルトを植え込み~ヽ(⌒〇⌒)ノ

天井に天井版を押さえるアングルと帯板を追加ああ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ天井裏に付くアングル補強はオリジナルでは天窓の前後に2本だったようですが九州キュ~ちゃんは屋根を張り替えたタイミングで中央1本になったようですね~(^^;)

先台車を少しいじりましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ軸箱上部には 台車のガイドとなる極太シャフト取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで 先台車のシルエットの上部がスカスカでなくなるのだ!ヽ(⌒〇⌒)ノ
先台車の復元バネ(Φ0.4燐青銅線)取付け~ヽ(⌒〇⌒)ノそして上回り固定のネジを回せる様に 穴を開けたです~ヽ(⌒〇⌒)ノ

台枠側には復元バネの受け金具を設置ヽ(`⌒´メ)ノこれで 先台車を所定の位置にポンと置くだけで 復元バネがセットされます~ヽ(⌒〇⌒)ノきゃあ~すてき!!復元バネも ドライバーを避ける形に曲げてあります~ヽ(⌒〇⌒)ノ

これで先台車を取付けた状態で 穴にドライバーを突っ込んで上回りとの固定ネジを回せるのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノこれから 何百回と上回り下回りの脱着をする事になるので これ重要なのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ


キャブ下のブレーキシリンダーを改造ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノキットのブレーキシリンダーのブレーキテコ連結部が ちょいとオモチャっぽいので 実物に近くリンク機構を表現してしてみましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ちょいとオーバースケールですが まあ ここがおいらの限界なのだ(>0<)/

このブレーキ引き棒のターンバックルもいやらしいカッコウしてますな~(^^;)回り止めが付いていて さらに灰カバーが付いてる?灰箱からアッシュを落とすと引き棒は 写真のように灰で埋まっちゃうんですね~(^^;)回り止めの横についてる板は たぶんATS車上子を灰から守る排障器かも~ヽ(⌒〇⌒)ノ


助手席側のブレーキ腕に付いてる復元バネを自作して取付けええ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ良~く見ると 若干バネが曲がっているんですが半分ステップの影に隠れているので もうこれで妥協(^^;)たはは

ちらりと覗く復元バネが細密感抜群なのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ

キュ~ちゃんの台枠は写真の様に三段階に高さが変わっています~(^^;)

しかしキットの台枠はギアボックスを隠すためか? ご覧の様に2段となっています~(^^;)その上 何カ所かスペーサーの凹みやイコライザーのピンが露出しており これらを隠す必要もあるのだヽ(`⌒´メ)ノ

という訳で この台枠の脇に他の珊瑚模型の蒸機キットのようにディティールを付けた薄板を貼付ける事にしましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノまずは 動輪軸箱を逃げる形として 上側は正規の三段にした0.2tの燐青銅板を製作ちゅう~~ヽ(`⌒´メ)ノ


台枠の形に切り出した燐青銅板をM1.0のネジで仮止めしてみましたヽ(⌒〇⌒)ノ第二動輪の上部は キットの台枠を削って担いバネを取付けええ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ燐青銅板の後端は第四動輪のタイヤ部に合わせた形状にして端部を見せない様にしてます〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

動輪を付けると なかなかいい感じです〜ヽ(⌒〇⌒)ノ自己満足?

しかし上回りを乗せるとほとんど見えなくなります(^^;)これから この側板にディティールを付けて行きます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

側板にボルト、リベットを植え込むべく 穴開けちゅう~~(^^;)ノッペリした板台枠なのでリベットのディティールがかなり効きます~ヽ(⌒〇⌒)ノスポーク動輪なので 車輪が回転すると車輪裏のボルトも目立つ・・・に違いないのだ(^^;)・・・と期待するです~~。


側板にボルトを植え込みましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノなかなか効果的かも~~~~ヽ(⌒〇⌒)ノしかし 結構本数があるので植え込みが大変だったのだ(^^;)

・・・・やっぱ 動輪を取付けると半分以上見えなくなり苦労した割にはインパクトは薄いのだヽ(´o`;)ノとほほ~~~~。いいのだヽ(`⌒´メ)ノこの良さは自分だけで味わう自己満足の世界なのだ!!

キュ~ちゃんのフロントデッキ下に見える台枠ですがキットでは写真のように上回りと下回りに二分割されちゃっています~(^^;)分割ラインがハッキリ見えちゃうのだ(>0<)/う~~ん

もちろん実際はこんな分割ラインは無く 大きなボルトナットが並んでいるのが見えます~ヽ(`⌒´メ)ノ

ということで ここも台枠横にt0.2燐青銅板で作った側板を作成して貼付けます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

側板を台枠に取付けええ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ固定はハンダ付けです~(^^;)

これでシリンダーブロックはガッチリ位置を固定されるので前後の調整は効かなくなります~(^^;)

前輪を付けてもボルトは車輪の影にならないのだヽ(⌒〇⌒)ノ結構目立つかも~~!!

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-11

テンダーの後面側は一旦作業休止して こんどは機関車側を進めます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

最前面の妻面には金岡工房の角1mmのヒンジと掛金を取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノハンドブレーキの受けは マイクロのボイラー用管受けを利用(^^;)締切コックハンドルの受けは 複雑な形ですが類似品が出ていないので 厚板から削り出しましたあ~(^^;)・・・大変だったの!!(>0<)/指先もだいぶ削れたのだ!!

道具箱の上板も燐青銅板で作り直しリベットを打ちましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノなかなか細密感が出て来たのだヽ(⌒〇⌒)ノ



荷物入れ扉上の雨水除けを取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ側板淵のリベット植え込み~ヽ(⌒〇⌒)ノ地味いい~~な作業が続きます~(^^;)たはは

テンダー上面 炭庫の中を進めてます~ヽ(⌒〇⌒)ノリベット打ちが 続きます~~(>0<)/ひ~~~

キットの給水口は今ひとつなのでジャンクボックスの中にあった避雷器(つぼみ堂のEF65用)をドリルレースで成形して作成しなおしましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノM1.4ネジを植え込んであるので取付けは裏からナット止めで固定します~ヽ(⌒〇⌒)ノ

後部ライト等の取付けあるので脱着式にしておくと 後で楽なのだヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダー内のリベットをドンドン追加あ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

リベットの帯はエコーのウインドヘッダーです(^^;)かなりオーバースケールですが まあ 雰囲気は出るということで・・・(^^;)たはは

キュ~ちゃんテンダーの後部仕切り板の検討をするためいろいろ実物の写真を見ていると 気がついたのだ!ヽ(●0〇;)ノ旧型蒸機の後部仕切り板の下にスキマがあるのだ!ヽ(●0〇;)ノ

最初は鉄板が腐食してスキマが出来ちゃってる??・・・と思っていたんですが
ど~~もわざとスキマを開けている模様(^^;)下端を炭庫板に密着固定していないのだ!

これはD6046!キュ〜ちゃんだけじゃないのだ!ヽ(●0〇;)ノう~~~む また謎が出来た!(^^;)う~~~む
そこへ 掲示板常連のばんばんさんが「もしかしたら給水で溢れた水や雨水を逃がすためでしょうか?ブレーキをかけると慣性の法則で前に流れる??」とのコメント!ヽ(⌒〇⌒)ノなるほど~~~ヽ(⌒〇⌒)ノ溢れた水は石炭に吸い込ませるのかも~~!!しかし 大量に流れ込んだ水は いったいどこへ??(^^;)
大雨が降った時も炭庫の中の水をどこからか排出しないと 水で溢れちゃうのだ(>0<)/近代蒸機は キャブ側の石炭すくい口に穴やスキマがあって下に雨樋がありますが キュ~ちゃんも同じ??(^^;)・・・・・といろいろ写真を漁って見ると・・・。

石炭すくい口が 炭庫床板?から浮き上がってる~~ヽ(●0〇;)ノ

ということは このすくい口の下からキャブ床に水が地下水のごとく流れ出るのだろう~か???ヽ(●0〇;)ノう~~~~む(^^;)
すると 蒸機研究家のたかひろさんからアドバイスがありましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノきゃ〜〜
=============
給水ハッチの右側には排水管がありますよ。

ただし雨どいくらいの太さしかないので給水時に溢れた水はあらかた仕切板の隙間をくぐって前に行くでしょうね。

石炭すくい口は原設計では前上がりになってますが これだと炭庫の底に水が溜まってしまうので めじろうさんの写真のように改設計されたようです

炭庫の底に水が流れて京都の川床のように涼しげで宜しいんじゃないでしょうか。
==============
おお~!ヽ(●0〇;)ノやはり図面でも石炭取り出し口は浮き上がってるですか!!しかも152mmも!!ヽ(●0〇;)ノここから石炭が出て来ちゃわないのかなあ~?(^^;)

時たま 石炭取り出し口が無い保存機関車がありますが このためなんですね~ヽ(⌒〇⌒)ノ謎が解けた!写真はD6046のテンダーヽ(⌒〇⌒)ノ矢印部分に雨樋が付いていたと思われる跡があるのだ!
後部の仕切り板の下端にスキマがあるのは原設計からなのか?それとも各機関区や工場での仕様変更?なのか?・・・・と聞いてみると やっぱり原設計からスキマが開いてる設計とのこと!ヽ(⌒〇⌒)ノしかもスキマは1インチ!1/80で約0.3mm(^^;)結構開いてるかも~~。ぜ~~んぜん知らなかったのだ(^^;)

後部の石炭仕切り板をt0.2燐青銅板から作成いい~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

そして取付けええ~~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ちゃあ~~んと 仕切り板の下端に0.2~0.3ほどのスキマを開けたのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ1/80模型でこのスキマを表現したのは このキュ~ちゃんが最初かも~~!ヽ(⌒〇⌒)ノきゃあ~~!!

テンダーの前仕切り板はキットのものを改造お~ヽ(⌒〇⌒)ノ九州のキュ~ちゃんは石炭取り出し口の上に近代蒸機のように観音扉を追加してる場合が多いので その準備をしてあります~ヽ(⌒〇⌒)ノ


そして 仕切り板取付けええ~~ヽ(⌒〇⌒)ノこれでテンダーの基本のパネルが取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダー側板の淵は 内側のリベットを打つために穴だらけになりましたが その上にΦ0.6の甲丸線を被せて貼付けるので見えなくなります~ヽ(⌒〇⌒)ノ計算通り淵のラインに沿って慎重に曲げながらハンダ付けして行きます~ヽ(⌒〇⌒)ノあ~疲れた。仮付けで一通り位置決めしました!ヽ(`⌒´メ)ノ

テンダー側板の半丸の淵をハンダで本付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ奇麗にキサゲして仕上げましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノもっとゴツくなるかと思いましたが 思ったよりスマートに仕上がりました(^^;)さすが珊瑚製の甲丸線!!

助手席側の側のリベットも削り取りましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ機関士側とは少しパターンを変えたのだ(^^;)

キャブ側には縦の手摺も取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

九州蒸機独特の増炭板を製作ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ丸い穴はハンダ付け用の穴です(^^;)


テンダー本体にはめ込むと こんな感じ~~ヽ(⌒〇⌒)ノもうちょい ボルトや金具のディティールを付けてから本体に取付ける予定です~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


増炭板のディティールを追加しましたヽ(⌒〇⌒)ノ前側仕切り板上部にはカーテン受け取付け~ヽ(⌒〇⌒)ノ観音扉の掛がね取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

後仕切り板には 支え板取付け支え、両脇のアングル取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ


増炭板にボルトを植え込んで テンダーサイドに取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで増炭板取付け作業は完了です~ヽ(⌒〇⌒)ノ増炭板の中は 塗装後石炭を積む予定なのでキサゲ、仕上げ作業はしていません~(^^;)

おお〜ヽ(⌒〇⌒)ノだんだん九州のキュ〜ちゃんの姿が現れて来ましたあ〜!ヽ(⌒〇⌒)ノきゃああ〜〜すてきいい〜〜!!

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-10

機関車側がだいぶ形になって来ましたので ここでテンダーも少し進める事になましたヽ(⌒〇⌒)ノまずは 下回りを組みます~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

このキットでは三軸の車輪をそれぞれイコライザー等を使って三点支持になるように構成されてます~ヽ(●0〇;)ノ凝ってるのだ!!

ただ イコライザーの動く範囲が大きすぎます(>0<)/

そこで矢印の1mmの角線を挟み込んで動きを制限させましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノこれにより イコライザーは若干動くだけになりますが 自動車の様に悪路を走るわけじゃなく線路上を転がすだけなのでこれで十分なのだヽ(`⌒´メ)ノ
しかし 組立を進めると あとでこの車軸の上下の動きはロストの軸箱によって ちゃあ〜〜んと制限されることが判りました(^^;)たはは。 この作業必要無かったのだ・・・・(ーー;)とほほ



きゅ~ちゃんのテンダーをどう料理するか?(^^;)軽く仮組して検討します〜。きゅ~ちゃんの実車の資料写真 以外と少ないんですよね~(^^;)機関車側は結構あるんだけど~~。台車はこれにロストの軸箱、軸バネが付きますが その前にいろいろ作業が必要なのだ(>0<)/う~~~ん。まずは 三角補強は薄い板に置き換えるため切り取りました(^^;)たはは


床下の三角補強をt0.2燐青銅板より自作し取付けましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

横から見ると 補強の断面(矢印)が見えるのが特徴なのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ

キットのテンダーの台枠?は1mmの厚板なんですが この前端は この厚みが丸見えになっちゃうんですよね~(^^;)実際のキュウ~ちゃんの台枠はペラペラの薄板で構成されててここも薄い上板?が見えるようになってるです~ヽ(`⌒´メ)ノ

ということで 台枠の前端を切り取って t0.2燐青銅板に置き換えましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

これで前端のデッキ下が実感的になるのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダーの前端梁を作り直しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノキットのやつはテンダーの側板の板厚分(1mmくらい)短いのだ(^^;)Φ0.3燐青銅線のリベットを植え込み!ヽ(⌒〇⌒)ノ

切り継いだテンダー底板上面にもリベットを植え込み~ヽ(`⌒´メ)ノ

前端梁を取付けましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノリベットだらけになったのだ(^^;)しかし底板上面は この上にステップが付くので半分は見えなくなります~(^^;)

テンダー台車のフレームの前端には 写真のような穴が開いてます~ヽ(●0〇;)ノステップの影になって気がつかなかったのだ(^^;)

ということで 穴を開けましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

すぐ横の三角補強も取付け~~ヽ(⌒〇⌒)ノここにステップが付くと・・・・せっかく開けた穴は半分見えなくなります~ヽ(´o`;)ノとほほ

キャブ側のステップはキットのロスト製を取付けます。ヽ(⌒〇⌒)ノただし かなり肉厚なのでステップの支え板の前後は厚みを薄く見せかけるため斜めに削ってみましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ強度は保ちつつ結構効果的なのだ!!

ステップを付けても斜め後ろからみたら三角穴は結構見エルです~ヽ(⌒〇⌒)ノ穴を開けた甲斐があるのだ!

後の端梁もキットのは幅が足りないので作り直しです〜(^^;)

後部連結器受けをチマチマと自作うう~(^^;)旧型蒸機の後部連結器受けってニワやエコーでも出てないんですよね~(^^;)

模型用のカプラー首振り対応のため 多少横幅をオーバースケールにする必要があるので こんなところかなヽ(⌒〇⌒)ノ

後端梁は さらにリベット追加!ヽ(`⌒´メ)ノ連結器の開放テコも取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ自動連結器以前に付いていたバッファーの跡となる穴もあけましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダー底板に仮付けええ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

これで テンダーの基本的な形が見えて来ましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノきゃああ~~~!!

ここで蒸機研究家のたかひろさんから バッファーの位置はもう少し上では??とのご指摘がありましたヽ(●0〇;)ノ

たかひろさんがご呈示していただいた図面を見ると なるほど バッファーは後端梁の上下幅の中央くらいです(>0<)/

しかし 参考にした59684の写真を見ると やはりバッファー穴の跡はやや下よりなんですよね〜(^^;)う〜〜む

そこで提示していただいた図面と実物写真を端梁の上端に合わせて重ねてみると・・・・・・・バッファー位置と連結器位置はほぼ一緒で 端梁の下端位置が違い、立て幅が狭いみたいですね~(^^;)実物の製作ロッドで違うのか?途中で改造されたのか?判りませんでしたが 実物写真を優先して このままで行きます〜ヽ(⌒〇⌒)ノども〜

テンダー台枠 下のリベットの位置が低すぎるようなので植え込みで打ち直します~ヽ(`⌒´メ)ノ

そして テンダー下回りのハイライト!!ヽ(⌒〇⌒)ノ軸箱~担いバネ~イコライザー等々のロストを取付けます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

軸箱は左右があるので間違えない様に気をつけるです~(^^;)キットのロスト部品をベタベタ取付けて行くだけなんですが微妙に取付け穴がズレていたり ロストの修正等があり結構時間が掛かるです~(^^;)


さすが 珊瑚の高級キット!!ヽ(⌒〇⌒)ノ立体感!細密感抜群のテンダー台車なのだ!!エッチング板だけの構成だったテンダーに大物ロストパーツで足元で固められて ずっしりと重量感が出たのだヽ(⌒〇⌒)ノ

機関車のドローバーですが テンダー側にIMONの機関車用伸縮ドローバーを取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

機関車側に M2.0ネジとナット、Φ2.0パイプから自作したドローバーピンを取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダー前端梁にはATS車上子が付くので テンダー側をドローバーにしないと機関車とテンダーの脱着がむずかしくなるです(^^;)

機関車とテンダーの距離は結構スケールに近い感じです!!ヽ(●0〇;)ノテンダー側のロスト製連結緩衝器は長さ方向の寸法が大きく機関車と当たってしまうので大きく削ってあります(^^;)心配なのは このままカーブを曲がれるか??ですが・・・・(^^;)


R550のカーブもギリギリですが 問題なしです!!ヽ(●0〇;)ノさすが伸縮ドローバー!!!R550のSカーブも問題無く通過します!!ヽ(⌒〇⌒)ノきゃああ~~~!!・・・・ただし やっぱ伸縮ドローバのおかげというよりは・・・機関車とテンダーの車長が短いからかも・・・(^^;)たはは。またATS車上子や継電器箱がテンダー前端梁表面に付くと ちょっとヤバいかも(^^;)ま まずはこれでしばらく様子見なのだ!ヽ(⌒〇⌒)ノ

九州タイプの蒸機の定番 テンダーの植え込み式テールランプヽ(⌒〇⌒)ノ九州タイプの植え込み式ランプは もっとシンプルな感じなんですが九州タイプは売ってないので エコーの山陽タイプを使用します~(^^;)
ここにテールランプを植え込むにあたって 縦のリベットの列は削り取りましたヽ(`⌒´メ)ノ本来はリベットだらけのキュ~ちゃんのテンダーですが実際現役後期のキュ~ちゃんは テンダーの側板の張り替え等で結構リベットが無くなってるんですよね~(^^;)逆に リベットが完璧に残っている機体は ほとんど無かったみたい(^^;)当時の写真を見ながらサイドのリベットも削ってみます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

サイドのリベットを削り取りましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ側面のリベットがすっかり無くなってしまったキュ~ちゃんも結構いたみたいですが全部削るのも大変なので この辺で許してやるのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ
しかし ベース面に傷をつけずに削り取るのが大変ん~~~!!(>0<)/平ヤスリとキサゲで少~~しつづ削るんですが メチャメチャ時間が掛かるデス~(^^;)ふう~~

後面も一番下の横の列のリベットは全部削りました(^^;)やっぱ 水槽の下方が錆びやすくて張り替えてるのが多いみたい(^^;)助手席側のサイドは まだ削り取っていません。
そして 後面の配電管を一部設置い~~ヽ(⌒〇⌒)ノ電線管継手は全て角0.6の角線とΦ0.5の細密パイプの組合せです~ヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダー下回りとの接続部は 写真の様に上回りの下方に飛び出る(赤矢印)ので青矢印の足を取付けて 上回り単体を机上に置いた時 電線管が曲がるのを防ぎます~(^^;)

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-9

キャブ、テンダーに行く・・・・前に フロントデッキをちょいと検討ちゅう~(^^;)

開放テコは片側だけタイプにする予定なので 端梁は作り替えかな~~(^^;)

フロントデッキの一部も作り直します~ヽ(`⌒´メ)ノ

デッキを3分割してその中板を再作成ヽ(⌒〇⌒)ノコの字型にプレスされた台枠は プレス抜きでダレた部分をヤスってシャープに角を出し~ヽ(⌒〇⌒)ノ両脇のR曲げ部は3分割した両脇のデッキを使用します~(^^;)


ハックルプライヤーでしっかり押さえ、寸法をしっかり確認して 3分割デッキを合体させるです~ヽ(`⌒´メ)ノ

前端梁も作成して 連結器座を検討ちゅう~ヽ(⌒〇⌒)ノ左のIMONの連結器はゲンコツの大きさは良いけど やっぱ座の大きさが小さいかな~(^^;)1/87だしね~。右はエコーの日車Cタンクで使用しなかった連結器座

デッキと端梁を直角に注意しながら合体させましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノデッキのつかみ棒の取付け穴は一旦塞ぎました(^^;)実物はもっともっと車体外側に付いてるんですよね~(^^;)

まだ乗せてるだけですが デッキが付くと一段と機関車らしくなるですなあ~ヽ(⌒〇⌒)ノしかしデッキを機関車本体に合体させるのは もう少し周辺のディティールを付けてからになりそう~(^^;)


煙室横 ヘッドライト~前テールランプを結ぶ電線管設置ヽ(⌒〇⌒)ノ煙室横のステップの足の間を抜けて行くのがミソなのだヽ(⌒〇⌒)ノ


フロントデッキのステップ取付け~ヽ(⌒〇⌒)ノ

空気配管と電線管の検討ちゅう~~(^^;)

フロントデッキの開放テコ受けを取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

助手席側の受け(矢印)はパーツが無いので自作(^^;)気に入る形に仕上がるまで4~5個作り直し やっと納得出来るものが出来 取付けました~ヽ(´o`;)ノふう~~

エコーのテールランプをフロントデッキに取付ける作業開始!!ヽ(`⌒´メ)ノまずは Φ0.8燐青銅線を削ってランプ掛けを作ります~ヽ(⌒〇⌒)ノ

それにテールランプをハンダ付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ半田ごての熱で外れない様にΦ0.3燐青銅線の楔を植え込んであります~ヽ(`⌒´メ)ノ

これをデッキにΦ0.8穴を開けて差し込むと こんな感じになります~ヽ(⌒〇⌒)ノデッキの上にベタ付けだと ちょっと格好悪いのでランプ掛けにテールランプが引っかかってデッキから浮いている感じにしたのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

テールランプ取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ連結器座やキュ~ちゃん独特のバネカバー?も取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで ほぼフロントデッキは完成なのだ!ヽ(`⌒´メ)ノブレーキホースは破損しやすいので最後に取付けます~(^^;)


デッキはまだ置いてるだけですが これでフロントデッキを本体に取付けられます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

フロントデッキを仮止めしましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで しばらく様子を見るデス。

煙室扉枠にはヘッドライトとハンドレールを取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノハンドレールノブはサカツウ製のスケールに近い頭のやつを使用ヽ(⌒〇⌒)ノかなりスッキリ見えます~!

ヘッドライトにはΦ0.8のパイプを植え込んで煙室内への配線の準備をしてあります~ヽ(⌒〇⌒)ノ

エコーと珊瑚に行ってパーツを仕入れて来ましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノエコーでは 配管に割りピンとして使う細密帯とΦ0.5の六角ユニオンヽ(`⌒´メ)ノ

珊瑚ではキュ~ちゃんの窓周りやテンダーの縁取りに使用するΦ0.6の半丸線!!ヽ(⌒〇⌒)ノこの半丸線 はっちゃんのときはΦ0.6の真鍮線を削って作ったんだけど大変だったのだ(^^;)この半丸線 ダイスを作って引抜きで製作してるとのこと!!ヽ(●0〇;)ノだから断面形状は正確そのものなのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノすばらし~しかも珊瑚ではこれが1m 100円!!ヽ(●0〇;)ノ安すぎる~~!!

これで このキュ~ちゃんの窓枠やテンダーも実感的に作れるです~ヽ(⌒〇⌒)ノきゃあ~~!!

キャブ窓の周りにはΦ0.6の半丸線をハンダ付けしましたヽ(⌒〇⌒)ノこれを付けると大正機独特の雰囲気が出て来るです~ヽ(⌒〇⌒)ノ九州キュ~ちゃん独特のキャブ裾の点検穴も開けましたああ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

これで一気に九州力アップなのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-8

しばらく家のドタバタが続き更新が滞っておりました(^^;)すみません〜
組立作業は まだ再開出来てませんが 溜まってた記事のアップだけするです〜ヽ(`⌒´メ)ノ

ATS発電機本体が付いたので その電線管の検討ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

そして ATS発電機〜キャブ妻までの電線管取付け完了おお〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

配管途中の直角部につく電線管継手は□0.6の角線を加工した自作品です〜(^^;)ロスト製品もありますが 角線の方が穴あけ等の加工がしやすいのだヽ(⌒〇⌒)ノ

キャブ直前には主発電機用の配管も一部併設してあります〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

九州の蒸機はATSの電線管も分岐して主発電機に向かっていますヽ(`⌒´メ)ノたぶん九州機だけじゃなく 他の蒸機も本当は中の配線でそのような取り回しになっているかもしれませんヽ(⌒〇⌒)ノ

これを主発電機に向かって取付け 赤矢印の配線を青矢印の接続部に接続します〜ヽ(⌒〇⌒)ノ


これで発電機〜キャブ妻板までの配管が完了おお〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

そしてキャブ妻板部までたどり着いた電線管から管継手を介してキャブ内へ引き込む部分までを配管しましたああ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ
これで発電機回りの電線管は終了なのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ
電線管は細かい電線管継手や支えが沢山あるんで苦労するです~ヽ(´o`;)ノふう〜〜

主発電機の排気管を途中まで(マフラーまで)を取付けええ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

その排水管と発電機の排水管を取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

う~~む(^^;)火室の上が かなりゴチャゴチャになって来たのだ(>0<)/もっとスッキリ配管するつもりだったんですが(^^;)たはは

バックプレートにニワの水面計取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ
次に注水器も!ヽ(`⌒´メ)ノ・・・・と思ったんですが それを付けるには床を整備しないと付けられないのが判明(^^;)次は床を整備するです~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

きゅ~ちゃんの床は9600原型オリジナルの段有りのタイプとします~ヽ(⌒〇⌒)ノt0.2の燐青銅板を曲げた段をM1.0ネジで固定しましたヽ(⌒〇⌒)ノ

最終的にはハンダ付けしますが まだ床下に配管とかの作業があるのでネジ止めとしてあります~ヽ(⌒〇⌒)ノ

段付き床の中央の網目板と格子振りレバーのカバーを作成ええ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ
実物のカバーは後から設置されたのか 形は千差万別(^^;)一番 作りやすいタイプにしてt0.2燐青銅板から作成しましたヽ(⌒〇⌒)ノ

早速 キャブ床に取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ固定後 Φ2.0の真鍮棒を植え込んで連結棒のピン抜き用の穴?の塞ぎ板を表現ヽ(⌒〇⌒)ノ

キャブ本体を被せると こんな感じ~~~ヽ(⌒〇⌒)ノなかなかキャブ内が立体的な構成に見えて来たのだ!!

取付けた段に穴を開けてインジェクターを差し込んでみましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ
インジェクターは金岡工房の左右です~ヽ(⌒〇⌒)ノしばらくニワのロストのインジェクターは右側がなかなか手に入らない状況でしたが金岡工房さんのおかげで左右セットでレベルの高いインジェクターが手に入る様になりましたヽ(⌒〇⌒)ノ

ただ 床下の配管等があるため段床が固定出来ないので インジェクターもしばらくは差し込んでるだけになります~(^^;)たはは

エアコンプレッサーのマフラー取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

部品はキット付属のロストを改造ヽ(`⌒´メ)ノ燐青銅板で足の長さを延長、排気管はΦ0.8の細密パイプを植え込み~ヽ(⌒〇⌒)ノ

足はちょっとゴツくて格好悪いんですが 一番触りやすいボイラー上部に独立して立つパーツなので ここは強度優先でいくです~(^^;)たはは

エアコンプレッサーの排気管を検討ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

慎重にボイラーのRに這う様にカーブを調整しますが三次元的なカーブとなり 曲げるのが なかなか難しいのだ(>0<)/ひ〜

排気管ヽ(⌒〇⌒)ノ取付け完了おお~~!

オイルポンプ温め用の配管の分岐(矢印)も取付けましたヽ(⌒〇⌒)ノこれでエアコンプレッサー周りの配管は終了です~ヽ(⌒〇⌒)ノボイラー周りのディティールも8~9割進みましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-7

キュ~ちゃんを横から見ていたら ど~~も後下がり(^^;)あれだけ 高さ調整して確認したのに~~!!・・・・と台枠の中を見ると 案の定 第三、四動輪のイコライザーが動軸の受けから外れてました(^^;)外れ止めをハンダ付けしてたのになんで外れるの~~?

とイコライザーを見たら外れ止めが外れてました(>0<)/ひ~~。外れ止めのハンダ付けも この板厚部分のみだけで付いてたので強度不足だったのね~(^^;)たはは

ということで 両脇から補強で挟み込んで さらにズレ止めの楔を打ち込んでおきましたヽ(`⌒´メ)ノ

これで もう外れる事は無いでしょう~~(^^;)あ~疲れた

以前 話題になった新製時キュ~ちゃんの煙室の助手席側についてた過熱ダンパーですが 大正中期には廃止となり取外されていたそうです(^^;)多くのキュ~ちゃんは取外した後は何も無かったかの様に整備されているのですがその痕跡を残していたキュ~ちゃんもちょいちょい居たみたいなのだヽ(`⌒´メ)ノ

まずは29661は過熱ダンパーの痕を鉄板で塞いでいるタイプヽ(⌒〇⌒)ノハンドレールは前まで延長されてます~(^^;)

59684は過熱ダンパー部でハンドレールが中途半端に途切れて その下にホチキス状の手摺が残されてます~ヽ(⌒〇⌒)ノいずれも過熱ダンパーが付いていたときの名残なのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ京都の9633も この痕跡が見る事が出来ます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ということで 塞ぎ板とその下の手摺を付けましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

これが残っているのは後年のキュ~ちゃん的には少数派ですが ちょいとこだわってみましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ自己満足
掲示板にこの事を書くと 蒸機研究家のたかひろさんから下記のアドバイスがありましたヽ(●0〇;)ノ
====================================
「過熱ダンパー」ですが、ぢつは「ダンパー」は「風戸」の意でそれ自体は煙室内に存在するので外からは見えません。煙室右肩に付いてたのは「自動器(オートマトン)」という装置です。
====================================
煙室の脇に付いていたのは 過熱ダンパー装置の一部で ダンパー本体は煙室内にある蓋のことらしいです(^^;)加減弁の開閉によってこのオートマトンのシリンダーが働いて自動的に煙室内のダンパーも開閉していたとのことヽ(●0〇;)ノ
しかし過熱ダンパーは大正中盤より不必要と判断されて廃止となり取外されてしまったようですヽ(`⌒´メ)ノ
勉強になりましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

通風管の管受けも用意して まだ位置決め検討ちゅう~~(^^;)

ハンドレールの上を通って発電機台座の下を真っすぐくぐり抜ける管の位置ってかなり限定されるんですよね~(^^;)ハンドレールギリギリ上を通るのだ!よってほとんどのキュ〜ちゃんの通風管はこの位置を通っている様ですかヽ(⌒〇⌒)ノ

そのおかげで 参考にするための実物写真では この通風管がハンドレールの影になって ほとんど見えないのだ(>0<)/

ATS発電機を取付けるべく ウイストのロストを改造ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ATS発電機の脚をt0.2燐青銅板で作り直し、各配管を差し込む穴も整備ヽ(`⌒´メ)ノ

九州独特の煙室後に取付けるべく長穴を開けて足を差し込み 発電機の位置を確認ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ATS発電機取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ取付け部のカバー、台座のボルト等も表現しましたヽ(⌒〇⌒)ノ

排水管も設置し、配電管の準備もしましたヽ(⌒〇⌒)ノ

しかしメチャメチャ目立つ場所に付いてますな~~(^^;)

ATS発電機の給気管の検討ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノΦ0.3の布巻管にちょいと手間取りました(^^;)この細さの布巻管は 曲げるとポキポキ折れちゃうのだ(>0<)/ひ~~


やっとATS発電機の給気管を固定しましたヽ(⌒〇⌒)ノ

次は 主発電機を整備ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

主発電機取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


発電機を取付けると半田ごてが入らないので排気管の一部と電線をあらかじめ取付けてあります(^^;)



主発電機の給気管取付けええ~~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

まだ汽笛の取付けは後なんですが 汽笛引き棒の検討をしておく必要があったので汽笛の在庫を引っ張り出しましたヽ(`⌒´メ)ノニワのお宝ロストパーツ!で ニワボイラー取付けの汽笛は残念ながらみんな 引き棒のテコが上向きなんですよね~(^^;)D50やC51向け・・・。屋根の低いキュ~ちゃんは当然下向きなので改造が必要です~~ヽ(´o`;)ノひ~~~

いろいろ検討した結果 3分割にバラバラにしました(^^;)お宝パーツがあ~・・・。このまん中の弁室部をひっくり返して またくっつけるデス~ヽ(`⌒´メ)ノ

3分割したパーツにΦ0.4の穴を開け 団子3兄弟よろしくΦ0.4燐青銅線で串刺しにしました(^^;)分割した時にヤスリ等で形を整えたりしたので 若干寸詰まり気味(^^;)細密パイプの輪切りを挟んで調整してみるです~ヽ(´o`;)ノ
ただ 使用したロストの三室の笛部分の鋳込みが甘く イマイチこの部分の形がだれてるのだ(>0<)/う~~ん・・・。もう一個汽笛あるので それを使うかなあ~(^^;)う~~む

キャブとボイラを結ぶ板を作成 取付け検討ちゅう~~~ヽ(⌒〇⌒)ノボイラが熱で伸びるので キャブ妻とボイラは直接固定はしておらず、この板で逃げていると思われます~(^^;)ただし 付いていない機体も多いので 後付けの改造と思われます~(^^;)大正機の8620、C51、D50あたりに多いのだヽ(`⌒´メ)ノ
ここで またまた たかひろさんからご助言がありましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ
=======================
大正機のキャブは英国プラクティスで台枠に固定のため上方が振動しやすくなるのでその対策と思われます(昭和機のキャブは米国プラクティスでボイラーに固定のため一緒に伸び縮み)
=======================
な、なるほどヽ(●0〇;)ノキュ〜ちゃんのキャブはボイラではなく台枠に固定されているんですね(^^;)勉強になるなあ〜!

キャブの固定板 取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

汽笛を整備したのは この引き棒の位置を確認したかったからです~(^^;)汽笛本体は かなりキャブ屋根より出っ張って破損しそうなので 最後の方で取付け予定です~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

餘部鉄橋ヽ(`⌒´メ)ノ探訪

12年前の2006年 餘部鉄橋を架け替えるという話が上がっており 今の内に見に行かねば!ヽ(`⌒´メ)ノと思い立ち見に行ったときの記録です〜ヽ(⌒〇⌒)ノ
一晩掛けて 軽のスバルR1でやって来ました餘部鉄橋お〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

香住町から県道を進み 山間のカーブを曲がると遠くに見えて着ましたあ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノきゃああ〜〜〜!!
この神々しいお姿は感動ものだあ!!(>0<)/

周辺はすっかり観光地化され 餘部鉄橋を見に来た車で駐車場も一杯です〜(>0<)/仕方が無いので橋の下に路駐〜。

下から見上げると これまた迫力もの〜ヽ(⌒〇⌒)ノ橋脚のたもとには 列車転落事故の慰霊碑らしき物があります。
いやあ〜〜こんな大きな鉄骨の建築物を100年以上も前に作ったなんて すばらしい〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

おおヽ(●0〇;)ノこんな角度からの餘部鉄橋は雑誌でも見た事無いのだ!これは やっぱり来てみないと判らない橋の魅力があるです〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

橋脚の台座はこんな感じい〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ意外と現代的(^^;)・・・というか たぶん後年コンクリで補強したんでしょう〜ね〜

橋の塗装が新しいと思っていたら なんと前年に塗り直しているヽ(●0〇;)ノ架け替えの話も出ていてもちゃあ〜〜んとメンテナンスはしてるのね!!しかし これだけの橋の塗装も何年かに一度していると思うとメチャメチャ大変(^^;)コンクリ橋に架け替えるのもやむなしか・・・・?

下で見上げてると列車がやって来ましたヽ(⌒〇⌒)ノ結構な乗車率のようで下からもお客が沢山除いているのが判ります〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

早速 餘部駅にも行って見るです〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

駅には橋の下のジグザグの急な坂道を登って行くのですが ここからの眺めもなかなか絶景なのだヽ(⌒〇⌒)ノ

おお〜ヽ(⌒〇⌒)ノまるで芸術作品!!

いやあ〜〜列車は来なくても橋だけ見ていて飽きないのだヽ(⌒〇⌒)ノすばらし〜〜

山沿いの脚台は石積みの古いものでしたヽ(●0〇;)ノこれがオリジナルなんでしょう〜ね〜(^^;)

日頃の運動不足がたたって ひ〜ひ〜言いながら登りますう〜!(>0<)/ひ〜〜〜

やあ〜〜っと線路のレベルまで登って来ましたあ〜ヽ(´o`;)ノふうう〜〜〜〜

明治45年開通ヽ(⌒〇⌒)ノすばらしい〜〜!!

橋もすばらしいですが 駅からの眺めも絶景じゃないっすか!!ヽ(●0〇;)ノおおお〜〜〜!!

駅自体は一線スル〜のこじんまりした無人駅です〜(^^;)

駅からちょっと上がったところに撮影用のお立ち台がありますヽ(⌒〇⌒)ノ

ここは雑誌等でおなじみの眺めですが やっぱすばらしい光景です〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ現在はこの横にコンクリート橋が出来ている様ですが やっぱ100年もの間この風景の中に馴染んだ赤い芸術品がお似合いなのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

列車を待ちたいところですが 1時間以上あるので後ろ髪を引かれる思いで坂を降ります〜(^^;)たはは

橋の下には古い木造家屋が並んでおり生活の風景の一部となっていますヽ(⌒〇⌒)ノ


こうして民家越しに見上げると まさに天空を走る鉄道なのだ!!ヽ(●0〇;)ノ
いや〜〜(^^;)ここは来てみてよかった鉄道名所の五本の指に入るのだ!ヽ(⌒〇⌒)ノ

ストリートビューで見た現在の餘部コンクリ橋(^^;)う〜〜〜む。コンクリ橋になっちゃうとあまり高い橋に見えないんですね(^^;)
最近テレビを見ていたら余部駅に登るためのエレベータも出来たらしいヽ(●0〇;)ノどんどん変わって行くのね!

ここに来る途中で見た高速道路のコンクリ橋のほうがよっぽど迫力あったのだ(>0<)/

ついでにお隣の鎧駅に行ってみましたヽ(⌒〇⌒)ノ

このトンネルの数キロ先に餘部鉄橋がありますヽ(⌒〇⌒)ノ古いトンネルポータルから 今にも蒸機が飛び出して来そうな雰囲気です〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

鎧駅のホームからの眺めも これまた古き良き日本の漁港の風景ヽ(⌒〇⌒)ノすばらしい〜〜!!
車両だけでなく古き日本の鉄道風景(^^;)今の内 もっと見に行きたいですね〜。

謎の三角線ヽ(`⌒´メ)ノその後

以前 ここでも紹介しました謎の三角線のその後の追加情報です〜(^^;)
以前 ここで紹介した機関区に設置されていた三角線は そのほとんどが戦時中 転車台が破壊されたときの予備の方向転換設備だったようで水戸機関区や平機関区の三角線は戦後すぐの写真ではすでに使用されておらず廃線状態だったようなのですが・・・

昭和37撮影の秋田機関区の空中写真には 機関車が三角線に停まってる~ヽ(●0〇;)ノ空襲も無い 昭和30年代後半まで現役だったとは驚きなのだ(>0<)/どういうとき使っていたんだろう~?(^^;)

昭和54年の写真ではすでにラウンドハウスは無くなっておりますが 三角線の廃線跡が残ってます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

現在は 機関区も無くなりビル街となって 面影は全くないですね~(^^;)矢印の先が転車台が合った場所なのだヽ(⌒〇⌒)ノ

ひさびさに三角線について検索すると 新たに 三角線があったことが判明(>0<)/きゃあ~~~!

まずは米原駅ヽ(`⌒´メ)ノ戦後まもなくの空中写真畑の中に 堂々と三角線が繰り広げられてます~ヽ(⌒〇⌒)ノすばらし~!わざわざ方向転換用の引込線を作ってる感じですね~(^^;)方向転換の有効両数も数両は可能そうなので数両の編成で方向転換可能?

昭和36年頃の写真では もう跡形も無くなってます~(^^;)上の米原機関区の扇形庫を見ると 新幹線と本線によって大きく削られてるのだヽ(●0〇;)ノ削られても 薄く庫が残ってる???車両はここにはとても入らなさそうだけど・・・。(^^;)

引き続き 今度は広島駅ヽ(`⌒´メ)ノ本線の機関車用というよりは 引込線で入り込んだ機関車の方向転換用って感じ?(^^;)

そして 岩国駅ヽ(`⌒´メ)ノ三角線には先端に機関車がいるようですが 三角線一杯に貨車も並んでる??(^^;)ひょっとしたら 放置車両置き場と化しているのかも?(^^;)う~~む。ちなみに 上の方に散らばってる黒い斑点は 爆撃の跡と思われます~ヽ(´o`;)ノ

そして 山陽本線 英賀保駅ヽ(⌒〇⌒)ノこれも 引込線を兼ねていたようにも見えますが 詳細は不明(^^;)


ここは現在も道路として 形跡が残ってますね~ヽ(⌒〇⌒)ノ
この記事を掲示板で紹介したところ watanabeさんという方が英賀保の三角線の航空写真を見ていて、昔の鉄道ファン誌に掲載されていた、コッペルの写真を思い出し、場所の特定に、徹夜してしまったとう経験をお持ちとの書き込みがありましたヽ(●0〇;)ノ

これが当時の鉄道ファンの記事だそうですヽ(⌒〇⌒)ノ
早速 この記事が載った1970年の空中写真があったので捜してみましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

山の形状からだいたい位置を特定するとおそらく この黒い点が機関車の様です。ヽ(⌒〇⌒)ノ「英賀保の三角線」で検索すると 結構いろいろ出てきますね~(^^;)有名だったのね。で英賀保の三角線の先端には やはり小さなヤードがあって 方向転換用というより引込線に双方から入れる様になっていたんですね(^^;)当然 機関車の方向転換もしていたんでしょう~が・・・。
 英賀保のコッペル」で検索すると これも いろいろ出てきましたヽ(⌒〇⌒)ノこれは井笠鉄道機関車第4号形蒸気機関車で廃車後 ここで長らく放置され その後姫路市内を転々とし現在は野辺山のSLランドに保存されてるそうです~ヽ(⌒〇⌒)ノ

英賀保の80年の写真を見ると機関車はまだあったみたいですね~ヽ(⌒〇⌒)ノ機関車の位置と向きが変わってるのだ(^^;)
三角線から かなり話題がそれましたが なかなか興味深いお話でしたヽ(⌒〇⌒)ノ

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 49
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme