趣味の総合サイト ホビダス
 

汽笛引き棒ヽ(⌒〇⌒)ノ

汽笛の引き棒を取付けましたヽ(⌒〇⌒)ノ引っかけやすいので 取付は最後にしました。
これも燐青銅線の0.25φを使用。キャブ側は穴を開けて差し込んであるだけで半分フリー状態にしてあります。ですので 指でこの引き棒をぎゅっと押さえ込んでも すぐに真っすぐに復帰します。
汽笛引き棒
煙室戸ハンドルは 標準にしようか×型(大宮工場タイプ)にしようか 思案中です(^^;)
煙室戸ハンドル
写真のハンドルはエコー製の標準タイプを差し込んで見たところです(^^;)

コメント(2)

  1. 汽笛の引き棒、0.25φという細さですが、結構目立つ場所のパーツゆえに、細密さの演出効果は抜群ですね。引き棒を途中で支えているパーツもどこかのロストなのでしょうか。  …しかし、これだけ色々パーツが混んでくると、完成後走行させるとき、車体を持つところがだんだんなくなる?!(^^)

    ドラレール

  2. 引き棒途中の支えはニワのロストですが エコーや金岡工房等でも独自のパーツが出て来ます。
    一見 持ちにくそうですが 全く普通の機関車を扱う様に持っても大丈夫です!パイピングや薄板には燐青銅を使用しているおかげで 一旦変形してもすぐに元に戻ります。
    ただ このあとの黒染めをしたあとは 持つ部分を考えないとベットリと指紋が残ったりますので なんとかしようと考えているところです(^^;)

    メジロのめ次郎

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 29
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme