趣味の総合サイト ホビダス
 

ジオラマヽ(⌒〇⌒)ノ買った!

昨日 蒲田で行われてる鉄道模型ショーを見に行きました。ヽ(⌒〇⌒)ノ
今月 サウンドなめちゃん(カンタムD51)を買ったばかりなので なるべく自制しようと思いながら回ってたのですが(ーー;)・・・・・・・・・・買っちゃいましたヽ(⌒〇⌒)ノ給水スポートジオラマ!!
ジラマ1
PINE CONE PRODUCT製の完成したジオラマで立派な台とアクリルのケース付きで28000円ヽ(⌒〇⌒)ノ安い!
これまで 家にはレイアウトはおろか展示用のお立ち台も無く試走用のKATOの線路が数本あるだけでした(^^;)いつか機関区のセクションを作ろうと思いながら ベースの板を買ったりしたのですが結局構想ばかりつのるばかりで工作に移れず 安い完成品ないかなあヽ(´o`;)ノと思っていたのですが 結構高いんですよねぇ(^^;) そこに模型ショーの特価品を発見ヽ(⌒〇⌒)ノ飛びついたのでした!
ジオラマ2 ジオラマ3
試しに はっちゃん(珊瑚の8620)を置いてみると・・・・・・・\(●o○;)ノおおおお!なんと 車両が生き生きすること!ヽ(⌒〇⌒)ノすばらしぃぃぃ!。
ジオラマ4 ジオラマ6 ジオラマ5
よく見ると まだまだ物足りない部分もありますが まずはある程度作業の進んだベースと考えて これからいろいろ作り込んでみようと思いますヽ(⌒〇⌒)ノ
ジオラマ8 ジオラマ7
ひなびた 機関支区・・・の割には スポートが立派すぎるかな?(^^;)聞くと これは輸入パーツを組み立てた物だそうです。スポート付近はあふれた水で濡れている演出や灰を盛り上げてあって なかなか凝ってますヽ(⌒〇⌒)ノ
ただ 電柱の傘付き電球が 車体に当たるんですよね(^^;)車両限界にひっかかってる。まずは 電柱の位置を修正してやなねば(>0<)/

C57ヽ(⌒〇⌒)ノくるくる

頸城の車両を見学した後は 信越120周年号を引いたC57180が直江津機関区に戻ってくるのを見に行きましたヽ(⌒〇⌒)ノ百間町から直江津まで車で20分ほどです。
直江津機関区には まだターンテーブルと扇形庫の一部が残ってますヽ(⌒〇⌒)ノ今回は走ってるC57よりも この施設とC57の組合わせを見るのが目的ですヽ(⌒〇⌒)ノ
直江津1 直江津2
ターンテーブルは梅小路や小樽築港で見られたストレートのガータータイプの上路式ですヽ(⌒〇⌒)ノ架線設置のためか中央の櫓が取り外されてますがその支柱の跡が残ってるのが判ります。テーブルのピット内には消雪のための散水管が張り巡らされており このストレートタイプのテーブルも積もった雪を考えての形なのかもしれませんヽ(⌒〇⌒)ノ銘板を見ると昭和35年汽車会社製だそうですヽ(⌒〇⌒)ノ
直江津3 直江津4 直江津5
現存するラウンドハウスは4線式で奥行きがとても深く優に二両分はありそうです。奥にはホイストも設置してあり どうやら昔から検査や修理等の整備場として機能していたと思われますヽ(⌒〇⌒)ノ事務所内で昔の機関区のパネルも展示されておりそれを見ると 昔は本線側に大きなコンクリ製のラウンドハウスが建っておりその向かいに現存する4線分のハウスが建ってたみたいですねヽ(⌒〇⌒)ノ
直江津6 直江津8 直江津7 直江津9 直江津10
日が沈む直前に C57180がシズシズとやってきましたヽ(⌒〇⌒)ノターンテーブルに乗るとなあぁんと 目の前で二回転半もクルクルしてくれましたヽ(⌒〇⌒)ノしかも45度づつ停止して 各角度での撮影タイムもあり!!目の前でC57180の360度を堪能出来ましたヽ(⌒〇⌒)ノ夕日ギラリも見れたのだ!テンダー後面には重油タンク給油用と思われる配管と車軸の温度センサー用の配管(客車のパソコンへデータを送る)と見られるものもあり さすが近代に残る蒸機なのだヽ(⌒〇⌒)ノ<
後でおばちゃんが 「回ったあ!!\(●o○;)ノ」と驚いてました(^^;)機関車を回す設備だとは思ってなかったみたい。
ターンテーブルの端をよく見ると電動装置が故障したとき蒸機のスチームを使ってテーブルを回す尺取り虫装置が残ってますヽ(⌒〇⌒)ノいいものを見たのだ!
直江津11 直江津13 直江津12 直江津14 
やがて 目の前でテーブルを降りて ハウスの中へ!ヽ(⌒〇⌒)ノ結構な線路の段差をガッタンカッタン乗り上げてゆきます(^^;)なかなか良い撮影ポジションで見れたかもおぉヽ(⌒〇⌒)ノ
直江津15 直江津17 直江津16
機関区では他に除雪車両のDD14とDE15の展示もやってましたヽ(⌒〇⌒)ノめずらし。
DD14のロータリーは前から見ると まるで伊勢エビのようです(^^;)先端の丸いグレーのお皿は旋回窓ならぬ旋回鏡だそうです\(●o○;)ノサイドから見るとなかなか力強い!ヽ(⌒〇⌒)ノしかし 機関室の中は結構スカスカなのだ(^^;)これなら DE10のように低いボンネットでも良かったんじゃないかなあ?(^^;)新潟鉄工製エンジンが二機ついてますヽ(⌒〇⌒)ノ一台は除雪機駆動用だそうです。(走行用と切り替えられるらしい)
直江津18 直江津19 直江津20
帰りがけに 直江津駅近くに保存されているD5175を見に行きましたヽ(⌒〇⌒)ノ
ここのD51は 塗装の上に油を塗布することで錆びを防止しており あのペンキによるボテボテ感がありませんヽ(⌒〇⌒)ノこの雰囲気はかなり現役を彷彿させるものがあります!ひょっとしたら塗装そのもも現役当時のものかも!\(●o○;)ノテンダーには重油タンクも残ってます!
盗品等もほとんど無くかなり 現役時代の雰囲気を残した奇麗な車体ですヽ(⌒〇⌒)ノ油が塗ってあるため触ると手が真っ黒になるそうです(^^;)それが逆に人を寄せ付けずによかったのかも。
といわけで 鉄道記念日の10月14日 なかなか充実した一日を過ごせましたヽ(⌒〇⌒)ノ

いびきヽ(⌒〇⌒)ノじゃなくて頸城鉄道

頸城鉄道の特別展示会に行ってきましたヽ(⌒〇⌒)ノ
前の晩に宇都宮をオニギリ号で出発ヽ(⌒〇⌒)ノ日光-沼田IC-関越自動車道-塩沢石打IC経由で朝 頸城鉄道の車庫がある百間町に向かいました。途中 昨晩ネットで勉強した頸城の画像にあった建物を発見!(>0<)/
頸城1
もと頸城鉄道の終着駅浦川原駅の駅舎だそうですヽ(⌒〇⌒)ノらっきぃ。
そんな寄り道をしながら 7時頃 百間町に到着ヽ(⌒〇⌒)ノしかし 頸城の車両はいつも公開している場所じゃないので看板等の案内がないため場所が判らずしばらく町内をグルグル回ってしまいました(^^;)で 結局 町外れの田んぼの脇に会場を発見ヽ(⌒〇⌒)ノ
場所を確認したところで 近くの道の駅や直江津駅付近を探索して開場まで時間をつぶしたです(^^;)
会場時間の10時過ぎに現地へ行くと いやああ並んでる並んでるヽ(⌒〇⌒)ノ雑誌や模型でしか見たことの無いかわいい車両たちが!
頸城2 頸城3 頸城4
バランスのいいスタイルのコッペルはやはりすばらしぃぃヽ(⌒〇⌒)ノ
その他の車両も これでもか!というくらいナローの愛らしい魅力を発揮してますヽ(⌒〇⌒)ノいいなあーー。
頸城5 頸城6 頸城7 頸城8 頸城9
昨年発掘されたホジとハの車体内外はすっかり整備されて奇麗になっていましたヽ(⌒〇⌒)ノホジは元々客車だった車両にエンジンを載せて気動車になったそうですヽ(⌒〇⌒)ノ
運転席にはアクセルとクラッチが付いてますヽ(⌒〇⌒)ノブレーキは普通の車両のハンドル式。
客室に登るステップは元駅名板を使用してますヽ(⌒〇⌒)ノさすが リサイクルの先端を行っていたのだ!
頸城10 頸城11
いやあぁ こののどかな田園風景の中をこれに乗って揺られてみたいなあぁ(^^;)
頸城12 頸城13 頸城14
車庫の中には数両の貨車と復元されたターンテーブルが展示してありますヽ(⌒〇⌒)ノ
車庫の外にも 貨車の残骸とかターンテーブルの残骸とかスノープローの残骸とか線路の残骸とか・・・・
頸城15 頸城16
会場の脇では アメリカン蒸機のライブが活躍ヽ(⌒〇⌒)ノ
本格的なコールタワーと給水タンクもあります!\(●o○;)ノ実際に これで給炭給水するそうです!!すごいこだわりなのだ(>0<)/
頸城17
ワールド工芸も出張販売で頸城の車両たちの模型を販売してましたヽ(⌒〇⌒)ノ
頸城18
会場と直江津駅を結ぶ巡回無料バスは頸城自動車の旧カラーだそうですヽ(⌒〇⌒)ノ頸城19 頸城21 頸城20
現役時代の百間町駅と機関庫の写真も展示してありました。ヽ(⌒〇⌒)ノ駅舎の後が本社の建物だそうです。写真からするとこの車庫の横を本線が通ってたんですねヽ(⌒〇⌒)ノ本社の建物も残ってるのだヽ(⌒〇⌒)ノ
いやあ ぽかぽか陽気の田んぼの横で 会場で販売してるお弁当を食べながら のおおおんびり ホジやコッペルを眺めてる時間はなんとも言えぬ至福の時間だったのだヽ(⌒〇⌒)ノ
この後 信越120周年記念号を引いて直江津まで来てるC57180を見に 直江津機関区に向かいましたヽ(⌒〇⌒)ノ ・・・・・つづく

EF57 7ヽ(⌒〇⌒)ノ公開日

本日は宇都宮に唯一保存されてるEF577号機 年一回の公開日でしたので見に行ってきましたヽ(⌒〇⌒)ノ
EF577-1
憧れのEF57に自由に乗り込めますヽ(⌒〇⌒)ノ
57-2 57-4 57-3
現役時代も上野駅で運転室をホームから覗き込んで「狭そ(>0<)/」と思ってたんですが実際乗り込んでみると・・・・やっぱ超セマ(>0<)/
57-5 57-6
機械室はまるで潜水艦の船内みたいですヽ(⌒〇⌒)ノ(潜水艦乗ったこと無いですが(^^;))昔SGが乗っていた場所の天井にはSG用の穴がポッカリ開いておりその床には重量バランス用の鉄のブロックらしきものが敷き詰められていますヽ(⌒〇⌒)ノ
 57-7 57-8 57-9
ブロアー用のモーターも目を引きますヽ(⌒〇⌒)ノ天井には抵抗器?がぎっしり!
57-11 57-10
機関車の前には上越時代に使用していたスノープローも置いてあります。エアシリンダによって雪すきの角度を調整出来る構造になってます。ヽ(⌒〇⌒)ノデッキの下にはその操作ロッドが見えます。
57-12 57-13
この長くて迫力なある車体で急行列車を引いて目の前をスタタタタタアアンとジョイント音をけたてて100km近いスピードで通過して行く光景を何度も見ていたのでなんとも感慨深い見学体験でしたヽ(⌒〇⌒)ノ
57-14

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 68
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme