趣味の総合サイト ホビダス
 

どひゃああ\(●o○;)ノかしまああ

本日東京へ出たついでに帰りは石岡経由で帰ってきました(^^;)
で 例の跨線橋から眺めると・・・・・・があああーーーーーん\(●o○;)ノ
鹿島6-1 鹿島6-2
ずらり並んでた貨車と新型のKR500二両が跡形も無く解体されてましたぁーヽ(´o`;)ノ半月前まで沢山のお客を乗せて頑張ってたのにぃぃー。
線路に残ったKR500の残骸を恐竜型重機が拾ってました(^^;)で それが終わると重機が最後に残ったキハ602の横へ!(>0<)/いよいよ 602の70年の命もここまでか!・・・・と思ったら 
鹿島6-3
そのまま通り過ぎて 大型トレーラーの上に(^^;)っほ
どうやら 本日は壊されないようでしたヽ(⌒〇⌒)ノ
最後に残った602も目の前で引きちぎられるKR500を見てなにを思ってたことか(^^;)
しかし 車両の解体現場をこれだけ良く見える場所でやるのも稀かも(^^;)
じっとこの状況を見ているおいらの後を通り過ぎた高校生のアベックが602をみながら「処刑待ちだねヽ(⌒〇⌒)ノ」っと笑って過ぎて行ったのだヽ(´o`;)ノとほほーー。
鹿島6-4
奥の古い車庫も当然 跡形もありませんヽ(´o`;)ノ
鹿島6-5
ホームの屋根も瓦を剥がして 取り壊し準備に入っています(^^;)
この石岡機関区一帯が更地になるのもそう時間はかからない模様です。
行く末が気がかりなままキハ602にお別れを言って石岡を後にしましたヽ(´o`;)ノさいならあー。

茨城ヽ(⌒〇⌒)ノミーティング

日曜日は茨城で集まっているチーム茨城のミーティングに行ってきましたヽ(⌒〇⌒)ノ
前回のハッピーの激走ツーリングとは違い 運動公園の広い駐車場で まーーーったりとエスプリ談義をしようという集まりですヽ(⌒〇⌒)ノ
笠松-1 笠松-2
集まったのは20台近いエスプリとエリーゼのロータス達、そして数台のアルピーヌやコルベット等のエキゾチックカーヽ(⌒〇⌒)ノ
笠松-3
集まった車はさすがに比較的新しい車が多くヨーロッパや古いエランは無く メインのエスプリもジウジアーロの旧タイプは三台のみでした(^^;)これも時代の流れですかねー(^^;)
笠松-4 笠松-5
帰りも のどかな眺めのコンビニや真岡鉄道のSLを見ながら帰ってきましたヽ(⌒〇⌒)ノ

かしまあー(>0<)/その後

鹿島廃止10日後 仕事の合間を見て どうなってるか?を見てきましたヽ(⌒〇⌒)ノ
まだ 10日なので 大して変わってないだろうけど 保存車の写真でも今のうちに・・・・と思ってたんですが(^^;)
鹿島5-1
どひゃあぁぁぁーー!!\(●o○;)ノもう石岡機関区は線路を剥がし 踏切も撤去! 産廃業者が撤去した踏切信号を積込んでるぅぅー!(>0<)/はやあぁぁぁ!!!
鹿島5-2
でも残った車両達は手前に引っ張り出されてますが まだ変化は・・・・・・・(^^;)
鹿島5-3
と よく見ると床下がスカスカ?(^^;)エンジンがありません!!\(●o○;)ノありゃあぁぁぁ。
まだ先々週バリバリに走ってたのにぃぃー。\(●o○;)ノそんなぁぁぁ。
奥のKR500もヘッドライトや連結器等が外され 使える部品を取り外してる模様(^^;)たぶん 部品を全部剥がしたら 重機で一気に叩き壊されちゃのかも?!ヽ(´o`;)ノとほほぉぉ。10日前まで丹念に整備されて来た車両達があっというまに産廃になっちゃうとはヽ(´o`;)ノ 
鹿島5-4 
奥の機関庫付近は奇麗に線路が剥がされました(^^;)蒸機時代から残っていたこの車庫も風前の灯火です。満開の桜が咲く中 着々とと作業は続いていました(^^;)うーーーむ
鹿島5-5 鹿島5-6
無蓋車の上にはキハ602のもとのと思われるエンジンフレームが乗ってます(^^;)しかし 鹿島ってまだ こんなに貨車があったんですね(^^;)たぶん車庫の奥に引っ込んでたんだろうなぁー。
鹿島5-7
貨車の横には「関東・・・鉾田線」と書いてありますヽ(⌒〇⌒)ノこんな横にアングルが付いてる貨車はあまり見たこと無いですね(^^;)
鹿島5-9 鹿島5-10
最終日3部咲きくらいだった東田中駅の桜はもう葉桜になりかかっていました。(^^;)駅の表情はあまり変わってませんでしたが 近くの踏切の信号器や遮断機は撤去済み。駅のボードには最終日のお別れのメッセージが・・・。
鹿島5-11
常陸小川駅も外に相変わらずタクシーやバスが居て 一見まったく今まで通りですヽ(⌒〇⌒)ノしかし 駅舎の中では作業の方々が室内の机や棚を片付けており何も無くなりつつありました(^^;)ただ バスの待合室として駅舎は残されるんじゃないかな?(^^;)
鹿島5-8
構内には個人の方が引き取られる予定というキハ432と714、KR500の三両がブルーシートで保護されていましたヽ(⌒〇⌒)ノ石岡の身ぐるみ剥がされつつ有る三両とは処遇が違うのだ(^^;)
鹿島5-12 鹿島5-13
貨物ホームには外された信号機やリレーボックス、電柱が・・・(^^;)車止めとしてあった博物館級のシャロンの連結器も無くなってましたヽ(´o`;)ノ
鹿島5-14 鹿島5-15
鉾田駅も事務所の中が空になった以外は廃止前と全く変わらず 鯛焼き屋さんもそのまま営業してるじゃないっすか!ヽ(⌒〇⌒)ノ話を聞いたら移転先(駅前のお店)が出来るまでここで営業してるそうです(^^;)
鹿島5-16 鹿島5-17
鉾田に残された三両の車両達も最終日のまま。ただし いたずらを防ぐため監視カメラ作動中の張り紙が・・・(^^;)ほんとかなあー? 
皮肉にも現役時には出来なかった車両の下回りをじっくり観察することが出来ます(^^;)
鹿島5-18
日本を代表するDMH17は よく整備されていて廃車なのにピカピカです\(●o○;)ノ
鹿島5-19
気動車の創成期時代 軽便気動車などによく見られたアーチバータイプの台車(^^;)TR29
鹿島5-20
レーキは旧型客車と同じように一個のシリンダーで前後の台車を制動するタイプ(^^;)
今じゃ考えら無い車両だったのが良くわかるですヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島5-21
廃止後10日 線路は錆びても その枕木にはオールドタイマー達が落とした油が 現役の匂を生々しく残していましたヽ(´o`;)ノ八木蒔駅跡
しかし あちこちで設備の撤去は進んでおり あっというまにトワイライトぞーんと化すのは確実のようです(^^;)

ピカピカ!\(●o○;)ノデゴニ

先週の日曜日 車での伊豆ツーリングに参加したのですが 仕事で途中の小田原付近で引き返すことに・・・(^^;)とほほ。しかし ふと 近くに状態のいいD52が保存されてるのを思い出し ちょいと寄って見ることにしましたヽ(⌒〇⌒)ノ
D52-1
丁度桜まつりが開催されてる中 いたいた!!黒光りしたD52様が大仏のように神々しい姿で鎮座されていますー!ヽ(⌒〇⌒)ノ
D52-2 D52-3 D52-14
状態がいい!とは聞いていましたが・・・・おおおおお!!\(●o○;)ノなんだこのこれはあぁ!!ロッドはもちろん 砲金類もすべて磨き出され 塗装もほとんど現役状態じゃないっすかあ!!\(●o○;)ノ屋根が有ると言え ほとんど屋外のため非常に自然な状態で見ることが出来ます!梅小路と違い明るい状態で全体を眺められます!ヽ(⌒〇⌒)ノまたD52468の北海道型と違い かなり原型に近いD52として見ることが出来ます!すばらしーーー!!
さっそく あちこちを探索ヽ(⌒〇⌒)ノ
D52-4
D52のストーカーエンジンはテンダー側に取付らて居ますヽ(⌒〇⌒)ノ
D52-5
戦後の幹線機に取付けられた瞬間炭落とし装置ヽ(⌒〇⌒)ノ
D52-6 D52-7
シリンダ吐出ノズルの吐出量を調節する調整レバーヽ(⌒〇⌒)ノ実はC62やC61にも付いてますがD52はキャブから操作することが出来ますヽ(⌒〇⌒)ノ
D52-8 D52-9
D52は下周りと上回りが離れているので 間の配管がよく見えますヽ(⌒〇⌒)ノ模型では是非再現したい部分ですねヽ(⌒〇⌒)ノ
D52-10 D52-11 D52-13
いやあー(>0<)/間近に見る このボイラーの迫力!まさに巨人機の名にふさわしい威容ですヽ(⌒〇⌒)ノ
D52-12
いやヽ(⌒〇⌒)ノ十分にD52を堪能!とても静態保存とは思えず 現役のD52を見れたような錯覚を覚えながら ここを後にしました(^^;)
これで D52の模型の資料は万端なのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ

ロータスヽ(⌒〇⌒)ノツーリング

4月8日の日曜日いつもお世話になってるハッピーのツーリングあったので 最初だけ参加してきましたヽ(⌒〇⌒)ノ
コースは海老名から小田原厚木道路を通りターンパイク、伊豆スカイラインを通って伊豆グランパル公園までの長距離コース!しかし 仕事があるため おいらは小田原で引き返すことにヽ(´o`;)ノとほほ。
朝7時半に海老名SA集合のため7時頃東名に乗って向かっていると 前方にゴーカートが走ってる!!\(●o○;)ノ
ハッピー1-1
と思ったら ツーリングに参加のロータス23Bでした(^^;)いや小さい!
海老名につくと いつものようにずらりとロータスが並んでいますヽ(⌒〇⌒)ノハッピーならでは光景です。
ハッピー1-2 ハッピー4-4 ハッピー4-3 ハッピー4-5
ハッピーといえばバリバリにチューニングしたヨーロッパ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ外見もエンジンもビカビカです!ヽ(⌒〇⌒)ノ
ハッピー4-6  ハッピー4-7
最近はエスプリもかなり増えて来てますヽ(⌒〇⌒)ノ赤のS1も素晴らしいコンディションですヽ(⌒〇⌒)ノ
ハッピー4-8
さっきの23Bも居ましたヽ(⌒〇⌒)ノ車体が膝の高さしかありません(^^;)まさに公道を走れるゴーカート!
ハッピー4-9
旧エランも小さいヽ(⌒〇⌒)ノカプチーノと良い勝負かも!
で ハッピーの社長の挨拶と簡単なレクチャーの後 箱根へ向かって桜が咲く中を出発ヽ(⌒〇⌒)ノ
いやぁぁー(^^;)みなさん ペースが速い! 付いてゆくのにやっとでした・・・。
ということで おいらは小田原料金所で離脱(>0<)/残念!
通過してゆく皆さんをここで見送りましたヽ(⌒〇⌒)ノ
ハッピー4-10ハッピー4-11ハッピー4-12ハッピー4-13ハッピー4-14ハッピー4-15ハッピー4-16ハッピー4-17ハッピー4-18ハッピー4-19ハッピー4-20ハッピー4-21ハッピー4-22ハッピー4-23ハッピー4-24ハッピー4-25
半分はすでに走って行っちゃたので参加ロータスの一部でしたヽ(⌒〇⌒)ノ
そして 一路 家のある宇都宮へ!・・・・半日でおよそ500kmを走りましたヽ(´o`;)ノつかれたぁぁー!  やっぱ栃木から小田原、箱根は遠いぃぃー。
しかし かなり飛ばしたわりには 燃費は9.5km/Lと好成績ヽ(⌒〇⌒)ノさすがぷりちゃん!!
さくら
最後に 家の近くの公園の桜で記念写真ヽ(⌒〇⌒)ノいま 宇都宮で桜が絶好調おお!

珊瑚のC55ヽ(⌒〇⌒)ノキンキョおおぉぉ!

珊瑚のC55 一次型 少しづつ進んでいますヽ(⌒〇⌒)ノ
C55-3-1 C55-3-2
まず モーションプレートはニワのロストと交換ヽ(⌒〇⌒)ノただし C55の1次用が売り切れていたので C57用を買って1次型に改造しました(^^;)左右のモーションプレートを結ぶ中梁も作成ヽ(⌒〇⌒)ノ なかなか華奢なC55の下回りの雰囲気が出たのだヽ(⌒〇⌒)ノ 
シリンダーブロックの中央にもリベット付きの蓋?を取付け!ヽ(⌒〇⌒)ノ
C55-3-3 C55-3-4
従台車は め次郎鉄道標準の 台枠と台車がそれぞれ二重に首を振る形に改造しました。これで 台枠の振り角が小さくなり これに重なるパイピングが楽になりますヽ(⌒〇⌒)ノまた 火室の底板?も作り直し 傾斜した灰箱を表現しましたヽ(⌒〇⌒)ノ
C55-3-5
キットのバックプレートは焚き口等の表現がかなり大きかったので一旦全て削り取り(珊瑚さん すんません(^^;))各パーツを取付けなおしました。
C55-3-6 C55-3-7 C55-3-8
焚き口、水面計、逆転ハンドル、ブレーキ弁脚台、レギュレータハンドルをニワ製に 洗口栓をエコー、注水器はキットの珊瑚製ですヽ(⌒〇⌒)ノ
ブレーキ圧力計は良い物がなかったので パイプと真鍮線から自作です(^^;)
焚き口の上には小さな物置の棚も設置しましたヽ(⌒〇⌒)ノ
あと エンドビームに付くキャブを支える板も0.2tで作り直し薄さを強調!ヽ(⌒〇⌒)ノ
C55-3-9
ボイラ上の圧力計も作成ちゅうううヽ(⌒〇⌒)ノ
C57-3-10
キャブの側板をつけると こんな感じいー!ヽ(⌒〇⌒)ノD51と較べるとかなりキャブの中が広いです!
次は汽笛引き棒と蒸気分配箱だなあぁぁぁ(^^;)メンドクサイー!

さよならヽ(´o`;)ノかしまあー2

最終日レポート第二弾ヽ(⌒〇⌒)ノ
そろそろ夕方になり空も今にも雨が降りそうで 手持ちでの撮影もキツくなってきました(^^;)また 本日はどの列車も混雑のためか20ー30分遅れで時間がなかなか読めません(^^;)
鹿島4-35 鹿島4-24
夕闇せまる八木蒔駅は うっそうとした林の中で黄昏気分満点です!!ヽ(⌒〇⌒)ノフロントウインドウの中を見ると 超かぶりつきの真剣なまなざしが突き刺さります\(●o○;)ノ
鹿島4-26 鹿島4-27 鹿島4-25
いつもは こんな時間には人気が無い浜駅も 今日は何人ものお見送りの人たちが!ヽ(⌒〇⌒)ノ602と714の老兵コンビも朝から晩まで最後の奉公でフル稼働です(^^;)
鹿島4-28 鹿島4-29 
もう さすがに撮影も限界(^^;)あとは 最終列車を鉾田で見届けることにしました。
近くで夜食をとった後 まだ時間があるので鉾田駅の駐車場でしばし休憩(^^;)ついに雨が降り出し 鹿島鉄道の涙雨となりましたヽ(´o`;)ノ
鹿島4-30 鹿島4-31
雨の夜にも係わらず 鉾田駅前は山車とお囃子で大にぎわいですヽ(⌒〇⌒)ノ駅舎の中もまだ鯛焼きと切符を買うための行列が出来てます。(^^;)
鹿島4-32 鹿島4-33 鹿島4-34
21時半頃 431と432コンビの列車が発車してゆきました。次の最終列車は鉾田止まりとなり回送で石岡に戻るので 鉾田を出る営業列車はこの列車が最終となります(>0<)/さいならあーーーー!!
予定では最終列車は22時25分鉾田着なので22時頃 駅の構内へ入りベストポジションを確保!ヽ(⌒〇⌒)ノ雨もパラパラになって なんとか我慢出来る程度になってきた!
 昼の列車もかなり時間が乱れていたので最終列車も遅れるのは覚悟してましたが 警備員から「今 石岡を発車しました」の説明!\(●o○;)ノえええええー!!・・・・・まあしょうがない(^^;)
また「鉾田駅でのイベント、セレモニーは特にありません!」とのことヽ(´o`;)ノなああーーんだ。
まあ 最終列車の最後だけでも見届けるのだヽ(`⌒´メ)ノ
 やがて雨もなんとか止み 大勢の人々が鉾田のホームを取り囲みました。ヽ(⌒〇⌒)ノ鉄ちゃんも多いですが地元の一般の人たちも多く 半々くらいか?
鹿島4-36 鹿島4-37 鹿島4-38
23時20分頃 最終列車が静々とやってきましたヽ(⌒〇⌒)ノさっき鉾田発の最終列車だった431と432のコンビです!パチパチとまばらな拍手が湧きましたが 拍手してるのは一般の方々(^^;)鉄ちゃんは撮影してるので拍手できませんヽ(´o`;)ノたはははは
車内は例によって超超満員状態(^^;)乗ってる人たちからも拍手が聞こえます。きっと車内では感動的な車内放送があったに違いないのだ(>0<)/聞きたかったなあーー。
鹿島4-39 鹿島4-40
セレモニーは無いとのことだったので このまますぐ回送で出てゆくのか?と思っていたら 乗客が全て降りて 一息ついた頃 役員さんらしき人が花束をもったおばちゃんを引き連れてホーム上に上がり また若い車掌さん(?)を連れて来て 花束贈呈がありましたヽ(⌒〇⌒)ノきっと予定に無かったのですが 花束を持って来たおばちゃんが嘆願したのかもヽ(´o`;)ノ 車掌さんからも「みなさんありがとうございました」のあいさつが(>0<)/わあーーん。泣けるううー!!
鹿島4-41
しばらくすると 431の室内の灯りが消され お別れヘッドマークや行き先表示板も外され いよいよ お別れの回送列車が発車か?ヽ(´o`;)ノ
鹿島4-42
・・・・・・と思ってたら なんと石岡側の432が切り離されました\(●o○;)ノなんでえーー?
そして 432のみ 石岡方面へ去ってゆきました(>0<)/さいならあーー。もう鉾田に来ることも再び431と手を繋ぐことはないんだろうーなあーヽ(´o`;)ノ
鹿島4-43
そして 残った431もまだ多くの見守る人たちからの拍手の中しずしずと 石岡方面へ動き出しました。ヽ(´o`;)ノさいならああーー。
鹿島4-44
駅の中は 最終列車が出て行ったにも係わらず まだ鯛焼きに行列が!\(●o○;)ノおばちゃん大丈夫うーー?
さあ それじゃあ帰ろうかヽ(⌒〇⌒)ノと駐車場へ向かうと・・・・・・・
鹿島4-45
あれ?(^^;)さっき出て行った431が居る。しかも 普段使われていない側線に入ってます。\(●o○;)ノなんでえーー?
慌てて 三脚を取り出し バルブ撮影ヽ(`⌒´メ)ノと やっていると・・・・・
鹿島4-46 鹿島4-47
なんと 二度と来ることは無いと思われた601とKR505が回送されて来たじゃないっすか\(●o○;)ノうーーむ判らん(^^;)
鹿島4-48 鹿島4-49
回送された二両が停止すると 横の431も頭を揃えるように位置を修正して停まりました。ヽ(⌒〇⌒)ノ・・・・たぶん この三両はここで留置となりそうです(^^;)
うーーむ(ーー;)まさか ここで解体とか?またはここから引き取り先へ運び出すのか?(>0<)/謎のまま鉾田を去りました(^^;)
営業の終わった石岡機関区へ行ってみましたヽ(⌒〇⌒)ノ
もう 日が変わって4月1日の深夜です(^^;) 陸橋の上にはまだ同じようにポツリポツリと鉄ちゃんがいます(^^;)
鹿島4-50
機関区や駅には灯りがともっており まだ全ての設備は機能しているようですヽ(⌒〇⌒)ノが いつもたくさんの気動車たちで賑わっていた構内は なにも居ませんヽ(´o`;)ノさすがに終わったんだなあーーという実感が湧いてきます。ヽ(´o`;)ノ
鹿島4-51 鹿島4-52
しかし よく見ると 奥に602とKR500が二両残ってましたヽ(⌒〇⌒)ノ
ということは 残りの714と432は・・・・・・多分 常陸小川?(^^;)ううーむ あのカバさん解体のシーンが頭をよぎる・・・・
なにはともあれ 鹿島の車両たち ごくろうさまでしたああー!!ヽ(⌒〇⌒)ノ
ということで 最終日のすべてを見届けて 宇都宮へ向かいました!さよならああーー(>0<)/かしまあーーー!!帰りはものすごい霧で車の運転は大緊張(^^;)
また 空いた時間を見て 鹿島を訪ねてみようと思いますヽ(⌒〇⌒)ノ
ありがとうー!!ヽ(⌒〇⌒)ノかしまあー!!

さよならヽ(´o`;)ノかしまあ

3月31日 鹿島鉄道最期の日。この目で終わりを見とどけようと行ってきましヽ(⌒〇⌒)ノ
7時前にオニギリ号で宇都宮を出て石岡に9時前に到着。さっそく石岡機関区と駅を覗いてみると。
鹿島4-1
すでに714と602は運用に付いて不在(^^;)ホームにはまだ9時前だというのに人が溢れてますが機関区はいつものように 気動車達が次の運用に備えスタンバイしていますヽ(⌒〇⌒)ノ
本日が最後ということで 定番撮影スポットや今まで行ったことの無い駅を精力的に回りましたヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島4-2 鹿島4-3
まずは浜駅。駅前の桜を期待したのですが 残念ながら全く咲いていませんヽ(´o`;)ノ暖冬でも桜は間に合いませんでしたね。
鹿島4-4 鹿島4-5 鹿島4-6
桃浦付近を移動し 列車のタイミングで撮影スポットに寄りながら石岡方面へヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島4-7
東田中駅横の桜が沿線では一番多く咲いているかんじですが それでも三分咲きってところでしょうーか?(^^;)一週間早かったなあー。
お昼はネットでおそばがおいしいとの噂の玉造町駅のそば屋へヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島4-8
いやヽ(⌒〇⌒)ノボンネットバスが似合うひなびた駅です!そば屋では そば寿司なるものを頼んだんですが これまたうまい!!ヽ(⌒〇⌒)ノしかしこのそば屋も残念ながら鉄道廃止と同時にお店を閉めるそうで 本日までヽ(´o`;)ノとほほー。
続いて 百里基地へジェット燃料を送るための設備があった榎本駅へヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島4-10
駅敷地の一部は防衛省の管理となっており なにやらキナ臭い雰囲気が(^^;)
鹿島4-9 鹿島4-11 鹿島4-12
入って来た列車の車内は 朝の山手線か埼京線並みの混雑!!\(●o○;)ノぎゅるるるるるるうううう!!!と 苦しそうにエンジンを唸らせながら発車してゆきました(^^;)これまでは 壊れないように古い車両は一日一往復だったそうですが もうこれで最後とばかりにエンジン全開フル回転です(>0<)/
今日は夜の最終列車を鉾田駅で見送ろう!!と決めていたんですが 一旦鉾田駅の様子を見に行きましたヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島4-14 鹿島4-13 鹿島4-15
鉾田駅前では山車が出てお囃子も鳴って お祭り状態ですヽ(⌒〇⌒)ノ駅舎も人が入れないくらいの大盛況\(●o○;)ノ長い列が外まで出来ていて なんだろう?と見てみると中のたい焼きを買う行列でした(^^;)切符を買う長い列も出来てますヽ(⌒〇⌒)ノなんでも もう入場券は売り切れとか・・・硬券だし そんな何百枚も用意してなかったろうーねー(^^;)
駅舎の事務所横では昨年から模型走行と写真展示が公開されていますヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島4-21 
前塗装と現行塗装の430型もありましたヽ(⌒〇⌒)ノよくできてる!
鹿島4-22 鹿島4-23
そして DD901カバさんの解体シーンの写真がああ!\(●o○;)ノきゃあー!
恐竜のような重機に車体を食いちぎられてますううう!!(>0<)/ひいいい!!
残された鹿島の気動車達も こうなっちゃうのかなあーヽ(´o`;)ノ
鹿島4-16 鹿島4-17
ホームは?と見るとご覧の有様(>0<)/次の列車に乗ろうと駅舎の中まで列が出来てますうー(^^;)乗れるのかな?お客のほとんどが 鉄ちゃんではなく地元の家族連れですヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島4-18 鹿島4-19
当然 到着した列車も超満員状態で駅はもう凄い状態(^^;)
鹿島4-20
発車する列車は新型二両とはいえ 16m車でクロスシート車なので 中の状態は推して知るべし・・・ヽ(´o`;)ノごくろうさまですーー。
ということで そろそろ夕方に突入(>0<)/鹿島の夕暮れが近づいてきましたヽ(´o`;)ノ  
        つづく!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 68
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme