趣味の総合サイト ホビダス
 

C55ヽ(⌒〇⌒)ノ進行近況15

機関車側は かなり形になってきましたが テンダーは全く手つかずだったので 少し進めることにしました。ヽ(⌒〇⌒)ノ
市販のテンダーの側板は0.4-0.5tほどあり その厚みが上から丸見えで いかにも模型っぽく見えてしまいます。そこでで 上辺の厚み部分を薄く見せかけようと 斜めに削っていたら全体的に側板が外側に反ってしまい 修復不可能となっていまいましたヽ(´o`;)ノ・・・・正確には反りを修復しょうとして失敗、 グニャグニャになっちゃった(^^;)しょっくううー-。
そこで心機一転ヽ(`⌒´メ)ノ テンダーを燐青銅板の薄板(0.2t)を使って新製し 薄板感抜群のテンダーに仕上げるのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ
と早速 東京に上京して イモンで燐青銅板を買おうとしたら 燐青銅板は帯板しか置いてないとのことヽ(´o`;)ノとほほー!。
その足でエコーに行って聞いてみると 50X150の小さめの板しかないらしいヽ(´o`;)ノえーー!?
仕方がないので それを二枚買って 側板を分割して作ることにしましたヽ(⌒〇⌒)ノ
寸法をキットのテンダーから燐青銅板にケガキで写し取って展開図を作成。ヽ(⌒〇⌒)ノ
問題は四カ所の角のR曲げです(^^;)
C55-08-3-21-2 C55-08-3-21-1
2、3回のテスト曲げと2回失敗の後 なんとか曲げ完了ヽ(⌒〇⌒)ノいやーよかった! この難関さえうまく行けば あとはなんとなります!!結果的には側板は左右分割でないと うちでは一枚板の4カ所折曲げ不可能でしたので小さめの板で正解だったのだ(^^;)
左の写真の真鍮片が今回の曲げ用に作成した曲型です。板曲げの内Rに合わせて1.3Rに丸く仕上げて 燐青銅の所定の場所にハンダ付け。万力に挟んで 厚板を使って一気に折曲げましたヽ(⌒〇⌒)ノ
C55-08-3-21-3
テンダーの底板は1tの真鍮板をR状に角を丸め、側板と0.3mmラップさせて固定しましたヽ(⌒〇⌒)ノこれで実物と同じ構造となり 見た目も実物通りになったのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ自慢!!
C55-08-3-21-4 C55-08-3-21-5
見よ!!この側板のペラペラ感!!ヽ(⌒〇⌒)ノ板厚を薄く見せると 一気に模型っぽさが消えるのだ!!
この燐青銅の薄板は機関車のデフにも使用予定なのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ効果抜群に違いないのだ!!
機関車側も少しだけ進めましたヽ(⌒〇⌒)ノ
C55-08-3-21-6 C55-08-3-21-7
ドレイン弁を操作するシリンダーと操作腕を設置!ヽ(⌒〇⌒)ノこれで 安心してドレインを切れるです! 操作シリンダーは いらなくなった給水チリコシを台枠内に付けただけ(^^;)かなりオーバースケールですが ちらりとしか見えないので これでいいのだヽ(⌒〇⌒)ノ
C55-08-3-21-8
テンダーの出現で いよいよ形になって来たC55ヽ(⌒〇⌒)ノ早く走らせたいなあ!!
 

大空襲の証ヽ(`⌒´メ)ノ

本日は東京大空襲の特集番組を見た(>0<)/
人情の街 東京下町の一帯で あんな惨事があったんだなあと あらためてため息が出ましたヽ(´o`;)ノ
昨年の夏 立川に残る 蜂の巣状態に被弾した建物を見に行きました。
立川1 立川2
航空機のエンジン工場にあった発電所の建物で なんと平成5年までこの状態のまま現役だったそうです(^^;)無数に残る穴は三度に渡る爆撃による機銃掃射と爆弾の破片によるもの\(●o○;)ノ
立川3
コンクリートにこんな穴を開ける弾が当たったら 人間なんかひとたまりもありません(>0<)/ひ。
あと 東京大空襲とは直接は関係ありませんが 府中に残る掩体壕(えんたいごう)も見に行きましたヽ(⌒〇⌒)ノ
三鷹1 三鷹2
掩体壕とは飛行機用の防空壕のことだそうです。調布飛行場の北側に今も二つ残っており 保存されてましたヽ(⌒〇⌒)ノ
三鷹3
このように ここでは飛燕型の飛行機が格納されてたそうですヽ(⌒〇⌒)ノ
実は国道20号線の横にも この掩体壕が残ってると聞いて見に行きました(^^;)
三鷹4
住宅街の中に まるでガメラの甲羅のように不気味に現れた掩体壕です(^^;)
(^^;)
三鷹5
こんなものが東京の町中にコツ然と残ってるなんて なんてトワイライトなんだ\(●o○;)ノ
三鷹6
半分土に埋まってますが 実際はこんな感じだったと思われます(^^;)
あとで調べてみると このコンクリートで作られた有蓋式の掩体壕は全国に残っているそうな(^^;)
掩体壕探索はその後 エスカレートして 千葉の印西市に残る無蓋式の掩体壕も見に行きましたヽ(⌒〇⌒)ノ
印西1
ここ印西市には陸軍の飛行場があったそうです。ヽ(⌒〇⌒)ノコンクリートで覆われた有蓋式に対して無蓋式掩体壕は馬蹄形またはV字型に土盛りしただけのもの(^^;)近くに爆弾が落ちても直接飛行機に爆風等の被害が及ばないようにしたものだそうですヽ(⌒〇⌒)ノ
印西2
航空写真で見ると この回りにもいくつか掩体壕が残ってたみたいですが おいらが見に行った時は凄い雑草で 草刈りされていた写真のもの以外は判別不能でした(^^;)
この無蓋掩体壕も全国に多く作られましたが コンクリート製の有蓋式とは違い ただの土盛りのため簡単に崩せるので 現在はほとんど残ってないそうです。ここは未開発の県の管理地だったため 偶然残っていたものと思われますヽ(⌒〇⌒)ノしかし この近辺も大型量販店が多く進出して来て この掩体壕も長いことはないのでは?ヽ(´o`;)ノと思われます。

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 68
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme