趣味の総合サイト ホビダス
 

C55ヽ(⌒〇⌒)ノ進行近況31

年末 生地完成を目指し快進撃ですう~ヽ(`⌒´メ)ノ
C55-09-12-27-01
モーションプレート中梁から飛び出して見える レール水まき管とブレーキ水まき管を追加ヽ(⌒〇⌒)ノ モーションプレートの加減リンク用油壺(内側)も追加しましたヽ(⌒〇⌒)ノ
C55-09-12-27-02
砂撒き管の吐き出し口も追加しましたヽ(⌒〇⌒)ノ
C55-09-12-27-03
気がつくと泥ダメの締切コックのハンドルが取れてる~~\(●o○;)ノわあ~~~~ン!!
いつか取れちゃう気がしてたんですよね~(^^;)なんとかしなくては・・・
C55-09-12-27-04
泥ダメのコックは ハンダコテを当てての取外しが困難だったので 結局配管ごとニッパーで切断(^^;)もう一回泥ダメに穴を明け直して 新しい配管とコックを取付けました(^^;)丈夫に付きするぎるのも 問題になるときがあるのだ・・・(ーー:)今度はコックを横に向けて 引っ掛けにくくしました(^^;)
C55-09-12-27-05 C55-09-12-27-06
モーションプレートの前側に角形の油壺を追加ヽ(⌒〇⌒)ノここは比較的見えるので 効果あるかも~~!!この油壺は細い給油管が3本ゴチャゴチャとつくので結構細密感が盛り上がるデスヽ(⌒〇⌒)ノでも あんまし売れてないらしい(^^;)<金岡工房さん談
C55-09-12-27-07 C55-09-12-27-08 C55-09-12-27-09
速度計のロッド取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ
上回りを下回りに合体する時 泥ダメに引っ掛かるので 合体時 指で横に引っ張ってスルーさせるです(^^;)ちょいと面倒になった・・・・
ロッドは半付けせずに穴に突っ込んであるだけにしますヽ(⌒〇⌒)ノそのほうが外力を逃がして曲がりにくいのと いざという時 すぐに交換出来るのだ!!
いや~~これ付けると いよいよ完成に近づいて来たってかんじです~~ヽ(⌒〇⌒)ノ夏から このペースだったらとっくに完成してたんですけど・・・・・(^^;)

C55ヽ(⌒〇⌒)ノ進行近況30

超久々に C55の近況報告です(^^;)
C55-09-12-23-01
まずは金岡工房のピストン棒の給油壷を取付けヽ(⌒〇⌒)ノ
ピストン棒給油壷は非常に目立つパーツなんですが いままで製品化されておらず 自作して取付けている作品もほとんど見た事無いんですよね~(^^;) 小さいパーツですが シリンダー付近の細密感が結構盛り上がるデス~~ヽ(⌒〇⌒)ノ
C55-09-12-23-02
同じく金岡工房のドレインの操作弁も初めて製品化されたロストですヽ(⌒〇⌒)ノただし 機関士席の足下につくので キャブ内に取付けてしまうと ほとんど見えなくなります(^^;)
C55-09-12-23-03 C55-09-12-23-04
インジェクタから天井に沿って屋根後端につく石炭水まき管に繋がる配水管ですヽ(⌒〇⌒)ノインジェクタから三方コック間の配管はあとで座席を付けるのに邪魔になるので取り外し可能としてあります~ヽ(⌒〇⌒)ノ
C55-09-12-23-05
キャブ後妻にある三方コックでキャブ内の清掃用ホースにも繋がってます~~ヽ(⌒〇⌒)ノ
C55-09-12-23-06
キャブの床にあいてる連結ピンの作業穴のフタを取付け~~ヽ(⌒〇⌒)ノ蒸機には大抵ついてるのが判ったのだヽ(`⌒´メ)ノ
C55-09-12-23-07 C55-09-12-23-08
暖房安全弁と給水ポンプ圧力計装置の取付け準備ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ
しかし 屋根を付けちゃうと ほとんど見えなくなっちゃうんですよね~(^^;)取付けは室内の塗装後接着で付ける予定です~ヽ(⌒〇⌒)ノ
C55-09-12-23-09
これまた金岡工房さんの新製品 キャブ天井灯(赤矢印)を取付けましたヽ(⌒〇⌒)ノ塗装後 超小型LEDを仕込む予定ヽ(⌒〇⌒)ノ楽しみい~~!!
C55-09-12-23-10
天井灯の明かりが屋根の合わせ目から漏れないように合わせ目の部分に
縁を設置しました(^^;)
C55-09-12-23-11
運転席のATS装置を追加しましたヽ(⌒〇⌒)ノ確認ボタンと表示器と警報装置?(^^;)下に転がってるのは窓上につける復帰スイッチ
C55-09-12-23-12 C55-09-12-23-13
台枠の第二~第三動輪の間に見える缶胴受けを付けましたヽ(⌒〇⌒)ノ結構 給水ポンプと空気ダメの間から シルエットが透けて見えちゃうんですよね(^^;)で 胴受けには角形の油壷が並んで枕木方向に突き出て付いてるのだヽ(⌒〇⌒)ノ左右で金岡工房の角形油壺を4つ使用(^^;)給水ポンプやエアコンプレッサーに隠れちゃうけど 隙間からチラリと見えると とっても細密感が盛り上がるのだヽ(⌒〇⌒)ノ自己陶酔!!

秋のツーリングヽ(⌒〇⌒)ノラスト!!

最後に三池港近くに移動し 三井三池鉄道の変電所として使われていた建物を見に行きましたヽ(⌒〇⌒)ノ
k-209 k-210
現在はサンデンという会社が本社として使用しているそうですヽ(⌒〇⌒)ノ
k-211
室内は綺麗に改装されてますがアーチ型の柱等は当時のままとのこと(^^;)
k-211
その建物の向こう側を かつての三井三池鉄道の本線が通っていた土手があり その土手をくぐる古いレンガ作りの人道トンネルがありました。
k-212
しかし ここも湾岸道路の建設で土手を崩しており 話を聞くとこの見学会が終わった明日(11月4日) このトンネルも壊されるとの事\(●o○;)ノ100年近く残って来たトンネルの最後の前日に見れるなんて なにかの縁かも(>0<)/
k-213
土手の上ではすでにユンボがガーガー音をたてて 近くの土手を崩していました(^^;)レンガトンネル ご苦労様でしたヽ(⌒〇⌒)ノ
さてヽ(⌒〇⌒)ノこれで 今回のツーリングの予定したミッションは全て終了~~ヽ(`⌒´メ)ノとなるところでしたが 携帯で確認したうちのHPの掲示板にMaxモデルさんからの「よってらっしゃいヽ(⌒〇⌒)ノ」の書き込みが!!\(●o○;)ノこれは寄らねばヽ(⌒〇⌒)ノ
 という訳で やって来ましたMaxモデルヽ(⌒〇⌒)ノ西鉄久留米駅のすぐ近くです!!
k-214 k-215 k-216
お~~!!\(●o○;)ノ素晴らしいパーツの取り揃えです!!しかもエコー、ウイスト、金岡工房、アダチ等蒸機関連は現在手に入るものに関しては完璧かも!!(>0<)/パネルに貼ってみ易くパーツを確認出来るようになってます~~ヽ(⌒〇⌒)ノ
素材に関してもKSモデルや今や亡き福原金属等 すべて揃ってます~\(●o○;)ノこの掲示板で話題になったアドラーズネストの極小ボルトナットやサカツウやModel CedarのLEDまで 気になる部品はすべてあるじゃないっすか!!\(●o○;)ノこれなら ここ一軒あれば蒸機の製作はバッチリなのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ
k-217
製品だけでなく Maxモデルの常連でもあり、あのTMSコンペで特選等の常連の実力者!白土武男氏の作品が展示されています!!\(●o○;)ノTMS 2003年6~7月号に掲載されたD50、D60などは驚異的な作り込みと仕上げで これを越える作品を見た事ありません!!(>0<)/この作品が おいらの目標なのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ無理!!ここに展示されているのは 比較的初期に作られたものなのだそうですが スッキリ作られているようで よく見るとメチャメチャ作り込まれてます\(●o○;)ノすばらし~~!!
なあ~~るほど~~(^^;)ここは そんなお店だったわけですね~~!
 k-218
白さん作D52142の横の給砂塔は汽車倶楽部の製品ですが 製作を中止した汽車倶楽部のこれらの製品もMaxモデルでは在庫があり まだ買えるようですヽ(⌒〇⌒)ノ
k-219
そうそう Maxモデルでは九州の鉄道の象徴の石炭車セラのプラキットも発売しているのですが 汽車倶楽部が そのキットを組立てて部品追加、ウエザリングを付した特製完成品もありましたヽ(⌒〇⌒)ノ一両買って帰りましたあ~~!!
k-220
そして 蒸機からは外れますが Maxモデルの次回の期待作ヽ(⌒〇⌒)ノ新潟トランシスの標準NDC気動車なのだ!!国鉄末期 多くの第三セクター鉄道が発足し富士重工と新潟鉄工のレールバスが活躍しだしましたが 車両寿命が短いレールバスゆえ 次々とこの新しいトランシスの標準DCに置き換わってゆき全国的に増殖中です!!ヽ(⌒〇⌒)ノMaxモデルさんは新潟トランシスをはじめ 各鉄道会社を訪れて製作許可をもらって発売準備を進めてるそうです~~ヽ(⌒〇⌒)ノ写真はテスト的に3Dデータから光造形を使用して試作したサンプルだそうですが 製品はプラモデルメーカーに依頼した本格的な物になるそうです~ヽ(⌒〇⌒)ノ楽しみ~~!!
k-221
いや~~5時半頃からお邪魔して9時過ぎまで話が盛り上がってました(^^;)ど~~もすみません。でも 本日中に高速道路に乗らないと1000円高速の恩恵が無くなるので 話が尽きないまま おいとましました(^^;)たはは~~。写真は夜の関門橋。
帰りは 翌日一杯を使ってのんびり帰りましたが 平日のため一旦降りると昨日乗った1000円高速の効力が切れちゃうので 一気に帰らないとダメなのが辛いところ(^^;)ほんとは梅小路とか姫路城とか寄りたかったんだけど~~~ヽ(´o`;)ノとほほ~~
k-222
しかし初めて新名神高速を走ってみましたヽ(⌒〇⌒)ノ草津線~関西本線の懐かしい地名を見ながら新鮮な気分だったのだ!!夜の10時過ぎに埼玉の家に無事到着しましたヽ(⌒〇⌒)ノ
k-223
総走行距離3,200km!! ワンちゃんご苦労様でしたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ故障一つせず良く走ってくれましたあ~~!!
以上 出張報告ヽ(`⌒´メ)ノ終了おお~~!

秋のツーリングヽ(⌒〇⌒)ノ宮原坑

引き続き 万田坑からほど近い 宮原坑ですヽ(⌒〇⌒)ノ
k-197
いやこの 古い羊羹・・・じゃなかった(^^;)洋館のようなたたずまいがなんとも言えないトワイライトな雰囲気なのだヽ(⌒〇⌒)ノ
k-198 k-199
ここにも石炭を運ぶトロッコの炭車が置いてありますヽ(⌒〇⌒)ノ
k-200 k-201 k-202
櫓のリフトを上げ下げする巻上機ですヽ(⌒〇⌒)ノ当時は蒸気機関だったそうですがやがて電動式となり平成9年まで使われていたそうです\(●o○;)ノ
k-203
この宮原坑の近くも線路跡が残ってます~ヽ(⌒〇⌒)ノ
k-204
枕木が残ってる部分もあるですヽ(⌒〇⌒)ノ・・・・PC枕木\(●o○;)ノ
k-205
線路も一部残ってましたヽ(⌒〇⌒)ノ
k-206 k-207
RMの「模景を歩く」に載っていた 古レールの陸橋がありましたヽ(⌒〇⌒)ノ
取材時はまだ下の路線は現役だったみたいですが それからすでに10年以上(^^;)橋もだいぶサビサビになっちゃってるみたい(^^;)
k-208
いや~~トワイライトな風景だなあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 69
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme