趣味の総合サイト ホビダス
 

北のD51組立て-5ヽ(⌒〇⌒)ノ

夏の猛暑にやられて しばらくお休みしてました(^^;)塗装もあの猛暑の中 灼熱のベランダでやることになるので 涼しくなるまで待っていました(^^;)
HD51-71
試験走行にてR730のS字を問題無く通過するのを確認後 いよいよ分解して塗装の下準備ヽ(`⌒´メ)ノ
HD51-72
エコーモデルで買って来たマッハのブラスクリ~ンで D51を丸洗いなのだヽ(⌒〇⌒)ノブラスクリーンに浸けると 瞬時に綺麗にナルです\(●o○;)ノしばらく浸け込むのかと思ってた(^^;)クレンザーでも洗おうかと思ってたんですがその必要は無さそうなのだヽ(⌒〇⌒)ノ
HD51-73
ブラスクリーンで綺麗にした後はしばらく流水で洗って 乾燥させます~~ヽ(⌒〇⌒)ノ
HD51-74
部品をバーベキュー用の竹串にさして塗装の準備万端!ヽ(`⌒´メ)ノ
HD51-75
まずは スプレーガンで塗装しようと 棚の奥に仕舞っておいた数年前・・・いや10年くらい前?(^^;)の塗料を引っ張り出してシンナーで薄めたのですが・・・・・ど~~~も調子悪い(>0<)/シンナーで薄めても細かいつぶつぶ状なのだ!\(●o○;)ノ・・・・それでも「こんなもんだったかなあ~?」と試しに 動輪押え板あたりを塗装すると 案の定かなりのザラザラ塗装(^^;)おまけに スプレーガンがすぐに詰まって使用不能に(>0<)/ひ~~~~
HD51-76
これは いかん!ヽ(`⌒´メ)ノということで 先般かっておいた黒染めスプレーのトップガードに切り替えて塗装してみると・・・・・・おお!\(●o○;)ノこれはいいかも~~~!!あっという間に塗装完了しましたヽ(⌒〇⌒)ノ
HD51-77
隠蔽力も強く 塗装面もかなりきれいなのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノすばらし~~!! 黒の色も黒染めスプレーというだけあって 綺麗に黒染めされた状態に近い色で蒸機模型にはピッタしなのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノただし 一本で蒸機一両2回塗りしてギリギリかなあ~~(^^;)二回目は塗り残し部を集中して塗ったです。缶はすっかり使い切ったので 後のタッチアップの仕上げ用にもう一本必要ですヽ(´o`;)ノ 二本あると安心して蒸機一両ぬりあげられるかな(^^;)一本3000円なので かなり高めですが 仕上がりとお手軽さを考えるとこれからは黒染めスプレーがいいかも~~ヽ(⌒〇⌒)ノ で 塗装後 喉がイガイガするので 洗面所で痰を吐くと なんと真っ黒おお~~!!\(●o○;)ノきゃあ~~~~!!もしやと思い 鼻の穴を掃除するとティッシュも真っ黒おお~~~!!(>0<)/ぎゃあ~~~!! これはかなりの塗料を吸い込んだに違いないのだ(>0<)/ひ~~~~。 次回からはマスクを買ってくるのだ(^^;)う~~~む
HD51-78
後日 エコーにてもう一本トップガードを買って来て仕上げの塗装を行い 塗装完了です!!ヽ(⌒〇⌒)ノ
HD51-79 HD51-80
これまでの保存蒸機のような真っ黒と違い ややグレー掛かったいい感じの黒です!ヽ(⌒〇⌒)ノ缶スプレーでここまで綺麗に塗れれば上出来でしょう!!
HD51-81 HD51-82
数日 塗装の乾燥を待って 下回りから組立てましたヽ(⌒〇⌒)ノ上回りは 火室の朱色を入れ キャブのガラス、プレート類を添付ヽ(⌒〇⌒)ノ一番楽しい作業なのだ!
HD51-83
上下分解しやすように モータから燐青銅でバネ式の接点を設けて ボイラー内の接点に接触する様にしてあります~ヽ(⌒〇⌒)ノめ次郎工場の標準装備なのだ!
HD51-84 HD51-85
テンダーには石炭を積載!ヽ(`⌒´メ)ノ使用した石炭は先月 コンベンション会場のシーナリーグッズを売っていたお店で買った石炭ヽ(⌒〇⌒)ノちょっと大きめですが粒が揃っていて なかなか雰囲気があるのだ!石炭を節約するため 発泡スチロールで上げ底を作って石炭をその上に山状にしてから 上からプラ用の艶消し黒塗料をポタポタ垂らして 固定!ヽ(`⌒´メ)ノ・・・・・・・・・と思ったら なあ~~~んと見る見るうちに地盤沈下して山が平らになっちゃったあ~~~\(●o○;)ノなんで~~~!!・・・・どうやら 発泡スチロールが塗料で解けちゃったらしい(>0<)/ひ~~~。発泡スチロールってプラ用塗料で溶けちゃうの~~~ヽ(´o`;)ノなああ~~~んだ
といわけで その上にも一度石炭の山を作って今度は水性塗料の艶消しクリアーを垂らして固定しました(^^;)う~~~む 盛る石炭の量が増えると 垂らす塗料の量も増えてなかなか乾かないんだよね~~ヽ(´o`;)ノ写真は まだ乾いてないので 石炭の間に塗料が光ってます(^^;)
HD51-86
一通り 部品を付けてから 試運転ですヽ(⌒〇⌒)ノいろいろ調整はあったのですが 一応 R730を問題無くスローで通過してくれますヽ(⌒〇⌒)ノヘッドライトも煌煌と輝いてるのだ!!
HD51-87 HD51-88 HD51-89
という訳で やっと北海道型D51完成いい~~~~~!!ヽ(⌒〇⌒)ノばんざ~~~い!!今度晴れた日に 写真を撮って 次の日曜日に珊瑚模型に収めに行きます~~ヽ(⌒〇⌒)ノ今回は 珊瑚のお客さんのキットを組ませていただきましたヽ(⌒〇⌒)ノ本当は素組という約束でしたが イマイチ物足りなかったので いろいろサービスしちゃったのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ
走行重視のお客様ということで ディティーリングの強度には かなり気を使ったので下手なメーカーの完成品よりも 断然丈夫なのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ
塗装も ここまで何回も上下の分解、ネジの締付けなどを行ったのですが まだヒトかけらも剥がれがありません!!\(●o○;)ノトップガード恐るべし!!

興浜北線 神威岬ヽ(⌒〇⌒)ノ

興浜北線のハイライトヽ(⌒〇⌒)ノ斜内目梨泊間の神威岬を回り込むところの前面かぶりつき映像ですヽ(⌒〇⌒)ノなかなか迫力ある場所なのだ!!

古い路線のため 線路が13mの短いやつなので ジョイント音がせわしないのだ(^^;)

雄武駅と湧別駅ヽ(⌒〇⌒)ノ

懐かしいビデオが出て来たのでご紹介しますヽ(⌒〇⌒)ノ

学生時代入っていた鉄研の春合宿に行った北海道の駅ですヽ(⌒〇⌒)ノ
興浜南線の終端駅 雄武駅 そして 中湧別から分岐してた名寄本線の盲腸線の終端駅 湧別駅ですヽ(⌒〇⌒)ノ

雄武駅は 興浜北線の北見枝幸からバスで辿り着き 紋別、湧網線経由で湧別に行ったですヽ(⌒〇⌒)ノ湧別は朝晩一往復づつの2往復しかないので なかなか行けない駅だったのだ(^^;)

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 67
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme