趣味の総合サイト ホビダス
 

ぷりちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ最南端ツーリング11

枕崎から加世田へは軽いアップダウンをともなう普通の国道の眺めが続きます(^^;)大隅半島の景色とは全く雰囲気が違うのだヽ(⌒〇⌒)ノ
そして加世田到着ヽ(⌒〇⌒)ノここは 今は無き鹿児島交通(旧南薩鉄道)加世田駅と機関区があった場所です!!
最南端-138 最南端-139
真っ赤に錆びたC12やハノーバー蒸機、ダブルル~フ客車の廃車体が居並ぶメチャメチャトワイライトな空間が広がっていた加世田駅ですが 今では バス車庫、バスターミナル、ベスト電器、スーパーニシムタの敷地となっています(^^;)
最南端-140 最南端-141
バスターミナルには鉄道駅があった記念に 車両やその他の施設が放置・・・じゃなかった保存展示されてますヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-142 最南端-143 最南端-144 最南端-145
加世田の放置機関車というと ハノーバー製機関車という記憶があったので これがそうかと思ってたんですが 後で調べると これは日車の25t車とのこと(^^;)エコーで出してるキットに酷似してるタイプなのだヽ(⌒〇⌒)ノ非常に良くまとまった均整の取れたプロポーションです!!一見 真っ赤に錆びてる様に見えますが 赤さのメインは下地処理の錆止め塗料の色の様です(^^;)しかし このままでは ほんとの赤錆で真っ赤になるのは時間の問題かも(>0<)/・・・加世田駅時代の放置状態に戻る?(^^;)
その肝心なハノーバー製機関車とキハ07タイプのキハ100も隣接して屋根付きで保存されてる写真をネットで見ていたので 近くにあるのかな?(^^;)と周辺を歩いて回ったのですが見当たりませんヽ(´o`;)ノえ~~~なんで~~?? 
最南端-146
おまけに バスターミナル裏にある鉄道史料館も開館してる時間で開館中ってなってるのに閉まってます~~(>0<)/わあ~~~ん!! あたりには誰もいないので聞くに聞けません(^^;)とほほ~~
最南端-147 最南端-148
悔し紛れに 周辺に置いてある加工機器を撮影(^^;)プレーナーに旋盤、シェーパーの超レトロな加工機械ヽ(⌒〇⌒)ノ加世田の機関庫の作業場にあった機械に違いありませんヽ(⌒〇⌒)ノ
これまた あとで調べると バスターミナルの窓口に言えば開けてくれたみたい(^^;)とほほ~~。で これまたネットで判明したことは もともとこの4号機のあった場所にはハノーバー製の2号機が置いてあって この4号機とキハ100は史料館に隣接した屋根付き展示場に展示してたらしいのだ(^^;)しかし 数年前 大型ホームセンターのニシムタ建設のため展示場は取り壊され 屋根下にあった4号機を2号機と置換えその後2号機は行方不明(^^;)キハ100はバスの整備場縦屋に移動したとのことでした。その頃はまだ4号機は黒光りしたピカピカに整備されてたみたい(^^;)う~~む
最南端-149
周辺をグルグル捜していた所偶然キハ100は見つけたのだヽ(⌒〇⌒)ノ2号機もこの中にあるのかなあ~?(^^;)作業してる人に言えば見せてくれそうな気もしたんですが 時間がなくなってきたので 諦めて次を目指しました(>0<)/
最南端-150 最南端-151
続いて 近くの運動公園に保存されてる やはり加世田の駅に放置されていたC12ヽ(⌒〇⌒)ノ自社発注のC12ですが 飽和蒸気式で発注されてたそうです(^^;)
最南端-152
戦時型ドームのC12は珍しいかも~ヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-153 最南端-154
基本的にパイピングはほとんど外されてます(^^;)たぶん 他の機関車のパーツ取りとなってたかんじで 外された機器は盗難にあったのではなさそう・・・。
最南端-155
エアタンクも外されており 滅多に見れない台枠後端部が良く観察出来るのだヽ(⌒〇⌒)ノ
 そして加世田を後に 高速で一気に北上して鹿児島空港ICで降り 肥薩線の嘉例川駅へ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-156 最南端-157
ここには 九州最古の駅舎が残っているとNHKでやっていたのを以前見たことがあるのだヽ(⌒〇⌒)ノ明治36年肥薩線が隼人~吉松間が開通したときの当時のままの駅舎だそうで なんと今年で107年!!\(●o○;)ノ
最南端-158 最南端-159
しかし しっかりした建物でとてもそんなに古くは見えませんヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-159 最南端-160
山間の静かな駅ですが テレビで紹介があったせいか 平日なのに車で観光の人達が入れ替わり立ち替わり来てましたヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-161 最南端-162
駅のベンチに腰掛けて 山々の木々のざわめきを聞いているだけで 100年の時の流れがここでは止まっているような錯覚になるのだヽ(⌒〇⌒)ノいいなあ~~~
 というわけで 今晩の宿は 一昨日来た くま川鉄道多良木駅横にある「ブルートレイン多良木」ですヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-163 最南端-164
昨年廃止された「はやぶさ」の車両を使って今年7月に開業した宿なのだ!ヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-165 最南端-166
テーブルの上に載ってるのは 明日行く予定のMaxモデルのNDCヽ(⌒〇⌒)ノ・・・・しかし さすがに狭い(^^;)それと 開業されたばかりの宿とはいえ 散々使い込まれた車両だけに部屋の細部はかなりヤレが来て古くささを感じます(^^;)昨晩まで 広くて快適なビジネスホテルだっただけに ちょっと厳しいかも~~(>0<)/現役時はこれで寝台料金1万円近く取ってたんですよね~~(^^;)これじゃあ~乗る人居なくなるかも~~ヽ(´o`;)ノただしここは近くの温泉センターの入浴券付きなので そっちでのびのびさせていただきましたヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-168 最南端-167
しかし すぐ横を現役のくま川鉄道の車両が通過するので一瞬駅に停車している寝台車のような錯覚に陥るのだヽ(⌒〇⌒)ノ寝台車の独特な雰囲気は良く残ってるのでマニアにはお勧めなのだ!!

ぷりちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ最南端ツーリング10

指宿を過ぎて次に向かう目的地は 最南端の駅 西大山駅!ヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-122 最南端-123
やって来ましたヽ(⌒〇⌒)ノ日本最南端の駅 西大山!!
車 停められる所あるかな?と心配してたんですが駅前に広くて立派な駐車場がありました(^^;)さすが 観光名所なのだ。
最南端-124 最南端-125
駅からは間近に開聞岳を眺めることが出来ますヽ(⌒〇⌒)ノのんびり何時間でもベンチに座っていられる駅なのだヽ(⌒〇⌒)ノ時間がゆっくり流れてるのだ!!
最南端-126
駅にあった日本の端っこの駅の説明ヽ(⌒〇⌒)ノ・・・・あれ 最西端駅は平戸口駅じゃなかったかなあ~~?(^^;)・・・・・・と思ってたら「JR」となってる(^^;)平戸口は今は松浦鉄道なのだヽ(´o`;)ノなるほど・・・・・と思っていたんですが あとで調べると 沖縄にモノレールが出来て 日本の最西端駅と最南端駅の座はそっちに奪われちゃったらしいヽ(´o`;)ノなあ~~~んだあ~~~~。がっかり(^^;)おいらはコンクリのレールとタイヤで走るモノレールは鉄道と認めないのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノちなみに 北緯31度はエジプトのカイロ、インドのニューデリー、上海といっしょらしい(^^;)その割には寒い・・・・
最南端-128
向こうに見える踏切は日本最南端の踏切に違いないのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノモノレールには踏切は無いのだ!!
最南端-127
運良く 丁度列車が来ましたヽ(⌒〇⌒)ノ 時刻表よりかなり早く来て5~6分停まっていました(^^;)どうやら 観光客が記念写真を撮る時間を設定してあるようですヽ(⌒〇⌒)ノ一人だけ鉄ちゃんらしき人が降りて写真を撮ってまた乗り込んでた(^^;)
 西大山駅を後に 指宿線の終着駅枕崎に向かいます。昨日の大隅半島は険しい山々の中を行く最果ての地のイメージだったのですが 本日の薩摩半島は点在する町並みや田んぼの中を普通の平坦な国道を淡々と走る感じで全く雰囲気が違います(^^;)
最南端-129
枕崎の町に到着ヽ(⌒〇⌒)ノ駅近くのスーパーの駐車場に停めます。
最南端-131
写真は学生時代に来た時の枕崎駅ヽ(⌒〇⌒)ノ枕崎は鹿児島交通との接続駅だったのだヽ(⌒〇⌒)ノ一度だけ 写真のキハ26に乗って写真を一枚とってトンボ帰りしたのだ(^^;)
最南端-130
スーパーの駐車場から駅方向に進むと ここが駅の入口?\(●o○;)ノ茶ぶしラーメンの看板の路地がメイン通路となってます(^^;)うっそ!
最南端-132
先ほどの路地を入ると狭い駅前に出ます。なあ~~んと簡単な駅になっちゃったんでしょう~(^^;)たはは~~
最南端-135 最南端-134
どうやら 先ほど車を停めたスーパーと隣のドラックストアが元駅構内で その構内に進入する手前の線路途中に 現在の駅を作ったようです(^^;)さみし~~~。
最南端-136 
またまた タイミングよく列車が入って来ましたヽ(⌒〇⌒)ノ西大山でみた列車を途中で追い抜いたみたいです。・・・・で 降りて来たお客は先ほどの鉄ちゃん一人(^^;)・・・・うーーむ こんな駅になっちゃったのも致し方ないかもーーヽ(´o`;)ノ
 時代の流れを感じながら次の加世田に向かいました(^^;)

ぷりちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ最南端ツーリング9

翌朝 ビジネスホテルのグッドイン隼人をまたまた午前7時に出発ですヽ(⌒〇⌒)ノ昨日は大隅半島を回りましたが本日は鹿児島湾を挟む 薩摩半島を回りますヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-106
パソコンは付いてませんでしたが一泊4200円でしたヽ(⌒〇⌒)ノしかも トーストの朝食付きなのだ!やっす!
 しかし ここでトラブル(^^;)シガーライターの中に金具を落としてショートさせてヒューズを切ってしまい 助手席側のシガーライターが使えなくなってしまいました(>0<)/エスプリの場合左右のドアにシガーライターがあり 幸い運転席側は生きてます(^^;)左右別々のヒューズだったらしいヽ(⌒〇⌒)ノ・・・・しかし カーステが助手席側の配線から取っていたらしく使えなくなってしまいましたヽ(´o`;)ノたはは。これから先 音楽無しですが まあ運転には差し支えないからいいかヽ(⌒〇⌒)ノ
 まだ通勤ラッシュ前の隼人と加治木の町並みを抜け国道10号で鹿児島に向かいますヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-107
鹿児島湾と目の前に桜島を見ながら快適なドライブが続きますヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-108 最南端-109
学生のとき 何度も列車の中から眺めたこの道を自分の車で走るとは感慨深いのだヽ(⌒〇⌒)ノ
しかし 鹿児島が近づくにつれ 鹿児島市内に向かう車で渋滞しだしてしまいました(^^;)海沿いの一本道のため脇道にそれることもできないのだ(>0<)/ま 本日は昨日ほどハードな行程ではないのと桜島もよくみえるので景色を楽しみながら気長に行くのだヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-116
市内に入る手前の沿岸の駐車スペースに停めて桜島とプリちゃんの記念写真ヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-117
ここで桜島を眺めてると なんと1kmくらい手前で自転車でスレ違ったので追いかけて来たという カーマニアのお兄さん(^^;)すごい根性!!。将来スーパーセブンが欲しいとの事でしたヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-110
で やって来ました鹿児島駅!!ヽ(⌒〇⌒)ノ鹿児島の中心駅は鹿児島中央駅(旧西鹿児島)のためか ここはほとんど開発されておらず昔のままですヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-111 最南端-112
おお\(●o○;)ノ覚えてるぞ この広いホームと広い屋根!!一部コインパーキングと化していますが蒸機時代ほぼそのままですヽ(⌒〇⌒)ノ しかし 駐車場24時間300円\(●o○;)ノ安すぎ!!
最南端-113
鹿児島機関区のラウンドハウスは 向こうのゴルフ練習場あたりにありましたヽ(⌒〇⌒)ノしかし 間に大抵 貨物列車が居たので あまりホームからは見えなかったんですよね(^^;)
最南端-114
横の貨物駅は広い空き地ととなってます(^^;)ただし コンテナの積み降ろし場が向こう側に一部残っている模様ヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-115
駅前には鹿児島市電の最新型トラムが待機(^^;)やっぱ 車両はどんどんあたらしくなっちゃうのだ
>最南端-118
 鹿児島駅を見学したあとは 混雑する鹿児島市内をノロノロと通過して再び10号の快適なドライブに戻りますヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-120
道の駅喜入で見つけた石油備蓄タンクヽ(⌒〇⌒)ノビチク!!
最南端-119
次の道の駅いぶすき でもトイレ休憩(^^;)道の駅はありがたいのだ。ここで写真の左側の夫婦のご夫人が「素敵な車ですねヽ(⌒〇⌒)ノ」と親しく話しかけて来ました。乗り心地はいいですか?等 結構興味があったみたいです(^^;)今日はいろいろ話しかけられる日なのだヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-121
この道の駅から見た錦江湾ですヽ(⌒〇⌒)ノ昨日はこの対岸をずっと往復したです。

ぷりちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ最南端ツーリング8

大隅半島の西側から448号の高速ワインディングを軽快に走って一気に錦江湾側に出ますヽ(`⌒´メ)ノ

269号の「道の駅根占」近くの駐車場で一休みヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-93
開聞岳が見えて最南端に近づいて来た実感が湧くですヽ(⌒〇⌒)ノ感動おおー!
さあーて これからいよいよ最南端の佐多岬に向けて一直線ですヽ(⌒〇⌒)ノ269号から県道566号そして佐多岬ロードパークを通って行きます。! さすが最果ての地のイメージにふさわしく険しい山の間を縫ったワインディングが続くです!ヽ(`⌒´メ)ノ

そして やって来ました 日本本土最南端佐多岬駐車場おおー!!ヽ(`⌒´メ)ノ自動車で来れる最南端の場所です!!
最南端-94 最南端-95
怪しげな植物が生える南国情緒たっぷりの駐車場なのだヽ(⌒〇⌒)ノ停めた位置からして この時点でぷりちゃんは最南端の自動車なのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ
最南端-96
しかし駐車場からは佐多岬は見えず このトンネルを抜けて20分程掛けて歩かねばなりません(^^;)もう3時過ぎで結構時間が押してるのですが ここまで来て佐多岬を見ずに帰るのもくやしいのだ(^^;)
最南端-97
トンネルを抜けると遥か向こうに展望台が!!\(●o○;)ノぎゃあーー! あそこまで行くのー!?しかも かなりのアップダウンです(>0<)/
最南端-98
長い階段を下りて見上げた展望台。(>0<)/ひーー!これはじっちゃんばっちゃんは絶対無理なのだ!
最南端-99 最南端-100
やっと展望台に到着ヽ(⌒〇⌒)ノ開聞岳が丸見えですーー!!絶景いいーー!!南を見ると屋久島と種子島?・・・と思ったらその隣の竹島と硫黄島とのこと(^^;)
最南端-101
佐多岬灯台ヽ(⌒〇⌒)ノその左側の奥にうっすら種子島が見えます!! いや 来て良かったなあー!!ヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-102
展望台は最初前面ガラス張りのオシャレなデザインだった様ですが なんとほとんど強風で吹き飛んじゃってご覧の通り(^^;)すげーー自然の驚異・・・・。
最南端-103
これで ぷりちゃん念願の最南端制覇達成ええーー!!ヽ(⌒〇⌒)ノばんざーーい!
佐多岬を離脱して一気に今晩の宿がある隼人まで北上します(^^;)
最南端-104 最南端-105
269号の途中で見た夕日が これまた絶景ヽ(⌒〇⌒)ノすばらしーー!! 桜島も見えて来ました!!そして ビジネスホテル 「グッドイン隼人」には午後7時に到着ヽ(⌒〇⌒)ノ
時間があったら鹿屋の航空資料館にある零戦を見てゆこうと思ったんですが甘かった(^^;)それは また次回の楽しみに取っておくのだヽ(⌒〇⌒)ノ

ぷりちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ最南端ツーリング7

串間より再び220号で志布志駅を目指しますヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-88 最南端-89
志布志駅はかつては日南線、大隅線、志布志線の接続駅でC11とC58がたむろする志布志機関区があった場所なのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ
最南端-87
やって来ましたヽ(⌒〇⌒)ノ志布志駅!
最南端-90
・・・が さすがに変わってました(^^;)ホームの位置は変わっていない様ですが駅舎はいかにも終着駅という風に線路の末端に移動してすっかり新しくなっっちゃってますヽ(´o`;)ノホームの横がかつての機関区跡?・・・・と現地では思って写真を何枚も撮ったんですが・・
最南端-91
駅前に延びる真っすぐな道路。帰ってから当時の空中写真で確認すると線路の延長線上に延びるこの駅前通りが志布志線、大隅線跡で機関区はこの左の大型店舗(コープかごしま)付近だった様です(^^;)なあ~~んだ。
すっかり変わってしまった志布志駅を確認した後は 本日のメインイベントヽ(`⌒´メ)ノ日本本土最南端の佐多岬を目指します!!
220号から再び448号に分岐!佐多半島の東側沿岸を南下しますヽ(⌒〇⌒)ノまたまた ぷりちゃんの車窓をお楽しみ下さい!
まずは 近くに石油備蓄タンクがある肝属川を渡って海岸線のワインディングを走ります!ヽ(⌒〇⌒)ノ

引き続き 内之浦の町を抜けてロケットセンターの入口前を通過するまでですヽ(⌒〇⌒)ノ途中山の上にでっかいパラボラアンテナが見えるのだ!!

1&hl=ja_JP”>

最南端-92
ロケットセンターは見学が出来るようなんですが もう時間があまりないので通過です(^^;)あんまし興味ないし・・・

ぷりちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ最南端ツーリング6

海岸線沿いの448号が土砂崩れで通行止めということで 南郷まで戻り220号で串間へと大回りして都井岬に向かいましたヽ(´o`;)ノ220号は普通の幹線道路なのでトラックも多く 山の中のためノロノロ運転が続きますヽ(´o`;)ノなあーーーーんだ。
串間から448号の反対側より都井岬に向かうことになります(^^;)448号は案の定 幹線から外れるので再びガラガラの快適ドライブなのだヽ(⌒〇⌒)ノ
県道36号に入ると間もなく 都井岬の駒止の門を通ります。ここで普通乗用車は400円の通行料を払います(^^;)ここから先は都井岬の公園内で馬が自由に放牧されており この門は馬が道から出て行かないための物でもあるそうですヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-074
おお\(●o○;)ノ馬が歩いてる歩いてる。あまり車で飛ばさないほうがいいかも(^^;)
最南端-075
そして10分ほどで都井岬の先端の駐車場に到着ううーー!!ヽ(⌒〇⌒)ノすばらしい===景色です!!
最南端-076
駐車場から東側の海を眺めた図(^^;)本当ならこの海岸線沿いの道路を走って来たはずなんですが・・・ヽ(´o`;)ノ残念。
最南端-077
駐車場の西側の眺めですヽ(⌒〇⌒)ノ向こうは これから行く内之浦方面ヽ(⌒〇⌒)ノロケット打上場があるのだ!打上の時はここからもよく見えるそうです!!
最南端-78
早速 灯台に登ってみるのだヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-79
灯台の照明の回転装置\(●o○;)ノ以外と小さなモーターで回ってるんですね(^^;)
最南端-80
灯台から見た駐車場ヽ(⌒〇⌒)ノプリちゃんも小さく見えるのだ!
最南端-81
灯台から撮った写真を無理矢理繋いだパノラマ写真ヽ(⌒〇⌒)ノ海に突き出た半島の突端なので350度海なのだ!!
最南端-82 最南端-83
灯台からの眺めを堪能した後はぷりちゃんと馬さんとのツーショットなのだヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-84 最南端-86 最南端-85
途中の海が見える駐車場で またまた記念写真ヽ(⌒〇⌒)ノ海がすばらし==!!気持ちよすぎるーー!!(>0<)/ひーーー!!
いつまでも眺めていたかったのですが この先も結構距離があるので時間がありません(>0<)/串間まで戻って 志布志に向かいます!!ヽ(⌒〇⌒)ノ
それでは 駐車場から串間へ向かう車載カメラビデオ画像をどうぞお楽しみ下さいーー!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

ぷりちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ最南端ツーリング5

快適なビジネスホテルの朝を迎え 今日も走るぞーー!!ヽ(`⌒´メ)ノ
最南端-053
南国都城というのに 朝の気温は10度を切っており プリちゃんは朝露でビッショリ(^^;)
朝7時 市内の通勤ラッシュ前に出発ですヽ(⌒〇⌒)ノ
まずは日南市の油津駅を目指して国道222号を南下するですヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-054
市街を抜けて山のワインディングに入ると 道もガラガラで快適なドライブが続きあっという間に道の駅酒谷に到着ヽ(⌒〇⌒)ノここでトイレ休憩を取ったあとは一気に日南市内へヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-055
油津駅ですヽ(⌒〇⌒)ノ学生時代蒸機を撮りに行った時はここから大堂津まで歩いたのだ!!油津駅は当時写真を一切撮らなかったので記憶もほとんど無いのですが たぶんほとんど変わらずのたたずまいの様ですヽ(⌒〇⌒)ノ甘木鉄道の甘木駅と同じタイプの戦前の古い駅舎です!
最南端-056 最南端-057
構内もかなりアッサリ整理されてるとは思いますが ホーム等も蒸機時代のままと思われます~ヽ(⌒〇⌒)ノ近代化進むJR九州ですが こういった末端?の駅まではまだ手が回らないのかも(^^;)
最南端-058
当時 油津から大堂津へ歩いて見つけた撮影ポイントですヽ(⌒〇⌒)ノ海岸線は埋め立てられてました(^^;)なあ~~んだ。
最南端-059
大堂津の有名な海沿いの橋付近は あまり変わってませんでしたヽ(⌒〇⌒)ノただ 海には防波堤が出来て 若干絶景のポイントが下がったかも(^^;)回りの木も生長して橋が見えにくくなったかな?(^^;)
最南端-060
ただし当時も 木が入らない様にここいら辺の崖をよじ登って撮った気がしますです~(^^;)良く登ったなあ~・・・
最南端-061
こんな所まで自分の車で来るとは当時夢にも思わなかったのだ(^^;)
最南端-062
そのまま大堂津駅まで行ってみましたヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-063 最南端-064
大堂津駅も無人化されてしまっていますが ほぼ蒸機時代と変わらずの様ですヽ(⌒〇⌒)ノ交換設備が残っているだけ 列車本数があるのかな?(^^;)
最南端-065
ホームから海が見える南国情緒たっぷりの駅なのだヽ(⌒〇⌒)ノ
南郷から海岸線の快適な448号線で 世界的な観光地都井岬に向かいます!!ヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-070 最南端-0667 最南端-066 最南端-071 最南端-068 最南端-069
きゃあーー素晴らしいーーー!!(>0<)/風光明媚な南国情緒たっぷりの海岸線に沿ったワインディングが延々続きますヽ(⌒〇⌒)ノたのしい!!カーブの具合もぷりちゃんに丁度いいのだ!!
最南端-072
ヤシの木の並木道ヽ(⌒〇⌒)ノ南国だなあーー!!
・・・・・と快調に飛ばしてると・・・・(^^;)あれ?
最南端-073
ぎゃあーー!\(●o○;)ノ土砂崩れで通行止めえええーーー!!
7月頃から土砂崩れでしばらくの間復旧されていないそうですヽ(´o`;)ノしかも その迂回路は超幅狭の山道で お勧めの迂回路は南郷まで戻って220号で串間経由だそうです(>0<)/ひーー!!かなり逆戻りしないとダメですが プリちゃんのためにはそれしか無さそうです(^^;)・・・まあ また この楽しいワインディングを逆にもう一度走れるからいいかヽ(⌒〇⌒)ノ
という訳で 大きく戻って220号へ回りました(^^;)たはは

ぷりちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ最南端ツーリング4

再び えびのICより高速に乗り都城へ向かいますヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-037
霧島SAで軽く食事ですヽ(⌒〇⌒)ノバックには霧島の山並みが見えてますー!
そして間もなく都城ICで降りて都城の町に到着しましたヽ(⌒〇⌒)ノセルフでガソリンを満タン(136円/Lヽ(⌒〇⌒)ノ安い!)にしてまずは駅で記念写真ヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-038
駅舎は残念ながら改装中で 駅名がよく見えませんヽ(´o`;)ノなあーーんだ。
今晩の宿のα-1がすぐ近くなので まず先にチェックインしてから駅周辺を散策ですヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-039 最南端-040
α-1の駐車場に到着ううーー!ヽ(⌒〇⌒)ノいやあぷりちゃん1,500kmご苦労さん!!明日もよろしくうー!ヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-041
駐車場のすぐ目の前は日豊本線ですヽ(⌒〇⌒)ノ
荷物を部屋においてからカメラを持って またすぐに都城駅に行きました!学生時代に来てから30年振りです(^^;)
都城駅は日豊本線の田野~青井岳越え、霧島越えのC55、C57 吉都線のC55 C57 D51 志布志線のC58達を支えた都城機関区があった鉄道の町ですヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-042 最南端-043
駅舎は昔のままの様ですが改装中で よく見えません(^^;)残念。ホームもどうやら昔のままの様ですヽ(⌒〇⌒)ノしかし 多くの蒸機や客車、貨車がひしめき合っていた広い構内はススキの原となって メチャメチャ閑散としていますヽ(´o`;)ノ昔の活気はみじんも感じられません(^^;)
最南端-044 最南端-046
周辺はすっかり寂しくなっちゃってましたが ホームや屋根にはそこここに国鉄時代、蒸機時代の面影を見ることが出来ますヽ(⌒〇⌒)ノトワイライトタイムも手伝って 当時の思い出が沸き上がって来ます~ヽ(⌒〇⌒)ノ今夜の宿のα-1が見えてます(^^;)!
最南端-045
蒸機列車が走る駅には必ずあったホームの洗面所ヽ(⌒〇⌒)ノこれで煤で汚れた顔を洗うデス!しかし鏡も蛇口のコックも外されて使えなくなってます(^^;)あらら・・・
最南端-047 最南端-048
駅近くの陸橋へ行ってみましたヽ(⌒〇⌒)ノ国鉄時代のここからの写真との比較が出来ます~!宮崎方向の養鯉場は割烹料理店になってました(^^;)すぐよこにはAEONの大店舗も出て来て時代を感じさせますヽ(´o`;)ノ
最南端-049
しかし 構内には奇跡的に今では珍しくなったヤードタワーが残ってましたヽ(⌒〇⌒)ノ大鉄道基地だった証なのだ!!
最南端-050
町中にあった鹿児島交通のバスターミナルヽ(⌒〇⌒)ノなかなかインパクトのある形なのだ!
最南端-051
夕闇迫る都城駅前ヽ(⌒〇⌒)ノ南国風の樹木が雰囲気を盛り上げてます!もう5時をとっくに過ぎてるのにまだこんなに明るい(^^;)東京じゃとっくに真っ暗なのだ。日の入りはたぶん30分以上違う感じですヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-052
α-1のエレベータから見た駅ですヽ(⌒〇⌒)ノ北側の部屋を取れば部屋から駅や本線を見下ろせたと思うのですが 残念ながら今回は南側なのだ(^^;)部屋にはパソコンもついておりインターネットも見放題なのだヽ(⌒〇⌒)ノこれでシングル一泊4500円は安いのだ!!ぐっすり休んで 明日は最南端を目指しますヽ(⌒〇⌒)ノ

ぷりちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ最南端ツーリング3

明治時代に開通した肥薩線の人吉と吉松間はえびの高原を越える難所でした。この高低差を越えるために設置された大畑のループと真幸駅のスイッチバックは有名で 昨年ワンちゃんで大畑駅を訪問しましたヽ(⌒〇⌒)ノ
今回は真幸駅まで行ってみますヽ(⌒〇⌒)ノ
真幸駅の近くまでは非常に快適な二車線の道路が開通しているのですが その道から駅まで登る細道が結構プリちゃんにはキツかった(^^;)たはは ヘアピンがキツくて数度切り返したです。
最南端-028
で なんとか辿り着きました真幸駅ヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-0289 最南端-030
 駅舎は肥薩線開業当時の明治41年当時のもので築100年となるそうですヽ(⌒〇⌒)ノ
駅舎では日祭日のみ地元の人達がお店を出して 観光列車の受け入れをしているそうですヽ(⌒〇⌒)ノ最近 NHK等で この肥薩線の駅を題材とした番組を放映しており 車で訪れる一般の人が多いそうなのだヽ(⌒〇⌒)ノ真の幸せの駅としても入場券が女の子の人気だそうです!ヽ(⌒〇⌒)ノ話好きの売り子のおばちゃんがいろいろ話してくれました!!
最南端-032
駅舎の事務所はちょっとした展示室になってますヽ(⌒〇⌒)ノ展示内容は ただある物を並べましたって感じ(^^;)待合室では出店の人と地元の人との寄り合い所状態で みんなでお昼を食べてました(^^;)古くて静かな駅を期待していったんだけど・・・まあ 無人で荒れていくよりは ぜんぜん良いかもヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-033
この駅は1972年に土石流の災害に合っておりホームにはそのとき転がって来た大石が鎮座してます(^^;)
最南端-031
スイッチバックの線路風景(^^;)
最南端-034
去り際では 待合室のみなさんがみんなで見送ってくれました(^^;)ど・・・ども
最南端-035
吉都線と肥薩線の接続駅の吉松駅ヽ(⌒〇⌒)ノ国鉄時代はえびの高原越えの要所として活躍した蒸気機関車の機関区があり鉄道の町として栄えたところですが 今は鉄道施設はすっかり縮小されて寂しい風景となってます(^^;)
最南端-036
吉松にいた蒸気機関車C5552ヽ(⌒〇⌒)ノぷりちゃんと記念撮影なのだ!!
さてヽ(⌒〇⌒)ノそろそろ都城へ向かうかな!!

ぷりちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ最南端ツーリング2

さあーーーーてヽ(⌒〇⌒)ノこれから関門橋を渡って九州入りです!!
最南端-012 最南端-013
ぷりちゃんでの九州入りは二回目ですヽ(⌒〇⌒)ノ
かなり早朝のように見えますがもう7時を過ぎてます(^^;)やはり西の方は夜明けが遅いのだ。北九州あたりから徐々に車は多くなり福岡近辺から軽く渋滞気味になって来ました(^^;)
鳥栖ジャンクションを過ぎると若干車は少なくなり またまた順調に走行ヽ(⌒〇⌒)ノここいら辺は九州道も3車線で非常に走り易いのだ!
最南端-014
広川SAで一休みヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-015
前回来た時は八女ICがぷりちゃんの最南到達記録でした(^^;)が そこも通過して記録更新なのだヽ(⌒〇⌒)ノいよいよ熊本入りした玉名PAで一休みです。
最南端-016
そして八代手前の宮原SA。ここから球磨川に沿って山の中に入ってゆくデスヽ(⌒〇⌒)ノしかし この時点でまだ午前10時。夕方に都城に着く予定からすると かなり早めなのだ(^^;)昨晩寝れなかったのが功を奏したのだ!ヽ(⌒〇⌒)ノということで次の人吉ICで降りて明後日宿泊予定のブルートレイン多良木と湯前駅を見てくる事にしましたヽ(⌒〇⌒)ノ
人吉ICで降りるとETCの休日割りが効いて昨日の東名からの料金は2850円ヽ(⌒〇⌒)ノやっすーー!!ETCでなかったら軽く2万オーバーのはずなのだ(^^;)
人吉から多良木へ ナビに従って走っているとレーダー受信機が激しく鳴ってます!\(●o○;)ノなにも無い田んぼの真ん中の田舎道で これは怪しいーー!!(>0<)/念のため制限速度40kmで行くと・・・やってました(^^;)ねずみ取り。レーダー受信機を買って初めて役に立ったのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノよかった!でも 高速走行時もオービスを全て案内してくれるので 非常にありがたかったのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-017 最南端-018
多良木駅のすぐ近くに今年7月に開業したブルートレイン多良木ですヽ(⌒〇⌒)ノ昨年廃止になった寝台特急「富士はやぶさ」の車両を利用した簡易宿舎なのだヽ(⌒〇⌒)ノ明後日泊まる予定なのですが 駐車場があるのかどうか?ちょいと心配だったんですが 広い駐車場がありましたヽ(⌒〇⌒)ノよかった!
最南端-021
そしてやって来ましたヽ(⌒〇⌒)ノ湯前駅
現在は第三セクターのくま川鉄道の終端駅です!
最南端-019 最南端-020 最南端-022 最南端-023
駅舎はほぼ昔のままで いい感じで残ってましたヽ(⌒〇⌒)ノ地方の三セクはかなり苦しいので設備が古いままのところが多いんですよね~(^^;)良いのか悪いのか?
最南端-024 最南端-025
車両は新潟トランシスのNDCです。レールの終端方向はいろいろ新しめのモニュメントがいろいろ建っていましたが イマイチ雰囲気にそぐいません(^^;)くま川鉄道に沿って国道が人吉まで平行しているので ここも経営は厳しいかも(^^;)
まだまだ時間があるので ここから人吉ICまで戻って再び高速で吉松まで移動しその周辺を散策するです!!ヽ(⌒〇⌒)ノ
最南端-026
途中のえびのPAからは霧島が丸見えですヽ(⌒〇⌒)ノいよいよ南国に来た!ってかんじですなー!!
最南端-027
えびのICで降り、まずは近くの 京町温泉駅に寄って記念写真!!ヽ(⌒〇⌒)ノ
次は昨年の肥薩線大畑駅に続いて真幸駅に行ってみるですヽ(⌒〇⌒)ノ

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 69
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme