趣味の総合サイト ホビダス
 

デゴニ!ヽ(`⌒´メ)ノ組立て-8

久々に アップします(^^;)
間に 東北沖大震災があり なんと製作中のデゴニも机の上からフローリングの床に転落するというアクシデントがありましたが 奇跡的に軽少で済みましたヽ(⌒〇⌒)ノ日頃の行いの賜物なのだ!!
助手席側がある程度パイイングが完了しましたので 今度は機関士側を進めます!!ヽ(`⌒´メ)ノ
D52-123
まずはエアコンプレッサー取付けに備えて ドレインコック取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノコックは金岡工房製です!北海道型は コックは根元の所に付くんですね(^^;)これも 凍結防止のためでしょうか?エアコンプレッサーは近年珊瑚模型で原型を新調した新しいパーツですヽ(⌒〇⌒)ノ作り込みやボリューム感がニワやウイスト製と同レベルになったのだ!
D52-126 D52-127
そしてエアコンプレッサー取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ細かい配管をちまちま設置したので時間が掛かってしまいました(^^;)新型の調圧器はウイスト 蒸気管の支え(ランボードの裏)には金岡工房の管支えを使用しましたヽ(⌒〇⌒)ノ これで 上回りのエアコンプ用蒸気管、発電機の配電管が設置出来ます(^^;)順番を良く考えた結果この順番なのだヽ(⌒〇⌒)ノ
D52-128
コンプレッサーの蒸気管を取付けヽ(⌒〇⌒)ノ逆転棒を跨いでハンドレールをくぐって加減弁ロッドを跨ぐという グニャグニャに曲がった いかにも北海道型らしい配管なのだヽ(⌒〇⌒)ノわざわざハンドレールをくぐらせたのは 機関士の前方視界を確保するためと思われます(^^;)実物も配管の曲げは大変だったに違いないのだ!
D52-129 D52-130
ATS発電機用の配電管取付けヽ(⌒〇⌒)ノ北海道型は かなりボイラーから離して取付けてるので 結構目立つのだヽ(⌒〇⌒)ノ
D52-131
主発電機の配電管設置ヽ(⌒〇⌒)ノ発電機の引き込み口付近は電線をグルリと宙返りさせてます(^^;)これで 電線の長さを調整してる?
 D52-132
引き続きハンドレール部には 給水ポンプの動作確認ロッドを設置ヽ(⌒〇⌒)ノ実物はもう少し細いんだけど ここは強度を考えて少々太めのφ0.3を使用(^^;)助手席側前窓の庇も設置(矢印)ヽ(⌒〇⌒)ノここは 箱形の旋回窓が外側に開くため それを避けるため下の部分を大きく削り取られています(^^;)
D52-133
この角度から見ると ほぼ完成状態なのだヽ(⌒〇⌒)ノ・・・・あ 発電機のマフラーがまだだった(^^;)
D52-134 D52-135
キャブの屋根の取付け準備ヽ(`⌒´メ)ノ屋根の取外し可能とするためにキャブの肩R部を切り無して キャブ本体に取付けヽ(⌒〇⌒)ノ合わせ部分は雨樋で隠す形とする予定です~~ヽ(⌒〇⌒)ノ
D52-136
天窓を製作ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノここは単純に キットのパーツ使おうかとも思ったんですが 天賞堂の蒸機はこのスリットがちゃんとスケスケで出来てたのを思い出したのだ(^^;)量産品の天賞堂製がやってるんじゃあ~特製品でやらないわけ行かないのだ(>0<)/ひ~~~~! でも ここのルーバー大変なんですよね~(^^;)良いロストが欲しいところなのだ(>0<)/
D52-137 D52-138
天窓 ル~バ~取付け完了おお~!ヽ(`⌒´メ)ノひ~疲れたあ~(>0<)/もうしばらく この作業はやりたくないのだ(>0<)/それでもC55,C57より枚数が少ないので まだましなのだ(^^;)しかし すけすけル~バ~の効果はあるのだヽ(⌒〇⌒)ノ
D52-139
天井には板目板を貼付けて実感的になったのだヽ(⌒〇⌒)ノ問題は天窓を可動式にするか?(^^;) だいたい蒸機は開けっ放しが多いんですよね~。開いた状態で固定するかな(^^;)

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 69
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme