趣味の総合サイト ホビダス
 

デゴニヽ(`⌒´メ)ノ組立て-18

機関車の各部に残った残作業をこなして行くですヽ(⌒〇⌒)ノ

 

天窓の蓋とりつけえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノもちろん可動式にしましたあ~~!!信号炎管も取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノニワの引き物です。

そして屋根後端部に暖房管ホースを取付けえ~~~ヽ(⌒〇⌒)ノテンダー後部のステップに付いてないなあ~と思ってたら こ~~んな所に付いてたのね。(^^;)他の型式の北海道型もそうなのか?調べると これってデゴニだけみたい・・・なんでだろ~~~ヽ(´o`;)ノ

バルブギアとロッドを整備ヽ(⌒〇⌒)ノ一番上のメインロッドはニワの戦時型用丸エンドのメインロッドです~ヽ(⌒〇⌒)ノお宝パ~ツなのだ!ひょっとしたらエコーに在庫があるかも?と聞いたら なんとまだあったのだヽ(⌒〇⌒)ノさすがエコー!! その下の珊瑚の丸エンドロッドと較べるとシャープさ、溝のリアルさ、力強さ等々 かなり違いますヽ(⌒〇⌒)ノそして 合併テコ(コンビネーショレバー)についてるバルブシャフトに外径φ1.0内径φ0.8のパイプを差し込んでハンダ付けしましたヽ(⌒〇⌒)ノ

ルブガイドの穴には外径φ1.2内径φ1.0のパイプを差し込んでハンダ付けしてありますヽ(⌒〇⌒)ノこれで 合併テコはバルブガイドの中で正確に横にスライドして可動するようになるです~ヽ(⌒〇⌒)ノ ラジアスロッドがだらしなく垂れ下がったり ひょこひょこ上下に動いたりしなくなるのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノこれもメジロ鉄道標準装備なのだ!!

ご覧の通り 合併テコは所定の高さを保ってます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

そしてシリンダーブロックもラストスパ~トです~ヽ(⌒〇⌒)ノ

 

まずは ウイストの自動式のドレイン弁取付け~ヽ(⌒〇⌒)ノキットのは自動式じゃないんですよね~(^^;)う~~むバルブガイドの上の点検窓取付け~~ヽ(⌒〇⌒)ノこの点検窓結構目立つんですよね~(^^;)ほとんどの型式の機関車に付いてるのだ!ピストン棒への給油パイプ取付けヽ(⌒〇⌒)ノバルブガイドの排水管取付けヽ(⌒〇⌒)ノ・・・と細かいディティールを仕上げましたヽ(⌒〇⌒)ノこれで シリンダーブロックに関しては完成なのだヽ(`⌒´メ)ノ

加減リンクとラジアスロッドを調整ヽ(⌒〇⌒)ノいずれも 金岡工房製の製品の改造ですヽ(⌒〇⌒)ノ加減リンクは本当はC62用で多少Rの具合が違うらしいんですがその辺は気にせず流用ですヽ(⌒〇⌒)ノ加減リンクの回転中心のシャフトを切断して貫通穴を開けました(^^;)こうしないと 珊瑚のモーションプレートに入れられないのだ(>0<)/そのかわり ラジアスロッドの上下は出来なくなります(^^;)
ラジアスロッドは全体の長さを短くしました(^^;)結構大変だった・・・・D型用でないかなあ~~ヽ(´o`;)ノ

そして 先日作成、改造した釣りリンク腕と釣りリンクを合体させてバルブギア~が形になりましたヽ(⌒〇⌒)ノあ~疲れた
 
さすが金岡工房のバブルギアヽ(⌒〇⌒)ノなかなかシャ~プで繊細なバルブギアになったのだ!! これでD型用があれば手軽にこれが際限出来るんだけど~(^^;)

デゴニヽ(`⌒´メ)ノ組立て-17

テンダーが完成して 再び機関車本体の加工に戻ります〜ヽ(⌒〇⌒)ノ機関車もだいぶ進んだのでラストスパ=ト?ヽ(⌒〇⌒)ノ・・・・と思ったんですが あらためて眺めてみると結構作業が残ってるなあ~(^^;)

 
まずは 台枠の第二、第三の缶胴受けを自作して取付け~ヽ(⌒〇⌒)ノ赤矢印。第三缶胴受けと ギアボックスが接触するので ギアボックスを少し削って逃げています(^^;)青矢印
 
台枠とボイラーが離れたデゴニは この缶胴受けが結構目立つんですよね~ヽ(⌒〇⌒)ノ
これで 間がスカスカになるのが解消されたのだヽ(`⌒´メ)ノ

続いてデゴニのバルブギアを検討~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


珊瑚のキットはご存知の様に釣りリンク腕~釣りリンクはモーションプレートに作り付けとなって簡略化されています(^^;) やっぱ これはなんとかしなくては!ヽ(`⌒´メ)ノというわけで 金岡工房のC62用のセットをデゴニ用に改造するです〜!ヽ(⌒〇⌒)ノC62とデゴニのバルブギアは写真の様に釣りリンク腕はもとより釣りリンク、ラジアスロッド、エキスパンションロッド等々 み~~んな長さが結構違うんですよね〜(^^;)う~~~む

関士側の釣りリンク腕の長さを切り接ぎで短くしました(^^;)裏打ちしてφ0.3の楔を打ってるので そう簡単にはバラケマせんヽ(`⌒´メ)ノ青矢印が元の長さ(C62用)。釣りリンクは角1mmの洋白角線から削り出しました(>0<)/指先が削れて たいへえ~~~ん!!まだ助手席側が残ってますヽ(´o`;)ノう~~~~~~~ん もういや

助手席側の釣りリンク腕も切り接ぎで短く改造完了おお~ヽ(⌒〇⌒)ノ釣りリンクももう一個削り出したのだ(>0<)/ひ~~~ 指も削れていたい~~~。珊瑚のモーションプレートも 釣りリンク腕を削り準備万端ヽ(⌒〇⌒)ノ

ロッド関連はここで一休みして台枠関連を進めます(^^;)

  

動輪押え板に切り欠きをして珊瑚の動輪軸箱守控えを取付けましたヽ(⌒〇⌒)ノ取付けたのは試作品ですが 現在新製品として珊瑚から発売されています~ヽ(⌒〇⌒)ノC55では旧型電機用を流用しましたが これはN澤さんが原型を作った蒸機用ですヽ(⌒〇⌒)ノ

しかし D型ボックス動輪だと・・・・・ほとんど見えないかも(ーー;)でも車輪が回転すると 多少見える様にナルですヽ(⌒〇⌒)ノ

 

ボイラーサイドの小型梯子を付けましたヽ(⌒〇⌒)ノこれも集煙器を付けていた名残なのだヽ(⌒〇⌒)ノ集煙器を付けると本来の昇降ステップが役に立たなくなるので これを付けたとの事なのだ(^^;)なあ~~るほど

デゴニヽ(`⌒´メ)ノ組立て-16

いよいよデゴニのテンダーラストスパ〜トです〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

 

ストーカーの上板と給水付近の仕切板を仕上げましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ仕切板の前後には矢印の補強が入りますヽ(⌒〇⌒)ノ

結局 これらの塞ぎ板は バネでパチンとワンタッチで所定の位置にハマり込むようにしましたヽ(⌒〇⌒)ノそんな頻繁に開け閉めするところじゃないんですけどネジ止めする場所もないので・・・(^^;)たははは

給水ハッチと乗降用手すり取付けヽ(⌒〇⌒)ノ完了おお~~!!

ATS機器箱~機関車間の継手、火格子整理用ポーカーとその引っかけフック取付けヽ(⌒〇⌒)ノ

これで テンダーのディティール完了でえ~~~っす!ヽ(⌒〇⌒)ノあとで 集電用のブラシや点灯配線の加工があるかもしれませんが・・・(^^;)

次回から 機関車のラストスパ~トです~~(>0<)/まだ 結構残ってるう~~~

デゴニヽ(`⌒´メ)ノ組立て-15

あい相変わらずテンダーが続きます(^^;)

 
ステップに排障器取付け!ヽ(`⌒´メ)ノブレーキホースとその鎖取付けヽ(`⌒´メ)ノ電気継手~テールランプ、ヘッドランプの間の電線を取付けヽ(⌒〇⌒)ノこれで 後妻は ほぼ完了なのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ


ATS車上子取付けヽ(⌒〇⌒)ノ完了おおお~~!!船底テンダーの床下のハイライト的ディティールなのだヽ(⌒〇⌒)ノ金岡工房製の車上子と継電箱を使用しました!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

 
継電箱から車上子までは グルグルと配線を巻いてあるのが特徴なのだヽ(⌒〇⌒)ノたぶん車上子からコネクターまで かなり長いので 余った分を巻いてまとめてアルです(^^;)
 これで テンダーの下面の加工も完了ヽ(⌒〇⌒)ノ外装が終わりあとは炭庫の中だけなのだ!!
ラストスパ〜ト〜〜!!ヽ(`⌒´メ)ノ


炭庫の仕切板を調整ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ給水側は後部ランプ類のメンテのため 穴を開けましたヽ(⌒〇⌒)ノここに定電圧基板を仕込むです!

 
ストーカー本体は炭庫の底板を付けてしまうとあとで塗装が困難になってしまいます(^^;)そこで実物同様ストーカー本体の取り出し口を開けたです(^^;)塗装後ストーカー本体を取付け、上をフタするです~ヽ(⌒〇⌒)ノ


増炭板取付けヽ(⌒〇⌒)ノスロープ部補強?取付けヽ(⌒〇⌒)ノ炭庫補強取付けヽ(⌒〇⌒)ノ荷物入れの出っ張り取付けヽ(⌒〇⌒)ノ増炭板取付けボルト植込み!!

 
北海道の増炭板は前後にかなり長く これを取付ける事に寄って 長くてスマートなデゴニのテンダーがずんぐりして見える様になったです(^^;)う~~む

 
テンダーの上の開口部のフタを作成ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

 
ストーカーの上蓋と給水付近の仕切板を仕上げましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ仕切板の前後には矢印の補強が入りますヽ(⌒〇⌒)ノ補強は1mm角の角線からの削り出しですヽ(⌒〇⌒)ノ


これらの塞ぎ板は バネでパチンとワンタッチで所定の位置にハマり込むようにしましたヽ(⌒〇⌒)ノそんな頻繁に開け閉めするところじゃないんですけどね(^^;)たははは・・・・・・

あとは 給水ハッチと横の手すりを残すのみヽ(⌒〇⌒)ノ

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 67
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme