趣味の総合サイト ホビダス
 

珊瑚C62ヽ(`⌒´メ)ノご〜るでんこんび組立-14

難関工事の空気作用管取付けが完了したので 他のボイラー回りのディティールをドンドン付けて行くです〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ
 
2号機の発電機は現役時は普通型だったんですが 梅小路に入ってから大型に交換されたみたいですね(^^;)発電機の排水管も今のうち付けておきます〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

現役時のマフラーも原付バイクのマフラーみたいな上下にRがついた丸い形のがついてるのだヽ(⌒〇⌒)ノ・・・ほんとにバイクのマフラーだったりして(^^;)

そろそろランボードを整備するです〜〜!!ヽ(`⌒´メ)ノ

まずは オーナー様から支給されたスケール網目のランボードにお決まりの分割ラインとボルト植込み~~ヽ(⌒〇⌒)ノこれの効果は絶大なのだ!!しかし 両側で100本近く植え込むので結構大変ん~~(>0<)/ひ~~~。
 
そしてシリンダーブロック部にネジ止めパーツを作って取付けヽ(⌒〇⌒)ノランボードが簡易的に脱着可能になったのだ!!これによって ランボード回りのディティールを加工しながら機関車の姿勢をチェック出来るようになるのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ・・・・まあ最後は固定しちゃうんですけどね(^^;)これは先日 珊瑚に行ったら間もなく発売されるC61のキットがこの構造になってるのを見せてもらい こりゃいいわい!!ヽ(⌒〇⌒)ノと早速パクったのだ!!
ボイラー回りもガンガン進めるです~~ヽ(`⌒´メ)ノ
 
機関士側はニワの動力逆転機ヽ(`⌒´メ)ノ取付け!!

助手席側の逆止弁、水込め栓(金岡工房)、反射板ハンドル(ニワ)、謎の丸い塞ぎ板、油ポンプ(ニワ)、チェックバルブカバー取付けヽ(`⌒´メ)ノ
 
機関士側のランボードを整備ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ逆転機腕のカバー(鈴木工房製)とコンプレッサーの排気管取付けヽ(⌒〇⌒)ノ2号機特有の締切コックはキットの付属品。本来なら締切コックには回り止めのフックが付くんですが超細かい作業になるので今回は省略(^^;)たはは

コンプレッサー部のランボードサイドには これまた2号機特有のボルト植込み(矢印)ヽ(⌒〇⌒)ノ空気ダメはまだ嵌め込んでるだけです~(^^;)冷却管が先なのだ・・・

今度は助手席側のランボード取付けの準備ちゅう~~~ヽ(⌒〇⌒)ノ給水ポンプ関連の配管を取付け検討中です(^^;)キットの配管押えの穴の一が2号機と全然違うので一旦穴を埋めて開け直してるです~~ヽ(´o`;)ノふう~~・・・・

そしてランボードをボイラーに本付けしましたヽ(⌒〇⌒)ノ機関車の姿勢を大きく決める部分なので かなり慎重に位置決めしてからハンダ付けします。(^^;)

ランボード上の配管には2号機独特の配管押えの板が立ちますヽ(⌒〇⌒)ノ
これでボイラーの配管作業に加速が付くのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 16
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme