趣味の総合サイト ホビダス
 

宮原C622ヽ(`⌒´メ)ノ再び-5

かなり間が開きました(^^;)夏より 家の諸事情と仕事で模型の作業のペースがかなり遅くなってしまってます〜ヽ(´o`;)ノとほほ〜〜。

キャブ内の作業が完了して いよいよ 本格的にボイラー回りのディティーリング開始です〜ヽ(`⌒´メ)ノ

格子振りシリンダと二子三方コック取付けヽ(⌒〇⌒)ノしかし シリンダーとコックが当たって所定の位置に付きません(>0<)/なんで~~!シリンダの位置が外すぎるのとコックも短いのも原因の一つみたい(^^;)前回のサンプルではそれほど問題なかったのにな~??しかし三方コックの取付け位置と高さを調整してなんとかしました。ヽ(⌒〇⌒)ノ


昭和30年頃の2号機のつばめ牽引時代の写真を見ると 火室部のケーシングが短く火室部がむき出しタイプになっているので 模型も矢印のように水平に切り取りましたヽ(⌒〇⌒)ノそう言えば この時代の2号機のこの部分がはっきり確認出来る写真って少ないんですよね~(^^;) デビュー間もなくの試運転時から昭和29年頃までの写真ではケーシングは下まであるので 途中で切り取ったと思われます。北海道に渡った時点で元に戻した?(^^;))

発電機取付け~~ヽ(⌒〇⌒)ノ発電機回りの配管が判る東海時代の2号機の写真もあまり無く どうしようか迷ってます~(^^;)排気管はマフラーは無く上に伸びてすぐ排気されているのと 排水管が下に伸びているは判るのですが 給気管と配電管の取り回しが判りません(>0<)/ただ この2号機は徹底的にボイラー回りの配管はケーシング内に隠してスッキリさせているので発電機の給気管もケーシング内に入っている可能性が高いです!配電管は電線が熱に弱そうなので たぶん外を通ってると思うのですが・・・・・(^^;)


給水ポンプ取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノポンプの取付け位置は オ~ナ~様からのご指摘でキットのままだと下過ぎるということで ランボードギリギリまで上に上げましたヽ(`⌒´メ)ノ二子三方コックの配管も取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ発電機の給気管と排水管も取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ発電機の給気管もケーシング内を通っているということにしました! そのため火室の上はほとんど配管が無く非常にスッキリしてます~(^^;)この当時の蒸機へのデザインのこだわりが感じられる1両なのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

2号機はポンプの給気管もケーシング内に隠されてあまりにもスッキリして物足りないのでポンプの確認ロッドも取付けましたヽ(⌒〇⌒)ノ


給水ポンプの給水管を検討ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ当然 給水チリコシは穴を貫通させてφ0.8線を通して強度を確保するです~!2号機は給水管と暖房管が従台車に掛かる配管位置なんですが 13mmなので実物どおりの形で行けるのだヽ(⌒〇⌒)ノ

1X1アングルから作った給水管の支えを端梁に取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノで 東海時代の2号機は三方コックのインジェクターは給水ポンプの給水管から分岐して取水してるので その準備ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ角度なんかみると15号機や33号機もこのタイプみたいですね~。

三方コックのインジェクターとポンプの給水管を接続完了おお~~!ヽ(`⌒´メ)ノインジェクターはエコーのロストです〜。注水器の給水管と排水管も取付け完了ヽ(⌒〇⌒)ノIMONのカーブに乗せてもこれだけ余裕があるので 走行も影響無いでしょ~ヽ(⌒〇⌒)ノ
あと この手前に暖房管が付きます~(^^;)


格子振りシリンダ、三方コックインジェクターの細かい配管と暖房管を取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ一応 これで助手席側のキャブ下の配管は完了なのだ!!


逆止弁~シリンダーブロック 近辺の給水管取付けヽ(`⌒´メ)ノ丸形管継手つき~~!ポンプの排気管はこれからです~(^^;)


給水ポンプと圧縮機の排気管を取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ両者は写真の様に途中で合体するです!!

このキットの難点の一つ、冷却管支えにメチャメチャ苦労ししました(^^;)前回の組立でも苦労したのだ(^^;)キット付属の冷却管支えのロストの強度が非常に弱く この助手席側の冷却管を取付ける間に折ったりしてパーツを1両分使い切ってしまいました(^^;)機関士側のパーツも使ってしまった・・・。一旦取付け完了すれば非常に見栄えがするんですが 取付けがメチャメチャ大変です~~ヽ(´o`;)ノ反対側の冷却管支えは 他社製パーツを使うデス~~ヽ(´o`;)ノふう~~


第二元空気ダメ取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノタンクを取付けてるバンドは実物同様線材を巻き付けるんだけど これを二本垂直にハンダ付けするのが結構うまく行かないのだ(^^;)何度もコテを当てて修正したです~~ヽ(´o`;)ノ疲れたあ~~。ロスとワックスなんだから このバンドも一体に表現してほしかったのだ(^^;)


シリンダーブロックから給水温め器までのl給水管設置ヽ(⌒〇⌒)ノ
ちらりと見える配管と管継手が細密感を盛り上げるのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ

給水ポンプの補助オイルポンプの作動ロッドも取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ
これで 助手席側ランボード下のディティールはステップの取付けを除きほぼ完了おお〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ次回から機関士側です〜〜!

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 68
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme