趣味の総合サイト ホビダス
 

宮原C622ヽ(`⌒´メ)ノ再び-10

次はテンダーの底面の配管です〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

ブレーキへの散水管、ブレーキ関連の空気管取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

後妻面のブレーキホース取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノホースのロストがメチャメチャ柔らかいのでちょっと触ると曲がってしまいます~(^^;)両側のステップと連結器が付くまでは ちょいと気をつけないと何度も曲げちゃうと折れちゃうかもヽ(´o`;)ノ

前妻面では給水管取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ
次は暖房管を取付け準備!!ヽ(`⌒´メ)ノ・・・・・と思ったのですが ちょっとまて(^^;)

ここの配管はカーブでのキャブ下のステップとの当たりを確認しなくちゃ 接触する可能性大なのだ(>0<)/ひ~~~。ということで まずキャブ下ステップを取付けねば(^^;)ここのステップは細長いロスト製なので非常に曲がりやすく 本当はもっとあとで付けたかったところなんですが しかたが無いのだヽ(´o`;)ノう~~む

暖房管取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


キャブのステップも取付けてImonのカーブでの接触を見ます(^^;)1mm以上のクリアランスはあるので まずは合格う~ヽ(⌒〇⌒)ノもしホースが繋がっていたら 完全にステップが切断してますけど・・・(^^;)

後妻もステップ、暖房管、電線管取付けで残すはテールランプのみですヽ(⌒〇⌒)ノ


ストーカー本体の底にネジ座とピンを植え込み 取り外し可能としましたヽ(⌒〇⌒)ノ塗装の時楽なのだ!

ストーカー本体が付くとメチャメチャ細密感が盛り上がりますなあ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダーの上板を組立てます~ヽ(`⌒´メ)ノクロスヘッドのテンダー上板は展開されたエッチング板を折り曲げ線に従って指で曲げて行くだけで簡単に複雑なストーカー付きの立体的な炭庫の底面の形状を再現出来るです~ヽ(⌒〇⌒)ノすばらし~~~!


補強板と重油配管のパイプ(ムクのφ1.4線の端に穴を掘ったもの)を設置ヽ(⌒〇⌒)ノ


テールランプ取付け完了おお~ヽ(⌒〇⌒)ノランプの配線もサービスで設置!!テンダーも いよいよラストスパートなのだ!!


重油タンク取付け完了おおお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ北海道時代と配管が同じか?どうかは判りませんが確認しようがないので同じとしました(^^;)たぶんほとんど同じでしょう~~・・・。

給水ハッチとその横の手すり取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノキットでは 給水ハッチにM2ネジを埋め込んで これを回してテンダー上板を固定するようになっていましたが 重油タンクが邪魔になって指で給水ハッチを回すのが非常に困難なのが判明(^^;) このネジでの固定方法は諦めて ハッチは上板に固定しました。上板の固定方法は 少し考えてパチンとはめ込む方式を考えます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

床下に太めの溢水管も設置完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで 後部回りのディティールは完了です~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

前妻の重油配管取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

機関士側の検水コックも取付けヽ(⌒〇⌒)ノこれでテンダーのディティールは完了なのだ!!

テンダー上板に板バネのロックを設置して本体側に設置してある補強にパチンとハマる様にしましたヽ(⌒〇⌒)ノこれで ワンタッチで上板が取り外せます~~!!


これでテンダーは完成となりましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ次は いよいよ 機関車本体のラストスパートに移ります~~!!ヽ(`⌒´メ)ノ

宮原C622ヽ(`⌒´メ)ノ再び-9

機関車本体はまだ作業は残っていますが そろそろテンダーを進めることにしましたヽ(⌒〇⌒)ノ

まずはボルスターとフレーム、ジャッキ受けを取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

2号機のボルスターはC59と同じタイプで量産タイプとは構成が違うのだヽ(⌒〇⌒)ノ揺れ枕受けは台車を組立てて位置を確かめながら取付ける必要があるです(^^;)


テンダーも台車を仮組して 揺れ枕の位置を確認して揺れ枕受けを取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノさすがスパイクモデルの高級台車は揺枕やブレーキが細かに再現されており細密感盛り上がりますなあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

前妻組立え~~ヽ(⌒〇⌒)ノここはキット素組なのでパタパタと進むです~!

テンダー本体に嵌めてみると キャブの時と同じく 寸分のスキマ無くピタリと合います!ヽ(⌒〇⌒)ノすばらし~プレス精度です~!話を聞くと模型は関係無いプレス専門の外注にだしているとのこと!

取水コックとその開閉ハンドル取付けええ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ東海時代の2号機は三方コックと給水ポンプの配管が合体しているので右側のコックは一個少ないのだ(^^;)

前妻をテンダー本体に取り付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノATSが付かないので非常にシンプルです~ヽ(⌒〇⌒)ノあとで 左側に重油配管が付きます~。オリジナルの中間緩衝器も取付けましたヽ(⌒〇⌒)ノ検水コックも引っ掛けやすいので後で付けるデス(^^;)

底面にはエコーのブレーキシリンダ取付け~ヽ(⌒〇⌒)ノブレーキロッドも付けましたがハンドブレーキのロッドは車輪との接触を見ながら付ける必要があるので あとにします~(^^;)

ストーカー本体も組立完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノこの実感的なスト~カ~本体はこのキットならではなのだ!!是非 別売してほしいパーツなのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ左右に伸びる腕は本体をテンダー中央に位置決めするためのものなので あとで取っちゃいます(^^;)

後妻面に手すりと配電管、開放テコを取付けてテンダー本体に設置しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ配電管のプラグ付き電線管継手を一個(矢印)追加してあります(^^;)これで かなりテンダーも形になって来たのだヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダー底面の配管を台車の車輪との当たりを見ながらするため まず台車を整備ちゅ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ16番のときは車輪と枠との接触に結構気を使ったのですが13mmはさすがに余裕綽々です(^^;)

テンダー台車 組立完了おお~ヽ(⌒〇⌒)ノ軸バネ入りの高級台車は見た目だけでなく線路への追従もしなやかでいい感じです~!

軸箱の抜け止めのシャフト(矢印)は仮のφ0.6線を差し込んで曲げてあります(^^;)塗装時またこれを抜いてバラす必要があるので そのときは これを切り飛ばして外してもらい 塗装後ちゃんとした長さの真鍮線を差し込んで接着剤で固定しもらうことになります(^^;)

台車が付いてますます形になって来ましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ・・・あれ?ジャッキ受けが曲がってる(^^;)妻板付けるとき動いちゃったみたい。・・・すぐ直すです~(>0<)/

次は底面の配管を進めるデス~!ヽ(⌒〇⌒)ノ

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 73
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme