趣味の総合サイト ホビダス
 

宮原C622ヽ(`⌒´メ)ノ再び-12ラスト

いよいよ 走行調整開始です~!!ヽ(`⌒´メ)ノ

まずは この状態から前後走行・・・・・う~~~ん(ーー;)早速 後退時にショート。バルブギア、メインロッド、先台車、従台車等々を付ける前から・・・ヽ(´o`;)ノ先が思いやられるのだ。一応 機関車下回り組立時は確認してるので ブレーキかテンダー??で ど~~もテンダー台車っぽい!!ヽ(`⌒´メ)ノ一つ一つ潰して行くしか無いのだ!原因切り分け作業は続く~~!!(^^;)

テンダーはブレーキシリンダーから伸びるハンドブレーキのロッドが車輪に接触していました(^^;)ここは13mmのデメリットが出てしまったのだ。検討の結果 このハンドブレーキロッドはどうしても接触するので奇麗さっぱり取り外しました(^^;)車輪の内側は全く余裕がないのだ!

あと 機関車のブレーキのどこかが接触しているようなので散々削ってクリアランスを取ったんですが 結局接触していたのは砂撒き管でした(^^;)たはは
これで 動輪のみの下回り+テンダーでは問題なくカーブをクリアするようになりましたヽ(⌒〇⌒)ノ第一段階突破!!

次は これに上回りを乗せて走らせると直線はOKですが やっぱカーブではOUTです~ヽ(´o`;)ノぱっと見たところ 石炭取り出し口とキャブの妻板、テンダーの端梁とストーカーエンジンが当たっていそうです(^^;)う~~~む。そういえば 前回もストーカーエンジンは半分くらい削ったような気がするなあ~(ーー;)しかし ここは先台車、従台車を取付けて その復元バネの具合で解消する場合もあるので ここは まず先、従台車を付けての走行調整に移った方がよさそう・・・(^^;)

先台車、従台車を取付けての下回り+テンダーの走行調整です~ヽ(⌒〇⌒)ノ上に乗ってる緑のラジペンは仮のウエイトです~(^^;)カーブ時 従台車と第三動輪が接触していたので台車をちょいと削ってOKとなりました(^^;)スパイクモデルの第三動輪 ちょいと振れが出ている様ですが下手に修正すると泥沼にはまるので まあ走行には影響無さそうなのでこのままで行きます~(^^;)尻棒と先輪の接触は意外とOKでしたヽ(⌒〇⌒)ノこれで第二段階突破なのだ!
 次はロッドを取付けての調整に移ります~ヽ(⌒〇⌒)ノ

金岡工房様から宣伝にこれを使ってくれ!と新ブランド ガレージハウスKANAOKAのリターンクランクと取付けネジ、ワッシャ、エキセントリックロッドの提供をいただきましたヽ(⌒〇⌒)ノ取付けネジはM0.5の極小ネジでこれの取付けには専用の工具も必要でこれも提供いただいています(^^;)メチャメチャ小さく繊細なパ~ツなのだ(>0<)/しかし これを使えばエキセンロッドとリターンクランクが実感的な形状のままで分解可能となり 取付け調整が楽になるです~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ロッドがメッキでテカテカに光りすぎてるので黒染めで落ち着かせようとしたんですが・・・・・メッキって黒染め効かないんですね(^^;)黒染め液がダメなのかなとM2ネジを入れると数秒で真っ黒になりました(上に転がってるビス)

メッキの黒染めは諦めて エキセントリックロッドを加減リンクに連結!!ヽ(`⌒´メ)ノ

まずは下回りだけで走行調整です~ヽ(⌒〇⌒)ノ軽い調整で転がる様になりましたあ~!


ガレージハウスKANAOKAのリターンクランクと取付けネジはなかなか実感的なのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ専用工具を使えば取り扱いも比較的簡単です~!!
次は上回りと先 従台車を付けてのカーブのテストなのだヽ(`⌒´メ)ノ

IMONの線路のSカーブをなんとか通過ヽ(⌒〇⌒)ノちょいと 先輪と尻棒が接触するときがあるので もうちょい削るです!ヽ(`⌒´メ)ノ

危惧していたテンダーとキャブ、ストーカーエンジンとの接触は全くなかったのだヽ(●0〇;)ノ前回は結構苦労したんだけど~(^^;)ひょっとしてドローバーの長さを変更してあるのかも・・・?


さあ~て IMONのレール(カーブ2本、直線1本)での走行調整で C62快調に走行して調整完了おお~~!!ヽ(`⌒´メ)ノ・・・・と先に完成したD51と重連させてみようと思ったらC62のモーター配線が逆だったらしく逆に走り出してしまいました(^^;)たはは
すぐに配線を直したんですが C62とD51の起動電圧がまるで違う(C62の方がずっと低い電圧で走り出す)ので重連は無理そう・・・・あとC62のテンダーのカプラーも絶縁していないので 他の蒸機と連結するとショートするのだ(>0<)/・・・・まあ つばめ牽引が本業務なので重連はしないということで許してもらうのだ(^^;)たはは
ということで C62型2号機宮原機関区時代 かあ〜んせ〜〜〜〜いヽ(⌒〇⌒)ノぱふ〜ぱふ〜どんどんどん!
早速 完成車両のフォ〜カス合成写真の撮影です!!ヽ(`⌒´メ)ノ



晴れなかったので室内撮りとなりました(^^;)ちょいと暗いですが・・・ま いっか。C62原型の魅力満載なのだヽ(⌒〇⌒)ノやっぱ北海道で満身創痍で働くのもいいけどC62の本来の姿!!ヽ(`⌒´メ)ノって感じです~~!!



さすが クロスヘッド社のC62ヽ(⌒〇⌒)ノ実物図面からかなり細かい部分までスケールで再現しているのでプロポーションは完璧なのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ


先に完成したD51と共にオ~ナ~様の元に旅立ちます~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

完成間近ということでオ~ナ~様から「これに入れてください」・・・とC62を収める天賞堂の箱が送られて来ましたヽ(⌒〇⌒)ノ・・・・う~~~む(^^;)スポンジクッションがかなり劣化しており 指で押すとズポッと穴が開きます~~ヽ(´o`;)ノこれは 使えん~~~。

という訳で 先日珊瑚で買ったスポンジと入れ替えました(^^;)自分用にもう一個買っておいたのだヽ(⌒〇⌒)ノ縦寸法はピッタシで横が寸足らずだったので薄いスポンジを切って横に詰め込んでありますヽ(⌒〇⌒)ノ見た目はバッチリなのだ!!

その天賞堂の銀箱もラベルがビリビリに引きはがされており見た目も悪かったので 新たにクロスヘッド社C62としてのラベルを作ったのだヽ(⌒〇⌒)ノなかなかいいかも~~~!!

いろいろ取扱も気をつける部分もあるので 独自の取扱説明書も作成(>0<)/いままでは 珊瑚模型でオ~ナ~様へ手渡していたんで直接説明してたんだけど 今度のオ~ナ~様は関西の方なので手渡せないのだ(^^;)たはは次は宅急便用に段ボール用意しなくっちゃヽ(´o`;)ノ結構たいへ~~ん

で 箱は今年に入ってからいくつか通販で物を買ったときの箱とクッションを捨てずにとっておいたのだヽ(⌒〇⌒)ノこれだけ クッション入れれば大丈夫でしょう〜〜!!
そして宅急便で発送完了おお〜〜!!ヽ(⌒〇⌒)ノ1年間楽しませていただきましたああ〜〜!!
さいならあ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ元気でね〜〜!!

宮原C622ヽ(`⌒´メ)ノ再び-11

東海型C62 2号機もいよいよラストスパ〜トです〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

まず 残った機関車本体での最後の難関作業(^^;)ブレーキ関連をやっつけるのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ

クロスヘッドC62のブレーキはキットのまま組立てると左写真のようにブレーキシューが柔らかめのロスト製ハンガーだけで支えられて台枠に固定されるです(^^;)当然ちょいと触るだけですぐに曲がってしまいます(>0<)/う~~~む。全体的には非常に良く考えられているキットなんですが この構成だけは疑問符が付いてしまうのだ(^^;)


そこで 矢印の補強やベース板を追加してしっかりブレーキシューが支えられる様にしました(^^;)う~~~ん疲れた・・・・。

少し難航しましたが ブレーキ装置取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

なかなか繊細な感じがするブレーキパーツなのだ!!ついでに砂撒き管も設置ヽ(⌒〇⌒)ノ

引っ掛けやすいので後回しにしていた泥ダメの排水管取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ当然燐青銅線で強度バッチリなのだ!実物の東海時代の2号機はもっとぐねぐね曲がっていた様ですが 模型ではビシッとさせました(^^;)

従台車を取付けて車体を持ち上げると台車が下にだらしなくぶら下がり 再び車体を置くときに回りの配管に引っかかりそうになるので 矢印の様に灰箱に台車の補強が引っかかって下に行かない様にしましたヽ(⌒〇⌒)ノ

一旦完成したテンダーでしたが 矢印のテンダー用油壺を追加しましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ金岡工房の配管付き角形油壺なのだ


フロントデッキのステップ取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノエコー製のロストなのだ!給水温め器の排水管も設置!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

排水管は写真の様に下回りの台枠に設置してあります(^^;)

スノープローのステップが当たる部分を切り欠いて取付け可能としましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ


ステップの支柱の部分のみを避けて極力スノープローの切り欠き部分を小さくしたので ほとんど違和感はないのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ
ただし スノープロー取付け時 少し工夫して所定位置にはめ込む必要があります(^^;)


シリンダーの尻棒取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノカーブでの先輪とのクリアランスは手押しだと そこそこある様なんですが実際モーターを付けて自走させてみないと何とも言えないかも~(^^;)接触する場合は尻棒を若干外に曲げるか 内側を削る等の対策が必要になるかも・・・。

で テンダーに問題発覚!!ヽ(`⌒´メ)ノキットでは台枠の幅がスケール通りになっておりその中にカプラーを収める様になってるんですが・・・・・・幅的にKDカプラーは全く入りそうにありません(^^;)あれ~~~~??? 知ってる限り他のKDにしても幅は難しそうだなあ~ヽ(´o`;)ノど~~~しよ~~~。前回作ったクロスヘッドC62の時はどうしたかなあ~?と記録を見てみると・・・カプラー付けずに納品してた(^^;)素組でキットには同梱されてないからね~~・・・。ひょっとして これに収まるカプラーはベーカーカプラーくらい??(^^;)

台枠の内寸法は4.9mmなので 小さなIMONのカプラーも残念ながら入りません~~ヽ(´o`;)ノカプラーポケットを削っちゃうと伸縮機構の溝も無くなっちゃってうまく付くか怪しいのだ(^^;)台枠削るのも すでにブレーキ関連暖房関連、ステップ等のディティールを取付けちゃってるので 今からここに糸鋸、ヤスリを入れるのも難しそうなのだ(>0<)/ひ~~~。

という訳で 手持ちの#8の長めのKDカプラーを改造して なんとかこれを取付ける方法を見つけてみます~(^^;)写真はすでに 楕円部を切り離しM1のタップを立ててありますヽ(⌒〇⌒)ノなんとかなるかも~~!

KDカプラーを改造して テンダー台枠内に収まる様にカプラーのシャンクとカプラーポケットを作成しました!φ0.25線で復元バネも付けてあります~ヽ(⌒〇⌒)ノ手作り加工のためあまり見た目よくありませんが・・・(^^;)


取付けてみるとバッチリです~ヽ(⌒〇⌒)ノ

カプラーの高さをチェックするのに いつもKATOの貨車と連結させています~ヽ(⌒〇⌒)ノ貨車は16番なので 向こう側の車輪のフランジが踏面に乗っちゃってますが まあほぼ高さはOKのようです~~ヽ(⌒〇⌒)ノばんざ~~い!!

汽笛取付けええ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ汽笛は この横のコックを引っ掛けて曲げやすいので最後の方に取り付けるようにしてるのだ(^^;)

このキットの汽笛は普通エコーのロストが同梱されているのですが 受け取ったキットはなぜかニワ?(ウイスト?)のが入っていました(^^;)比べてみると エコー(右)の方が繊細な感じがしますが 強度はニワのほうがあって 安心して機関車を扱えますヽ(⌒〇⌒)ノ

汽笛の引き棒と受け(金岡工房)を取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


加減弁ロッドとハンドレールを取付け完了おおお~~ヽ(⌒〇⌒)ノこれも 曲げやすいので後回しにしていたのだ!もちろん 曲がりにくい燐青銅線使用!!ヽ(`⌒´メ)ノ


天窓のストッパー用のレールとその操作腕?を取付けええ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ
これで 上から見た細密感が盛り上がるのだ!ヽ(⌒〇⌒)ノ
当然 この状態で天窓開閉可能ですが・・・・塗装すると 剥げるかも(^^;)

キャブの手摺 取付け完了おお~ヽ(⌒〇⌒)ノ宮原機関区仕様のステンレス製で独特な形の手摺なのだヽ(`⌒´メ)ノ金岡工房の2号機用手摺受けを2両分使います(^^;)
北海道C62で 煙室扉上とキャブの手摺がステンレスだったのは有名な話ですが いろいろ東海時代の2号機の写真を見ていると ボイラーのハンドレールもステンレスだったんじゃないかなあ~??(^^;)結構光っている様に見えるのだ・・・・。他 デフやテンダーのフチもステンレスっぽいのだ!ヽ(`⌒´メ)ノひょっとするとランボード横も白線じゃなくてステンレス??(^^;)残念ながら まだ東海時代の2号機ののカラー写真を見たこと無いので確認出来ませんヽ(´o`;)ノとほほ・・・という書き込みを掲示板にするとN澤さんから下記のようなお返事が(^^;)
東海道時代の2号機の装飾についてですが、キネマ旬報の「蒸気機関車」誌の50号、今村潔氏の記事中に記載があります。 

-以下引用-
C62のツバメマーク
 ところでC62の登場後、特急用機関車を美化して、サービスの一端にしようという計画があって、次のように実施された。

1 機関車のデッキ板は幅70ミリ、運転室外下縁板には幅80ミリ、煙除板および運転室側窓外縁は幅28ミリ、炭水車上部縁は幅50ミリのステンレス板張りとする。
2 主連棒、連結棒、スベリ棒の外側溝に赤ペイントを塗装する。
3 煙室戸ハンドル、シリンダー空気弁外枠はBC22Aとし、バフ仕上げ(磨き出し)する。
4 空気圧縮機、給水ポンプの上下縁には真鍮板を巻きつける。
5 手すり類はステンレスの管を使用する。
6 ボイラー安全弁、笛などその他砲金部分はバフ仕上げとする。
7 タイヤの外側は削正する。
8 煙除板前方上部に「つばめ」または「はと」のステンレス板打ち抜きマークを取り付ける。
9 施工機は「つばめ」はC622、「はと」はC6229(ともに宮原機関区)とする。

 右のような方法で昭和26年に鷹取工場で実施(以下略)

やっぱ ボイラーのハンドレールもステンレスだったんですね~(^^;)もう付けちゃった・・・・機関士側はまだ簡単に外せるけど 助手席側は両端に配電管設置しちゃったから交換は難しいのだ(^^;)たはは。煙室ハンドルは写真見ると黒塗りっぽいので 磨き出しは最初だけだったのかも(^^;)空気弁はなるほど 磨かれてるかも~~ヽ(⌒〇⌒)ノいやあ~勉強になるなああ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


ドレイン弁(ウイスト)と煙室扉開閉ハンドル(エコー)取付けええ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ前照灯の前に付く標識灯掛けも無かったのでそれっぽいパーツをジャンクボックスから見つけ出して取付けました(^^;)

テンダー台車のブレーキ押棒を付けようと思ったら これ付けると台車の脱着が出来なくなるのだ(^^;)たはは。珊瑚の高級台車では これをネジ止め式に改造出来たんだけど このスパイク製は難しいのだヽ(´o`;)ノとほほ。
ということで これは 塗装後 オ~ナ~様に接着剤で付けてもらうのだ(^^;)たはは


ブレーキホースのクサリ(金岡工房)を取付けええ~~ヽ(⌒〇⌒)ノスノ~プロ~が付くので あまり下方向に下がった形に出来ませんでしたがベリ銅のこれを付けることに寄って ブレーキホースの剛性が上がりホースの保護になるのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ

同じくテンダーのブレーキホースにもクサリを付けましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

・・・が これをつけると連結器取付け時 その間をくぐり抜けさせて取付ける必要があるのですが これが通りません(^^;)そのため KDの首を一旦外して カプラーポケットを先に付けてから首をネジ止めしました(^^;)


これで 機関車のディティールに関する部品は全て取り付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノぱふぱふうう~~~どんどんどん!! 次は いよいよ走行調整に入ります~~(^^;)これがまた時間か掛かるかも・・・・

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 68
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme