趣味の総合サイト ホビダス
 

珊瑚C62ヽ(`⌒´メ)ノご〜るでんこんび塗装-28

3号機 完成に向けてラストスパ〜トです〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

キャブにプレートと標記類を取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ換算表はインレタなので スペースが楽です~(^^;)

しかし タブレットキャッチャーが付くと緊張して貼ったインレタは半分隠れちゃうのだ(>0<)/なあ~~んだあ~~。キャッチャーはまだ差し込んでるだけで 固定は一番最後にします(^^;)曲がっちゃうのだ!2号機は この換算表とATS標記が見えない写真が多いんですよね~(^^;)真っ黒に汚れて判らなくなってるのかも?(^^;)

エアタンクの苗穂工場の検査票インレタ貼付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノキャブとともに艶消しクリアでオーバーコートして固定しましたヽ(⌒〇⌒)ノしかし ここは一番指で持つ場所なので気をつけねば(^^;)

窓ガラスを貼りましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ難物のバタフライスクリーンはキッチリハマり込むように小さく削り
中にはめ込んであります~(^^;)疲れたああ~~~・・・。他の窓ガラスは強度を考えて裏からベタ貼りしています(^^;)C591の様に嵌め込み式にすると接着面積が少ないので外れやすいのだ(>0<)/

キャブ内灯もLEDを設置します~ヽ(⌒〇⌒)ノ
LEDと定電圧ダイオードは以前エコーで買ったサカツウ製ヽ(⌒〇⌒)ノ秋葉原の専門店で買えば一個数十円で買えるらしいけど電気の知識の乏しいおいらは こういった素人向けにセットされた製品じゃないと失敗するのだ(^^;)とほほ

LEDは先日設置した金岡工房のライトケースの中に白色のプラリペアで固定ヽ(⌒〇⌒)ノそして またクリアオレンジを塗って赤っぽい色に発光させるようにしましたヽ(⌒〇⌒)ノ

ヘッドライトの珊瑚製定電流回路と下回りとの接点(真鍮部分)をボイラー上部に設置ヽ(⌒〇⌒)ノ

そして キャブ内の定電流回路も設置(ブリッジダイオードで前後進とも点灯)ヽ(⌒〇⌒)ノサカツウの定電流ダイオードとアマゾンで安く買ったブリッジダイオードを組んで周りをプラリペアで固めて配線の強度と絶縁を確保してあります〜!ヽ(⌒〇⌒)ノ

 で 早速車体に電流を流すと・・・・ヽ(●0〇;)ノぎゃあ~~~!!キャブ内のLEDが飛んだあ~~~(>0<)/なんでえ~~~~~???設置する前に何度もテスト点灯させてチェックしたのに~~(>0<)/わああ~~~ん!これだから 電気は苦手なのだヽ(´o`;)ノとほほ~~~。いろいろ調べた結果 どうやらキャブ内灯のケース内にLEDを取付けたとき どちらかの端子がケースに接触しており車体に電流を流したとき高電圧がLEDに掛かってしまったらしい(^^;)う~~~む。絶縁をしっかりやって もう一度やり直します~~~ヽ(´o`;)ノとほほ
で キャブを取付けて点灯してみると・・・・・・・・
案の定 キャブの側、屋根と妻板の合わせ目からキャブ灯の明かりが漏れて見えてしまいます~(^^;)たはは

ということで 1mm幅のプラ板を接着して光の漏れ止めを設置しました(^^;)このあと黒く塗って目立たなくします~ヽ(⌒〇⌒)ノ

 C591でもそうでしたがライトが点灯する前に走り出してしまうので停止状態でライト点灯を楽しむためにモータの電源オンオフスイッチを設置します~ヽ(⌒〇⌒)ノ
しかし C59のような外台枠も無くスイッチを設置する場所がありません(>0<)/ひ~~

C591では自作のスイッチを作成しましたが より小さいスイッチをアマゾンで捜したところ この小さなスイッチを発見ヽ(⌒〇⌒)ノ早速頼みましたあ~!10個で541円(^^;)

これを台枠のここに設置しましたヽ(`⌒´メ)ノ外からは見えず 機関車をひっくり返せばアクセス可能ヽ(⌒〇⌒)ノ

モーター配線はスイッチ直結でも良かったのですが分解できるようにターミナルを設置(^^;)これで半田ごて無しで分解出来ます!

やあ~~~っと3号機は完成が見えて来ましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノライトを点灯してたたずむ北海道型C62かっちょいい~~~~!!(>0<)/

キャブも赤い電球色が効いてます~~!ヽ(⌒〇⌒)ノ実物はもっともっと薄暗かったと思いますが 模型の場合あまり暗いと点いてるかどうか判らなくなっちゃいますしね~(^^;)

妻板周りからの光の漏れも無くなりましたヽ(⌒〇⌒)ノよかったあ~。これが漏れちゃうと いかにも模型っぽくなっちゃうんですよね~(^^;)

無くしたテールランプレンズですが 金岡工房さんから特別分けていただきましたヽ(⌒〇⌒)ノ本来はレンズだけの分配はしていませんとのこと(^^;)ども。架線注意(大)とゼブラ板はIMONの1/87を使用ヽ(⌒〇⌒)ノ1/87ですが丁度いいのだ!!


ドーム前ステップ横と発電機横に架線注意板 追加あ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダーのLP42のレンズを入れて ナンバープレートとテンダー形式プレート取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノこれでテンダーの部品取付けは完了です~~ヽ(⌒〇⌒)ノあとで もうちょいウエザリングの調整を入れます~(^^;)

やあ~~っと 正面のナンバープレート貼付うう~~ヽ(⌒〇⌒)ノじゃあ~~ん!!

ちょっとした正面のプレートの位置で顔つきの表情が変わるので慎重に位置決めしましたヽ(⌒〇⌒)ノ3号機はちょいと下めに付いてるのだヽ(⌒〇⌒)ノ架線注意板も貼って ほぼ完成状態ヽ(`⌒´メ)ノしかし まだ数点 取付けが残っています~~(^^;)
前ステップが曲がっちゃってますが 最後に修正します〜(^^;)

最終仕上げ前に ちょいと走行テストヽ(⌒〇⌒)ノ

さすがに何度もテストして来たのでIMONのS字カーブも問題無くスムースに通過ヽ(⌒〇⌒)ノよかった!

後回しにしていたタブレットキャッチャーを取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ接着面積が少ないので 裏から瞬間接着剤を流し込みます~(^^;)接着剤がハミ出たら その処理も面倒なのだ(>0<)/

大型のタブレットキャッチャーが付くと 一気に北海道色が濃くなるのだヽ(⌒〇⌒)ノ

横からじっくり眺めていると ど~~も従台車が前上がりに傾いてるな~ヽ(´o`;)ノ調べると従台車の中心ピンの長さが足りず台車の前側を持ち上げている模様(^^;)う~~む

というわけでピンのネジ部にスペーサーを挟んでピンの頭の位置を下げることにヽ(`⌒´メ)ノ

これで水平になりましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ速度計のロッドも取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

一応走行調整もOKということで テンダー台車のブレーキ引き棒をネジ止めえ~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで取付けパーツは全て取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ



深度合成写真を撮ってみましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノきゃあ~~!かっこいいい~!




ウエザリング後いろいろ作業をしたためウエザリングが結構取れちゃった部分があるので もうちょいウエザリング調整をする予定ですが一応3号機完成なのだヽ(⌒〇⌒)ノばんざ~~い!!

しかし まだ2号機はまだこの状態です~(^^;)ひ~~~。2号機は白線入れ等もあるので3号機よりハードルは高いのだヽ(´o`;)ノたはは

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 48
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme