趣味の総合サイト ホビダス
 

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-6

エアコンプレッサーも付いて きゅう〜ちゃんのディティーリングも佳境に入って来ましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

中高ランボードはちょっと長さが足りないのと余計な穴が開いているのでt0.2の燐青銅板で作り直します〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

中高ランボードにリベット植え込み完了お~ヽ(⌒〇⌒)ノ淵板(□1.0角線)も取付けヽ(`⌒´メ)ノ逆転棒はキットのロストがヘロヘロで引抜き材等で作り直したいところでしたが
生憎このサイズの引抜き材を持っておらず やむをえずロストを修正しながら使用することにしました(^^;)実際はもっと薄い板状なので逆転棒の裏側全体を削って厚みを薄くし機関士側のフォーク形状を調整しました(^^;)

まあ 半分は冷却管の裏側に隠れるし 触る事もそれほど強度も必要無いのだヽ(⌒〇⌒)ノ

逆転棒と逆転ネジの接続を検討ちゅう~ヽ(⌒〇⌒)ノ逆転ネジは金岡工房製ヽ(⌒〇⌒)ノ
上の表示器は切り取る予定(9600には付いていない)ですが つまみやすいので まだ残してあります(^^;)たはは

逆転ネジ取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ逆転棒と逆転ネジが接続されているように見せかけます(^^;)

ハンドルはまだ邪魔なので付けていません(^^;)最後に付けるです~。逆転棒もランボードの作業があるのでまだ固定せず差し込んであるだけです~(^^;)

きゅ~ちゃんはキャブ窓が大きいので逆転ネジが丸見えなので結構重要なアイテムなのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ

逆転棒受けを自作して取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ若干形が違うけど まあ冷却管の裏側で
あまり見えなくなるはずなのでこれで妥協なのだ(^^;)たはは

次は冷却管の曲げに挑戦します~ヽ(⌒〇⌒)ノ
同じ間隔で全列同じ長さに曲げるには やはり治具が必要ヽ(`⌒´メ)ノということで t0.5板にΦ0.5線を立てて治具を作成ヽ(⌒〇⌒)ノ使い勝手はあまり良く無いので改良が必要でしたがどうせ左右1個ずつしか使わないので我慢して調整しながら曲げます~(^^;)

まあまあの感じで曲がったようです〜ヽ(⌒〇⌒)ノよかったよかった!

冷却管を中高ランポードに固定ヽ(`⌒´メ)ノ

まだボイラー側に作業が残っているのでランボードは固定せず乗せているだけです~(^^;)
やっぱ 逆転棒受けは影になって目立ちませんね~(^^;)黒く塗ったらますます目立たないのだヽ(´o`;)ノまあ実物でも目立っていないのでしょうがないか・・・(^^;)たはは

砂撒き管の管押さえ取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノロストパーツの在庫が切れていたので帯板で自作しました(^^;)あ~疲れた

中高ランボードの裏に エアタンク取付用の板をハンダ付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノキットのランボードの一部を切り取ったものです~(^^;)

逆転棒受けの油壺も取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


機関士側の中高ランボードを固定しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで だいぶ進んだ気がします~(^^;)

エアタンクもネジ止め出来る様にしましたヽ(⌒〇⌒)ノエアタンクの固定はかなり後半戦になりますがその前の配管の検討に便利なので仮固定出来るようにしたのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ


引き続き 助手席側の中高ランボード製作ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ機関士側の経験があるので 順調に進んでます~(^^;)

助手席側の冷却管も折り曲げ完了お~ヽ(⌒〇⌒)ノ

中高ランボード取付けの準備が着々と進行ちゅ~~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

やあ~~~っと助手席側の中高ランボードを固定しましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

これでランボードより上側のディティールに進む事ができます~(^^;)
・・・・と 中高ランボードを取付け終了して一安心していたんですが 実物写真と見比べてみると・・・・ど~~~もイメ~ジが違う(ーー;)


どこが違うのか?・・とよ~く見ると 冷却管の支えの位置が冷却管折り返し幅に対してかなり広いのだ(>0<)/実物はもっともっと狭い!キットの図面に合わせて設置したんだけど気がつかなかったあ~~(>0<)/

ということで せっかく取付けた冷却管ですが また一旦取外して位置を修正ちゅう~~(^^;)ひ~~~

助手席側の冷却管の受け位置修正と取付け完了お~~ヽ(⌒〇⌒)ノそうそう!こんな感じなのだヽ(⌒〇⌒)ノ受けの位置だけで 結構雰囲気が変わるのだ!・・・・と思うのはおいらだけ?かも(^^;)たはは

機関士側も取外して修正ちゅう~~~ヽ(´o`;)ノふう~~~

支えと冷却管の位置を移動したので前の穴を埋めるのに苦労しましたあ~~(>0<)/ランボードを取付けた状態での作業なので たいへえ~~ん!


やあ~~っと冷却管を固定して取付け完了おお~~~ヽ(⌒〇⌒)ノもれで安心してランボードから上のディティールを追加してゆきます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

まずはコンプレッサーの塵濾しとその配管を整備ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

コンプレッサーの塵濾し取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

塵濾しは配管だけで支えられる事はまずないので このように必ず別の支えが付きます~(^^;)

次はコンプレッサーの給気管の整備に入ります~ヽ(⌒〇⌒)ノまずは調圧器ヽ(⌒〇⌒)ノキットのロストは使わずエコーの旧型調圧器を使います~~!エコーの調圧器はニワの製品と同等に非常に姿形がすばらしいのだ!ヽ(⌒〇⌒)ノ

コンプレッサーの給気管を検討ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノまずは Φ0.6の燐青銅線で布巻管を作成ヽ(`⌒´メ)ノパイピングの配置を検討します~~ヽ(⌒〇⌒)ノ一番シンプルでスッキリしたパイピングを目指します~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

やあ~~っとエアコンプレッサーの給気管、調圧器、締切コック、関連の細かいパイピングの取付け完了おおお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


一気に進んだ感じになりましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


調圧器とコンプレッサーの油壺が接近してるため 矢印の配管の向きを
実物同様に変えました(^^;)

コメントする

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 37
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme