趣味の総合サイト ホビダス
 

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-12

しばらくブログの調子が悪かったんで 更新出来ませんでしたが 本日調子良さそうなので続きを載せます〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダーは一旦 一休みにして こんどはキャブ周りに移ります~ヽ(⌒〇⌒)ノ

まずは天窓ヽ(⌒〇⌒)ノ 後側の天窓の開口寸法が少し小さいので もう一回り大きく作り直しましたあ~!!ヽ(`⌒´メ)ノ後の天窓の蓋を開けると 前の天窓にかぶさる様に前にスライドするのだ!ヽ(⌒〇⌒)ノちなみに この後の天窓は熱気抜きのためではなく 機関車をクレーンで上げる時のワイヤーを通すための作業穴とのことヽ(●0〇;)ノ昨年 井門さん、N澤さんに教えてもらったのだ!

そして 実物の屋根上の写真をじっくり見ていて・・・・またまた発見(>0<)/ひ~~。九州のキュ~ちゃんのキャブ屋根はリベット、ボルトがありません~(>0<)/たぶん屋根を張り替えたのだと思いますが ほとんどの九州キュ~ちゃんの屋根はツルツルなのだヽ(`⌒´メ)ノちなみに実物写真は キャブのカーテンは こうやって使う!!ヽ(⌒〇⌒)ノ・・・・ってのが良く判ります~~!!ヽ(⌒〇⌒)ノ雨除けなのだ!!

・・という訳で 屋根上のリベットを全て削って ツルツル屋根にしましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ
吊り金具用の穴も埋めました(^^;)


キャブ屋根の雨樋と窓上の庇を取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ雨樋はメジロ工場標準仕様で燐青銅板t0.1をJの字に曲げて実際に雨樋状にしたものです~ヽ(⌒〇⌒)ノ庇も燐青銅板t0.2を曲げたてボルトを植え込みましたあ~ヽ(`⌒´メ)ノ

いずれも 数個同じ物を作って 一番形状が良い物を使用しました(^^;)疲れたああ~~

キャブの後妻の窓枠の甲丸を設置するため エッチングの窓枠を削り取りましたヽ(`⌒´メ)ノ

甲丸の窓枠ですが 甲丸線を直接窓枠状に曲げようとすると捻れてしまい作成が困難でしたので ここはΦ0.6の丸線を窓枠状に曲げて それをヤスリで半分に削りましたあ~(>0<)/ひ~~疲れたあ~~

妻板に取付け後 Φ0.25のボルトを植え込み~ヽ(⌒〇⌒)ノ

天井に天井版を押さえるアングルと帯板を追加ああ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ天井裏に付くアングル補強はオリジナルでは天窓の前後に2本だったようですが九州キュ~ちゃんは屋根を張り替えたタイミングで中央1本になったようですね~(^^;)

先台車を少しいじりましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ軸箱上部には 台車のガイドとなる極太シャフト取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで 先台車のシルエットの上部がスカスカでなくなるのだ!ヽ(⌒〇⌒)ノ
先台車の復元バネ(Φ0.4燐青銅線)取付け~ヽ(⌒〇⌒)ノそして上回り固定のネジを回せる様に 穴を開けたです~ヽ(⌒〇⌒)ノ

台枠側には復元バネの受け金具を設置ヽ(`⌒´メ)ノこれで 先台車を所定の位置にポンと置くだけで 復元バネがセットされます~ヽ(⌒〇⌒)ノきゃあ~すてき!!復元バネも ドライバーを避ける形に曲げてあります~ヽ(⌒〇⌒)ノ

これで先台車を取付けた状態で 穴にドライバーを突っ込んで上回りとの固定ネジを回せるのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノこれから 何百回と上回り下回りの脱着をする事になるので これ重要なのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ


キャブ下のブレーキシリンダーを改造ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノキットのブレーキシリンダーのブレーキテコ連結部が ちょいとオモチャっぽいので 実物に近くリンク機構を表現してしてみましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ちょいとオーバースケールですが まあ ここがおいらの限界なのだ(>0<)/

このブレーキ引き棒のターンバックルもいやらしいカッコウしてますな~(^^;)回り止めが付いていて さらに灰カバーが付いてる?灰箱からアッシュを落とすと引き棒は 写真のように灰で埋まっちゃうんですね~(^^;)回り止めの横についてる板は たぶんATS車上子を灰から守る排障器かも~ヽ(⌒〇⌒)ノ


助手席側のブレーキ腕に付いてる復元バネを自作して取付けええ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ良~く見ると 若干バネが曲がっているんですが半分ステップの影に隠れているので もうこれで妥協(^^;)たはは

ちらりと覗く復元バネが細密感抜群なのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ

キュ~ちゃんの台枠は写真の様に三段階に高さが変わっています~(^^;)

しかしキットの台枠はギアボックスを隠すためか? ご覧の様に2段となっています~(^^;)その上 何カ所かスペーサーの凹みやイコライザーのピンが露出しており これらを隠す必要もあるのだヽ(`⌒´メ)ノ

という訳で この台枠の脇に他の珊瑚模型の蒸機キットのようにディティールを付けた薄板を貼付ける事にしましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノまずは 動輪軸箱を逃げる形として 上側は正規の三段にした0.2tの燐青銅板を製作ちゅう~~ヽ(`⌒´メ)ノ


台枠の形に切り出した燐青銅板をM1.0のネジで仮止めしてみましたヽ(⌒〇⌒)ノ第二動輪の上部は キットの台枠を削って担いバネを取付けええ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ燐青銅板の後端は第四動輪のタイヤ部に合わせた形状にして端部を見せない様にしてます〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

動輪を付けると なかなかいい感じです〜ヽ(⌒〇⌒)ノ自己満足?

しかし上回りを乗せるとほとんど見えなくなります(^^;)これから この側板にディティールを付けて行きます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

側板にボルト、リベットを植え込むべく 穴開けちゅう~~(^^;)ノッペリした板台枠なのでリベットのディティールがかなり効きます~ヽ(⌒〇⌒)ノスポーク動輪なので 車輪が回転すると車輪裏のボルトも目立つ・・・に違いないのだ(^^;)・・・と期待するです~~。


側板にボルトを植え込みましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノなかなか効果的かも~~~~ヽ(⌒〇⌒)ノしかし 結構本数があるので植え込みが大変だったのだ(^^;)

・・・・やっぱ 動輪を取付けると半分以上見えなくなり苦労した割にはインパクトは薄いのだヽ(´o`;)ノとほほ~~~~。いいのだヽ(`⌒´メ)ノこの良さは自分だけで味わう自己満足の世界なのだ!!

キュ~ちゃんのフロントデッキ下に見える台枠ですがキットでは写真のように上回りと下回りに二分割されちゃっています~(^^;)分割ラインがハッキリ見えちゃうのだ(>0<)/う~~ん

もちろん実際はこんな分割ラインは無く 大きなボルトナットが並んでいるのが見えます~ヽ(`⌒´メ)ノ

ということで ここも台枠横にt0.2燐青銅板で作った側板を作成して貼付けます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

側板を台枠に取付けええ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ固定はハンダ付けです~(^^;)

これでシリンダーブロックはガッチリ位置を固定されるので前後の調整は効かなくなります~(^^;)

前輪を付けてもボルトは車輪の影にならないのだヽ(⌒〇⌒)ノ結構目立つかも~~!!

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 8
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme