趣味の総合サイト ホビダス
 

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-17

しばらく お〜じぇ〜C51に時間を使っていましたが 久々にキュ〜ちゃんの作業に入ります〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

ひさびさに見る16番のキュ〜ちゃん(^^;)ちっちゃ!しかしコンパクトで やっぱ作業はやりやすいかも〜!ヽ(⌒〇⌒)ノハンダ付けが楽かも!

再開最初の作業は金岡工房の新製品 旧型蒸機用ブレーキ弁!ヽ(`⌒´メ)ノしばらく眺めてどうやって取付けるか?(^^;)考えるデス〜〜。

ブレーキ弁 金岡工房さんの旧型ブレーキ弁を大きく改造ちゅう〜〜〜(^^;)まずは ブレーキ弁が付く台形状の台枠は寸法が少し足らないのでt0.3板で作り直しました(>0<)/また 単独ブレーキ弁の形状が今ひとつイメージと違うのでエコーのロストから切り取った物と交換ヽ(`⌒´メ)ノ

下部の締切コック下にはATS用の吹き出し弁を追加しましたヽ(⌒〇⌒)ノ細いドリル作業と細かいハンダ付けの連続で疲れるうう〜〜ヽ(´o`;)ノふう〜〜〜。

さらに数本の配管を追加し取付けようの台座に取付けましたヽ(`⌒´メ)ノ

キャブの段付き床に台座を埋め込んで設置!ヽ(`⌒´メ)ノあとは圧力計の配管を接続すればブレーキ弁関連完成です〜ヽ(`⌒´メ)ノかなりグチャグチャになって来ましたあ〜ヽ(´o`;)ノちょいと配管を省かないとさらにグチャるので ATSの配線は省略するです〜(^^;)


ブレーキ圧力計の配管を接続しましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノこれでブレーキ弁関連は完了しましたあヽ(⌒〇⌒)ノ

シリンダーブロックと台枠の接続部に エコーの自連用胴受取付座を使用して表現しましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

実際は少し形は違うんですが自作するのは大変なのでこれで雰囲気だけ出すです〜〜(^^;)

ちらりと覗く取付座は なかなか効果あるかも〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ


中高ランボードのエアタンクの取付け部を実物写真の矢印のようにしようと思うのですが なかなか苦戦ちゅう〜〜(>0<)/ひ〜〜

固定バンドの固定部は奥まってるのでランボード下に取付けるとほとんど見えなくなるです〜〜ヽ(´o`;)ノとほほ〜〜

実物写真を良く観察すると キュ〜ちゃんのエアタンクの鏡板には必ず矢印のようにボルトが刺さっています(^^;)どうやらタンクからエアーを取り出せるように穴が空いてるみたいですねヽ(●0〇;)ノボルトはその塞ぎ栓らしい。

保存されてる59684では その栓を利用してエアーで汽笛を鳴らせる様にしているみたいヽ(⌒〇⌒)ノ

タンク横の配管用支えをハンダ付けえ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ細長い支えの為 強度が必要なので Φ0.6の燐青銅線の両側を削って0.6幅の帯状にしてランボード淵に穴掘って 植え込みました(^^;)


エアタンクを所定の位置に置いてみましたあ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノバンド固定部は あまり見えませんが タンクの配管が細密感をそそるです〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

助手席側のエアタンク 取付完了おお〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

ブレーキ梁とロッドを取付けましたヽ(⌒〇⌒)ノここはキットのままです。・・・が ブレーキ梁と担いバネが干渉(^^;)ヤスリで双方削ってなんとか取付で来ました。パーツ同士が干渉したり所定の位置に付かない・・・てのは珊瑚キットでは よくあることなので臨機応変に対処するです〜〜(^^;)ここは横からはほとんどよく見えない場所なのでヤスリで削って無理矢理付ける・・・・で OKとしましたヽ(⌒〇⌒)ノ

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 32
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme