趣味の総合サイト ホビダス
 

北海道お〜ヽ(⌒〇⌒)ノなめちゃん組立え〜-2

基本素組ということで ガンガン進めます〜ヽ(`⌒´メ)ノ


砂箱横の手摺ステップをハンダ付け固定しましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノナメナメド〜ムの汽笛と加減弁テコも取付けて ドーム固定の準備も揃いましたヽ(`⌒´メ)ノ

砂撒き管を付ける前にハンドレールナブを付けようとすると ど〜〜もナブがボイラに対して垂直に立ってくれません(^^;)よく見ると なあ〜〜んとハンドレールの穴がナブの軸に対して斜めに開いてるです〜(>0<)/ひ〜〜〜〜。いや〜〜なかなか前に進ませてくれません(^^;)たはは。これは穴を大きくするしかないかな〜ヽ(´o`;)ノ

ハンドレールの径をΦ0.5からΦ0.4に変更したら なんとか真っすぐに取付けましたヽ(⌒〇⌒)ノ最初穴径がΦ0.5だったのでそれに合わせてその径の燐青銅線を使ったんですが 実際はスケールの太さはΦ0.4なんですよね。(^^;)穴あけの精度が低くても良い様にΦ0.5で開けてあったのかも?(^^;)


ボイラーのディティール、パイピングを検討するのに ランボードが必要なので本日はランボードを整備しましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ まだはめ込んであるだけです〜(^^;)

素組の約束ですが ランボード上のボルトと分割ラインを入れましたヽ(`⌒´メ)ノご依頼者様があとでディティールアップする予定なので 取付前ランボードのボルト表現はやっておかないと出来ないですしね〜(^^;)サ〜ビスサ〜ビス

砂撒き管を取付え〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ本当は砂箱に入り込む部分は点検蓋になってるので穴ではなく切り欠きなんですが ドーム裾がペラペラで切り欠きにするのは危険(失敗しそう)なので穴のままとします〜(^^;)

逆止弁の取付け穴もガバガバなので一旦塞いでます〜(^^;)給水ポンプとエアコンプレッサーの取付け台も付けて ランボード取付の検討を進めてます〜ヽ(`⌒´メ)ノ

助手席側のランボード取付準備を進めてます〜〜ヽ(`⌒´メ)ノ給水関連の配管が絡むのでなかなか難しのだ(>0<)/

助手席側のランボードを仮付けしましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

今度は機関士側のランッボードの検討に入りましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ機関車の姿勢、印象を左右するパーツだけに慎重に水平、直線、平行等々を見ながら調整しています〜(^^;)ひ〜〜〜
しかし ランボードが付けば 以後のディティールアップは一気に進むのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ


やあ〜〜っとランボードを本付けしましたあ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノあ〜〜疲れた。蒸気管カバーも付けて これからボイラー回りを進めます〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

オイルポンプ箱と耐寒のオイルコック箱を取付けましたヽ(⌒〇⌒)ノオイルポンプ箱はキットではエッチング板+プレス曲げ板の合わせ部品でしたが家のジャンク箱に珊瑚のロストパーツがあったので それを使いましたヽ(⌒〇⌒)ノサ〜ビスサ〜ビス

逆転棒(金岡工房)、ネジカバー(鈴木工房)、逆転棒カバー(鈴木工房)取付ええ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

ロスト製の逆転棒はヘロヘロに曲がっていたので真っすぐに修正するのにメチャメチャ時間が掛かりましたあ〜ヽ(´o`;)ノふう〜〜。細長いロストなんで強度も心配でしたが ハンダで固定するとそこそこ丈夫になった様です〜ヽ(⌒〇⌒)ノエコーの補助オイルポンプも付けて機関士側のランボード上が充実しましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

主発電機とATS発電機取付けえ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ排気管先端もちゃあ〜〜んと穴もあいてるです〜〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

北海道型は例に寄って 排気管が独立して立ち上がってるのでロストパーツに深い穴を掘って 丈夫な燐青銅線を差し込んであります〜!ヽ(`⌒´メ)ノちょいと触ったくらいじゃびくともしないのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

フロントデッキを進めましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ担いバネカバーの上板は シンダー除け板を取付ける予定なので裏からネジ止めで取外し式としましたヽ(`⌒´メ)ノ

デッキの網目板には分割ラインをケガキましたヽ(⌒〇⌒)ノまだ乗せてるだけで次回本体に慎重に取付け予定!


北海道型は火室下のケーシングは火室の下端ちかくまで伸びているので 0.2t燐青銅板でカバーを作りましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

火室のカバー取付けえ〜ヽ(⌒〇⌒)ノそれに伴い 火室下の吹き出し弁ヽ(⌒〇⌒)ノ二子三方コックとその配管ヽ(⌒〇⌒)ノ給水ポンプと消火栓を取付ええ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ吹き出し弁もキットには無かったので ジャンク部品を使用しました(^^;)

発電機の給気管も取付ええ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ給気管にはΦ0.4の包丁で作成した布巻管使用ヽ(`⌒´メ)ノ電線管は素組では取付けない約束なので 発電機回りの配管はこれで終了です〜(^^;)

ブロア管もΦ0.5の布巻管で取付ええ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

機関士側のエアコンプレッサーを取付けましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

これに取付く速度計歯車箱も取付けましたヽ(`⌒´メ)ノ速度計ロッドがエアクリーナーとギリギリになっちゃいましたが実物もギリギリの様ですので このままで行きます(^^;)

従台車も後端の後台枠部を分割して台枠部に固定しましたヽ(`⌒´メ)ノこれをやらないとキャブ下の配管が非常にやりにくくなるのだ(^^;)

屋根は付けちゃうと あとで依頼主様が作用管、電線管の作業が出来なくなるので
いつもの通り取外し式にするです〜〜(>0<)/ひ〜〜〜せっかく取外し式にしたバックプレートも外れなくなっちゃうんですよね〜(^^;)とほほ。屋根をキャブ本体に仮付けしてPカッターを使って溝を掘って分割するです〜〜ヽ(`⌒´メ)ノ分割ラインには1mm角の角線をハンダ付けしてガイドとしてます〜(^^;)

無事 屋根の分割ヽ(⌒〇⌒)ノ完了おおお〜〜・・・あ〜〜疲れたヽ(´o`;)ノ


屋根裏とキャブ側に燐青銅板で作ったバネでバチン!と屋根をはめ込み式にしましたあ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ結構ガッチリハマり込むので 屋根が外れちゃう事は無いのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ

妻板の窓には手摺を設置ヽ(⌒〇⌒)ノ本当は北海道型はタブレットキャッチャーが側に付いており この窓にはタブレットからガラスをガードする格子が付いてるんですが ここは素組ということで省略するです〜〜(^^;)

屋根には 発煙筒と吊り金具を追加あ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ吊り金具は 実は雨樋に覆い被さるタイプのロストを支給されてたんですが それだと屋根が外せなくなるので手持ちの小型の吊り金具を使用しました(^^;)ども

機関士側のランボード下には 金岡工房の「公式側ランボード下配管受け金具」を取付けて ランボードからキャブ下の配管の準備ですヽ(⌒〇⌒)ノこのパーツ無しに ここの配管は出来ないのだ(>0<)/

キャブ下には耐寒型の空気分配弁取付え〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノまだネジ止めで取外しで来ます。


機関士側のキャブ下〜コンプレッサーの空気配管を進めましたあ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ素組でどこまで配管するか?というところで こんなところでまとめたです〜(^^;)渦巻きチリトリはキットに無かったので これもジャンク箱にあったのを使用しました(^^;)サ〜ビスサ〜ビス。これにコンプレッサーの排気がテンダーに行く配管が加わるので まあまあの見栄えになる?と踏んでおります〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

引き続き 助手席側キャブ下〜給水ポンプ間の配管も検討ちゅう〜〜ヽ(`⌒´メ)ノ

助手席側のキャブ下配管進めましたあ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

給水管、暖房管、水撒き管、インジェクタ排水管取付けえ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ全て燐青銅線で管支えでそれぞれを連結したのでメチャメチャ丈夫になったのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノこのあと換気装置用配管一本追加するデス〜ヽ(`⌒´メ)ノ


機関士側はコンプレッサーの排気をテンダーに送る配管、助手席側は換気装置の配管を追加しましたあ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ
 これでキャブ下の配管は完了おお〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

コメントする

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 34
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme