趣味の総合サイト ホビダス
 

カツミヽ(`⌒´メ)ノお〜じぇ〜C51!-4

いよいよ ロッドを調子みながら取付けて行きます〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

メインロッド、サイドロッドはドロップ製で非常にシャープな仕上がりヽ(⌒〇⌒)ノ端面は一応ヤスリで仕上げてあるんですが 結構粗く もう一度ヤスリでシャープに削ってやりたいところ(^^;)ロッドエンドの油壺の蓋やメインロッドの調整ボルト類は別部品を取付けるかたちになりますヽ(⌒〇⌒)ノ実感的なのだ!
簡単にサイドロッドとメインロッドを仮組してみましたヽ(⌒〇⌒)ノ

おお!!ヽ(●0〇;)ノ全軸ベアリングが入っているだけあってウルトラスム〜ズに転がります〜〜!!ヽ(⌒〇⌒)ノ感動おお〜〜!!クロスヘッドがいかに抵抗無くスライドバーをスライドするか?がミソですね!!(^^;)あらかじめ十分調整しておいた甲斐があるのだ!ヽ(⌒〇⌒)ノ
しかし 問題はいろいろ発見!!(>0<)/

まず ロッドピンに入れるスペーサーのワッシャが全部 内径が小さくてロッドピンに入りません(>0<)/ひ〜〜〜!!なんでえ〜〜〜!!説明書には内径Φ3.1となってますが ピン径を計るとΦ3.1〜3.2ヽ(●0〇;)ノこれじゃ入らない!!なんでえ〜〜!!??(>0<)/設計ミス??・・・しかし 丸ヤスリで軽くワッシャの内径を軽くやすると わりと簡単に入ってくれました(^^;)焦ったあ〜〜

ロッドピンの止めネジとネジ座がメチャメチャゴツい!!ヽ(●0〇;)ノなんじゃこりゃ〜!他の部分は非常に良く出来てるのに ここだけメッチャ見栄えが悪く手抜きな感じ(>0<)/なんとかせねば!!ヽ(`⌒´メ)ノささっと組めばOKと思っていましたが 前途多難なのだヽ(´o`;)ノとほほ〜

ここで 一旦ロッドの作業止めて従台車軸箱と担いバネの中心が合わない対策ですヽ(`⌒´メ)ノ

従台車の中心ピン受けを作り直して 中心を1mmほど前にずらしましたヽ(⌒〇⌒)ノ手前が作り直した中心ピン受け。

狙い通り 軸箱と担いバネ中心はピタリ合いましたあ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノよかった!


再びロッドの作業に戻ります〜ヽ(⌒〇⌒)ノメインロッドにヤスリで磨きを入れてみましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ黄色みがあったので真鍮だと思っていたんですが どうやら洋白みたいです〜(^^;)磨き甲斐があるのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

バルブギアもロスト製でくすんでいるので磨きを入れてみると・・・・・黄色みが強いのでこっちは真鍮製かなあ〜〜?(^^;)しばらく磨き作業が続きます〜〜(^^;)しかし20年以上前の製品なのに この作り込みのロッドはさすが お〜じぇ〜なのだヽ(⌒〇⌒)

サイドロッド、メインロッドは洋白のドロップ製のためロッドの端部などは打ち抜きのままとなっています(^^;)ヤスリで奇麗に外周を削ってエッジを出して行きましたヽ(`⌒´メ)ノ結構大変!

ロッドのヤスリ仕上げ、磨き出しを済ませた後 ロッドのパーツを付けます〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ説明書では接着剤で・・・となっていますが ここはハンダ付けで行くです!ヽ(`⌒´メ)ノしかし ロッド類にこれだけのパーツを取付けるというのは初めての経験なのだ(^^;)ロストで全て一体型とはせず ドロップの本体にロスト、挽物ボルト等で強度とシャープさ、細密感を出すという贅沢な構成もカツミのやる気を感じさせますね〜ヽ(⌒〇⌒)ノすばらし〜〜

キットではクロスヘッドのメインロッドピンはロッドに通した後 裏でハンダ付けして固定となってます〜(^^;)しかしそれだとクロスヘッドとメインロッドは分解出来なくなり後々のメンテが非常にやりにくくなるです〜ヽ(´o`;)ノということで ただのピンだったのを そのピンの頭の六角部、細密パイプ、M1.4ネジを組合せてネジ込み式の六角ボルトを作成しました!ヽ(`⌒´メ)ノ

クロスヘッドの裏側にもM1.4のネジを切った板をハンダ付けしてメインロッドとは分解可能となります〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

作成したロッドピンでクロスヘッドとメインロッドを連結し 動輪に装着う〜〜!ヽ(`⌒´メ)ノいやあ〜〜 シャープなロッドと動輪!!(>0<)/ワクワクするうう〜〜!

ロッドの油壺の蓋も全て取付けてメインロッドとサイドロッドの整備も完了おお〜ヽ(⌒〇⌒)ノいよいよバルブギア関連を整備していくです〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

バルブギアは端部が二股に分かれているので だいたいロスト製で残念ながら真鍮のニッケルメッキのようです(^^;)ロストなので鋳込みの引けや歪みが出ているのでヤスリに寄る磨きを入れますが 当然メッキは取れて真鍮色になっちゃいます〜〜ヽ(´o`;)ノ完成時はニッケルメッキが必要なのだ(>0<)/

実物のようにバルブガイドの中の溝を合併テコの滑り子がスライドする形となりますヽ(●0〇;)ノさすが お〜じぇ〜!ここもヤスリでスムースにスライドするように調整します〜〜(>0<)/

加減リンクはロストではなく真鍮のプレス製ですヽ(●0〇;)ノ厚めの中板と薄目の側板の組合せは非常に実感的なのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノただし上下のボルトは丸いリベット状でもったいないヽ(´o`;)ノこれもアドラーを植え込むです〜!

バルブギアを取付けるため バルブガイドをハンダ付け固定しましたあ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノこれが付くとシリンダーブロックに俄然迫力が出るのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ

ドレイン弁の支柱?を取付けえ〜ヽ(⌒〇⌒)ノあれ〜 ちょいとサイドカバーから浮き上がった形になるです〜(^^;)ほんとかな〜??

5号機は浮き上がっていませんが 検索したC51画像には浮き上がった様に見える写真もあったのですが ど〜〜しよ〜〜ヽ(´o`;)ノカツミは梅小路の239号機を徹底的に調査したとの記事を見た事があるので ひょっとしたら それがこうだったのかも?(^^;)春になったら一度梅小路(京都鉄道博物館)に見に行って見るデス!ヽ(⌒〇⌒)ノ

側板と妻板の間を埋めたハンダが引けちゃってたので もう一回埋めて平に仕上げます〜(^^;)

とりあえず バルブギアを組付けて問題ポイントを抽出するです!ヽ(`⌒´メ)ノリターンクランクとエキセンロッドはピンを抜いて一旦切り離します(^^;)じゃないと 非常に作業しにくいのだ(>0<)/あとで ビスを改造して脱着可能とするですヽ(`⌒´メ)ノ今回は とりあえずの仮組なので仮の連結ピン(ただの燐青銅線)で繋いでいます〜(^^;)

おお〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノロッド、バルブギアが付くと 大正〜昭和初期に活躍した駿馬の脚が再現されます〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノきゃあ〜〜すてきいい〜〜〜!!仮組ですがロッドの動きは非常にスム〜スで機能的には問題無さそうです〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

各バルブギアの連結ピンも 頭が大きくオモチャっぽいかも〜(^^;)16番モデルに見えるのだ・・・。なんとかするです!!ヽ(`⌒´メ)ノ

エキセンロッドと返りクランクとのクリアランスがほとんど無いな〜ヽ(´o`;)ノ緑矢印。

・・・と実物写真と見比べてみると・・・あれ??(^^;) エキパンロッドが左右逆になってる〜〜(>0<)/なあ〜〜んだ!これはメーカー組込み時のちょんぼなのだヽ(`⌒´メ)ノくおらあ〜〜!!

加減リンクはプレス製パーツの三枚構成で非常に良く出来ているのですが残念ながらラジアスロッドとはピンで連結されておらず よって前進フルギアや後進状態にはする事は出来ません〜〜ヽ(´o`;)ノまた 上下のボルトもプレスに寄るリベット状の表現なので物足りないのだ(>0<)/

ということで まずアドラーのボルトナットを埋め込むべく4カ所貫通穴を開けましたヽ(`⌒´メ)ノ

貫通穴を開けた後 加減リンクのハンダを溶かして三枚を分解ヽ(`⌒´メ)ノラジアスロッドと加減リンクの中板とピンで連結しましたヽ(⌒〇⌒)ノこのあとアドラーのボルトナットを貫通穴に通して三枚を合わせます〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

他 コンビネーションレバーのボルト、各リンクの油壺の蓋にアドラーを植え込みました(青矢印)ヽ(⌒〇⌒)ノ油壷の蓋は本当は六角ではなく丸台座に四角いスパナ掛けなんですがアドラーの六角ボルトナットで代用です〜(緑矢印)(^^;)雰囲気は出るのだ!

バルブギアを組付けてみましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノきゃあ〜〜〜!!かっくいいい!!エキセンロッドの連結ピンは 臨時のプラスビスとなってます(^^;)

加減リンクの中心ピンは燐青銅線Φ1.0の応急の貫通したピンなので
残念ながら ラジアスロッドは逆転軸を回転してこれ以上 引き上げる事が出来ません(^^;)たはは
後進の位置まで上げる事は出来ませんが 発進フルギアの複雑なラジアスロッドの動きは楽しめるです〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノラジアスロッドを上まで引き上げられるようにするには 加減リンクのピンをモーションプレートの両脇から短いピン(ネジ等)を差し込む必要があるのですが その為にはモーションプレートを外さないといけないのですが その為には第一動輪も抜かないと外れません(>0<)/そのためには・・・・と 結局下回りもう一度バラさなければあ〜〜ヽ(´o`;)ノとほほ

エキセンロッドは左右を入れ替えると 今度はちゃあ〜〜んとクリアランスが確保されましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノあ〜よかった!

加減リンクを両脇から支えるためのネジをネジ込むために第一動輪を外します〜〜(^^;)たいへえ〜〜〜ん!

動輪〜ロッドを組む前に加減リンクをモーションプレートに取付けておく必要があるです〜(>0<)/ひ〜〜
しして再び第一動輪、懸架装置、ロッド類をコツコツと再組み付け〜(^^;)あ〜疲れる


で 返りクランクとエキセンロッドの連結ピンは分解可能とするためクランクにM1.0のネジを切ったΦ1.4の真鍮線を埋め込み!ヽ(`⌒´メ)ノこれにエキセンロッドを差し込み これまたアドラーのM1.0の六角ネジで押さえ込みます〜!ヽ(⌒〇⌒)ノアドラーではM1.0の六角ネジとナットを販売しておりそれを回すボックスレンチも付属してるのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノこれは使える!!

これで逆転腕、ラジアスロッドを自由に上下させることが出来る様になりましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノその動きが楽しくて逆転腕をヒョコヒョコ上下させながらバルブギアの動きを楽しんでしますう〜ヽ(⌒〇⌒)ノ加減リンクの中心ピンがプラスネジとなってますが これも仮で後で見栄えのするものを考えるデス〜〜(^^;)たはは

ブレーキ装置を仮組してみましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノまだ 差し込んであるだけですがスポーク動輪だけあってブレーキ梁等が透けてよく見えるので取付け甲斐があるのだヽ(⌒〇⌒)ノ


で ブレーキシューと動輪のクリアランス調整等の作業をするためには やはりサイドロッド、メインロッドが邪魔で また取外さないと微妙な調整が出来ないのだ(>0<)/また分解せねば・・・・・ヽ(´o`;)ノとほほ。

ブレーキハンガーのハンガー受けは 写真の様に実物通り台枠の動輪の間に取付け済みとなっていますヽ(⌒〇⌒)ノ1/80だと動輪のフランジが高いので非常に難しいんですが さすが お〜じぇ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

ハンガーはこの受けとブレーキ梁の二点で支持されるので しっかりと固定されるです〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

第一動輪〜第二動輪間のブレーキ引き棒にはターンバックルと回り止めが付きます〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

とりあえず ブレーキ梁のリンクにはめ込んでみましたヽ(⌒〇⌒)ノ第一動輪〜第二動輪間の引き棒はΦ0.6、第二動輪〜第三動輪間はΦ0.7となるそうですがΦ0.7は手持ちが無いので とりあえずここもΦ0.6を嵌めておきます(^^;)たはは

ブレーキハンガーは取付けると また動輪の脱着があると面倒なのでこれも後で取付ける事にします〜(^^;)たはは。しかし これでいよいよ下回り完成に近づいて来ましたヽ(⌒〇⌒)ノ

ブレーキ装置の調整も済んでロッド取付けえ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ細かなビスの脱着は すべてこの箱の中で行います〜(^^;)

ロッドとバルブギア等の調整は終わったので いよいよ巨大モーターとギアボックス取付けて 無事回転するかテストするです〜ヽ(⌒〇⌒)ノモータはゴムブッシュを介しての独特のマウント方式です〜(^^;)

無事 スム〜スにモーター駆動にて回転してます〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノカシャカシャロッドとかすかにギアの音がしますが非常に静かなのだ!!グリスアップすればさらに静かになるはずです〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

ベークの定盤の上を少しだけ動かしてみます〜(^^;)5cmほど走れるのだ。
低速も非常にスムースでこの速度ではほぼ無音で動き出します〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノすばらし〜〜!
 年末から始めたお〜じぇ〜C51ヽ(⌒〇⌒)ノ約1.5ヶ月でここまで来ましたあ〜!ほぼ素組ですが 十分すぎる程のリアルさがあります!!ヽ(⌒〇⌒)ノディティールアップに各部に追加されている油壺を付けたいところですが それをやっていると全く上回りに掛かれなくなるので それはまたあとで(^^;)たはは。まだ未取付けの部品(灰箱関連、シリンダーブロックサドル、尻棒等々)もありますが上回りとの関連性を見ながら取付ける必要があるのと強度的に完成間際に取付けた方が良い部品もあるので これまたあとで取付けます〜(^^;)

ということで お〜じぇ〜C51一旦一区切りということで箱に仕舞って 次回からはきゅ〜ちゃんの作業再開なのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ

カツミヽ(`⌒´メ)ノお〜じぇ〜C51!-3

従台車回りは まだもう少し調整が必要ですが ちょいとシリンダー回りの構成、部品をチェ〜〜ク!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

シリンダーカバー、バルブガイド等を取付けるのは1/80と同じですが
それぞれが2〜3個の部品を合体させるようです(^^;)部品の構成は豪華なのですが 部品一つ一つを観察すると他の部品と比べると 物足りない部分も散見されるです〜ヽ(`⌒´メ)ノ
 バルブガイドに並ぶボルトは六角ボルトナットではなく 単なる円筒形状(>0<)/1/80のニワのはちゃあ〜〜んと六角ボルトナットなのに1/45でこれは物足りないのだヽ(`⌒´メ)ノ
 シリンダーブロックの空気弁も良く出来たプレス製なのですが やはり六角ナットがプレスによる丸形状(^^;)これもなんとかしたいなあ〜〜。
 「シリンダー安全弁X3なし」とのメモ書きが入ってます〜(^^;)これは社長が無くしたのではなく 最初から欠品だった模様(>0<)/本来ならカツミに請求したいところですが カツミはすでにOJラインから撤退して対応しておらず 自分で作る必要があるみたいヽ(´o`;)ノう〜〜む

バルブカバーのボルトをアドラーのボルトナットにしましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ効果はご覧の通りヽ(`⌒´メ)ノ雲泥の差なのだ!!

スリーピース構成のバルブガイド側もボルトナットを置き換えて組立てます〜ヽ(⌒〇⌒)ノまずはヤスリで歪みや面の荒れを整えます〜(^^;)それぞれ大きなロストなのでハンダ付けで熱を持つのでちょいと大変です〜(^^;)コテも100Wはマストなのだ!!(>0<)/

バルブガイドの排気通路部ですが キットのはカッチリ角が出てますが たしか実物は大きなRが付いていたと思いましたのでヤスリで大きく角をR付けしましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ
シリンダーブロックサイドのディティールは良く出来たプレス製なのですが矢印の六角ボルトが単なる丸となっており ちょいと見劣りします〜ヽ(´o`;)ノこれは削り取って ここもアドラーの六角ボルトを埋め込みます〜(^^;)


空気弁とバルブガイドの六角ボルトナットを全てアドラーのボルトナットに置き換えましたああ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ一気にリアルさが上がったのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノアドラ〜〜さまさまなのだ!

シリンダーブロックサイドの板は組付け済みでしたが ど〜〜も前後板との合わせが雑で段差が出来ており この修正の為 一旦取外しましたあ〜ヽ(´o`;)ノ接合面には大量のハンダが付いてるので これのキサゲがたいへ〜〜ん(>0<)/しばらく地味な作業が続きます〜(^^;)とほほ

シリンダーブロックの側板の片側だけ取付け完了おお〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ
側板と前後板の継ぎ目を判らない様に仕上げたのですが前後板は端部にプレスのダレがあるため どうしても凹み部が出来るのでハンダで埋めました(^^;)たぶんバルブガイドやシリンダカバーをハンダ付けするとき そこのハンダが溶けて凹みが出来ちゃうかも〜ヽ(´o`;)ノまあしょうがない・・・。
 しかし 写真の矢印の様にブロックの前後板は厚さ1mmの二枚重ねとなっておりハンダ付け時 コテの熱がなかなか回らず ハンダを流すのに苦労しました〜ヽ(´o`;)ノ分厚い板厚に熱を奪われるので なかなかハンダが流れて行かないのだ(>0<)/ひ〜〜お〜じぇ〜の大物模型による洗礼なのだ(^^;)たはは

いやあ〜〜〜っと シリンダーブロックの側板取付け完了おお〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノいやあ〜〜疲れた(^^;)溝埋めのため固めのハンダを使用したのでキサゲが大変だったのだ!(>0<)/しかも溶解温度が高めなのでなおさらハンダが流れにくく やっと流れたときはプロック全体がメチャメチャ高温になってて危うく火傷しそうになったのだ(^^;)たはは

シリンダカバーに取付けるスライドバー支えとスライドバーをネジ止めしてクロスヘッドを差し込んでみましたヽ(⌒〇⌒)ノこの段階でシャカシャカとクロスヘッドがスライドバーを軽くスライドしなくちゃいけないんですが 片方だけ ピストン棒穴とスライドバーの距離、平行度が出てなくて動きがかなり渋い!!(>0<)/ひ〜〜!調整に半日以上かかって ようやく軽く動く様になりました(^^;)あ〜〜疲れた!

試しにシリンダーブロックを台枠に取付け、シリンダーカバー〜スライドバーを差し込んでみましたヽ(⌒〇⌒)ノさすが お〜じぇ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノメカニカルな雰囲気がムンムンします〜〜!しかし これらを本格的にハンダ付け、ネジ止めするとまたクロスヘッドが渋くなりそう〜な気がするなあ〜〜(^^;)慎重に取付けて行くです〜〜。

カバーをブロックにハンダ付けする前に カバーのサイドにカバー固定のボルト(Φ0.4真鍮線)を植え込みましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

シリンダーブロックにシリンダカバーとバルブカバー取付け完了おお〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

クロスヘッド側はスライドバー支えとバルブガイドはまだ付けていません(^^;)スライドバーやバルブギア類を仮付けして動作確認しながら取付ける予定ヽ(`⌒´メ)ノしかし ブロックの分厚い厚板に大きなムクのカバー類を付けるとズッシリとした重さになり16番のちょとした小型機関車くらいの重量があるのだ(^^;)たはは・・。そして側板と前後板の合わせ目はやっぱり溝埋めしたハンダが引けてうっすら分割ラインが出て来ちゃったヽ(´o`;)ノとほほ

仮組した車輪、バネ装置ですが一応問題点を抽出してそれを対処するべく一旦台枠状態に戻しましたヽ(`⌒´メ)ノ

まずは このモーションプレート(^^;)最初に大まかにはネジレや曲がりを修正したんですがクロスヘッドやスライドバーの取付け位置に大きく影響するので徹底的に細かい形状の修正、寸法出しをする必要があるみたい(^^;)写真の逆転軸も 左右の軸受けの芯が通っていないのか固くて回転しません(>0<)/

スライドバーはシリンダー側の支えとモーションプレートにネジ止めしますヽ(⌒〇⌒)ノこの両者の寸法が出ていないと このスライドバーが斜めになっちゃうのだ(>0<)/真横から見た状態では だいたい水平は出ている様ですが・・・・・(^^;)

後側から見るとクロスヘッドが幅方向に斜めっちゃってます〜ヽ(´o`;)ノスライドバーの取付けの水平位置が合っていないのと取付け面の水平が出てないみたい(>0<)/う〜〜ん

ということで モーションプレート全体のネジレ、傾き等々を時間を掛けて修正(>0<)/疲れたああ〜〜!!大きなロストなので万力につかんで力づくで全体のネジレを修正しました(^^;)ひ〜〜。ようやく スライドバー、パッキン箱、クロスヘッドが垂直になりましたヽ(⌒〇⌒)ノ

火室下の膨脹缶受けは社長の手に寄って取付け済みでしたがちょいと斜めに付いていたので一旦取外し(^^;)ども

傾きに注意して再び膨脹缶受けを取付け〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

・・・・従台車のイコライザー受けをよく見ると・・・・・あれ〜〜!!ヽ(●0〇;)ノ補強のリブに穴があいてる〜〜〜!!ロストに巣が出来てたんでしょうね・・・ヽ(´o`;)ノう〜〜〜ん。なんとか塞がねばヽ(`⌒´メ)ノ

穴の開いたイコライザー受けのリブ横にt0.2の燐青銅板を貼付けヽ(`⌒´メ)ノ

回りをヤスリで仕上げましたヽ(⌒〇⌒)ノ補強の厚みが片方だけ厚くなっちゃいましたが穴があいてるよりいいでしょう〜(^^;)たはは

動輪を外しての調整作業は 一段落したので徐々に また車輪〜リンク等を組立ててゆきます〜ヽ(⌒〇⌒)ノモーションプレート〜スライドバーの調整で この状態ではクロスヘッドはシャカシャカと非常に軽くスライドしてくれます!!ヽ(⌒〇⌒)ノこの時点で徹底的にスムースに動く様にしておかないと後々大変ですからね〜(^^;)逆転軸は軸穴を削ってもなかなかスムーズに回らない・・・・・(>0<)/と思ってたら逆転軸の芯が通ってませんでした(^^;)大まかに軸の左右の芯を調整すると逆にユルユルになっちゃいましたヽ(´o`;)ノ軸穴を広げ過ぎたあ〜〜。まああとでなんとかするのだ(^^;)たはは


青梅で写したC515の写真を見ながら従台車のリンクを組立ててると・・・・・・あれ?(^^;)実物写真の矢印の担いバネの横方向を押さえる受けが模型には無い??ヽ(●0〇;)ノそっくり省略されてる〜〜!!この受けは上回りの火室に固定されてるので 模型化は難しいのかも〜(^^;)う〜〜む。しかし お〜じぇ〜なんで なんとかせねば!ヽ(`⌒´メ)ノ・・・・・と言っても上回りが無いと設置出来ないので 上回りが乗ってからかな(^^;)たはは
ここで 蒸機研究家のたかひろさんからご助言があり この担いバネを横から押さえている「バネ守」は原型には無く後年の追加で 8900・C51のコール式従台車は担バネの下のスプリングヨークが横方向の力を受けますのでD50以降のバネ守は元来不要のモノ(スプリングヨークを省略する代わりにバネ守を追加した)だそうですヽ(⌒〇⌒)ノ晩年のC51の写真を検索すると結構な確率でバネ守はついているようなので一応「バネ守あり」で検討してみます〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ難しかったら 無しかも・・・(^^;)たはは

再び 動輪、先従台車、バネリンク等々を取付けましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

細かいリンク、ナット、ワッシャの取付け作業になるのでメチャメチャ疲れるです〜ヽ(´o`;)ノ出来れば塗装まで 分解したくありませんが・・・・・(^^;)どうなることやら

いよいよ ロッドを調子みながら取付けて行きます〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

カツミヽ(`⌒´メ)ノお〜じぇ〜C51!-2

まずは 下回りを軽く仮組してゆきます〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

動輪組付け、担いバネ組付け、動輪押さえ組付け、担いバネとイコライザーを連結!細かいM1.2のネジで組んで行くのでたいへ〜〜ん(>0<)/キットでは ここいら辺の組立てに使うネジはすべて六角頭のネジを専用のボックスレンチで締め付けるのですが なあ〜〜んとこの六角頭とレンチのサイズが違うのか?強く締めると頭を舐めてしまいます〜〜(>0<)/ひ〜〜。

そのため 外から見えない部分のネジは市販のプラスM1.2のナベネジに交換(^^;)見える部分のネジは平径1.5のスパナをt0.5燐青銅板から自作して組付けて行きましたヽ(`⌒´メ)ノ

駆動は第三動輪にギアが付いてます〜ヽ(●0〇;)ノモーターとギアボックスは一体型になっており さすが効率良さそうヽ(⌒〇⌒)ノ見た目も良いのだ!!当然の様にコースティングギアになっており 完成時は手で車輪が回せるのだヽ(⌒〇⌒)ノ台枠の軸受けには 全然見えない裏側にも関わらず立派なロストの軸受けが付いてます!ヽ(●0〇;)ノさすが お〜じぇ〜〜!

一応 第一〜第三動輪まで イコライザーで連結しましたが 従台車まで連結する構造(^^;)これらの動輪〜従台車と先台車とで三点支持を構成しているので残念ながら先台車、従台車を作らないと 下回りは正常な姿勢となりませんヽ(´o`;)ノとほほ。モーションプレートも大型ロストなんですが 組付けようとすると かなり歪んでおり
万力を使って力技で修正しました(^^;)う〜〜む お〜じぇ〜 侮れない。

しかし 動輪は非常に良く出来ており これを見てるだけでご飯三杯は行けるのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ輪芯部もロストを機械仕上げしており 非常に精巧な出来!動軸部が一段凹んでますが ここは最後に蓋をするらしいです(^^;)

灰箱を組立てて台枠に組付けてみましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノまだ これに灰箱の蓋と開閉ロッドが付くのですが 曲がりやすそうなので それは後に回します(^^;)アッシュパンも様子を見るため仮にネジ止めヽ(⌒〇⌒)ノ

早く 下回りのサスペンションを完成させたいので 従台車を組立てます〜ヽ(⌒〇⌒)ノ従台車は これまた大型ロストの集合体ですヽ(●0〇;)ノ当然軸箱にはベアリングがハマり込むデス!

しかし やはり大型ロスト 結構歪んでなかなか寸法が出ません(>0<)/組立て説明図には原寸図もないので 指定寸法にハンダ付けするには写真の様に原寸図を自分で書いてそれに合わせてネジレや歪みが無い様にに組立ハンダ付けして行く必要があるです〜(>0<)/簡単そうで結構時間が掛かりましたあ〜ヽ(´o`;)ノ疲れる〜〜

何回かハンダ付けの寸法を調整しながら やあ〜〜と従台車組立て完了おお〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

ネジレが無い様に組まないと ベアリング入とはいえ車輪がクルクル回らないのだ(>0<)/ひ〜〜

まだ担いバネ等が付きませんが 台枠に組付けえ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノこの立体感!メカニカル感はさすが お〜〜じぇ〜〜なのだヽ(⌒〇⌒)ノ!!

下回りのサスペンションを完成させるべく従台車を組立始めましたが 台枠が正常に水平になった状態で 従台車の担いバネが水平かつ従輪の中心軸上に来る様に調整するには 三点支持の頂点となる先台車を組付けてからじゃ無いと効率が悪いのが判り 先台車を先に完成させるです!!ヽ(`⌒´メ)ノ

担いバネはダブルナットとリンクでイコライザーを連結しますヽ(⌒〇⌒)ノ・・・が 結局イコライザーと担いバネはハンダで固定するのでリンクはまったくの見せかけになるです(^^;)なあ〜〜んだ。非常に凝った作りの担いバネのロストですが イコライザーに挟まれて ほとんど見えなくなります(^^;)もったいない・・・。

台車本体にイコライザーに組付けると・・・ヽ(●0〇;)ノお〜〜メカニカルう〜〜!!この精巧さは さすが お〜じぇ〜の醍醐味ですなあ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

イコライザーはバンドで巻いて押さえる形になります。キットではこれをハンダ付けになっていますがそうすると イコライザーは台車本体から外せなくなり塗装時苦労しそうなので M1ネジ止めとしましたヽ(⌒〇⌒)ノ
何度か軸箱がハマる滑り面をヤスリで修正して軽く軸箱がイコライジングする様に調整ヽ(⌒〇⌒)ノ排障器も付けて先台車完成いい〜〜〜〜!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

先台車を台枠に取付けええ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノこれで 従台車の取付け調整が出来ます〜ヽ(⌒〇⌒)ノ
下の珊瑚のベーク製定盤 9mm、12mm、13mm、16.5mmに対応してますが なんと9+16.5-1.5(溝の幅)=24mmで24mmにも対応していたのだヽ(●0〇;)ノ知らなかった!

先台車が完成して いよいよ従台車の仮取付けとバネ装置の仮組をしてみます〜ヽ(`⌒´メ)ノC51特有の振れ止めの枠、滑り子、バネ支え、担いバネを中にシャフトを通して
組立てます〜ヽ(⌒〇⌒)ノそれぞれが 可動して従台車の上下動に対応しますヽ(`⌒´メ)ノ担いバネ〜滑り子の上下動と振れ止め枠の回転に対応するため接続部が球軸受状になってるのだヽ(●0〇;)ノ良く出来てる〜〜。

そして担いバネにそれぞれ吊りボルトとダブルナット、テーパーワッシャで連結!!ヽ(`⌒´メ)ノ定盤の上に置いて それぞれの状態を観察します〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

担いバネの水平はダブルナットの調整で簡単に出来ますヽ(⌒〇⌒)ノ吊りボルトは両側とも ほぼ垂直に立ってるので それぞれの支点の位置はいいみたい〜ヽ(⌒〇⌒)ノただ一カ所 担いバネ〜滑り子の軸と従台車の軸箱の中心が前後に約1mmズレてる〜〜(>0<)/わああ〜〜〜ん。担いバネや振れ止め枠の動きも非常に渋く あまり線路に追従する感じじゃないのだヽ(´o`;)ノう〜〜ん。まずは担いバネリンク関連がスムーズに動く様に調整するです〜(>0<)/

仮組した従台車回りを一旦バラして軸受けの芯通し、ドリルでのピン穴の見直し等々を行い なんとかシャカシャカとイコライザーや担いバネが動く様になりましたヽ(⌒〇⌒)ノ

車端を持ち上げると 各軸の担いバネやイコライザーが一斉に傾く様は なかなか気持ちがいいです〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノこの辺はさあ〜〜すがお〜じぇ〜!!これを1/80でやるとなると よほど部品の精度を出さないと難しいのと 組立がさらに小さくなるので大変かも〜(>0<)/この構造を継承した16番のC51ス〜パ〜シュパ〜ブが組立が大変ってのが想像付きます〜(^^;)たはは。ここいら辺の数多くの小さなピン、ナット、テーパーワッシャ等々は予備は全くありません。一個でも無くなるとOUTなので 組立て分解作業はこのキットの空箱の中で行っています〜(^^;)

で 残る問題は従輪の軸箱と担いバネの中心のズレですが 従台車回りのサス関連全体を動かすのは もう不可能なので従台車を前に1mm程動かす必要があります(>0<)/しかし 写真の様に従台車の中心ピン受けが 主台枠にネジ止めになっているのですが これ以上前には移動出来ませんヽ(´o`;)ノこのパーツを改造するか作り直す必要があるです(^^;)う〜〜む

カツミヽ(`⌒´メ)ノお〜じぇ〜C51!-1

2018年11月 珊瑚模型が今年一杯で閉店するということで 慌ててお店に駆けつけました(^^;)

最後に自分用になにかを買おうと考えていると珊瑚のお姉さんから「掘り出し物」がある・・・・ということで・・・買ってしまいました(^^;) カツミのOJ C51キット!!ヽ(●0〇;)ノどうやら 珊瑚でOJ 9600を出す時の参考に社長が仕入れたものらしい(^^;)

中を見ると スポンジは経年劣化でほとんどボロボロ、部品も何点か不足しているとのこと・・。 とても一般には売れない品物なんですが「めじめじさんなら なんとかしてくれるのでは?」ということで ご紹介いただき破格で 譲っていただく事になりました(^^;)ども。以前からOJには興味はあったものの値段的に難しかったんですが この絶好のチャンスは見逃せないのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ走らせなくてもディスプレイモデルとしても十分観賞できるモデルなので挑戦してみるです〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

早速 中身を確認してみます〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

中のスポンジは経年変化でボロボロなっており ちょっと触るだけで粉状に崩れて手や周辺に飛び散ります〜〜(>0<)/うかつに触れない〜〜!!まずは 掃除機を使って 腐ったスポンジの腐海の中からC51のパーツをサルベージするのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ

まずは 下回りキットから 袋を一つずつ取り出して掃除機のブラシで スポンジの粉を吸い取って奇麗にして行きましたヽ(⌒〇⌒)ノ袋の中にも入り込んだのがありましたが 部品まで吸い取っちゃいそうなので そこそこでやめておきます(^^;)たはは

ボロボロになったスポンジは当然捨てますが 中に部品が埋まり込んでないか?チェックしながら取り出します〜(^^;)M2のビス一本が出て来ました。

30年近く経ったスポンジは変質してこんな感じになっちゃうんですね〜(^^;)これが塗装済み完成品だったりしたら 塗装面に食いついて悲惨な状態になっちゃうんですよね〜(>0<)/古い完成品をお持ちの方はご確認を!!

下回りキットのサルベージ完了おおお〜〜!ヽ(⌒〇⌒)ノ上下に入ったスポンジは無事でしたので 部品が箱の中で踊らない様に再使用します(^^;)

主台枠を取り出すと さすが1/45のOJモデル!!ヽ(●0〇;)ノ迫力うう〜〜〜!!
一部 部品が組み付けられております(^^;)どうやら社長が内容を確認するために取付けたのかも・・・。他の細かいパーツの袋もすべて一度開封されてますので 一通り部品を確認したのでしょうね(^^;)第一動輪から第三動輪〜従台車まですべて実物通りイコライザーで連結される構造のようですヽ(●0〇;)ノ・・・・軸箱も全てイコライザーに連結されるので車輪を脱着するには かなりの行程を経て分解する必要があるかも!!(>0<)/たいへええ〜〜〜ん!!しかも それらを締結するビスは全て六角頭の特殊ビスで専用工具で回す必要があります(>0<)/たいへえええ〜〜ん!!

動輪の軸受けはベアリングが入っているので車輪を回すとしばらく回り続けます!ヽ(●0〇;)ノすげ〜〜〜!!・・・と他の車輪も見てみると先台車、従台車の軸受けにも超小型のベアリングが入りますヽ(●0〇;)ノさすが お〜〜じぇえ〜〜!!

下回りに続き 上回りキットもスポンジの腐海からサルベージしましたヽ(`⌒´メ)ノ下回りの精密機械風の構造と打って変わり 上回りは基本的には1/80キットの豪華版!ヽ(⌒〇⌒)ノって感じなのだ!!

ボイラーは三分割で ボイラーバンドも自分で巻く形になります(^^;)リベットはすべて打ち出しされており エッチングによる表現とは さすがに質感が違うデス〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

キャブは実物通り屋根を上から被せて段差を表現するようですヽ(⌒〇⌒)ノ屋根や側板のリベットもすべて打ち出し!ヽ(●0〇;)ノ窓もスライドして開閉可能になる模様(^^;)

ランボードは網目のエッチング板にさらに打ち出しでボルトを表現してます!ヽ(⌒〇⌒)ノ分割ラインも表現してあり そのまま組めばバッチリなのだヽ(⌒〇⌒)ノ

ボイラー回りの主な配管はすでに折り曲げ済みなのだヽ(●0〇;)ノただ 自分の好きな配管の取り回しがあるので 使うかどうかは判らないかも(^^;)たはは。砂箱横の梯子は丸ごとロストなのだヽ(●0〇;)ノさすが お〜〜じぇえ〜〜

左側のインジェクタとランボードの一部が入ってる袋は何??と思ったら なんと給水ポンプ無しバージョンも出来る交換部品らしいヽ(●0〇;)ノ至れり尽くせりなのだ!!

テンダーはボロボロになるスポンジは使っていなかったのでサルベージは必要ありませんでしたヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダーも基本的には1/80キットと似た構成でありますが側板にズラリ並んだ数千のリベットは もちろん全て打ち出し!ヽ(●0〇;)ノリベットの頭が丸くなるので非常に実感的です〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノリベット打ち出しによる歪み等は一切見られず非常にレベルの高い仕上がりなのだ(>0<)/まさか 一本づつ手で打ってる訳は無いと思いますが そうなると これを打つ大きなプレス金型を作ったんだろうか?(^^;)

台車は最近の珊瑚の板台枠テンダー台車の構成と同じくベースの板にロストパーツを組付けて行く模様ヽ(⌒〇⌒)ノ当然 軸箱にはベアリングが入り 軸箱可動になるみたいです〜(^^;)
 いやあ〜〜〜これらの組立は大変そうですが 豪華なパーツ群を見るとワクワクするです〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ楽しみ〜〜〜

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 66
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme