趣味の総合サイト ホビダス
 

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-7

キュ~ちゃんを横から見ていたら ど~~も後下がり(^^;)あれだけ 高さ調整して確認したのに~~!!・・・・と台枠の中を見ると 案の定 第三、四動輪のイコライザーが動軸の受けから外れてました(^^;)外れ止めをハンダ付けしてたのになんで外れるの~~?

とイコライザーを見たら外れ止めが外れてました(>0<)/ひ~~。外れ止めのハンダ付けも この板厚部分のみだけで付いてたので強度不足だったのね~(^^;)たはは

ということで 両脇から補強で挟み込んで さらにズレ止めの楔を打ち込んでおきましたヽ(`⌒´メ)ノ

これで もう外れる事は無いでしょう~~(^^;)あ~疲れた

以前 話題になった新製時キュ~ちゃんの煙室の助手席側についてた過熱ダンパーですが 大正中期には廃止となり取外されていたそうです(^^;)多くのキュ~ちゃんは取外した後は何も無かったかの様に整備されているのですがその痕跡を残していたキュ~ちゃんもちょいちょい居たみたいなのだヽ(`⌒´メ)ノ

まずは29661は過熱ダンパーの痕を鉄板で塞いでいるタイプヽ(⌒〇⌒)ノハンドレールは前まで延長されてます~(^^;)

59684は過熱ダンパー部でハンドレールが中途半端に途切れて その下にホチキス状の手摺が残されてます~ヽ(⌒〇⌒)ノいずれも過熱ダンパーが付いていたときの名残なのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ京都の9633も この痕跡が見る事が出来ます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ということで 塞ぎ板とその下の手摺を付けましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

これが残っているのは後年のキュ~ちゃん的には少数派ですが ちょいとこだわってみましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ自己満足
掲示板にこの事を書くと 蒸機研究家のたかひろさんから下記のアドバイスがありましたヽ(●0〇;)ノ
====================================
「過熱ダンパー」ですが、ぢつは「ダンパー」は「風戸」の意でそれ自体は煙室内に存在するので外からは見えません。煙室右肩に付いてたのは「自動器(オートマトン)」という装置です。
====================================
煙室の脇に付いていたのは 過熱ダンパー装置の一部で ダンパー本体は煙室内にある蓋のことらしいです(^^;)加減弁の開閉によってこのオートマトンのシリンダーが働いて自動的に煙室内のダンパーも開閉していたとのことヽ(●0〇;)ノ
しかし過熱ダンパーは大正中盤より不必要と判断されて廃止となり取外されてしまったようですヽ(`⌒´メ)ノ
勉強になりましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

通風管の管受けも用意して まだ位置決め検討ちゅう~~(^^;)

ハンドレールの上を通って発電機台座の下を真っすぐくぐり抜ける管の位置ってかなり限定されるんですよね~(^^;)ハンドレールギリギリ上を通るのだ!よってほとんどのキュ〜ちゃんの通風管はこの位置を通っている様ですかヽ(⌒〇⌒)ノ

そのおかげで 参考にするための実物写真では この通風管がハンドレールの影になって ほとんど見えないのだ(>0<)/

ATS発電機を取付けるべく ウイストのロストを改造ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ATS発電機の脚をt0.2燐青銅板で作り直し、各配管を差し込む穴も整備ヽ(`⌒´メ)ノ

九州独特の煙室後に取付けるべく長穴を開けて足を差し込み 発電機の位置を確認ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ATS発電機取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ取付け部のカバー、台座のボルト等も表現しましたヽ(⌒〇⌒)ノ

排水管も設置し、配電管の準備もしましたヽ(⌒〇⌒)ノ

しかしメチャメチャ目立つ場所に付いてますな~~(^^;)

ATS発電機の給気管の検討ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノΦ0.3の布巻管にちょいと手間取りました(^^;)この細さの布巻管は 曲げるとポキポキ折れちゃうのだ(>0<)/ひ~~


やっとATS発電機の給気管を固定しましたヽ(⌒〇⌒)ノ

次は 主発電機を整備ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

主発電機取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


発電機を取付けると半田ごてが入らないので排気管の一部と電線をあらかじめ取付けてあります(^^;)



主発電機の給気管取付けええ~~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

まだ汽笛の取付けは後なんですが 汽笛引き棒の検討をしておく必要があったので汽笛の在庫を引っ張り出しましたヽ(`⌒´メ)ノニワのお宝ロストパーツ!で ニワボイラー取付けの汽笛は残念ながらみんな 引き棒のテコが上向きなんですよね~(^^;)D50やC51向け・・・。屋根の低いキュ~ちゃんは当然下向きなので改造が必要です~~ヽ(´o`;)ノひ~~~

いろいろ検討した結果 3分割にバラバラにしました(^^;)お宝パーツがあ~・・・。このまん中の弁室部をひっくり返して またくっつけるデス~ヽ(`⌒´メ)ノ

3分割したパーツにΦ0.4の穴を開け 団子3兄弟よろしくΦ0.4燐青銅線で串刺しにしました(^^;)分割した時にヤスリ等で形を整えたりしたので 若干寸詰まり気味(^^;)細密パイプの輪切りを挟んで調整してみるです~ヽ(´o`;)ノ
ただ 使用したロストの三室の笛部分の鋳込みが甘く イマイチこの部分の形がだれてるのだ(>0<)/う~~ん・・・。もう一個汽笛あるので それを使うかなあ~(^^;)う~~む

キャブとボイラを結ぶ板を作成 取付け検討ちゅう~~~ヽ(⌒〇⌒)ノボイラが熱で伸びるので キャブ妻とボイラは直接固定はしておらず、この板で逃げていると思われます~(^^;)ただし 付いていない機体も多いので 後付けの改造と思われます~(^^;)大正機の8620、C51、D50あたりに多いのだヽ(`⌒´メ)ノ
ここで またまた たかひろさんからご助言がありましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ
=======================
大正機のキャブは英国プラクティスで台枠に固定のため上方が振動しやすくなるのでその対策と思われます(昭和機のキャブは米国プラクティスでボイラーに固定のため一緒に伸び縮み)
=======================
な、なるほどヽ(●0〇;)ノキュ〜ちゃんのキャブはボイラではなく台枠に固定されているんですね(^^;)勉強になるなあ〜!

キャブの固定板 取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

汽笛を整備したのは この引き棒の位置を確認したかったからです~(^^;)汽笛本体は かなりキャブ屋根より出っ張って破損しそうなので 最後の方で取付け予定です~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

珊瑚新キットC59をシゴクヽ(`⌒´メ)ノ-3

さあ〜て そろそろキャブ内を進めるです〜ヽ(⌒〇⌒)ノ
今回キャブ内は密閉キャブなので よく見えないということで あっさりとキットのパーツを素直に付けて行きます~(^^;)

キットの蒸気分配箱がメチャメチャ分厚くそれをバックプレートにベタ付けだったのでヤスリで薄く削ってバックプレートから浮かして実際のイメージに近づけてみました(^^;)


注水器が結構いい感じの形に改良されてます~ヽ(⌒〇⌒)ノ今キットは素組でもそこそこ見られる室内になりそう〜なのだ!

キットには入っていませんが 窓からよく見えて目立つのでブレーキ圧力計(金岡工房)と逆転ハンドル(ニワ)を取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ逆転ハンドルはニワのお宝パーツだったんですが金岡工房からもっといいのが出たので使っちゃうのだ(^^;)で キット付属の椅子を置いてみると ど~~~も小さい(ーー;)窓から背持たせとか全然見えなくなっちゃうんですよね~(^^;)

エコーの椅子と比べると こ~~んなに小さいヽ(´o`;)ノほかのパーツはオ~バ~スケ~ルが多いのに・・・・(^^;)

エコーの椅子を置くとバランスがよくなりましたヽ(⌒〇⌒)ノ椅子とブレーキ弁は塗装とその後の仕上げのしやすさを考えて塗装後取付けるです~(^^;)
そしてキャブ取付けの準備です~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

機関士側 キャブ前下に通風口?の四角穴をあけましたヽ(⌒〇⌒)ノ九州、下関のC59、60には これが開いてるみたいですね(^^;)1号機はフタ無しなのだ。また扉を切り抜いて開閉可能に改造しようか・・・と思ったんですが今回のキットのキャブの板厚はかなり薄く、糸鋸で扉部を切り抜こうとするとベコベコになりそうなので断念しました(^^;)

助手席側には二子三方コックを取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノキットには短タイプが入ってましたので ジャンクボックスにあった中タイプの横っ腹に穴を開けて取付けました(^^;)


キャブ取付け前に空気作用管の取付け位置出しをしておきます~ヽ(⌒〇⌒)ノ作用管の取付けはキャブ取付け後なんですが 位置出しはキャブ取付け前の方が楽チンなのだ(^^;)6000円もするエコーモデルの超高級パーツなのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ
空気作用管を取付ける前にその下をくぐるエアコンプレッサー配管を検討する必要があり そのためにはランボードも検討する必要があるです(>0<)/ということで 先にランボードのパーツを合わせてみましたヽ(⌒〇⌒)ノ

これが 今回キットのランボードのベース板ヽ(●0〇;)ノすごいプレス抜きです!!細い部分は1mmもありません(^^;)

この部分に エアコンプや給水ポンプをまたぐ山形部のロストを嵌め込むのですが
このロストのランナーがメチャメチャいやらしいところに付いてるのだ(>0<)/ひ~~。ランボードの淵部があるので 普通にヤスリが掛けられませんヽ(´o`;)ノう~~ん・・・。なんで こんなところにランナー付けたんだろ~~??(^^;)

しかも このロストをランボードベース板に嵌め込んでみると・・・・大分スキマが開きます(^^;)よく見ると ロストが曲がってるので この分寸足らずになってるのかも・・・。この曲がりを修正するためにも ランナーの出っ張りを平にする必要があるです~ヽ(´o`;)ノう~~~~~ん これまたハードルが高い作業になりそう~~~。本来なら簡単に実感的なランボードが表現出来るようにと考えられた構成なんだと思うけどなかなか手強いのだ(>0<)/

ヤスリで削るのは難しいので おいらが持ってる唯一の電動工具のモーターツールでなんとか削り取りましたヽ(⌒〇⌒)ノでもモーターツール持っていることが前提のパーツはちょっとハードル高いかも~~(>0<)/画像の様に ボイラー側の横に板状のランナーを出してもらえば 仕上げやすいのだヽ(⌒〇⌒)ノ

で 平に仕上げたあと 曲がりとネジレもあったので修正してベース板に当ててみると・・・やっぱしスキマは開きます(^^;)これは 薄板を挟み込んで埋めるしか無いのだ。まあ スキマが開くかどうか?ここいら辺は部品に寄って個体差があるのかも(^^;)

で 給水ポンプ側のロストを図面に当てて寸法をチェックすると・・・・あれ~~ヽ(●0〇;)ノ全然違う!!どっちがほんと!??・・・・・どうやらロスト部品が正解らしいのですが(^^;)肝心な図面が間違ってるのは困るなあ~~・・・。

ランボード山形部ロストとベース板を十分に歪みや曲がりを取ってハンダ付けしましたヽ(⌒〇⌒)ノこれで 心細かったプレスの切欠き部がガッチリ固定されますう~!!


作用管取付け前に取付けた置いた方が楽な部品は先に取付けておきます〜(^^;)反射板ハンドルとその軸受けをエコー製に交換して取付けえ〜ヽ(⌒〇⌒)ノこれの取付けも穴がガバガバだったので一旦 太目の真鍮線で穴を埋めてから再度小さめの穴を開けて取付けてます(^^;)

空気作用管の前側の管継手部分を追加しましたヽ(⌒〇⌒)ノ管継手は金岡工房、 三本用作用管受けはニワです(^^;)

この後 キャブ本体→作用管取付け→ドーム回りのまとめ・・・・と進めます〜(^^;)

関東鉄道ヽ(⌒〇⌒)ノ竜ヶ崎探訪

11月23日は 関東鉄道で竜ヶ崎の機関庫の中を一般公開するというので見に行って来ましたヽ(⌒〇⌒)ノ
関東鉄道竜ヶ崎線は残り少なくなった昔ながらの関東のローカル線の一つなのだヽ(⌒〇⌒)ノ当日は111年記念ということで いろいろ催しがあった模様ヽ(⌒〇⌒)ノ

ガーランドベンチレーターも懐かしい旧型の532!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

竜ヶ崎の構内は駅と機関区が一緒になった まるで模型のジオラマのような配置ですヽ(⌒〇⌒)ノ

この機関庫の遣れ具合がまたすばらし~~~ヽ(⌒〇⌒)ノ黒いトタンがすっかり錆びていい味出してます~。この機関庫も蒸機時代からのものです~!

このプレハブの場所に数年前まで石造りの給水塔が立っていたらしいのだ(^^;)見たかったなあ・・・

気動車には賀正のヘッドマークが!\(●o○;)ノはや!・・・・と思ったら 年賀状用の写真を撮ってくださいということらしい(^^;)なあ~~るほど!!来年は辰年なので 竜ヶ崎線の年なのだヽ(⌒〇⌒)ノ

そしていよいよ 車庫の中は!!ヽ(`⌒´メ)ノ

・・・・・・・(^^;)う~~~~む・・・・雑然・・・。なんとなく親近感が湧くのだヽ(⌒〇⌒)ノでもまあ 雑然としてますが 地方ローカル鉄道らしいと言えばらしいのだヽ(⌒〇⌒)ノ


右側の出っ張りは元 作業室で旋盤とかの工具が並んでいたに違いないのだ(^^;)上毛電鉄の大胡車庫のようなのを想像してたんだけど・・・想像を超えてたヽ(´o`;)ノ

左の出っ張りの中は倉庫みたいですが 機能してるのかどうかも判りません(^^;)すごい!

その倉庫の中を外から窓越しに覗いてみると ちゃんと整理棚があったヽ(⌒〇⌒)ノ真新しい新潟トランシスやナブコ(日本エアブレーキ)の箱も!!

天井のトタンが美しい模様を見せてくれます~ヽ(⌒〇⌒)ノ車庫の骨組みは基本的には古レールですが車庫自体が古いので 相当な年代物のレールに違いないのだ(^^;)
車庫の中はここぞとばかりに撮りまくりなのだヽ(⌒〇⌒)ノ

これはエアコンプレッサーヽ(⌒〇⌒)ノ検査の日程表もあるのだ!

一番奥のトロッコの上にはエンジン?(^^;)作業機械?

今日はダルマ貨車も近づいて観察出来ます~ヽ(⌒〇⌒)ノこのリベットだらけの車体はかなり年代物かも(^^;)

いや~この感じをジオラマで出せたらレイアウトコンペ 特賞間違い無し!!ヽ(`⌒´メ)ノ
  
車庫の外側もいい味出してます~~ヽ(⌒〇⌒)ノこれが一般家屋だったら 廃屋同然なんだけど ここは立派な現役なのだ(^^;)

いや~ローカル色丸出しの竜ヶ崎ヽ(⌒〇⌒)ノいいもの見せていただきました!!

この車庫に出入りしていた4号機も近くに保存されているのでついでに見に行きましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ
 

なかなか好ましいC型タンクですばらしいコンディションなのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ
  
大正14年 川崎造船製ヽ(⌒〇⌒)ノ 昭和40年まで使われて 廃車は昭和46年とのこと
ず~~~~~っと この竜ヶ崎にいたらしいヽ(⌒〇⌒)ノ

いやあ〜〜〜いいもの見せてもらいましたあ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

そろそろ生地完成?

D51 そろそろ生地完成か?と思い記念のサイドビューを撮影ヽ(⌒〇⌒)ノ
D51サイド
しかし この写真を大伸ばしにして見ていると 従台車がなあーーんとなく前下がりに・・・吹出し弁も曲がってる(^^;)とほほほ。この従台車は台枠部分と台車部分が二重に首を振る特殊機構になってまして修正にはちょいと手間が掛かりそうだああヽ(´o`;)ノまた じっくり見ているうちに もうちょっと手を入れたい部分も見えてきました(^^;)黒くするのは もうちょい先延ばしかああ?(>0<)/とほほおお

ビデオ買った!

新しいビデオカメラを見に行ったらハイビジョンカメラを安売りしてたので買っちゃいました!!ヽ(⌒〇⌒)ノさっそく近くの真岡鐵道へテスト撮影
いやすごい!\(●o○;)ノ写真はなんとビデオのキャプチャー画面です。
これだけ高解像度にビデオが取れれば もうデジカメいらないかも(>0<)/
ビデオ撮って 家でお気に入りの画面を取り出せば ベストショットがいつでも手に入るデスヽ(⌒〇⌒)ノ
また ビデオ撮影しながら 高解像のデジカメも同時に撮れるので まさに一台で二台分ですヽ(⌒〇⌒)ノ
ハイビジョン

煙室内完了ヽ(⌒〇⌒)ノ

ニワと金岡工房のロストで煙室内を構成しました。給気管はφ1.6の真鍮線です。D51の場合は給水温め器の張出があるため せっかく付けたペチコートがほとんど隠れてしまいました(^^;)とほほ

初めましてヽ(⌒〇⌒)ノ

2003年に発売された 珊瑚模型の16番 戦時型D51を一昨年あたりから本格的に製作開始し ただいま やっと真鍮加工の最終段階になってきました(^^;)
最初は気軽に 一気に組んでしまおうという意気込みだったのですが だんだん熱が入り、かなりの泥沼にはまってしまいました。いつもの事なんですがね(^^;)とほほ
この機関車には かまぼこのカマちゃんと愛称を名付けて 気長に完成に向かって進めようと思いますので その進行をこちらで紹介させていただだこうとおもってますヽ(⌒〇⌒)ノよろしく

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 68
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme