趣味の総合サイト ホビダス
 

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-11

テンダーの後面側は一旦作業休止して こんどは機関車側を進めます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

最前面の妻面には金岡工房の角1mmのヒンジと掛金を取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノハンドブレーキの受けは マイクロのボイラー用管受けを利用(^^;)締切コックハンドルの受けは 複雑な形ですが類似品が出ていないので 厚板から削り出しましたあ~(^^;)・・・大変だったの!!(>0<)/指先もだいぶ削れたのだ!!

道具箱の上板も燐青銅板で作り直しリベットを打ちましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノなかなか細密感が出て来たのだヽ(⌒〇⌒)ノ



荷物入れ扉上の雨水除けを取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ側板淵のリベット植え込み~ヽ(⌒〇⌒)ノ地味いい~~な作業が続きます~(^^;)たはは

テンダー上面 炭庫の中を進めてます~ヽ(⌒〇⌒)ノリベット打ちが 続きます~~(>0<)/ひ~~~

キットの給水口は今ひとつなのでジャンクボックスの中にあった避雷器(つぼみ堂のEF65用)をドリルレースで成形して作成しなおしましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノM1.4ネジを植え込んであるので取付けは裏からナット止めで固定します~ヽ(⌒〇⌒)ノ

後部ライト等の取付けあるので脱着式にしておくと 後で楽なのだヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダー内のリベットをドンドン追加あ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

リベットの帯はエコーのウインドヘッダーです(^^;)かなりオーバースケールですが まあ 雰囲気は出るということで・・・(^^;)たはは

キュ~ちゃんテンダーの後部仕切り板の検討をするためいろいろ実物の写真を見ていると 気がついたのだ!ヽ(●0〇;)ノ旧型蒸機の後部仕切り板の下にスキマがあるのだ!ヽ(●0〇;)ノ

最初は鉄板が腐食してスキマが出来ちゃってる??・・・と思っていたんですが
ど~~もわざとスキマを開けている模様(^^;)下端を炭庫板に密着固定していないのだ!

これはD6046!キュ〜ちゃんだけじゃないのだ!ヽ(●0〇;)ノう~~~む また謎が出来た!(^^;)う~~~む
そこへ 掲示板常連のばんばんさんが「もしかしたら給水で溢れた水や雨水を逃がすためでしょうか?ブレーキをかけると慣性の法則で前に流れる??」とのコメント!ヽ(⌒〇⌒)ノなるほど~~~ヽ(⌒〇⌒)ノ溢れた水は石炭に吸い込ませるのかも~~!!しかし 大量に流れ込んだ水は いったいどこへ??(^^;)
大雨が降った時も炭庫の中の水をどこからか排出しないと 水で溢れちゃうのだ(>0<)/近代蒸機は キャブ側の石炭すくい口に穴やスキマがあって下に雨樋がありますが キュ~ちゃんも同じ??(^^;)・・・・・といろいろ写真を漁って見ると・・・。

石炭すくい口が 炭庫床板?から浮き上がってる~~ヽ(●0〇;)ノ

ということは このすくい口の下からキャブ床に水が地下水のごとく流れ出るのだろう~か???ヽ(●0〇;)ノう~~~~む(^^;)
すると 蒸機研究家のたかひろさんからアドバイスがありましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノきゃ〜〜
=============
給水ハッチの右側には排水管がありますよ。

ただし雨どいくらいの太さしかないので給水時に溢れた水はあらかた仕切板の隙間をくぐって前に行くでしょうね。

石炭すくい口は原設計では前上がりになってますが これだと炭庫の底に水が溜まってしまうので めじろうさんの写真のように改設計されたようです

炭庫の底に水が流れて京都の川床のように涼しげで宜しいんじゃないでしょうか。
==============
おお~!ヽ(●0〇;)ノやはり図面でも石炭取り出し口は浮き上がってるですか!!しかも152mmも!!ヽ(●0〇;)ノここから石炭が出て来ちゃわないのかなあ~?(^^;)

時たま 石炭取り出し口が無い保存機関車がありますが このためなんですね~ヽ(⌒〇⌒)ノ謎が解けた!写真はD6046のテンダーヽ(⌒〇⌒)ノ矢印部分に雨樋が付いていたと思われる跡があるのだ!
後部の仕切り板の下端にスキマがあるのは原設計からなのか?それとも各機関区や工場での仕様変更?なのか?・・・・と聞いてみると やっぱり原設計からスキマが開いてる設計とのこと!ヽ(⌒〇⌒)ノしかもスキマは1インチ!1/80で約0.3mm(^^;)結構開いてるかも~~。ぜ~~んぜん知らなかったのだ(^^;)

後部の石炭仕切り板をt0.2燐青銅板から作成いい~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

そして取付けええ~~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ちゃあ~~んと 仕切り板の下端に0.2~0.3ほどのスキマを開けたのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ1/80模型でこのスキマを表現したのは このキュ~ちゃんが最初かも~~!ヽ(⌒〇⌒)ノきゃあ~~!!

テンダーの前仕切り板はキットのものを改造お~ヽ(⌒〇⌒)ノ九州のキュ~ちゃんは石炭取り出し口の上に近代蒸機のように観音扉を追加してる場合が多いので その準備をしてあります~ヽ(⌒〇⌒)ノ


そして 仕切り板取付けええ~~ヽ(⌒〇⌒)ノこれでテンダーの基本のパネルが取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダー側板の淵は 内側のリベットを打つために穴だらけになりましたが その上にΦ0.6の甲丸線を被せて貼付けるので見えなくなります~ヽ(⌒〇⌒)ノ計算通り淵のラインに沿って慎重に曲げながらハンダ付けして行きます~ヽ(⌒〇⌒)ノあ~疲れた。仮付けで一通り位置決めしました!ヽ(`⌒´メ)ノ

テンダー側板の半丸の淵をハンダで本付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ奇麗にキサゲして仕上げましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノもっとゴツくなるかと思いましたが 思ったよりスマートに仕上がりました(^^;)さすが珊瑚製の甲丸線!!

助手席側の側のリベットも削り取りましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ機関士側とは少しパターンを変えたのだ(^^;)

キャブ側には縦の手摺も取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

九州蒸機独特の増炭板を製作ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ丸い穴はハンダ付け用の穴です(^^;)


テンダー本体にはめ込むと こんな感じ~~ヽ(⌒〇⌒)ノもうちょい ボルトや金具のディティールを付けてから本体に取付ける予定です~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


増炭板のディティールを追加しましたヽ(⌒〇⌒)ノ前側仕切り板上部にはカーテン受け取付け~ヽ(⌒〇⌒)ノ観音扉の掛がね取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

後仕切り板には 支え板取付け支え、両脇のアングル取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ


増炭板にボルトを植え込んで テンダーサイドに取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで増炭板取付け作業は完了です~ヽ(⌒〇⌒)ノ増炭板の中は 塗装後石炭を積む予定なのでキサゲ、仕上げ作業はしていません~(^^;)

おお〜ヽ(⌒〇⌒)ノだんだん九州のキュ〜ちゃんの姿が現れて来ましたあ〜!ヽ(⌒〇⌒)ノきゃああ〜〜すてきいい〜〜!!

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-10

機関車側がだいぶ形になって来ましたので ここでテンダーも少し進める事になましたヽ(⌒〇⌒)ノまずは 下回りを組みます~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

このキットでは三軸の車輪をそれぞれイコライザー等を使って三点支持になるように構成されてます~ヽ(●0〇;)ノ凝ってるのだ!!

ただ イコライザーの動く範囲が大きすぎます(>0<)/

そこで矢印の1mmの角線を挟み込んで動きを制限させましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノこれにより イコライザーは若干動くだけになりますが 自動車の様に悪路を走るわけじゃなく線路上を転がすだけなのでこれで十分なのだヽ(`⌒´メ)ノ
しかし 組立を進めると あとでこの車軸の上下の動きはロストの軸箱によって ちゃあ〜〜んと制限されることが判りました(^^;)たはは。 この作業必要無かったのだ・・・・(ーー;)とほほ



きゅ~ちゃんのテンダーをどう料理するか?(^^;)軽く仮組して検討します〜。きゅ~ちゃんの実車の資料写真 以外と少ないんですよね~(^^;)機関車側は結構あるんだけど~~。台車はこれにロストの軸箱、軸バネが付きますが その前にいろいろ作業が必要なのだ(>0<)/う~~~ん。まずは 三角補強は薄い板に置き換えるため切り取りました(^^;)たはは


床下の三角補強をt0.2燐青銅板より自作し取付けましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

横から見ると 補強の断面(矢印)が見えるのが特徴なのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ

キットのテンダーの台枠?は1mmの厚板なんですが この前端は この厚みが丸見えになっちゃうんですよね~(^^;)実際のキュウ~ちゃんの台枠はペラペラの薄板で構成されててここも薄い上板?が見えるようになってるです~ヽ(`⌒´メ)ノ

ということで 台枠の前端を切り取って t0.2燐青銅板に置き換えましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

これで前端のデッキ下が実感的になるのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダーの前端梁を作り直しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノキットのやつはテンダーの側板の板厚分(1mmくらい)短いのだ(^^;)Φ0.3燐青銅線のリベットを植え込み!ヽ(⌒〇⌒)ノ

切り継いだテンダー底板上面にもリベットを植え込み~ヽ(`⌒´メ)ノ

前端梁を取付けましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノリベットだらけになったのだ(^^;)しかし底板上面は この上にステップが付くので半分は見えなくなります~(^^;)

テンダー台車のフレームの前端には 写真のような穴が開いてます~ヽ(●0〇;)ノステップの影になって気がつかなかったのだ(^^;)

ということで 穴を開けましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

すぐ横の三角補強も取付け~~ヽ(⌒〇⌒)ノここにステップが付くと・・・・せっかく開けた穴は半分見えなくなります~ヽ(´o`;)ノとほほ

キャブ側のステップはキットのロスト製を取付けます。ヽ(⌒〇⌒)ノただし かなり肉厚なのでステップの支え板の前後は厚みを薄く見せかけるため斜めに削ってみましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ強度は保ちつつ結構効果的なのだ!!

ステップを付けても斜め後ろからみたら三角穴は結構見エルです~ヽ(⌒〇⌒)ノ穴を開けた甲斐があるのだ!

後の端梁もキットのは幅が足りないので作り直しです〜(^^;)

後部連結器受けをチマチマと自作うう~(^^;)旧型蒸機の後部連結器受けってニワやエコーでも出てないんですよね~(^^;)

模型用のカプラー首振り対応のため 多少横幅をオーバースケールにする必要があるので こんなところかなヽ(⌒〇⌒)ノ

後端梁は さらにリベット追加!ヽ(`⌒´メ)ノ連結器の開放テコも取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ自動連結器以前に付いていたバッファーの跡となる穴もあけましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダー底板に仮付けええ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

これで テンダーの基本的な形が見えて来ましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノきゃああ~~~!!

ここで蒸機研究家のたかひろさんから バッファーの位置はもう少し上では??とのご指摘がありましたヽ(●0〇;)ノ

たかひろさんがご呈示していただいた図面を見ると なるほど バッファーは後端梁の上下幅の中央くらいです(>0<)/

しかし 参考にした59684の写真を見ると やはりバッファー穴の跡はやや下よりなんですよね〜(^^;)う〜〜む

そこで提示していただいた図面と実物写真を端梁の上端に合わせて重ねてみると・・・・・・・バッファー位置と連結器位置はほぼ一緒で 端梁の下端位置が違い、立て幅が狭いみたいですね~(^^;)実物の製作ロッドで違うのか?途中で改造されたのか?判りませんでしたが 実物写真を優先して このままで行きます〜ヽ(⌒〇⌒)ノども〜

テンダー台枠 下のリベットの位置が低すぎるようなので植え込みで打ち直します~ヽ(`⌒´メ)ノ

そして テンダー下回りのハイライト!!ヽ(⌒〇⌒)ノ軸箱~担いバネ~イコライザー等々のロストを取付けます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

軸箱は左右があるので間違えない様に気をつけるです~(^^;)キットのロスト部品をベタベタ取付けて行くだけなんですが微妙に取付け穴がズレていたり ロストの修正等があり結構時間が掛かるです~(^^;)


さすが 珊瑚の高級キット!!ヽ(⌒〇⌒)ノ立体感!細密感抜群のテンダー台車なのだ!!エッチング板だけの構成だったテンダーに大物ロストパーツで足元で固められて ずっしりと重量感が出たのだヽ(⌒〇⌒)ノ

機関車のドローバーですが テンダー側にIMONの機関車用伸縮ドローバーを取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

機関車側に M2.0ネジとナット、Φ2.0パイプから自作したドローバーピンを取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダー前端梁にはATS車上子が付くので テンダー側をドローバーにしないと機関車とテンダーの脱着がむずかしくなるです(^^;)

機関車とテンダーの距離は結構スケールに近い感じです!!ヽ(●0〇;)ノテンダー側のロスト製連結緩衝器は長さ方向の寸法が大きく機関車と当たってしまうので大きく削ってあります(^^;)心配なのは このままカーブを曲がれるか??ですが・・・・(^^;)


R550のカーブもギリギリですが 問題なしです!!ヽ(●0〇;)ノさすが伸縮ドローバー!!!R550のSカーブも問題無く通過します!!ヽ(⌒〇⌒)ノきゃああ~~~!!・・・・ただし やっぱ伸縮ドローバのおかげというよりは・・・機関車とテンダーの車長が短いからかも・・・(^^;)たはは。またATS車上子や継電器箱がテンダー前端梁表面に付くと ちょっとヤバいかも(^^;)ま まずはこれでしばらく様子見なのだ!ヽ(⌒〇⌒)ノ

九州タイプの蒸機の定番 テンダーの植え込み式テールランプヽ(⌒〇⌒)ノ九州タイプの植え込み式ランプは もっとシンプルな感じなんですが九州タイプは売ってないので エコーの山陽タイプを使用します~(^^;)
ここにテールランプを植え込むにあたって 縦のリベットの列は削り取りましたヽ(`⌒´メ)ノ本来はリベットだらけのキュ~ちゃんのテンダーですが実際現役後期のキュ~ちゃんは テンダーの側板の張り替え等で結構リベットが無くなってるんですよね~(^^;)逆に リベットが完璧に残っている機体は ほとんど無かったみたい(^^;)当時の写真を見ながらサイドのリベットも削ってみます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

サイドのリベットを削り取りましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ側面のリベットがすっかり無くなってしまったキュ~ちゃんも結構いたみたいですが全部削るのも大変なので この辺で許してやるのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ
しかし ベース面に傷をつけずに削り取るのが大変ん~~~!!(>0<)/平ヤスリとキサゲで少~~しつづ削るんですが メチャメチャ時間が掛かるデス~(^^;)ふう~~

後面も一番下の横の列のリベットは全部削りました(^^;)やっぱ 水槽の下方が錆びやすくて張り替えてるのが多いみたい(^^;)助手席側のサイドは まだ削り取っていません。
そして 後面の配電管を一部設置い~~ヽ(⌒〇⌒)ノ電線管継手は全て角0.6の角線とΦ0.5の細密パイプの組合せです~ヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダー下回りとの接続部は 写真の様に上回りの下方に飛び出る(赤矢印)ので青矢印の足を取付けて 上回り単体を机上に置いた時 電線管が曲がるのを防ぎます~(^^;)

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-9

キャブ、テンダーに行く・・・・前に フロントデッキをちょいと検討ちゅう~(^^;)

開放テコは片側だけタイプにする予定なので 端梁は作り替えかな~~(^^;)

フロントデッキの一部も作り直します~ヽ(`⌒´メ)ノ

デッキを3分割してその中板を再作成ヽ(⌒〇⌒)ノコの字型にプレスされた台枠は プレス抜きでダレた部分をヤスってシャープに角を出し~ヽ(⌒〇⌒)ノ両脇のR曲げ部は3分割した両脇のデッキを使用します~(^^;)


ハックルプライヤーでしっかり押さえ、寸法をしっかり確認して 3分割デッキを合体させるです~ヽ(`⌒´メ)ノ

前端梁も作成して 連結器座を検討ちゅう~ヽ(⌒〇⌒)ノ左のIMONの連結器はゲンコツの大きさは良いけど やっぱ座の大きさが小さいかな~(^^;)1/87だしね~。右はエコーの日車Cタンクで使用しなかった連結器座

デッキと端梁を直角に注意しながら合体させましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノデッキのつかみ棒の取付け穴は一旦塞ぎました(^^;)実物はもっともっと車体外側に付いてるんですよね~(^^;)

まだ乗せてるだけですが デッキが付くと一段と機関車らしくなるですなあ~ヽ(⌒〇⌒)ノしかしデッキを機関車本体に合体させるのは もう少し周辺のディティールを付けてからになりそう~(^^;)


煙室横 ヘッドライト~前テールランプを結ぶ電線管設置ヽ(⌒〇⌒)ノ煙室横のステップの足の間を抜けて行くのがミソなのだヽ(⌒〇⌒)ノ


フロントデッキのステップ取付け~ヽ(⌒〇⌒)ノ

空気配管と電線管の検討ちゅう~~(^^;)

フロントデッキの開放テコ受けを取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

助手席側の受け(矢印)はパーツが無いので自作(^^;)気に入る形に仕上がるまで4~5個作り直し やっと納得出来るものが出来 取付けました~ヽ(´o`;)ノふう~~

エコーのテールランプをフロントデッキに取付ける作業開始!!ヽ(`⌒´メ)ノまずは Φ0.8燐青銅線を削ってランプ掛けを作ります~ヽ(⌒〇⌒)ノ

それにテールランプをハンダ付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ半田ごての熱で外れない様にΦ0.3燐青銅線の楔を植え込んであります~ヽ(`⌒´メ)ノ

これをデッキにΦ0.8穴を開けて差し込むと こんな感じになります~ヽ(⌒〇⌒)ノデッキの上にベタ付けだと ちょっと格好悪いのでランプ掛けにテールランプが引っかかってデッキから浮いている感じにしたのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

テールランプ取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ連結器座やキュ~ちゃん独特のバネカバー?も取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで ほぼフロントデッキは完成なのだ!ヽ(`⌒´メ)ノブレーキホースは破損しやすいので最後に取付けます~(^^;)


デッキはまだ置いてるだけですが これでフロントデッキを本体に取付けられます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

フロントデッキを仮止めしましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで しばらく様子を見るデス。

煙室扉枠にはヘッドライトとハンドレールを取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノハンドレールノブはサカツウ製のスケールに近い頭のやつを使用ヽ(⌒〇⌒)ノかなりスッキリ見えます~!

ヘッドライトにはΦ0.8のパイプを植え込んで煙室内への配線の準備をしてあります~ヽ(⌒〇⌒)ノ

エコーと珊瑚に行ってパーツを仕入れて来ましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノエコーでは 配管に割りピンとして使う細密帯とΦ0.5の六角ユニオンヽ(`⌒´メ)ノ

珊瑚ではキュ~ちゃんの窓周りやテンダーの縁取りに使用するΦ0.6の半丸線!!ヽ(⌒〇⌒)ノこの半丸線 はっちゃんのときはΦ0.6の真鍮線を削って作ったんだけど大変だったのだ(^^;)この半丸線 ダイスを作って引抜きで製作してるとのこと!!ヽ(●0〇;)ノだから断面形状は正確そのものなのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノすばらし~しかも珊瑚ではこれが1m 100円!!ヽ(●0〇;)ノ安すぎる~~!!

これで このキュ~ちゃんの窓枠やテンダーも実感的に作れるです~ヽ(⌒〇⌒)ノきゃあ~~!!

キャブ窓の周りにはΦ0.6の半丸線をハンダ付けしましたヽ(⌒〇⌒)ノこれを付けると大正機独特の雰囲気が出て来るです~ヽ(⌒〇⌒)ノ九州キュ~ちゃん独特のキャブ裾の点検穴も開けましたああ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

これで一気に九州力アップなのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-8

しばらく家のドタバタが続き更新が滞っておりました(^^;)すみません〜
組立作業は まだ再開出来てませんが 溜まってた記事のアップだけするです〜ヽ(`⌒´メ)ノ

ATS発電機本体が付いたので その電線管の検討ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

そして ATS発電機〜キャブ妻までの電線管取付け完了おお〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

配管途中の直角部につく電線管継手は□0.6の角線を加工した自作品です〜(^^;)ロスト製品もありますが 角線の方が穴あけ等の加工がしやすいのだヽ(⌒〇⌒)ノ

キャブ直前には主発電機用の配管も一部併設してあります〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

九州の蒸機はATSの電線管も分岐して主発電機に向かっていますヽ(`⌒´メ)ノたぶん九州機だけじゃなく 他の蒸機も本当は中の配線でそのような取り回しになっているかもしれませんヽ(⌒〇⌒)ノ

これを主発電機に向かって取付け 赤矢印の配線を青矢印の接続部に接続します〜ヽ(⌒〇⌒)ノ


これで発電機〜キャブ妻板までの配管が完了おお〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

そしてキャブ妻板部までたどり着いた電線管から管継手を介してキャブ内へ引き込む部分までを配管しましたああ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ
これで発電機回りの電線管は終了なのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ
電線管は細かい電線管継手や支えが沢山あるんで苦労するです~ヽ(´o`;)ノふう〜〜

主発電機の排気管を途中まで(マフラーまで)を取付けええ〜〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

その排水管と発電機の排水管を取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

う~~む(^^;)火室の上が かなりゴチャゴチャになって来たのだ(>0<)/もっとスッキリ配管するつもりだったんですが(^^;)たはは

バックプレートにニワの水面計取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ
次に注水器も!ヽ(`⌒´メ)ノ・・・・と思ったんですが それを付けるには床を整備しないと付けられないのが判明(^^;)次は床を整備するです~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

きゅ~ちゃんの床は9600原型オリジナルの段有りのタイプとします~ヽ(⌒〇⌒)ノt0.2の燐青銅板を曲げた段をM1.0ネジで固定しましたヽ(⌒〇⌒)ノ

最終的にはハンダ付けしますが まだ床下に配管とかの作業があるのでネジ止めとしてあります~ヽ(⌒〇⌒)ノ

段付き床の中央の網目板と格子振りレバーのカバーを作成ええ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ
実物のカバーは後から設置されたのか 形は千差万別(^^;)一番 作りやすいタイプにしてt0.2燐青銅板から作成しましたヽ(⌒〇⌒)ノ

早速 キャブ床に取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ固定後 Φ2.0の真鍮棒を植え込んで連結棒のピン抜き用の穴?の塞ぎ板を表現ヽ(⌒〇⌒)ノ

キャブ本体を被せると こんな感じ~~~ヽ(⌒〇⌒)ノなかなかキャブ内が立体的な構成に見えて来たのだ!!

取付けた段に穴を開けてインジェクターを差し込んでみましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ
インジェクターは金岡工房の左右です~ヽ(⌒〇⌒)ノしばらくニワのロストのインジェクターは右側がなかなか手に入らない状況でしたが金岡工房さんのおかげで左右セットでレベルの高いインジェクターが手に入る様になりましたヽ(⌒〇⌒)ノ

ただ 床下の配管等があるため段床が固定出来ないので インジェクターもしばらくは差し込んでるだけになります~(^^;)たはは

エアコンプレッサーのマフラー取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

部品はキット付属のロストを改造ヽ(`⌒´メ)ノ燐青銅板で足の長さを延長、排気管はΦ0.8の細密パイプを植え込み~ヽ(⌒〇⌒)ノ

足はちょっとゴツくて格好悪いんですが 一番触りやすいボイラー上部に独立して立つパーツなので ここは強度優先でいくです~(^^;)たはは

エアコンプレッサーの排気管を検討ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

慎重にボイラーのRに這う様にカーブを調整しますが三次元的なカーブとなり 曲げるのが なかなか難しいのだ(>0<)/ひ〜

排気管ヽ(⌒〇⌒)ノ取付け完了おお~~!

オイルポンプ温め用の配管の分岐(矢印)も取付けましたヽ(⌒〇⌒)ノこれでエアコンプレッサー周りの配管は終了です~ヽ(⌒〇⌒)ノボイラー周りのディティールも8~9割進みましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-6

エアコンプレッサーも付いて きゅう〜ちゃんのディティーリングも佳境に入って来ましたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

中高ランボードはちょっと長さが足りないのと余計な穴が開いているのでt0.2の燐青銅板で作り直します〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

中高ランボードにリベット植え込み完了お~ヽ(⌒〇⌒)ノ淵板(□1.0角線)も取付けヽ(`⌒´メ)ノ逆転棒はキットのロストがヘロヘロで引抜き材等で作り直したいところでしたが
生憎このサイズの引抜き材を持っておらず やむをえずロストを修正しながら使用することにしました(^^;)実際はもっと薄い板状なので逆転棒の裏側全体を削って厚みを薄くし機関士側のフォーク形状を調整しました(^^;)

まあ 半分は冷却管の裏側に隠れるし 触る事もそれほど強度も必要無いのだヽ(⌒〇⌒)ノ

逆転棒と逆転ネジの接続を検討ちゅう~ヽ(⌒〇⌒)ノ逆転ネジは金岡工房製ヽ(⌒〇⌒)ノ
上の表示器は切り取る予定(9600には付いていない)ですが つまみやすいので まだ残してあります(^^;)たはは

逆転ネジ取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ逆転棒と逆転ネジが接続されているように見せかけます(^^;)

ハンドルはまだ邪魔なので付けていません(^^;)最後に付けるです~。逆転棒もランボードの作業があるのでまだ固定せず差し込んであるだけです~(^^;)

きゅ~ちゃんはキャブ窓が大きいので逆転ネジが丸見えなので結構重要なアイテムなのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ

逆転棒受けを自作して取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ若干形が違うけど まあ冷却管の裏側で
あまり見えなくなるはずなのでこれで妥協なのだ(^^;)たはは

次は冷却管の曲げに挑戦します~ヽ(⌒〇⌒)ノ
同じ間隔で全列同じ長さに曲げるには やはり治具が必要ヽ(`⌒´メ)ノということで t0.5板にΦ0.5線を立てて治具を作成ヽ(⌒〇⌒)ノ使い勝手はあまり良く無いので改良が必要でしたがどうせ左右1個ずつしか使わないので我慢して調整しながら曲げます~(^^;)

まあまあの感じで曲がったようです〜ヽ(⌒〇⌒)ノよかったよかった!

冷却管を中高ランポードに固定ヽ(`⌒´メ)ノ

まだボイラー側に作業が残っているのでランボードは固定せず乗せているだけです~(^^;)
やっぱ 逆転棒受けは影になって目立ちませんね~(^^;)黒く塗ったらますます目立たないのだヽ(´o`;)ノまあ実物でも目立っていないのでしょうがないか・・・(^^;)たはは

砂撒き管の管押さえ取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノロストパーツの在庫が切れていたので帯板で自作しました(^^;)あ~疲れた

中高ランボードの裏に エアタンク取付用の板をハンダ付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノキットのランボードの一部を切り取ったものです~(^^;)

逆転棒受けの油壺も取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


機関士側の中高ランボードを固定しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで だいぶ進んだ気がします~(^^;)

エアタンクもネジ止め出来る様にしましたヽ(⌒〇⌒)ノエアタンクの固定はかなり後半戦になりますがその前の配管の検討に便利なので仮固定出来るようにしたのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ


引き続き 助手席側の中高ランボード製作ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ機関士側の経験があるので 順調に進んでます~(^^;)

助手席側の冷却管も折り曲げ完了お~ヽ(⌒〇⌒)ノ

中高ランボード取付けの準備が着々と進行ちゅ~~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

やあ~~~っと助手席側の中高ランボードを固定しましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

これでランボードより上側のディティールに進む事ができます~(^^;)
・・・・と 中高ランボードを取付け終了して一安心していたんですが 実物写真と見比べてみると・・・・ど~~~もイメ~ジが違う(ーー;)


どこが違うのか?・・とよ~く見ると 冷却管の支えの位置が冷却管折り返し幅に対してかなり広いのだ(>0<)/実物はもっともっと狭い!キットの図面に合わせて設置したんだけど気がつかなかったあ~~(>0<)/

ということで せっかく取付けた冷却管ですが また一旦取外して位置を修正ちゅう~~(^^;)ひ~~~

助手席側の冷却管の受け位置修正と取付け完了お~~ヽ(⌒〇⌒)ノそうそう!こんな感じなのだヽ(⌒〇⌒)ノ受けの位置だけで 結構雰囲気が変わるのだ!・・・・と思うのはおいらだけ?かも(^^;)たはは

機関士側も取外して修正ちゅう~~~ヽ(´o`;)ノふう~~~

支えと冷却管の位置を移動したので前の穴を埋めるのに苦労しましたあ~~(>0<)/ランボードを取付けた状態での作業なので たいへえ~~ん!


やあ~~っと冷却管を固定して取付け完了おお~~~ヽ(⌒〇⌒)ノもれで安心してランボードから上のディティールを追加してゆきます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

まずはコンプレッサーの塵濾しとその配管を整備ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

コンプレッサーの塵濾し取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

塵濾しは配管だけで支えられる事はまずないので このように必ず別の支えが付きます~(^^;)

次はコンプレッサーの給気管の整備に入ります~ヽ(⌒〇⌒)ノまずは調圧器ヽ(⌒〇⌒)ノキットのロストは使わずエコーの旧型調圧器を使います~~!エコーの調圧器はニワの製品と同等に非常に姿形がすばらしいのだ!ヽ(⌒〇⌒)ノ

コンプレッサーの給気管を検討ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノまずは Φ0.6の燐青銅線で布巻管を作成ヽ(`⌒´メ)ノパイピングの配置を検討します~~ヽ(⌒〇⌒)ノ一番シンプルでスッキリしたパイピングを目指します~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

やあ~~っとエアコンプレッサーの給気管、調圧器、締切コック、関連の細かいパイピングの取付け完了おおお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


一気に進んだ感じになりましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


調圧器とコンプレッサーの油壺が接近してるため 矢印の配管の向きを
実物同様に変えました(^^;)

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-5

前回までの作業の後 C591の塗装仕上げ、C62ゴ〜ルデンコンビの塗装仕上げが入り、約一年の期間が開いての作業再開です(^^;)

まずは火室の洗口栓を金岡工房のお皿状の火室パーツに交換!!ヽ(⌒〇⌒)ノこれ てっきり洗口栓の一種と思っていたんですが 実は中の火室のボルトの出っ張りの逃げだったのだ(>0<)/なあ~~んだ。昭和の近代機はボイラーケーシングをテーパーにして火室部分を膨らませて火室の出っ張りを逃げていますが カバーがストレートのきゅ~ちゃんは そのまま出っ張りで逃げているらしい(^^;)なるほど~

その上の洗口栓が外に飛び出ているのも その影響と思われます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

この取付け作業の後 しばらくして 蒸機研究家の たかひろさんから下記のようなご指摘がありました(>0<)/
=======================
火室横ステイの陣笠型カバーの件。現状、公式側4個、非公式側3個で位置も左右千鳥のようですけど ほんらい火室横ステイは缶中心線と直行なため左右同数同位置とすべきと思われます。
=======================
な、な~~るほど~(^^;)先日までこれは洗口栓の一種と思ってましたのでキットを信用してそのまま進めてしまいました(^^;)・・・が さすがに現時点から修正するのは厳しいので ここは目をつむります~(^^;)たはは。ご教示ありがとうございましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

次は最初のパイピングということで空気作用管の準備なのだヽ(`⌒´メ)ノ

実際のキュ~ちゃんの作用管はケーシングにヘロヘロと這いつくばった状態なんですが
既製品の4本の作用管受けはケーシングから浮き上がった形なので使えないのだ(>0<)/・・・ということで0.5角線を削って穴あけして自作う~(>0<)/ひ~たいへん!

早速 火室部分に取付けて 作用管を差し込んでみましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノなかなかいいかも~!洗口栓も実物写真を見ると もう一個あるので追加しました(^^;)矢印

引き続き 2本用作用管受け製作取付けえ~(>0<)/ひ~~~。しばらく この地味いい~~な作業が続きます~ヽ(´o`;)ノ疲れるう~~。刺さってる作用管は まだ仮に入れて様子見してるだけ~(^^;)今回は焼き鈍したΦ0.2燐青銅線を使用しますヽ(⌒〇⌒)ノ

チマチマと作用管の配管ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノヘロヘロしながらも整然としたパイピングを目指します~~ヽ(`⌒´メ)ノキュ~ちゃんはドレンとバイパス弁がロッド操作のため その作用管はありません(>0<)/煙室下まで伸びるのはシリンダ圧力計配管の一本のみ。コンプレッサ直前まで調圧器の配管が加わります~ヽ(⌒〇⌒)ノあとは砂撒き用の二本の計四本なのだヽ(`⌒´メ)ノ

砂撒き用の作用管の分岐を取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノT字の管継手は金岡工房製ヽ(⌒〇⌒)ノ小さいのだ!


砂箱の横に吊り金具を自作して取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ九州機には比較的多く付けているのが多いのだヽ(⌒〇⌒)ノめちゃめちゃ小さいので 何回もトライしてやっと妥協出来る形になりましたヽ(´o`;)ノ若干形が違いますが ここがおいらの限界なのだ(>0<)/う~~む

作用管を砂撒き管元栓に接続しましたヽ(⌒〇⌒)ノ砂箱もボイラにハンダで固定え~~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで やっと砂撒き管が設置できます~(^^;)

砂撒き管を取付ける前にボイラの下端、ギアBOXの開口部に帯板をハンダ付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

これは 開口部の部分だけ 横からのボイラのシルエットが痩せるため そのシルエットの痩せを補う帯です~(^^;)大部分はエアタンクで見えないのですが その両脇から少し見えるので ここは妥協せずに取付けるのだヽ(`⌒´メ)ノ

やっと砂撒き管を検討おお~~(^^;)キュ~ちゃんの主動輪用の砂撒き管はご覧の様に なあ~~んと動輪に巻き付く様になってるです~~(>0<)/なんじゃこりゃあ~~!!この機関車だけかと思ったら キュ~ちゃん全部こんな感じらしい(^^;)う~~む。こんな砂撒き管設置したら 動輪が抜けなくなるのだ(^^;)ど~~しよ~~~・・・・他の皆さんはど~~してるのかなあ~~~??(^^;)


砂撒き管取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ下回りに繋がる部分はあとで悩むです~~(^^;)じゃないと前に進まない・・・。しかしボイラーに密着する様に3次元的に曲げて理想的なカーブを描くのはなかなか難しいのだ(>0<)/ひ~~~

コンプレッサーを取付けるべく周辺の細かい配管を取付けます〜ヽ(⌒〇⌒)ノまずは マフラーの排水管とオイルポンプ保温用の蒸気管ヽ(⌒〇⌒)ノ

煙室横に付いているステップを取付け検討お〜〜ヽ(`⌒´メ)ノ9600の特徴の一つでもある このステップはご覧の通り取付けステーを介してステップ板が煙室から少し離れた感じで付いてます~ヽ(⌒〇⌒)ノ九州型の場合 そのステップのスキマを電線管が通っているのだ(>0<)/

キット付属のこのロストパーツはステップの編み目板を煙室側に伸ばし取付けランナーとしているため このスキマが出来ません(>0<)/そこでロストを削ってこのスキマを作ってスッキリさせるのだヽ(`⌒´メ)ノ

煙室側の差し込み口も板で塞ぎます~(^^;)

ステップ取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノこのスキマがすてき〜〜!

強度が大丈夫か気になりましたが 全然大丈夫のようです~ヽ(⌒〇⌒)ノ

コンプレッサー取付けをめざし チマチマとコンプレッサーに配管ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノまずは油壺を上部に移動して給油管を設置ヽ(`⌒´メ)ノ

コンプレッサーに配管取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノエア配管の途中までと排水管3本(^^;)

ボイラに置いてみるとこんな感じ~~(^^;)配管の接続先が まだ無いのでしばらくこれらの配管はブラブラのままなのだ(>0<)/早く作業を進めなくっちゃヽ(´o`;)ノ

慎重に位置、垂直水平を確認しながらコンプレッサーをボイラーに固定しました(^^;)

ランボードもボルト植え込み、逆転腕カバー上のツマミ等 細かい作業を完了ヽ(⌒〇⌒)ノこれも いよいよボイラーに固定します~ヽ(⌒〇⌒)ノ

実物のキュ〜ちゃんはコンプレッサーの前はランボードを繋いでいますが ご覧の通りランボードとコンプレッサーとのスキマをキッチリ塞いでるんですよね(^^;)

コンプレッサ部の切り欠きを塞ぐランボードを製作ちゅう~ヽ(`⌒´メ)ノ

ランボードを固定ヽ(`⌒´メ)ノコンプッサーの前のランボードも取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ
コンプレッサーに付いてる排水管3本も固定しましたヽ(⌒〇⌒)ノこれで だいぶ細密感が盛り上がって来ましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-4

昨年の秋頃からC591とC62ゴ〜ルデンコンビの塗装仕上げのため途中でストップしていた九州のキュ〜ちゃんの作業再開ですヽ(⌒〇⌒)ノ


前寄りランボードに そこに乗る逆転腕カバーの穴を開けてありますが それに油ポンプの穴も追加してあけましたヽ(⌒〇⌒)ノ逆転カバーの穴は 珊瑚のキットは逆転腕周りがゴッソリ省略されてるので それを表現するための準備です~(^^;)

しかし 下回りと合わせてみると 加減リンク受けとカバーの穴が全く合いません(^^;)

加減リンク周りがメインロッドやサイドロッドと接触しないように外に逃げているためらしいです~ヽ(´o`;)ノバルブガイドと加減リンク受けの中心はもうちょい近づいて欲しいところなのだ!ヽ(`⌒´メ)ノなんとかせねば!

珊瑚の新キュ~ちゃんキットの動輪はたぶん旧キットの流用で バランスウエイトとサイドロッドのクリアランスを保つためクランクピンのボスが かなり高いです~(^^;)そして新キュ~ちゃんキットはキャブ幅、ランボード幅をスケールに近づけたためシリンダーブロック、クロスヘッド幅も狭くなり 第一動輪のサイドロッドピンとクロスヘッドのクリアランスが苦しくなって第一動輪のボス、サイドロッドの厚みを削って低くしてるみたいです~(^^;)ただ それでも まだクリアランスはギリギリでスムースに走らせるには もう少しこの辺の調整が必要のようです~(>0<)/ひ~~~

動輪のクランクピンのボスを削って低くしましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノそれに伴い ガッツリとバランスウエイトがサイドロッドに当たる様になったのでサイドロッドの裏側のウエイトが当たる部分を削りました(^^;)青矢印。第一動輪のサイドロッドのエンド部も薄く削り ロッドピンも頭が出ない様にボスのネジ部を掘って調整しました(^^;)赤矢印。これにクロスヘッド、リターンクランク、加減リンク等を順次調整しながら取付けて加減リンク受けの幅を決めて行こうと思います~ヽ(`⌒´メ)ノ

ボスの削り込み、ロッドの削り込み等でサイドロッドとクロスヘッドのクリアランスは動輪の横動を目一杯近づけて ここまで確保出来ましたヽ(⌒〇⌒)ノこれで ここの引っかかりの問題は解消したのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ

返りクランク~加減リンクの取付け幅を調整するために こんどは主動輪のクランクピンを加工ちゅう~(^^;)珊瑚の蒸機の主動輪クランクピンの中央には写真左の様に段差があるので これをドリルレースで削り取ります~(^^;)

サイドロッドとメインロッドを薄くけずったり動輪のボスを削ったりしてお互いの当たり面等を弄ったせいか転がりが悪くなっていたので徹底的に軽く転がる様に調整しました(^^;)いつもながら苦労するところなのだ!結構 ロッドエンドと動輪のボスの当たり方でスム~ズさがガラリと変わるのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ
なんとか 緩い勾配でもシャカシャカと軽く転がる様になりましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノあ~良かった!次はクロスヘッドから伸びるユニオンリンク、コンビネーションレバー、ラジアスロッド、
そしてリターンクランクから伸びるエキパンロッド、加減リンクをちょいと検討ちゅう~ヽ(⌒〇⌒)ノ

このコンビネーションレバーも かなりオーバースケールで形体にも問題ありなんだけど これを実物に近づけようとすると これとクロスヘッドがガッツリ当たりそう~だなあ~(^^;)う~~~む。・・・・・・・・・・・・・ど~~~しよ~~~ヽ(´o`;)ノ

下回りをちょいと置いといて(^^;)またまた上回り。ランボード上の逆転腕カバーをハンダ付けしました~ヽ(⌒〇⌒)ノカバーの上には点検蓋が付いてるんだけど 板の表現だけなので金岡のヒンジを追加ヽ(⌒〇⌒)ノ なかなかいい感じになったのだ!!

裏側から見ると ちゃんと逆転腕が入るスペースを確保!!ヽ(`⌒´メ)ノ

キットでは省略されている逆転腕(青矢印)と逆転軸(赤矢印)を取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

しかし 機関士側からは 両方ほとんど見えないかも~~(^^;)

助手席側からは逆転軸は なんとか見えるのだヽ(⌒〇⌒)ノ

金岡工房の給油コックの取付けを検討ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

金岡工房の給油コックに配管をして取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ給油ポンプはニワ製がちょいと奥行きが足りないのでの裏に1mmの板を追加して厚みをだしました(^^;)

オイルポンプ箱取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ一気に細密感が出たのだヽ(⌒〇⌒)ノ

逆転腕の復元バネを取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ただし 複式エアコンプレッサーの裏側になるので たぶんほとんど見えなくなります~(^^;)たはは・・・・・いいのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ自己満足なのだ!必死に覗けば ちょっとだけ見えるかも(^^;)たははは~~

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-3

家のドタバタで 作業は牛歩のごとくです〜〜ヽ(´o`;)ノとほほ

キャブの天井に板目板をハンダ付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ前妻板との合わせ目にも角0.5の角線の補強を取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで キャブの側~天井の本体自体がメチャメチャ頑丈になったのだヽ(⌒〇⌒)ノ

そして ボイラーに取付け時 妻板との合わせ目から光が漏れません!!ヽ(`⌒´メ)ノこれで 室内灯を点けたとき 室内灯の光が合わせ目から漏れる心配も無くなるのだヽ(⌒〇⌒)ノ

天窓は開いた状態にするため ロストは使わず自作するです!ヽ(`⌒´メ)ノで キットの天井に開いた穴をガイドに枠を作ったんですが・・・・・ど~も小さい(^^;)それはそうで ロストパーツを差し込むサイズの穴だったのでまるで小さかったのです~(>0<)/最初に気がつかなかったのかあ~!

という訳で 天窓本体の大きさで作り直しました(^^;)たはは

天井裏のデッキ部の板目板も取付けましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

 そして一旦キャブはお休みしてボイラー側を進めるです~ヽ(`⌒´メ)ノ

まずは煙室下のランボードですが 上面にエッチングに寄るボルトが表現されているのですが ちょいと表現が浅いので一旦ヤスッてしまいフロントデッキ側のみΦ0.3の植込みボルト用穴をあけましたヽ(`⌒´メ)ノ

そして 蒸気管カバーの下側の折り返し部をリベットつき帯をハンダ付けして表現ヽ(⌒〇⌒)ノちょいとスケールオーバーですが なかなか雰囲気出たかも~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


反射板ハンドルと支点を取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ実物の この両者は蒸気管カバーとラップしておりキットの穴を一旦埋めて位置を蒸気管寄りに移しました(^^;)

パーツは共にエコーのロストを使用しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

エアコンプレッサーの台座を製作、取付け~ヽ(⌒〇⌒)ノ資料は蒸機の角度に載ってる コンプレッサーを外した写真のみ(^^;)しかし あとは取付け位置等で自動的に形が決まってくるのだヽ(⌒〇⌒)ノ
まあ コンプレッサーを取付けると ほとんど見えなくなっちゃうんですけどね~(^^;)コンプレッサーの位置、傾き、出っ張り具合等々を見ながら慎重にハンダ付けヽ(`⌒´メ)ノ


コンプレッサーのロストは金岡さんに頂いたニワのジャンク品(^^;)エアクリーナーの取付け部が切り取られているので あとで修復するです~ヽ(`⌒´メ)ノコンプレッサー自体は その周辺等の作業が終わってから取付けます~(^^;)
 ランボードを進めるにあたって 逆転腕~加減リンク受け~バルブギア~ロッド類の様子も見ておく必要があると思い ちょいとロッドを取付けてみる事にしました~ヽ(`⌒´メ)ノ
 で 早速 クロスヘッドのピストン棒がシリンダーカバーの穴に入らない(^^;)たはは。Φ1.4ドリルで穴を広げてクロスヘッド~メインロッドを差し込んでみると・・・・動輪が回らなくなります~(>0<)/わあ~~ん

原因を調べると クロスヘッドがカバーに当たってしまってます~(緑矢印)(>0<)/う~~む

動輪のクランクを真下に下げると 本当はクロスヘッドはスライドバーの中間に来なくっちゃ行けないんですが・・・・・・かなり前寄りに寄ってるですなあ~ヽ(´o`;)ノ

さらにクランクを後の死点に持ってくると スライドバーが これまたかなり余ってます~(^^;)・・・・ということは シリンダーの位置が違うか? メインロッドの長さが違うか?
 まさかと思いながら キット組立図にクロスヘッド~メインロッドのパーツを当ててみました(>0<)/

ぎゃああ~~~~!!ヽ(●0〇;)ノメインロッドが約1mm長いいい~~!!でも メインロッドの穴がズレて開いているという感じじゃないんですよね~(^^;)メインロッドのパーツ自体が長い?ヽ(´o`;)ノど~~~しよう~~~~~。というか 図面と違うって・・・・・どゆこと?(^^;)キット買ったみなさん ど~してるのかな~??
 そこでニワのC62用メインロッドがあったので比べてみました!!ヽ(`⌒´メ)ノ

上がキットのロッド、下がニワのC62用です~ヽ(⌒〇⌒)ノ
C62用は長さ的に かなりキュ~ちゃんの図面に近いかも~~(>0<)/形状もC62用のほうが断然近いのだヽ(⌒〇⌒)ノメインロッドの溝の幅はほぼ平行なんですよね(^^;)淵の厚さが太くなるのだ!キットのロッドは 形状的にはかなり印象が違うデスな~~ヽ(´o`;)ノ

実物の写真を見ると 実際は淵の厚さがクロスヘッド側が一番薄く 中ほどになると太くなり そしてビッグエンド近くなると また若干薄くなるのだヽ(`⌒´メ)ノ

図面に合わせると 若干短い(0.3くらい?)ですが バッチリ使えそうです~ヽ(⌒〇⌒)ノ
 後日 珊瑚模型の観察日記に載ってる79618の写真を見ると写真が小さいのでハッキリとは確認出来ないのですがメインロッドの形状や長さが改良されているように見えますね~(^^;)新キュ~ちゃんキットの途中で改良品が出たのかも?(^^;)・・・・・と思っていたら やはり N澤さんより 最新のキットのメインロッドはロストになって寸法は治ってるとのことでしたあ〜ヽ(⌒〇⌒)ノ


ニワのC62用ロッドで本体に嵌め込んでみましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ前後の死点で クロスヘッドはほぼ均等にスライドバーの両端に寄る感じなのだヽ(⌒〇⌒)ノ

クランクが下の状態でスライドバーのほぼ中間ヽ(⌒〇⌒)ノほぼ ピタリと合うじゃないっすか!形も ほぼ実物に近い感じなので これで行くのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノただ クロスヘッドとメインロッドを結ぶ段つきM1ネジを買って来なくっちゃ(^^;)現在は 普通のM1 ネジで仮止めしてるのだ(^^;)

C62用メインロッドがそのまま使えるということで金岡工房のメインロッドと段つきM1ビスを入手ヽ(⌒〇⌒)ノ取付けましたあ~!金岡工房さんでは本来はクロスヘッドとのセット販売のところ旧メインロッドが入った珊瑚9600キットの交換用としてメインロッドとM1段つきビスの組合わせで出してくれるそう~です~ヽ(⌒〇⌒)ノよかった!

キットのクロスヘッドとメインロッドを結ぶカシメピンを外すとヘッドにΦ0.8くらいの穴が開いてますんで そのままM1タップを立てます~ヽ(⌒〇⌒)ノ次に金岡工房製メインロッドのビッグエンド側の穴をΦ1.6に広げると使用可能となります~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ニワ製メインロッドはかなり厚みがあって 動輪のサイドロッド、ピンとのクリアランスが厳しく 薄く削らないとダメだなあ~ヽ(´o`;)ノと思っていたんですが

金岡工房製は 薄いので そのままでOKなのだヽ(⌒〇⌒)ノただし 第二動輪のピンはもうちょい低くしないと 本格的に走らせようとすると引っかかるかも(^^;)でもまあ それはもうちょい後で・・・・。

ボイラー後端、バックプレートの位置をほぼスケール通りにしたので
当然キットのモータは入らなくなります(^^;)さらにモーター前端も火室から前方にはみ出るので 若干モータが横から見える形になるです~(>0<)/

ということで モータはIMONの超高級モータヽ(⌒〇⌒)ノ7000円もするのだ!!モータの長さは ぼほ半分ヽ(`⌒´メ)ノ直径はほぼ一緒!
しかもトルクは強力で 十分すぎるくらいあるのだ!ヽ(⌒〇⌒)ノギアボックスもD51用と交換するです~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで モータはスッポリと火室内に納まり さらに前後に余裕があるですヽ(`⌒´メ)ノ

モーターが完全に火室内に収まることが確認出来たので火室の前側の壁(赤矢印)を設置しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノキットのモーターの逃げのためのボイラー切欠きも不必要なので埋めました(^^;)(青矢印)

これで モータや その切り欠きがほとんど見えなくなるです~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

・・・・と思ったら 中高ランボードだと もともとエアータンクに隠れてほとんど見えないのね(^^;)なあ~~んだ・・・。エアタンクが煙室横に設置してあるタイプだと 結構効果がある加工なんでしょうね~(^^;)たはは

アダチのC59用煙突を買ってきゅ~ちゃんに置いてみましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノほぼピッタシなのだ!!パイプ煙突のキュ~ちゃんは格好わるいので あまり好きじゃないんですがこれに交換された両数も結構おり この雰囲気も味わってみたいのだ(^^;)

という訳で 簡単にポン付けで 化粧煙突とパイプ煙突を交換出来る様に工夫して両方楽しめるようにするのだヽ(⌒〇⌒)ノきゃああ~~~~!!

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-2

キットの構成を考えると そろそろランボードとボイラーを合体させてボイラーの位置を確定したいのだ!ヽ(`⌒´メ)ノそのためにはボイラー単体で作業しておいた方が作業をやっておくです〜!!(>0<)/

まずはボイラーの一番上に分割ラインを一本入れるです〜ヽ(⌒〇⌒)ノ蒸機の写真を見ると だいたいここで分割されているみたいなんですよね~(^^;)強めのケガキラインを入れるのだヽ(`⌒´メ)ノ

ガイドになる端材をハンダ付けして ケガキでラインを入れましたヽ(⌒〇⌒)ノこうしないと必ず途中でズレてケガキラインが二本線になったり曲がっちゃうのだ(>0<)/ひ〜〜

接続ボルト用の穴あけヽ(`⌒´メ)ノまた スチームドームの近くに左右一個づつ 洗浄栓(閉)を追加あ〜!ヽ(⌒〇⌒)ノ

ボルト植え込み完了お~~ヽ(`⌒´メ)ノ追加洗口栓もハンダ付け完了。また ドームの裾をヤスリで少々整形中(^^;)ロストの乱れと厚みを調整中。

キットのキャブの下側には写真の様に点検蓋のエッチング表現があるのですが おいらが目指す九州タイプには蓋は無く切り抜きに寄る穴が開いているだけです~(^^;)よって このエッチングの蓋は不要なので平に削りたいんですが これがたいへ~~ん!!(>0<)/他の部分を傷つけずに この平らなエッチングの出っ張りを削るには単純にヤスリがかけられないのだ(>0<)/ひ~~~。

というわけで キサゲでコリコリと気長に引っ掻いて削ってゆきました~~(>0<)/ひ~~~。でも なんとか奇麗に平らにする事が出来たのだヽ(⌒〇⌒)ノキットでは この点検蓋は別付けにして欲しいなあ~~(^^;)

キットにはロスト製のバックプレートがついてますがロストにしては立体感が乏しいディティールなので一旦全て取り払って付け直すことにしました(^^;)たはは

糸鋸とヤスリにて平面にして ベースだけ利用します~(>0<)/これまた大変だったあ~。

ニワの旧型機用焚き口買って来なくっちゃ(>0<)/在庫あるかなあ~~?

キャブのバックプレートを整備するのに床の取付けを検討ヽ(`⌒´メ)ノするときゅ~ちゃんの床 段差が有るのと無いのとがあるのが判明(>0<)/

9608はご覧の様に床の両側が一段上がっているのが判ります!実物図面を見ると これにも段差があるのですが

筑豊方面で活躍していた59684の床を見ると段差が有りません(>0<)/え~~??初期型だけ段差があるのか?と簡単に調べてみると79615は段差があるんで そ~いう訳でも無さそう(^^;)メーカーに寄る差なのだろうか?(ーー;)ど~~しよう~~。
そこへ 珊瑚9600の大家でもあるN澤さんから 下記の情報をいただきましたヽ(⌒〇⌒)ノさあ〜すが!!
================================
9600のキャブ床、オリジナルは段付き、段がないのは後の改造みたいですが、いつ、どこで、どんな改造をされると段がなくなるのかはよくわからんですね。
 初めのころはキャブの後ろ妻板がなかったとか、妻板がついてもかなりきつめの後退角が付いてたとか、そんでもって、あとになって後退角の分側板延ばしてキャブを広げてるとか、キャブそのものでもいろいろ変遷があったりするし、空制を後付けしてる連中はエアタンクとコンプレッサ積むためにランボード周りをいじくってるだけじゃなくて、エア配管取回すんで、キャブの床下もかなり手が入ってたりするので、その時に何かやってるかもしれないし。
 確実、というわけじゃないですが、めじさんが一生懸命削り落としたキャブ裾の点検蓋、こいつが上のほうについてるのは段付き、下のほうだったらもしかすると段なし、と、一応判別の参考にはなるかもですが、下のほうに開いてても高い位置に床があって支障はないので、なんともです。
================================
段差が無いのは後改造でしたか!ヽ(●0〇;)ノということは かなりランダムに両タイプが存在するですね(^^;)筑豊のきゅ~ちゃんを調べると結構 段差無しが多いみたいですね~(^^;)特定番号を作るのではなかったら どっちを選んでも不思議は無いのだヽ(⌒〇⌒)ノ加工しやすい方、見た目が好きな方をよく考えて選ぶです~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


バックプレートに付くパーツを揃えましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノニワの旧型機用焚き口も在庫あったのだ(^^;)よかった!水面計、蒸気分配箱もニワ製で 左右の注水器は金岡工房の新製品なのだヽ(⌒〇⌒)ノこれに合わせて取付けの穴を開けて行きます~~ヽ(`⌒´メ)ノ

バックプレートのパネルの分割ラインもケガキで入れましたヽ(⌒〇⌒)ノ本当は そのつなぎ目にボルトを植え込みたいんですが さすがにバックプレートの厚みが1mmくらいあるので そこへΦ0.25~0.3の穴を数十個開けるのは大変なので省略(^^;)

ニワの旧型機用蒸気分配箱を買う時 C51用(右)と9600用(左)の二種類があったので どう違うのだろう?と試しに両方買ってみたのですが 比べてみると・・・・・・・・・・同じじゃん!!ヽ(`⌒´メ)ノ(おいらの眼で見た範囲では(^^;))ただしC51用のほうが鋳込みがいいので こっちを使用する事にしましたヽ(⌒〇⌒)ノ

一通り パーツを差し込んでみると こお~~んな感じい~~ヽ(⌒〇⌒)ノこれに分配箱にバルブや加減弁ハンドルが付くと 一層細密感が出るのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノただし 注水器や水面計、分配箱等はハンドル部が非常に曲がりやすいので
取付けはキャブ本体取付け後とします(^^;)とにかく ボイラー本体の位置決めのためバックプレートだけ先に固定するです~(>0<)/

焚き口及びバックプレートを固定しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

一気にボイラーらしくなったのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ

次にきゅう~ちゃんのボイラー、キャブ、ランボードを固定してゆく前に台枠の水平を出さねばなりません(^^;)

第三、第四動輪は中央一本のイコライザーで結ばれるんですが台枠を逆さにしたりしていると ご覧の通りイコライザと動輪の受けがすぐ外れてしまいます~(>0<)/

実は この対策品を珊瑚から頂いていたんですが長い間作業ストップしている間に無くしてしまいました(^^;)たはは。というわけで 対策品と同じく イコライザーの両脇に抜け止めの角線をハンダ付けしましたヽ(⌒〇⌒)ノ

これでイコライザーと受けが外れることがなくなり 台枠の姿勢が設計通りとなります~ヽ(⌒〇⌒)ノ

台枠の左右前後の水平が確認出来たので ボイラーを固定すべく ランボードのレベルを調整しているんですが なかなか難航しています~(^^;)たはは

治具を使って組んだ中高式のランボードですが、それぞれの板が繋がっているため こっちのランボードを水平にするとあっちのランボードが水平にならない!(>0<)/ひ~~。まあ 実物も そんなに奇麗に水平になっていないとは思いますが
 一番ベースなところなので ここはキッチリ決めておきたいところです~(>0<)/う~~ん・・・・。キットではランボードにボイラーを固定して下回りと合体する形となっています。しかし これだとランボードが正確に取付かないとボイラーが位置決め出来ないのだ(>0<)/

ということで バックプレートの下にスペーサーを追加して台枠に直接ボイラーが乗る形としましたヽ(`⌒´メ)ノこれでボイラーを基本にランボードの位置決めをしていくことが出来るのだ!!

火室横に台枠とボイラーをネジ止めする台座を設置しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

煙室内にも台枠とボイラーを固定するネジ座を設置ヽ(`⌒´メ)ノキットではランボードにM2のタップが切ってあり ボイラーとランボードを固定しないとボイラーと台枠をネジ固定出来なかったのだ(^^;)

これで ネジ止めにてボイラーが台枠の所定の位置に固定出来る様になりましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノこれに合わせてランボードを一旦バラして位置出ししながらボイラーに固定してゆくです~ヽ(`⌒´メ)ノ

キャブ寄りのランボードを所定の位置でボイラーに固定しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

これで 安定してキャブの取付けも検討出来る様になります~ヽ(⌒〇⌒)ノ

実物の煙室の下は若干鉄板の板厚が厚くなっているので これを表現するです〜〜!ヽ(⌒〇⌒)ノ煙室下のこの段差は他のD51などの機種でも見られますがデフ無しのキュ~ちゃんでは 結構目立つのだヽ(`⌒´メ)ノ


煙室の下に0.2板を追加ヽ(`⌒´メ)ノ

ボイラーと台枠、ランボードの高さ、水平が確認出来たところでキャブの床板のベースを作成ヽ(`⌒´メ)ノ


キャブ下のランボード?の上に乗せて これまた高さ調整ちゅう~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで 寸法がOKとなったら このt0.5の床板ベースをしっかりボイラーにハンダで固定します~~!ヽ(`⌒´メ)ノ

床板をガッチリキャブ下のランボードに固定した後は 矢印の補強を追加してさらに強固にします!ヽ(`⌒´メ)ノそして 赤線部分のランボードを切除しました!!ヽ(⌒〇⌒)ノ実物は こんなところにランボードは無いのだ!!

実物のキャブ下は 前から見ると こ~~んな感じでスカスカなのが見えるんですよね~(^^;)これまでのきゅ~ちゃんの模型の様にキャブ下にはランボードは存在しないのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ・・・・・ということで これがやりたくてキャブ床の改造をしてました(^^;)地味な作業が続くデス~~。

そして キットの後端梁も後に出過ぎてる感じなので 一旦切除ヽ(`⌒´メ)ノ

実際のきゅ~ちゃんはキャブ後面と後端梁の位置がほぼ一緒なんですが キットでは1.5~2mm端梁が出てるんですよね~(^^;)ということで 台枠の方もこの分短く改造する必要があるですヽ(`⌒´メ)ノ

後端梁を作り直します~ヽ(⌒〇⌒)ノキットのはいろいろ切り欠きがあって使えないのだ(^^;)まずは 植込みボルト用の穴あけ!

仮にキャブ下に嵌め込むと こお~~んな感じい~~~ヽ(⌒〇⌒)ノいいかんじじゃあ~~ん!しかし キットには機関車側の中間緩衝器が無いのだ(>0<)/う~~~ん・・・。ニワに9600用の中間緩衝器ってあったかなあ~~?(^^;)

手持ちの在庫パーツをアサルと きゅ~ちゃん用の中間緩衝器(^^;)持ってました。しかし 上がテンダー側で下が機関車側なんだけど こんな板バネが入ってたかな~?(^^;)

と59684の写真を見ると・・・・・(ーー;)全然違う~~・・・・。ま とりあえず機関車側のだけ使うのだヽ(⌒〇⌒)ノテンダー側はあとで悩むのだ!!・・・・・と ぼやいていると またまた9600の神様 N澤さんからのお言葉が!!ヽ(⌒〇⌒)ノ
=======================
テンダーの緩衝器、板バネ付はC50ですね。「6-13」テンダーの図面だけ見て騙されたんじゃなかろうか。板バネの無い緩衝器は、珊瑚でパーツがあるですよ。というか、キットに入ってない?新キューロクのキットなら入ってるはずなんだけどなぁ。
=======================

キットにはテンダーの緩衝器ついてましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノよかった しかしニワのやつはC50用でしたか(^^;)分からなかったあ〜〜!というか 板バネつきの緩衝器って どこにも載ってないんですよね~(^^;)勉強になるなあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノありがとうございました~!

後端梁にボルトを植え込み、中間緩衝器を取付けてからキャブ下フレームに取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

実は上で作りかけた端梁は使わずに作り直したのだ(^^;)中間緩衝器が端梁より結構上に出るのが判ったので それの受け部分を設置する必要があったからなのだ(>0<)/ひ~~~

これでキャブ本体がカッチリ所定位置にハマり込む様になりましたヽ(⌒〇⌒)ノだんだん充実して来たのだ!

キャブ下のステップ取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

これで後端梁が俄然 丈夫になったのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

一旦 これで床、端梁まわりの工作は一段落として こんどはキャブ側~天井周りをイジルです~ヽ(`⌒´メ)ノ

筑豊のキュ〜ちゃんヽ(⌒〇⌒)ノ-1

しばらく更新が途絶えていました(^^;)ども
C591は生地完成しましたが 塗装は涼しくなった秋以降に行う事にしましたので しばらくお休みです〜(^^;)ども

ということで 次のお題の珊瑚の9600 中高タイプで筑豊でアクセク働いていた姿を目指すのだヽ(`⌒´メ)ノ

9600は思い入れの強い機関車で資料も豊富にあるため 自分用にC5512と同じレベルくらいに力を入れて組むつもりなのだヽ(`⌒´メ)ノ・・・・が 下回りを一旦素組で組立ててみると台枠のシルエットが実物と大分違う形になっているのが判り その改造に躊躇してど~しようか?と一旦踏みとどまっていたんですよね~(^^;)

下回りも結構手を入れる必要があるのを確認したあと 上回りも少し進めて改造の検討をすることにしましたヽ(`⌒´メ)ノ

まずは中高タイプのランボードを組むため付属のジグを組立てて調整しましたヽ(⌒〇⌒)ノ

ランボードの上板と下板を組立え~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ランボードの上板、下板を合体ハンダ付けしてたら キャブよりの上板の一枚の曲げが かなり傾いて曲がってる~~ヽ(´o`;)ノとほほ。珊瑚のキット たまあ~に こういったミスパーツがあるんですよね~(^^;)交換してもらうのも面倒なので 0.2t燐青銅板で作り直すです~ヽ(´o`;)ノう~~む

ランボードの不良パーツを作り直しました(まん中)ヽ(⌒〇⌒)ノ右が不良品です~。

で 上板、下板を合体したランボードを組立治具の上に置いてみましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノなかなかいいじゃあ~~ん!!・・・・・が(ーー;)ちょっとまて! これを組んじゃうとジグから外すとメチャメチャ曲がっちゃいそうな状態になっちゃうのだ(>0<)/即 ボイラーに固定したいところですが ボイラーにはまだランボード取付け前にいろいろ加工したい箇所があるのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ・・・・・ということで ランボードはここいらでストップしてボイラーに移るのだ(^^;)たはは
 珊瑚の蒸機はモーターを入れるため 火室がバックプレート側に伸ばされてる場合が多いんですよね(^^;)今回は小型モーターに交換するということで正規の位置まで火室を縮めることにしましたあ~ヽ(`⌒´メ)ノということで どれくらい縮めるか??・・・・スタイルブックを持ってないので図面が無いヽ(´o`;)ノ

と思ってたんですが こないだ買った梅小路90年史に保存機の図面が載っていたのを思い出したのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ買っておいてよかった!!で 早速図面を見ると・・・・・・・(^^;)寸法がフィートインチ表示・・・。大正時代の蒸機はそうなのね(>0<)/う~~む・・・・。なんとかメートル、ミリに換算して図面の縮尺を算出したのだヽ(`⌒´メ)ノ

図面は原型の9600なので キャブの後妻がテーパーが掛かって斜めになっているのが判るデス~~ヽ(⌒〇⌒)ノこの分 横から見たキャブの長さが短く見エルです~!!初期の9600の模型はこの原型のキャブの寸法を使っているのでみょ~~に細長く見える作りだったのだ(>0<)/当然最近の9600模型は修正されてます~ヽ(⌒〇⌒)ノ

で ボイラーは約3mmほど後を削ることになりケガキ線を入れましたヽ(⌒〇⌒)ノ

ボイラー後端をケガいたラインに合わせて3mmほど切り取りました(^^;)
 火室のケーシングのつなぎ目のラインは手書きのケガキで表現されてるんだけど そのうちの数本がかなり薄くてケガキ刷毛で磨くとほとんど消えかかっちゃっいました(^^;)とほほ

というわけで 上からもう一度 深くケガキを引き直しましたヽ(`⌒´メ)ノ
一カ所一カ所についてガイドがズレない様にハンダ付けしてからケガくんですが
二本線にならない様に細心の注意で作業する必要があり メチャメチャ疲れたのだ(>0<)/ひ~~

実車写真を見ると 一両一両 このつなぎ目の位置や数が違うんですよね~(^^;)縦にも1~2本追加するかなあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

火室横に追加のリベット用穴開けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノそしてよく見ると発電機の取付け位置(緑矢印)の位置だとボイラーバンドに台座が掛かっちゃう・・・・台座位置を横にずらそうとするとハンドレールノブ穴に掛かっちゃう・・・(>0<)/ど~~してえ~~??・・・・・と調べると・・・

助手席側のハンドレールノブの位置が 機関士側と違う~~~ヽ(●0〇;)ノ全車両じゃないけど かなりの確率で左右対称の位置じゃないのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノしかも全然違う位置なのだ!・・・という訳で 新しくハンドレールノブの穴(赤矢印)を開けて 古い穴(青)を埋めるデス~ヽ(`⌒´メ)ノ

例の90年史のキュ~ちゃんの図面を見ていたら助手席側のハンドレールノブの位置が機関士側と違う理由が判ったのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ助手席側のハンドレールは新製当時 煙室横に付いていた加熱ダンパー(緑矢印)の調整ロッドを
兼ねていたのだヽ(⌒〇⌒)ノなあ~~るほど!!

助手席側のハンドレールのみ キャブの中へ突っ込んでいるのも不思議だったんだけど これで解決したのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノキャブ内では このハンドレールの先に調整ハンドル(青矢印)が付いていたのだ!!(>0<)/勉強になるなあ~~!!

交通博物館にあった9850の加熱ダンパーがこれ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ以前 この掲示板でも話題になった装置なのだ!

キャブ内の調整ハンドルからダンパーに伸びるロッドがキュ~ちゃんではハンドレールを兼ねていた(ハンドレール内を通っていた??)らしいヽ(`⌒´メ)ノ

火室部ケーシングつなぎ目追加ヽ(⌒〇⌒)ノオレンジ矢印
安全弁台座表現ヽ(⌒〇⌒)ノ水色矢印
謎の出っ張りカバーヽ(⌒〇⌒)ノピンク矢印
発電機台座部のカバーヽ(⌒〇⌒)ノ緑矢印
ATS発電機取付け跡カバーヽ(⌒〇⌒)ノ青矢印
九州のキュ~ちゃんのATS発電機は煙室のすぐ後に付いてるのが特徴何ですがはじめはここに取付けていた模様(^^;)途中で前に移動したみたい。理由は不明なのだヽ(´o`;)ノ

謎の出っ張りは 9600やD50、60によくあるんですよね~(^^;)
たぶん内火室を押さえている「たわみ控え」が結構飛び出てるので それを
隠すカバーだと思うんですが・・・・(^^;)

只今 洗口栓を検討ちゅ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ写真は後藤寺機関区で撮った59684!

洗口栓取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ上の洗口栓は キットでは(開)が付属してますが 九州では(閉)が圧倒的に多いのだヽ(`⌒´メ)ノということで下側に並んだ大きな洗口栓フタはキットオリジナルで上の小さなやつがエコーの洗口栓(閉)です(^^;)実物写真と比べると 大きな方がかなり形が違うなあ~ヽ(´o`;)ノ実物はもっと丸くて灰皿をひっくり返したような形なのだ(^^;)でも まあ妥協範囲かな~~・・・

で この洗口栓 これまた全車両ではないのですが結構な比率で実物写真の様に出っ張って取り付いてます!図面を見ると ここの洗口栓の四角のボルト頭?がかなり出っ張っており、それを逃げるためこんなに飛び出している模様。ただし 全車両ではなく普通にケーシングに密着してる車両もあるです。(^^;)

でも 面白いので模型も飛び出した形で取付けてみましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

アダチの安全弁(低)を取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ取付けネジを一旦埋めてM1穴を開け直しました(^^;)洗口栓も一カ所追加(矢印)ヽ(⌒〇⌒)ノ

今のところ このアダチ製安全弁が一番形がいいですね~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ハンドレールノブも穴を開け直したのを機に サカツウ製のノブに交換しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノほぼスケール通りの大きさでメチャクチャ頭が小さいくて実感的なのだ!!(>0<)/ただし取付け部がφ0.5なのでこれを使用する場合 珊瑚のボイラーに開いたφ0.7の穴を埋めて0.5に開け直す必要があるです~(^^;)
ちょいと後回しにしていたランボードを組立てましたヽ(⌒〇⌒)ノ

ランボードだけで下回りにネジ止めするとこんな感じ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ
しかし この状態だとちょいと外力が加わるとグニャリと変形してしまいます(^^;)早めにボイラーに固定したいところですが その前にはまだまだいろいろ作業があるのだヽ(´o`;)ノ

逆転腕カバーの部分は逆転腕を表現するかもしれませんので切り欠いておきましたヽ(⌒〇⌒)ノキットでは逆転腕受けがごっそり省略されてますのでなんとかしようと思っとります(^^;)

ボイラーを乗せるとこんな感じ~ヽ(⌒〇⌒)ノしかし この状態で乗せると後に傾いてしまいます~(^^;)キャブの前妻を付けるとボイラーの後側の高さが確保出来る構造らしいです~。

キャブ妻扉の窓枠が キットだとエッチングの凹みで表現されてるんだけど ど~~もオモチャっぽいので 薄板を貼って表現する形としましたヽ(⌒〇⌒)ノ

まずは 窓枠の外形の薄板(t0.1燐青銅)をハンダ付けヽ(⌒〇⌒)ノ

そして内側を窓形状で切り抜き仕上げましたヽ(⌒〇⌒)ノこのあとリベットを植え込むです~!

キャブ前窓枠にリベットを植え込みましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで そこそこいい感じになったのだ!!

前妻をボイラーに取付けましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで 下回り、ランボードに対する前後、上下の位置関係が決定します~ヽ(⌒〇⌒)ノ

キャブ本体をはめ込んでみると・・・・ヽ(●0〇;)ノお~~!すっかりキュ~ちゃんの姿になったのだヽ(⌒〇⌒)ノかっくいい~~!!

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 69
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme