趣味の総合サイト ホビダス
 

珊瑚D51標準機-ファイナルヽ(`⌒´メ)ノ

いよいよD51追い込みです〜ヽ(⌒〇⌒)ノ



キャブの手すり兼雨樋 φ0.4燐青銅線で取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ
差し込んであるだけだったキャブ床板にフチを付けてハンダ付けで固定しましたヽ(⌒〇⌒)ノ


キャブ窓の上の庇取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ
これでキャブは 発電機の排気管関連を残して完了です~ヽ(⌒〇⌒)ノ次はフロント回りなのだ!


ヘッドライトはキットのロストですがど~~も腰高だったので 一旦 ランプ本体と台座部分を切り離し削って再び合体しました(^^;)ヘッドライトには外径φ1.0内径φ0.8のパイプを貫通させて 点灯可能なように配線の穴を確保してあります~ヽ(⌒〇⌒)ノ



ナンバープレートの取付け座ですが ニワの扉は四本の真鍮線を立てて座とする様に穴があいてるのですが それだと座の位置がナンバープレート淵ギリギリとなって上下位置の調整が出来ないので いったん埋めて あらたに中央にφ1.0の座を二本埋め込みましたヽ(⌒〇⌒)ノこれでプレートの位置がある程度自由になるです~。


いよいよディフレクタ~取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで自慢の給水温め器の配管がほとんど陰になって見えなくなりましたヽ(´o`;)ノとほほ~~


デフステー取付け検討(^^;)特に実物は扉枠の前面に付くんだけど そこだと煙室扉枠の脱着がメチャメチャ面倒になるですヽ(´o`;)ノここは煙室上面に付く様に少しデフォルメするです~(^^;)

デフステー取付け完了おお~ヽ(⌒〇⌒)ノ前ステーは昨日書いたように 煙室の上に固定しました(^^;)デフの手すりも取付けて デフ回りの作業は完了お~ヽ(⌒〇⌒)ノ

端梁下の排障器も取付けヽ(⌒〇⌒)ノさすが13mm 所定の位置にちゃんと取付けられます~! これが16番だと こ~は行かないのだ(^^;)


煙室下に付く缶支えの支点と支え棒取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノここはキットのままです〜。

そして助手席側には 給水温め器排気管も取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノちゃんと先台車のクリアランスも確認~! φ0.8の排気管の先端にはφ0.5の穴をあけて管に見せかけてあるですヽ(`⌒´メ)ノ



前ステップ(キット部品)取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノエアホース(金岡工房)と鎖取付けえ~~連結器(金岡工房)取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ
エプロンとドレイン弁を付ければ この前回りは完成です~ヽ(⌒〇⌒)ノ次は 発電機排気管に行くです~ヽ(`⌒´メ)ノ屋根を取り外し式にしてるので 一工夫必要なのだ(^^;)

発電機の排気管取付け終了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


排気管は屋根部とマフラーの上部で分割とりなります~(^^;)屋根を取付けるときは写真のように 後の霧除けを引っ掛けた後 矢印の排気管の穴にはまるように屋根を所定の位置にかぶせ、ボイラー裏側からビスで固定します!ヽ(⌒〇⌒)ノ



汽笛取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ汽笛はオ〜ナ〜様から支給されたものです。(たぶんニワ製?(^^;))途中の引き棒受けは0.7X0.2帯板からの自作です(^^;)

機関士側の泥ダメを取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ支給されたウイストのロストは配管まで一体のロストだったんですが 非常に弱く曲がりやすかったので一旦配管を切除して燐青銅線に差し替えました(^^;)これで よっぽど強く引っ掛けなければ 曲がる事は無いのだヽ(⌒〇⌒)ノIMONの789Rでも従台車の接触はOKです~!これで キットと支給された部品は全て取り付け完了です~ヽ(⌒〇⌒)ノ残り 煙室扉のエプロン、その他強度アップのための補強をいくつか取付け予定です~(^^;)

給水ポンプとエアコンプレッサーの裏側に補強の支えを追加あ~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで 機関車を持ち上げるとき力が入っても これらが内側に倒れちゃう事は無いのだ!!ヽ(`⌒´メ)ノ

フロントステップの内側にも補強追加あ~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで 知らぬ間にステップが傾いちゃってることも無くなるのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ・・・・でも足掛け部分が弱いので曲がっちゃうんですよね~(^^;)

オ~ナ~様からのご指示で煙室扉下のエプロンは関西方面で多いタイプの超小型のものを取付けましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノこの大きさだと エプロンは直接煙室扉枠に固定しちゃっても脱着は可能なんですよね~(^^;)大型エプロンに備えて担いバネカバーを脱着式にしちゃいましたが まあいいか~ヽ(⌒〇⌒)ノ


最後に曲げやすい加減弁ロッドとハンドレールを燐青銅線で取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

これで ディティ~ルに関しての作業は完了です~ヽ(⌒〇⌒)ノぱふ~ぱふ~どんどんどん!!

組立開始してからほぼ2ヶ月でここまで来ました!ヽ(`⌒´メ)ノ
次はモーター取付けて走行調整に入ります~(^^;)

モーター取付け配線して 例のイモンの789RのS字+直線を走らせてみました~ヽ(⌒〇⌒)ノなあ~~んと一発クリアあ~~~ヽ(⌒〇⌒)ノどこもショートしませんでしたあ~!!まあ 下回りを完了した時点で尻棒、従台車、ブレーキシューでのショートはクリアしてましたので これがOKであれば動輪の小さいD51では動輪回りでのショート個所はかなり少ないのだヽ(`⌒´メ)ノ塗装はオ~ナ~さまでの作業になりますので 最終調整はそちら任せになりますが やはりちゃあ~~んと走る事は確認しないとね~(^^;)




これでD51は組立完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ次またまたクロスヘッド社のC622の組立依頼を受けてるのだ!ガンガン行くぞ〜〜ヽ(`⌒´メ)ノ

珊瑚D51標準機-5ヽ(`⌒´メ)ノ

そろそろテンダーも作業に入ります~ヽ(⌒〇⌒)ノ

Z仕様のテンダー台車はなかなか凝った構成なのだ(^^;)

担いバネを取付ける前に 車輪を付けてうまく台車として機能するかチェックなのだヽ(`⌒´メ)ノ

テンダー本体も パタパタと基本パーツを組立てて行きます~ヽ(⌒〇⌒)ノこの辺はキットのまま素組で進んでいるので 一気に進むです~!!

テンダーが形になって機関車全体のシルエットが出来上がってきましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ドローバーの短い方の穴でも IMONのカーブ余裕です~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

台車に担いバネを付けて 落ち着いた感じになりましたヽ(⌒〇⌒)ノなかなかの立体感ある台車になったのだ!!

テンダー後面の手すり、解放てこ取付けヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダー越しの機関車もサマになって来たのだヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダーの上回りの前側のディティールをどんどん進めます~ヽ(⌒〇⌒)ノ給水コック関連は あまり目立たないのでキットのパーツそのままです~(^^;)道具箱のヒンジには金岡工房の角0.8のヒンジ取付けえ~|ヽ(⌒〇⌒)ノ

だいたい素組に近いですが 道具箱扉とATS点検扉の上に雨庇を取付け(赤矢印)石炭すくい口の下に雨樋(青矢印)取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダーの前側はATSの配管を残してほぼ完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

テンダー後面の配電管、テールランプ(たぶんニワ)、ヘッドライト(ウイスト)取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ配電管継手は角線からの自作なのだ(^^;)

ATS車上子(金岡工房)とブレーキシリンダー(キット部品)取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

台車はエンドビーム取付けヽ(⌒〇⌒)ノ後面と前側のステップのロスト(キット部品)も取付けましたヽ(⌒〇⌒)ノ

暖房管、エアホース(キット部品)、鎖(金岡工房)取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

水口(キット部品)、 仕切りの三角補強取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ三角補強は□0.8角線から削り出しました(^^;)指が痛い・・・

機関士側のATS用電線管の設置完了おお~~~!!ヽ(`⌒´メ)ノ


これで ほぼテンダー完了おお~~~ヽ(⌒〇⌒)ノ
こんどは機関車本体の追い込みに掛かるです~!ヽ(`⌒´メ)ノ

珊瑚D51標準機-4ヽ(`⌒´メ)ノ


φ0.08のキサゲ刷毛を使い切ってしまったので 買ってきましたヽ(⌒〇⌒)ノこれで何本目だろう~??(^^;)

フロントデッキを組み始めましたヽ(⌒〇⌒)ノ

エプロン取付けを見越して 担いバネカバーの上板はネジ止めで脱着可能としましたあ~(^^;)

その他は パタパタと組立ててデッキ回りが形になった段階で本体に取付けるです〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

ニワの煙室扉を組立てようとロストのヒンジを組み付けてみると・・・・・があああ~~~んヽ(●0〇;)ノ全然合わない~~。枠と扉の穴位置が合ってない様です~~ヽ(´o`;)ノ結局扉の穴は埋めて開け直しました(^^;)う~~む。

フロントデッキを仕上げて 本体に合体完了おおお~~ヽ(⌒〇⌒)ノやあ~~っとでデゴイチらしい姿になったのだ!!給水温め器回りの配管が なかなか実感的なんですがデフを付けると半分以上見えなくなるんですよね~(^^;)たはは

発電機の給気管も取付けえ~!ヽ(⌒〇⌒)ノ


助手席側のキャブ下~ポンプ回りの配管をしましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ折り曲げた配管を配置するのに立体的に交差するので まるで知恵の輪状態だったのだ(^^;)ひ~~~。 まだ三方コック用のインジェクター部と暖房管が未取付け(^^;)

助手席側は暖房管、清缶剤タンク追加ヽ(⌒〇⌒)ノ

機関士側もそろそろ進めます~(^^;)まずは分配弁の台座と通気管取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ分配弁はM1タップを立ててネジ止めしてあります。(^^;)

機関士側のキャブ下、細かい配管とハンダ付けの作業なのでチマチマと時間が掛かります~(^^;)

キャブ下配管、最後の一本を検討ちゅう~ヽ(⌒〇⌒)ノ


キャブ下配管 完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノあ~疲れた

安全弁を姿のいいアダチ製に交換しましたヽ(⌒〇⌒)ノネジ径が違うのでタップを立て直します(^^;)ついでに安全弁座も鈴木工房製に交換!ヽ(⌒〇⌒)ノ重量感が出たのだ!


発電機の配電管取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ屋根上についてるごつい角線は雨樋ではありません(^^;)屋根をPカッターで切るためのガイドを仮付けしてるです~。

で 屋根を切り抜いて脱着可能にしましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ屋根の取付けは後の霧除け両端(赤矢印)をキャブの肩R部(青矢印)に引っ掛けてから 前方のネジで固定します~(^^;)

後部のみ天井を取付けヽ(⌒〇⌒)ノこれを取付ける事に寄ってキャブが非常に丈夫になるのだ!!

いやあ~機関車自体はかなり形になりましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

屋根上の吊り金具、暖房安全弁、信号炎管と霧除けにつく撒水管取付け完了おお~ヽ(⌒〇⌒)ノ
ここら辺で機関車側は一休みして そろそろ次回からテンダーを組立てることにします〜(^^;)

珊瑚D51標準機-3ヽ(`⌒´メ)ノ

キャブの垂直水平をチェック後 ポイラーに固定しましたヽ(⌒〇⌒)ノ

すると 先日取付けた加減弁返りクランクの位置だと 加減弁ロッドを水平にキャブに延ばすと前妻の丸窓に掛かっちゃうのが判明(>0<)/う~~ん
ということで ボイラーを切り欠いて返りクランクをボイラー内に食い込ませました(^^;)

で このまま屋根を取付けると 塗装後フロントガラスを入れるのがかなり困難なことに気がつきました(^^;)う~~む 今までは屋根を取り外し式にしてたから問題なかったけど 素組で屋根固定にすると かなり難しそう~(>0<)/特に逆転ネジ付けちゃったし~~・・・・。 屋根取り外し式にするしかない??(^^;)

助手席側の砂撒管を取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ砂撒き管のR付けは結構大変なのだ(^^;) オ~ナ~様からは関西方面にいたD51143タイプでとのご要望だったのだヽ(⌒〇⌒)ノ

機関士側の砂撒き管も取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ランボードの整備ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノボルト植え込みtと継ぎ目表現、そしてボイラー間の隙間表現まで大サービス作業なのだ!

め次郎工場仕様のボイラーとランボードの間の隙間が実感的なのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノランボードはまだはめ込んでるだけです〜。

給水ポンプ取付けえ~~!ヽ(⌒〇⌒)ノランボード取付け前に 給水ポンプの給気管を取付ける必要があるので 先にポンプを位置決めするのだ!ヽ(⌒〇⌒)ノ
給水ポンプはオ~ナ~様からニワ製ロストを支給されていましたが ディティール的に同等なのと大きさ的には珊瑚製の方がスケールに近いらしいので キットのロストを取付けました(^^;)ニワ製は少し小さいのだ・・・

主発電機とATS発電機取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノこれはオ~ナ~様支給のニワ製です~。

給水ポンプ回りの給水管と給気管、排気管も取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ランボードにはニワ製油ポンプと検査コック取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ



ランボードをボイラーに固定しましたあ~!ヽ(⌒〇⌒)ノ絵的には昨日とあまり変わらないかも(^^;)ランボードとボイラーの隙間に排気管が通っている感じがいい感じです~ヽ(⌒〇⌒)ノ


ブロアー管取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノφ0.5燐青銅線の布巻管砂箱前のステップも取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ

本日の作業は 給水温め器の後方に延びるエアコンプレッサーと給水ポンプの排気管を取付け~ヽ(⌒〇⌒)ノ金岡工房製ロストなのだ!

機関士側の蒸気管カバーも取付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノこれはキットのプレス部品

エアコンプレッサーの取付けも検討ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノコンプレッサーのパーツはオ~ナ~様から支給されたウイスト製のロストです~!キットのままだとエアコンプレッサーが奥まったところに付いちゃうんですよね~(^^;)本当は ランボードからコンプレッサーが少しはみ出るくらい外側に付いてるのだヽ(`⌒´メ)ノ・・・ということで 1mmの厚板のスペーサーを取付け板に貼付けましたヽ(⌒〇⌒)ノ下の方はロッドの当たりを逃げるため薄く削ってます(^^;)

これで ボリュ~ム感たっぷりにコンプレッサーが張り出た感じになりましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

エアコンプレッサー、調圧器取付け完了おお~ヽ(⌒〇⌒)ノ

D51のコンプレッサーの給気管はあまり目立たずランボードの直ぐ下を通ってキャブに入っているのが多いんですよね(^^;)空気管に隠れてほとんど見えないのだ。金岡工房の配管受けも取付け済みヽ(⌒〇⌒)ノもう これ無しでは ここの配管取付けは出来ません(^^;)


同じく金岡工房のモーションプレートの中梁も取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ
キットのモーションプレートの前にぺたっと貼るだけで ハイディティール感が盛り上がるのだヽ(⌒〇⌒)ノお手軽う~~

エアタンクと空気冷却管も取付けえ~~!ヽ(⌒〇⌒)ノ冷却管は曲がりにくい燐青銅線を使用しました!横からの長めが一気に完成に近づいた気がするデス~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


キット付属のロストの逆転棒取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノネジカバーをニワ製にしたので 逆転棒を水平にするのに苦労したのだ(^^;)

珊瑚D51標準機-2ヽ(`⌒´メ)ノ

上回りの作業が始まり どんどん組立を進めます〜ヽ(⌒〇⌒)ノ

ドームを整備ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノロストのドームはピタシ ボイラーに密着させるのが難しいのですが 今回はすぐに密着しましたあ~!ヽ(⌒〇⌒)ノいろいろなメーカーのD51のドームを見ましたが このドームの形はすばらし~~!!ヽ(⌒〇⌒)ノ一番 実物の印象をよく表してると思です~!!



バックプレートはウイスト製に交換です~ヽ(⌒〇⌒)ノ
塗装や仕上げがやりやすいように 脱着式とします!ヽ(⌒〇⌒)ノめ次郎工場初なのだ!バックプレートの下に引っかかる爪を取付け 上部には固定ネジ用のリブ取付けヽ(⌒〇⌒)ノネジ一本外して 下端を支点にキャブ後方に倒せば簡単にはずれるです~ヽ(⌒〇⌒)ノ


キャブの側も整備ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ後妻が寂しかったのでリベットを植え込みましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノこのリベットは 非常によく目立つので効果的なんですよね!!まだはめ込んでるだけです~(^^;)早めに 取り付ける予定!

こちらは 給水温め器の配管を検討ちゅう~~ヽ(⌒〇⌒)ノ蒸気管と給水管との間が開いちゃうけど ロストの作りの関係で仕方がないかな~~(^^;)またブロアー管の継手の穴が開いているのですが ブロアー管取付け穴のラインから上に外れています(^^;)う〜〜む

蒸気管と給水管との間が開いちゃうのは ど~~も我慢ならなかったので一旦 ロストの配管を切断ヽ(`⌒´メ)ノ

寸法を調整後 再び接続ヽ(⌒〇⌒)ノこんどはちょ~~どいい感じになりましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノブロアー管継手の穴も一旦埋めました(^^;)

給水温め器の取付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノ給水管、蒸気管、排気管とそのカバーもいいかんじ~~。煙突スカートにもφ0.4で取付けボルト植え込み~ヽ(⌒〇⌒)ノ

珊瑚の温め器の排気管は配管の固定を簡略するためか温め器の下からニョッキリ飛び出てる形になってますが 本当は温め器の機関士側から出て下を通って助手席側で表に出るので このように煙室から飛び出る形が正しいのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ

エコーモデルに行ってD51用のパーツを仕入れてきましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノまずは 鈴木工房のD51用先台車ヽ(⌒〇⌒)ノ見栄えの差は一目瞭然!!キットの簡略台車はとても大きくて目立っちゃうんですよね~(^^;)

上回りを乗せても 前からよく見えるので効果抜群!ヽ(⌒〇⌒)ノ


従台車の台枠後端部を切り離して後端梁に固定しましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノこれで 安心してキャブ下の配管が出来るのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

ドームの取付け準備してます~ヽ(⌒〇⌒)ノ
加減弁クランクはウイストのD51セットに交換ヽ(⌒〇⌒)ノ
キャブと屋根ははめ込んであるだけですが このキットのプレスは非常に合が良く楽チンに組めそう~です~~ヽ(⌒〇⌒)ノ


エコーの洗口栓も買って来たので取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノやっぱ 引物の洗口栓より断然見栄えがするのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ一番目立つところに付くのでこれも是非交換したいパーツなのだ!!

これからボイラー内側からのハンダ付けが増えるので 半田ごてのコテ先を金床とトンカチで叩いて引き延ばしました(^^;)これで 奥まで届くのだ!ヽ(`⌒´メ)ノ


逆止弁をニワのに交換ヽ(⌒〇⌒)ノオ~ナ~様支給部品なのだ!比べてみると 全然大きさが違うう~~ヽ(●0〇;)ノ早速 コテ先が役に立ったのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

ハンドレールノブと砂箱前のステップ取付け完了おお~ヽ(⌒〇⌒)ノ


金岡工房の逆転ハンドル取付けえ~~ヽ(⌒〇⌒)ノキャブ内はあっさり終わらす予定でしたが やはり窓からよく見えるパーツは付けておかなくっちゃね(^^;)

キャブの後の窓は 本当はもう一枚窓枠が付くんで 板から切り出して取付けました(^^;)これくらい キットで表現しておいてほし~な~ヽ(´o`;)ノ


オ~ナ~様から支給された ニワのお宝パーツ 開閉式の煙室扉なんですが 枠だけ試しに嵌めてみようとすると まったくボイラー径が合いません(^^;)計ると1mmほど扉枠が大きい様です~~ヽ(´o`;)ノ
実は このニワの煙室扉ですが 初期のパーツは テーパーの付いてないカツミ製D51ボイラーに合わせてあり 径が大きいんですよね~(^^;) その後 カツミやアダチ、珊瑚のテーパー付きボイラーが出るとそれに合わせて改良パーツが出たですヽ(´o`;)ノ両方とも同じ製品番号なので 計らないとどちらかは判らないんですよね~(>0<)/残念ながら 送っていただいたパーツはその前者だったようです(^^;) ここはキットの固定煙室扉を使うしかないか~~ヽ(´o`;)ノとほほ。もし ニワの煙室扉セットを持っていたら一度 チェックしてみましょ~!!

しかし それを聞きつけた金岡工房さんから 径が大きくて使えないニワ煙室戸枠旧製品を旋盤で削ってくれると申し出があったので お願いしてきましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノありがとうございます~!おお~!!削ってもらってバッチリボイラーに嵌ります~~!!ヽ(⌒〇⌒)ノすばらし~~!!これで部品代がかなり助かったのだ!!ヽ(⌒〇⌒)ノばんざ~~い!

珊瑚D51標準機ヽ(`⌒´メ)ノ

C62ゴ〜ルデンコンビが完成に近づき 部品待ち状態になったので 次の御題に取りかかります〜ヽ(⌒〇⌒)ノぱふぱふう〜〜!


お継ぎの御題は珊瑚D51標準機とクロスヘッドIA社C622宮原時代の二両です〜ヽ(⌒〇⌒)ノまたまた両方とも13mmです!!基本的に素組で行きますが オ〜ナ〜様から支給されたパーツと依頼されたパーツを交換して適度にめ次郎工場が納得いく形で組立てて行くゆく予定です〜〜。
 しばらく C62を組立てていたので まずはD51から行くのだヽ(⌒〇⌒)ノオ〜ナ〜様からは吹田機関区にいたD51をイメージしてくださいとのこと!・・・・といっても ほぼ原型??(^^;)

ということで 早速ここまで進めましたヽ(⌒〇⌒)ノD51は一度組んでるので もう説明書見なくても どんどん進められるのだ!! この状態ではスルスルととても軽く転がるです~~ヽ(⌒〇⌒)ノ順調じゅんちょ~。

ロッドの端面を削って カッチリさせました(写真の上のロッド)ヽ(⌒〇⌒)ノ

13mmなのに シリンダーカバーがストレートだったので矢印の部分に一発折り曲げ線を入れました(^^;)C62はちゃあ~んとシリンダーのすぼまりが表現されていたのにな~ヽ(´o`;)ノ

D51は後台枠を取り付けえ~ヽ(⌒〇⌒)ノ

従台車を組んで主台枠に取り付けてみましたヽ(⌒〇⌒)ノ
う~~~んヽ(´o`;)ノなんだか従台車が後下がりだなあ~~・・・。というより 取り付け中心ピンの長さが短いので前上がりになってる感じかも(^^;)

従台車の中心ピンを手持ちの長いピン(左側のピン)に交換してみました。ヽ(`⌒´メ)ノ

おおヽ(⌒〇⌒)ノだいたい水平になったです~~!! ひょっとしたらキットのピンの種類を間違えて入ってたんじゃないかなあ~(^^;)給水関連や空気配管との当たりを考えて従台車の台枠後端を切り離して主台枠の端梁側に固定する予定ですが 上回りを乗せて全体の姿勢が安定してからで無いと 高さに食い違いが出てしまうので ここはそのままで先に進むです~ヽ(⌒〇⌒)ノ

ブレーキ一式を取り付け完了おお~~ヽ(⌒〇⌒)ノこのブレーキ関連は小さな部品の半田が集中するので結構大変なんですよね~(^^;)しかも ショートの危険度が高く 非常に気を使う場所なのだ(>0<)/

で 第一動輪のブレーキ梁は矢印の様に左右分割に改造します(^^;)そうじゃないと先台車の脱着の度にブレーキを外さないといけなくなるのだ(>0<)/

火室下のダンパー取り付けヽ(⌒〇⌒)ノ

火室の側板とダンパーの蓋の取手も取り付けヽ(⌒〇⌒)ノ
いよいよ 上回りの調整に入ります~ヽ(⌒〇⌒)ノ

まずは ランボード取り付けジグを半田で固定ヽ(`⌒´メ)ノこれに シリンダーブロックに引っかかる仮のランボード(1mmの角線)を取付け、キャブの床板も所定位置に仮づけしましたヽ(⌒〇⌒)ノこれで 上回りを所定の姿勢で下回りに乗せる事が出来るのだ!!

上回りを乗せてトースカンで姿勢チェック!!ヽ(`⌒´メ)ノ珍しくほぼ調整無しにボイラーは水平が出ました!ヽ(●0〇;)ノしかも左右の傾きもほとんどありません!ヽ(⌒〇⌒)ノ順調じゅんちょう~~!!

給水温め器とドームを乗せてみましたヽ(⌒〇⌒)ノいかにも製造途中の蒸機ってかんじでいい感じ~~!!

シリンダーブロックに尻棒を取り付けて例のIMONレールのS字を通過させてみましたヽ(`⌒´メ)ノあれ~~??(^^;)C62ではあれだけ苦労したのに D51は全く問題ありません。もちろん 尻棒の内側は削ってあるのですが かなり余裕がアルです~ヽ(●0〇;)ノシリンダーブロックのサイドをストレートにしてシリンダー間を広げてるのかも~ヽ(⌒〇⌒)ノ

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 71
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme