趣味の総合サイト ホビダス
 

かしまあー(>0<)/その後

鹿島廃止10日後 仕事の合間を見て どうなってるか?を見てきましたヽ(⌒〇⌒)ノ
まだ 10日なので 大して変わってないだろうけど 保存車の写真でも今のうちに・・・・と思ってたんですが(^^;)
鹿島5-1
どひゃあぁぁぁーー!!\(●o○;)ノもう石岡機関区は線路を剥がし 踏切も撤去! 産廃業者が撤去した踏切信号を積込んでるぅぅー!(>0<)/はやあぁぁぁ!!!
鹿島5-2
でも残った車両達は手前に引っ張り出されてますが まだ変化は・・・・・・・(^^;)
鹿島5-3
と よく見ると床下がスカスカ?(^^;)エンジンがありません!!\(●o○;)ノありゃあぁぁぁ。
まだ先々週バリバリに走ってたのにぃぃー。\(●o○;)ノそんなぁぁぁ。
奥のKR500もヘッドライトや連結器等が外され 使える部品を取り外してる模様(^^;)たぶん 部品を全部剥がしたら 重機で一気に叩き壊されちゃのかも?!ヽ(´o`;)ノとほほぉぉ。10日前まで丹念に整備されて来た車両達があっというまに産廃になっちゃうとはヽ(´o`;)ノ 
鹿島5-4 
奥の機関庫付近は奇麗に線路が剥がされました(^^;)蒸機時代から残っていたこの車庫も風前の灯火です。満開の桜が咲く中 着々とと作業は続いていました(^^;)うーーーむ
鹿島5-5 鹿島5-6
無蓋車の上にはキハ602のもとのと思われるエンジンフレームが乗ってます(^^;)しかし 鹿島ってまだ こんなに貨車があったんですね(^^;)たぶん車庫の奥に引っ込んでたんだろうなぁー。
鹿島5-7
貨車の横には「関東・・・鉾田線」と書いてありますヽ(⌒〇⌒)ノこんな横にアングルが付いてる貨車はあまり見たこと無いですね(^^;)
鹿島5-9 鹿島5-10
最終日3部咲きくらいだった東田中駅の桜はもう葉桜になりかかっていました。(^^;)駅の表情はあまり変わってませんでしたが 近くの踏切の信号器や遮断機は撤去済み。駅のボードには最終日のお別れのメッセージが・・・。
鹿島5-11
常陸小川駅も外に相変わらずタクシーやバスが居て 一見まったく今まで通りですヽ(⌒〇⌒)ノしかし 駅舎の中では作業の方々が室内の机や棚を片付けており何も無くなりつつありました(^^;)ただ バスの待合室として駅舎は残されるんじゃないかな?(^^;)
鹿島5-8
構内には個人の方が引き取られる予定というキハ432と714、KR500の三両がブルーシートで保護されていましたヽ(⌒〇⌒)ノ石岡の身ぐるみ剥がされつつ有る三両とは処遇が違うのだ(^^;)
鹿島5-12 鹿島5-13
貨物ホームには外された信号機やリレーボックス、電柱が・・・(^^;)車止めとしてあった博物館級のシャロンの連結器も無くなってましたヽ(´o`;)ノ
鹿島5-14 鹿島5-15
鉾田駅も事務所の中が空になった以外は廃止前と全く変わらず 鯛焼き屋さんもそのまま営業してるじゃないっすか!ヽ(⌒〇⌒)ノ話を聞いたら移転先(駅前のお店)が出来るまでここで営業してるそうです(^^;)
鹿島5-16 鹿島5-17
鉾田に残された三両の車両達も最終日のまま。ただし いたずらを防ぐため監視カメラ作動中の張り紙が・・・(^^;)ほんとかなあー? 
皮肉にも現役時には出来なかった車両の下回りをじっくり観察することが出来ます(^^;)
鹿島5-18
日本を代表するDMH17は よく整備されていて廃車なのにピカピカです\(●o○;)ノ
鹿島5-19
気動車の創成期時代 軽便気動車などによく見られたアーチバータイプの台車(^^;)TR29
鹿島5-20
レーキは旧型客車と同じように一個のシリンダーで前後の台車を制動するタイプ(^^;)
今じゃ考えら無い車両だったのが良くわかるですヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島5-21
廃止後10日 線路は錆びても その枕木にはオールドタイマー達が落とした油が 現役の匂を生々しく残していましたヽ(´o`;)ノ八木蒔駅跡
しかし あちこちで設備の撤去は進んでおり あっというまにトワイライトぞーんと化すのは確実のようです(^^;)

さよならヽ(´o`;)ノかしまあー2

最終日レポート第二弾ヽ(⌒〇⌒)ノ
そろそろ夕方になり空も今にも雨が降りそうで 手持ちでの撮影もキツくなってきました(^^;)また 本日はどの列車も混雑のためか20ー30分遅れで時間がなかなか読めません(^^;)
鹿島4-35 鹿島4-24
夕闇せまる八木蒔駅は うっそうとした林の中で黄昏気分満点です!!ヽ(⌒〇⌒)ノフロントウインドウの中を見ると 超かぶりつきの真剣なまなざしが突き刺さります\(●o○;)ノ
鹿島4-26 鹿島4-27 鹿島4-25
いつもは こんな時間には人気が無い浜駅も 今日は何人ものお見送りの人たちが!ヽ(⌒〇⌒)ノ602と714の老兵コンビも朝から晩まで最後の奉公でフル稼働です(^^;)
鹿島4-28 鹿島4-29 
もう さすがに撮影も限界(^^;)あとは 最終列車を鉾田で見届けることにしました。
近くで夜食をとった後 まだ時間があるので鉾田駅の駐車場でしばし休憩(^^;)ついに雨が降り出し 鹿島鉄道の涙雨となりましたヽ(´o`;)ノ
鹿島4-30 鹿島4-31
雨の夜にも係わらず 鉾田駅前は山車とお囃子で大にぎわいですヽ(⌒〇⌒)ノ駅舎の中もまだ鯛焼きと切符を買うための行列が出来てます。(^^;)
鹿島4-32 鹿島4-33 鹿島4-34
21時半頃 431と432コンビの列車が発車してゆきました。次の最終列車は鉾田止まりとなり回送で石岡に戻るので 鉾田を出る営業列車はこの列車が最終となります(>0<)/さいならあーーーー!!
予定では最終列車は22時25分鉾田着なので22時頃 駅の構内へ入りベストポジションを確保!ヽ(⌒〇⌒)ノ雨もパラパラになって なんとか我慢出来る程度になってきた!
 昼の列車もかなり時間が乱れていたので最終列車も遅れるのは覚悟してましたが 警備員から「今 石岡を発車しました」の説明!\(●o○;)ノえええええー!!・・・・・まあしょうがない(^^;)
また「鉾田駅でのイベント、セレモニーは特にありません!」とのことヽ(´o`;)ノなああーーんだ。
まあ 最終列車の最後だけでも見届けるのだヽ(`⌒´メ)ノ
 やがて雨もなんとか止み 大勢の人々が鉾田のホームを取り囲みました。ヽ(⌒〇⌒)ノ鉄ちゃんも多いですが地元の一般の人たちも多く 半々くらいか?
鹿島4-36 鹿島4-37 鹿島4-38
23時20分頃 最終列車が静々とやってきましたヽ(⌒〇⌒)ノさっき鉾田発の最終列車だった431と432のコンビです!パチパチとまばらな拍手が湧きましたが 拍手してるのは一般の方々(^^;)鉄ちゃんは撮影してるので拍手できませんヽ(´o`;)ノたはははは
車内は例によって超超満員状態(^^;)乗ってる人たちからも拍手が聞こえます。きっと車内では感動的な車内放送があったに違いないのだ(>0<)/聞きたかったなあーー。
鹿島4-39 鹿島4-40
セレモニーは無いとのことだったので このまますぐ回送で出てゆくのか?と思っていたら 乗客が全て降りて 一息ついた頃 役員さんらしき人が花束をもったおばちゃんを引き連れてホーム上に上がり また若い車掌さん(?)を連れて来て 花束贈呈がありましたヽ(⌒〇⌒)ノきっと予定に無かったのですが 花束を持って来たおばちゃんが嘆願したのかもヽ(´o`;)ノ 車掌さんからも「みなさんありがとうございました」のあいさつが(>0<)/わあーーん。泣けるううー!!
鹿島4-41
しばらくすると 431の室内の灯りが消され お別れヘッドマークや行き先表示板も外され いよいよ お別れの回送列車が発車か?ヽ(´o`;)ノ
鹿島4-42
・・・・・・と思ってたら なんと石岡側の432が切り離されました\(●o○;)ノなんでえーー?
そして 432のみ 石岡方面へ去ってゆきました(>0<)/さいならあーー。もう鉾田に来ることも再び431と手を繋ぐことはないんだろうーなあーヽ(´o`;)ノ
鹿島4-43
そして 残った431もまだ多くの見守る人たちからの拍手の中しずしずと 石岡方面へ動き出しました。ヽ(´o`;)ノさいならああーー。
鹿島4-44
駅の中は 最終列車が出て行ったにも係わらず まだ鯛焼きに行列が!\(●o○;)ノおばちゃん大丈夫うーー?
さあ それじゃあ帰ろうかヽ(⌒〇⌒)ノと駐車場へ向かうと・・・・・・・
鹿島4-45
あれ?(^^;)さっき出て行った431が居る。しかも 普段使われていない側線に入ってます。\(●o○;)ノなんでえーー?
慌てて 三脚を取り出し バルブ撮影ヽ(`⌒´メ)ノと やっていると・・・・・
鹿島4-46 鹿島4-47
なんと 二度と来ることは無いと思われた601とKR505が回送されて来たじゃないっすか\(●o○;)ノうーーむ判らん(^^;)
鹿島4-48 鹿島4-49
回送された二両が停止すると 横の431も頭を揃えるように位置を修正して停まりました。ヽ(⌒〇⌒)ノ・・・・たぶん この三両はここで留置となりそうです(^^;)
うーーむ(ーー;)まさか ここで解体とか?またはここから引き取り先へ運び出すのか?(>0<)/謎のまま鉾田を去りました(^^;)
営業の終わった石岡機関区へ行ってみましたヽ(⌒〇⌒)ノ
もう 日が変わって4月1日の深夜です(^^;) 陸橋の上にはまだ同じようにポツリポツリと鉄ちゃんがいます(^^;)
鹿島4-50
機関区や駅には灯りがともっており まだ全ての設備は機能しているようですヽ(⌒〇⌒)ノが いつもたくさんの気動車たちで賑わっていた構内は なにも居ませんヽ(´o`;)ノさすがに終わったんだなあーーという実感が湧いてきます。ヽ(´o`;)ノ
鹿島4-51 鹿島4-52
しかし よく見ると 奥に602とKR500が二両残ってましたヽ(⌒〇⌒)ノ
ということは 残りの714と432は・・・・・・多分 常陸小川?(^^;)ううーむ あのカバさん解体のシーンが頭をよぎる・・・・
なにはともあれ 鹿島の車両たち ごくろうさまでしたああー!!ヽ(⌒〇⌒)ノ
ということで 最終日のすべてを見届けて 宇都宮へ向かいました!さよならああーー(>0<)/かしまあーーー!!帰りはものすごい霧で車の運転は大緊張(^^;)
また 空いた時間を見て 鹿島を訪ねてみようと思いますヽ(⌒〇⌒)ノ
ありがとうー!!ヽ(⌒〇⌒)ノかしまあー!!

さよならヽ(´o`;)ノかしまあ

3月31日 鹿島鉄道最期の日。この目で終わりを見とどけようと行ってきましヽ(⌒〇⌒)ノ
7時前にオニギリ号で宇都宮を出て石岡に9時前に到着。さっそく石岡機関区と駅を覗いてみると。
鹿島4-1
すでに714と602は運用に付いて不在(^^;)ホームにはまだ9時前だというのに人が溢れてますが機関区はいつものように 気動車達が次の運用に備えスタンバイしていますヽ(⌒〇⌒)ノ
本日が最後ということで 定番撮影スポットや今まで行ったことの無い駅を精力的に回りましたヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島4-2 鹿島4-3
まずは浜駅。駅前の桜を期待したのですが 残念ながら全く咲いていませんヽ(´o`;)ノ暖冬でも桜は間に合いませんでしたね。
鹿島4-4 鹿島4-5 鹿島4-6
桃浦付近を移動し 列車のタイミングで撮影スポットに寄りながら石岡方面へヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島4-7
東田中駅横の桜が沿線では一番多く咲いているかんじですが それでも三分咲きってところでしょうーか?(^^;)一週間早かったなあー。
お昼はネットでおそばがおいしいとの噂の玉造町駅のそば屋へヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島4-8
いやヽ(⌒〇⌒)ノボンネットバスが似合うひなびた駅です!そば屋では そば寿司なるものを頼んだんですが これまたうまい!!ヽ(⌒〇⌒)ノしかしこのそば屋も残念ながら鉄道廃止と同時にお店を閉めるそうで 本日までヽ(´o`;)ノとほほー。
続いて 百里基地へジェット燃料を送るための設備があった榎本駅へヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島4-10
駅敷地の一部は防衛省の管理となっており なにやらキナ臭い雰囲気が(^^;)
鹿島4-9 鹿島4-11 鹿島4-12
入って来た列車の車内は 朝の山手線か埼京線並みの混雑!!\(●o○;)ノぎゅるるるるるるうううう!!!と 苦しそうにエンジンを唸らせながら発車してゆきました(^^;)これまでは 壊れないように古い車両は一日一往復だったそうですが もうこれで最後とばかりにエンジン全開フル回転です(>0<)/
今日は夜の最終列車を鉾田駅で見送ろう!!と決めていたんですが 一旦鉾田駅の様子を見に行きましたヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島4-14 鹿島4-13 鹿島4-15
鉾田駅前では山車が出てお囃子も鳴って お祭り状態ですヽ(⌒〇⌒)ノ駅舎も人が入れないくらいの大盛況\(●o○;)ノ長い列が外まで出来ていて なんだろう?と見てみると中のたい焼きを買う行列でした(^^;)切符を買う長い列も出来てますヽ(⌒〇⌒)ノなんでも もう入場券は売り切れとか・・・硬券だし そんな何百枚も用意してなかったろうーねー(^^;)
駅舎の事務所横では昨年から模型走行と写真展示が公開されていますヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島4-21 
前塗装と現行塗装の430型もありましたヽ(⌒〇⌒)ノよくできてる!
鹿島4-22 鹿島4-23
そして DD901カバさんの解体シーンの写真がああ!\(●o○;)ノきゃあー!
恐竜のような重機に車体を食いちぎられてますううう!!(>0<)/ひいいい!!
残された鹿島の気動車達も こうなっちゃうのかなあーヽ(´o`;)ノ
鹿島4-16 鹿島4-17
ホームは?と見るとご覧の有様(>0<)/次の列車に乗ろうと駅舎の中まで列が出来てますうー(^^;)乗れるのかな?お客のほとんどが 鉄ちゃんではなく地元の家族連れですヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島4-18 鹿島4-19
当然 到着した列車も超満員状態で駅はもう凄い状態(^^;)
鹿島4-20
発車する列車は新型二両とはいえ 16m車でクロスシート車なので 中の状態は推して知るべし・・・ヽ(´o`;)ノごくろうさまですーー。
ということで そろそろ夕方に突入(>0<)/鹿島の夕暮れが近づいてきましたヽ(´o`;)ノ  
        つづく!!ヽ(⌒〇⌒)ノ

またまたまたまたヽ(⌒〇⌒)ノかしまあー!2

昼は だいたい田園や湖畔を走る列車を撮影し 少々疲れたので 目的の夕日を待つため桃浦駅で時間を潰すことにしましたヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島3-14 鹿島3-15 鹿島3-16
桃浦駅はホームから霞ヶ浦が見える素朴な交換駅ですヽ(⌒〇⌒)ノ何本かがここで列車交換しますが スププリングポイントのため駅員は居なく無人駅です(^^;)ホームには屋根もベンチも無く 気持ちがいいくらいですヽ(⌒〇⌒)ノ空が広い!
やがて新型のKR500が到着ヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島3-17 鹿島3-18
サイドには83年間ありがとうのメッセージが大きく書かれています。後部のウインドウにはぶりつきで景色を楽しんでる将来の鉄ちゃんが!ヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島3-19 鹿島3-20 鹿島3-21
すると反対側から また430の列車が到着ヽ(⌒〇⌒)ノ今日はこれで4回目です。車内は例によって満員。(^^;)430は半室運転席なので 助手席側はこれまた超かぶりつき状態です。(^^;)ごくろうさまあ。そして 去ってゆくキハ430・・・・。
つづいて またまた714と602の列車が到着ヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島3-122 鹿島3-23
夕張鉄道で9600達に囲まれて活躍していた車両が今だに目の前で活躍してるのが見れるなんてすばらしヽ(⌒〇⌒)ノ!!夕日に照らされて とってもいい夢を見てるみたいですうー!。ヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島3-24 鹿島3-25
生きた化石(>0<)/TR29台車が現役で動いてるのを見れるのも信じられーーん!!ヽ(⌒〇⌒)ノ602のサイド、床下機器、プレスドアは昭和12年製 戦前生まれのキハ07そのまんま!!
・・・・と 少々興奮した後(^^;)そろそろ夕日を撮りに 桃浦駅近くの丘へ向かいましたヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島3-26 鹿島3-27
夕方になって 乗客も一息ついたためか 後の列車は新型のKR500 1両となりました(^^;)でも シルエットなのでこれでもいいかもヽ(⌒〇⌒)ノ 
輝く霞ヶ浦をバックに2本を狙い撃ちヽ(⌒〇⌒)ノしかし まだ頭に描いた夕日との組合わせとはちょいとイメージが違うなーヽ(´o`;)ノでも これで日が沈んじゃうかも・・・と思ったのですが もう一本だけ待ってみることにしました(^^;)しぶとい。
鹿島3-28
早く来ないと日が沈んじゃうーーーー!!(>0<)/ひーー!・・・と心で叫んでると ギリギリにやってきましたヽ(⌒〇⌒)ノ会心のショット!! あと1分列車が遅かったら沈んじゃってました(^^;)あぶないー!
いやーヽ(⌒〇⌒)ノこれで 思い残す所は無いのだ!!
鹿島3-29 鹿島3-30
最後に石岡機関区の夜景を撮って 鹿島鉄道を後にしました。本日の仕業を終え、迫り来る廃止の時を思いながら眠るオールドタイマー達ヽ(⌒〇⌒)ノ
来週 いよいよ最期となりますが もう一度 見送りにくるのだ(>0<)/かしまあー!

またまたまたまたヽ(⌒〇⌒)ノかしまあ!

残すところ あと二週間を切った鹿島鉄道ヽ(⌒〇⌒)ノこれまでは午前中に行って明るいうちに帰って来てましたんで今回は夕日との組合わせを撮ってこようと昨日3月18日に腰を上げました(^^;)
鹿島3-1 鹿島3-2
いつものごとく9時半頃石岡駅に到着ヽ(⌒〇⌒)ノ鹿島鉄道のホームを見ると すっごい人!!\(●o○;)ノこれ 全員乗れるのおーーー??と思っていたら 本日はキハ602と714の二両連結でしたヽ(⌒〇⌒)ノキハ714は元 夕張鉄道の気動車で鹿島鉄道では唯一ワンマン化していないため なかなか出動の機会が無く 走っている姿を見るのは今回が初めてです!!ヽ(⌒〇⌒)ノ二両連結の場合ワンマンに出来ないので714の登場となったのかも?(^^;)
鹿島3-3
やがて 満員の乗客を乗せて 濃い経歴のオールドタイマーが発車ヽ(⌒〇⌒)ノおいらも オニギリ号に乗って撮影に出発ヽ(`⌒´メ)ノ途中で列車を追い越して 浜駅近くの定番撮影地へ!ヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島3-4 
うーんヽ(⌒〇⌒)ノここは懐かしい田舎の風景が広がり適度なカーブで好きだなあ。しかも県道沿いなのでお手軽に撮れるのだ!!そして そのまま玉造町駅へ向かいここで次の列車を待ちましたヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島3-5 鹿島3-6
次の列車は新型車両の3両編成!\(●o○;)ノ鹿島鉄道で三両なんて初めて!!
そのまま さっきのオールドタイマー二両の折り返しを狙い撃ちヽ(⌒〇⌒)ノいやーーこのひなびた駅のひなびた風景にひなびた列車!!似合うなあーーーー!ヽ(⌒〇⌒)ノ
次は ちょいと山の中を走る雰囲気のある八木蒔駅に向かいましたヽ(⌒〇⌒)ノ駅に向かう路は非常に狭く なかなかスリリングなのだ(^^;)
鹿島3-7 
この駅はうっそうとした林の中にあり広々とした田園や湖畔を走る鹿島鉄道で ちょいと変わった雰囲気ですヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島3-8 鹿島3-9
現れたのはキハ431と432の二両連結!\(●o○;)ノ今日は鹿島の車両フル出動だあ! 
次はビデオで八木蒔ー桃浦間の広々とした田園風景と湖畔を走る姿を撮影ヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島3-10 鹿島3-11 鹿島3-12 鹿島3-13
先ほどの二両連結編成が行ったり来たり(^^;)今日は 鹿島鉄道史上初の大繁盛かもおお!ヽ(⌒〇⌒)ノ
明日へつづく!ヽ(`⌒´メ)ノ

またまたヽ(⌒〇⌒)ノかしまあー!

またまた鹿島鉄道に行ってきましたヽ(⌒〇⌒)ノ
前回は駅周辺しか見てこなかったので 今度はまじめに走ってるところを撮ってきましたヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島2-1
帰ってから改めて写真を見て驚きました(>0<)/いつかwebや雑誌の写真で見た昔の鉄道風景そのまんまじゃないっすか\(●o○;)ノ車両も周りの施設、風景も!これを白黒にして「40年前の写真ですヽ(⌒〇⌒)ノ」と言っても みんな信じてしまうかもおー!。やっぱりここは時間が止まってる(^^;)こんな 貴重な風景を見ることが出来るのもあと二ヶ月を切りました(>0<)/わーん
鹿島2-2
キハ430を見送る うちのオニギリ号(^^;)
鹿島2-3
列車が来る間は霞ヶ浦の湖畔でのーんびりでしたヽ(⌒〇⌒)ノまた来るのだ!

見てきましたヽ(⌒〇⌒)ノかしまあー!2

引き続き 鹿島鉄道レポートです(^^;)
石岡を一通り見物した後 オニギリ号で一路 鉾田へ向かいましたヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島16
途中 必死に走ってるキハ600を発見ヽ(⌒〇⌒)ノ並走しながらノーファインダーで激写!皆さん真似しないように(^^;)
鉾田に近づくと どうやら先ほど石岡を発車した432より 早く到着しそうだったので鉾田駅の駐車場にオニギリ号を停め 迎え撃つことにしましたヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島17 鹿島18
おー!\(●o○;)ノキハ430の走る姿 初めて見ました!(>0<)/いやこの広々とした景色になんと似合うお姿!(>0<)/すばらしー!こんな昔ながらの風景が見れるなんて感動ですうー!ヽ(⌒〇⌒)ノまるでタイムスリップしたみたいなのだ!
鹿島19
オニギリ号とのツーショット記念写真(^^;)ここは実は保険会社の駐車場です。駅の駐車場はもうちょっと手前にあります。当然 写真撮ったら所定の場所に移動しましたヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島20 鹿島21
この駅は両側ホームなので床下がサイドから眺められないのが残念なのですが 独特な雰囲気を持った終着駅ですヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島22 鹿島23 鹿島24
駅舎は鹿島参宮鉄道時代からのものとのことヽ(⌒〇⌒)ノ筑波山をモチーフとしたとみられるモニュメントがとっても印象的です!中も自動販売機など無く昔のまま(^^;)切符もすべて硬券。ここは昭和30年代から時間が止まってるうー!(>0<)/
しかし 前回来た時はやっていた駅前のセブンイレブンが潰れてた(^^;)終端駅の真ん前のコンビニが潰れるということは・・・・・よっぽどお客が少ないと思われますヽ(´o`;)ノうーむ。
鹿島26 鹿島25
駅舎の一隅で鉄道模型運転会場とあったので入ってみると中には小さなオーバル路線が引いてありキハ431の模型が走り回ってましたヽ(⌒〇⌒)ノ外には本物のキハ432が見えて なんか不思議な空間です(^^;)
鹿島27
模型の他に鹿島鉄道を走っていた歴代車両の写真も展示しており 鉾田の古い写真もありました。鉾田駅にも機関庫があったんですね!ヽ(⌒〇⌒)ノクラウスが走ってたんですね!
鹿島28 鹿島29
やがて432が出て行き しばらくすると今度はキハ601が来ましたヽ(⌒〇⌒)ノ鹿島鉄道の列車は半分が常陸小川で引き返し 鉾田へは一時間に一本となります。(^^;)キハ600は正面が流線型から大きく改造され 変速機も機械式からトルコンに変わっていますが 車両サイドはまさにキハ07のままです!!ヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島30
キハ601は川崎車両製の昭和11年製 キハ602は大宮工場製の昭和12年製!\(●o○;)ノ(写真は別なときに撮った602のもの)なあーんとD51やC57と同じじゃあないっすか!\(●o○;)ノこんなのが 動態保存とかじゃなくて現役として毎日フル稼働してるなんてスゴすぎるうー!(>0<)/
鹿島31
次に来たのは 緑のキハ431ヽ(⌒〇⌒)ノいやこれまた 渋い!!
・・・・と ここで気がついたのは手前のアッシュピット\(●o○;)ノそのすぐ横には井戸の跡があり構造物の跡が!ということは ここに給水タンクや給炭台があったのは間違いありません!\(●o○;)ノと あとで写真をよく見ると・・・・
鹿島32
近くに小屋が建っており 先ほどの蒸機の古写真と見合わせ、これが機関庫の横に写ってる小屋では?!(>0<)/なるほど!ここに機関庫があったんですね!ヽ(⌒〇⌒)ノ
石岡では714がエンジンを掛けてウオームアップしていたので もしかしたら来るかも?ともう一本待ってみましたヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島33
・・・が 来たのは先ほどのキハ601ヽ(´o`;)ノなあーんだ。・・・と贅沢いっちゃいけません(^^;)今日は新型のKR-500が来ませんでした!たぶん休日なので鉄ちゃん向けに旧型車を集中させて鉾田まで来させたと思われますヽ(⌒〇⌒)ノ実際 旧型車の列車には鉄ちゃんが7、8人は乗って来てそのまま引き返して行きましたヽ(⌒〇⌒)ノこれだけでも 結構な収入になってると思われます!
目的の430形の走る姿は見れたのでこれで引き上げることとしました(^^;)430形には またこの次乗るのだヽ(⌒〇⌒)ノ
 一応満足して自宅に帰ったのですが 次の日のニュースでなんと 鹿島鉄道廃止決定のニュースがあああ!!!\(●o○;)ノおいらが行ったクリスマスイブに廃止が決定したとのことヽ(´o`;)ノなんとまあーこれもなにかの因縁か?しかしクリスマスプレゼントどころか 逆に大切な物を持って行かれちゃった気分です(>0<)/わあーん!
あと三ヶ月 出来るだけこの旧型気動車の最後の砦を目に焼き付けておこうと決心したのであった!!ヽ(`⌒´メ)ノ

見てきましたヽ(⌒〇⌒)ノかしま

存続が危ぶまれている鹿島鉄道。今や生きた化石、現役動態保存とも言えるキハ430や元キハ07のキハ600、元夕張鉄道の車両だったキハ714がこの21世紀になっても見れる動く鉄道博物館なのだヽ(⌒〇⌒)ノ
今年の5月にキハ600で一往復乗ったのですが まだキハ430の動いているのは見ていませんでしたので今のうち見てこよう!ヽ(⌒〇⌒)ノ・・・・とクリスマスイブの12月24日にオニギリ号に乗って行ってきました。
10時過ぎに石岡に着くと いるいるヽ(⌒〇⌒)ノ千両役者の揃い踏み!どすこーい!
鹿島1 鹿島2
キハ430は湘南顔で模型化するにはとても好題材ですね!東武の妻沼線を走っていたのもたしか同じタイプの気動車じゃなかったかな。キハ600の屋根は独特のベンチレーターの並びになっており07の特徴を残してます!ヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島3
構内には蒸機時代のアッシュピットが残っていますヽ(⌒〇⌒)ノ他のHPでの古写真で見るとこのすぐ横に給水タンクと給炭台があったようです。
ホーム前に430が二両停まってるのでホームから写真を撮ろうと入場券で入るとすでに432が入線してしまってた\(●o○;)ノ
鹿島5 鹿島4
乗りたかったのですが オニギリ号を路上駐車してたので 今回は断念ヽ(´o`;)ノうん だんねん!
鹿島6 鹿島7 鹿島8
室内はロングシートに改装されているものの 昭和の香りがプンプンですヽ(⌒〇⌒)ノ木張りの床がなんとも言えません!
鹿島9
緑の金太郎に塗られた431もなかなか魅力的ですヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島11 鹿島10
台車は地方軽便車両や旧型気動車によく見られたアーチバタイプ\(●o○;)ノ今どきこんな台車を履いた車両が現役なんて驚異なのだ!(>0<)/ひーー!
床下機器も見るからに大変良く整備されており 見てて気持ちがいいのだヽ(⌒〇⌒)ノでも 排気管がエンジンの横から排気されてます(^^;)ホームに居るとかなりガス臭いかもー(>0<)/ 
鹿島12
鹿島鉄道のホームの屋根は大きく波打ち いかにも赤字ローカル線なんですが 大谷石のホームや煙よけがついた瓦屋根の昔ながらの雰囲気ですヽ(⌒〇⌒)ノ クリスマスシーズンなので屋根や柱にLEDの電飾で飾られています・・・が 昼見ると有刺鉄線みたい(^^;)
ここで 一旦駅を出て 機関区奥に止まってる714を見に行きましたヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島13 鹿島14
機関区の横の道路から奥の機関庫の近くまで近寄ることができますヽ(⌒〇⌒)ノ
近づくと714もエンジンが掛かっておりガラガラと唸りを上げてます\(●o○;)ノ今日動くの?714は鹿島鉄道では唯一ワンマン改造されていないので普段は動いておらず 月に一度だけ一往復動いてるそうです。これは 是非動いてる所を見て帰りたいなあヽ(⌒〇⌒)ノ
鹿島15
奥の機関庫も蒸機時代からの遺物で何とも言えない雰囲気を醸し出していますヽ(⌒〇⌒)ノ
ここで石岡をあとに オニギリ号で鉾田に向かいましたヽ(⌒〇⌒)ノ つづくうー。

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 69
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme