趣味の総合サイト ホビダス
 

C622組立ヽ(⌒〇⌒)ノ最終回

納期の迫ったC622ですが 一応組立を終了しテンダーを連結しての最終調整に入りましたヽ(⌒〇⌒)ノ
C62-6-27-1 C62-6-27-2
まずは 上回りを乗せた状態で機関車の姿勢調整ですヽ(⌒〇⌒)ノ当キットはイコライザーに寄る4点支持のため多少機関車が斜めにシーソー状態でしたので慎重にイコラザーを曲げて 前後左右傾きの無いように(完全に取れないので 極力少なくなるように(^^;))調整しました。
C62-6-27-3
次に下回りにテンダーを付けての走行テストヽ(⌒〇⌒)ノ
うちにある線路はカトーのR730だけなので 最低 このR730のS字カーブ通過を目指します!! 当然?最初はショートだらけで 考えられる部分にテープを貼って簡易絶縁してゆきショートしている部分を特定してゆきます(^^;)地道な作業なのだ(>0<)/
下回りでのポイントは
1:尻棒と先輪の接触(これはお決まり項目(^^;))
2:ブレーキと動輪の接触(ブレーキが変形し易いので 常に注意項目(^^;))
3:絶縁側動輪タイヤとサイドロッドの接触(クリアランスが小さいので注意)
4:第三動輪と従台車の接触(オリジナルの状態だと必ず接触します(^^;))
5:先台車と従台車の復元バネの調整(脱線防止とともに カーブでのショート防止に重要項目です(>0<)/)
C62-6-27-4 C62-6-27-5
上回りを乗せての走行テストですヽ(⌒〇⌒)ノここでのポイントは
1:従台車と上回りの配管との接触(これは 配管取付時に充分検討しましたので問題無し(^^;))
2:ボイラーと動輪の接触(オリジナルではかなりギリギリですので イコライザーの調整次第では接触します(>0<)/)
3:第二動輪とエアタンクとの接触
C62-6-27-6
4:ストーカーエンジンとテンダー台枠の接触(S字カーブ通過中に接触します.
走行重視の方は大きくストーカーエンジンを削る必要があります)
調整後はなんとかR730は問題無く通過するようになりましたヽ(⌒〇⌒)ノ
(時間が無く S字をバックで通過時 ストーカーエンジンの削りが足りず ほんの少しショートするです(^^;)あと12時間あれば・・・・クロスヘッドさん(>0<)/すんませ~~ん!)
走行調整が終わった後は 徹底的にキサゲ刷毛で車体を磨きピカピカにしてナンバープレート類を貼って完成しましたヽ(⌒〇⌒)ノやったあ~~!!
C62-6-27-7 C62-6-27-8 C62-6-27-9
組立て開始して約二ヶ月(^^;)こんなに集中して模型組んだのも初めてかも。最初は素組だということで 気軽に引き受けたんですが さすがに凝った部品構成やパーツの多さ ディティールのこだわりで メチャクチャ手応えのあるキットでした~~(^^;)
C62-6-27-10 C62-6-27-11 C62-6-27-12
大変でしたが 部品がアッセンブルされるたびに その姿の良さに感心させられましたヽ(⌒〇⌒)ノご覧の通り スッキリした東海型なのによく見ると実に造り込まれた見応えのある姿に仕上ります~~!!ヽ(⌒〇⌒)ノ
昨日 金岡工房さんへおじゃまして ここでクロスヘッドIA社のSさんとお会いして 完成したC622を収めて来ましたヽ(⌒〇⌒)ノ担当のSさんも「うちの製品がこんなにカッコいいとは思わなかったヽ(⌒〇⌒)ノ」と非常に感激していただきました(^^;)まだ 東海型は完成品を見た事無かったとのこと(^^;)金岡工房さんとも協力して さらなるパーツの改良も行われるとのことヽ(⌒〇⌒)ノこれからも 目が離せないのだ!!
C62-6-27-13
当機関車はRMMの次号にて製品紹介の欄に掲載される予定ですヽ(⌒〇⌒)ノ
その後 DCCとサウンド装置を積込んで 各地でデモ走行に活躍するそうですヽ(⌒〇⌒)ノお楽しみに~~
あ~~ヽ(´o`;)ノ疲れた

C622組立ヽ(⌒〇⌒)ノ46-48日目

テンダーは機関車本体と較べると あまり難工事もなく どんどん進みましたヽ(⌒〇⌒)ノ
C62-6-22-1 C62-6-22-2
重油タンクはまるまる一体で出来た大型ロストですヽ(⌒〇⌒)ノ
宮原機関区所属の機関車は 北海道型と同じく石炭庫の外に付くタイプです。当時の詳細資料がないので 北海道のタンクをそのまま使用していますとのこと(^^;)ということで 重油タンクの配管も北海道型を参考に給油管、蒸気管、排水管等を取付けましたヽ(⌒〇⌒)ノ
C62-6-22-3
テンダー本体もかなり形になって来ましたので ここいらで台車の組立てに入りましたヽ(⌒〇⌒)ノ 台車は従台車と同じスパイク製で軸箱可動の非常に凝った台車です(^^;)かなり手こずるかも?・・・と聞いていたのですが 比較的問題無く組立てる事が出来ましたヽ(⌒〇⌒)ノただ やはり若干車輪と台車枠が接触する部分(軸バネ筒、エンドビームの受けの部分)がありましたのでそこを削ってクリアランスに余裕をもたせてやりましたヽ(⌒〇⌒)ノ
C62-6-22-4
台車を取付けると さすがに細密感が盛り上がるデスヽ(⌒〇⌒)ノ
床下もATSが無いので非常に楽チンでブレーキ関連の配管とロッド、暖房管、電線管を付けるとほぼ完了ヽ(⌒〇⌒)ノエッチングやロストに寄る管受けが数種類付属してるので あまり苦労せず配管できました!
C62-6-22-5 C62-6-22-6 C62-6-22-7
あとテンダーは 後のステップ、台車のロッド、前妻の重油配管をすれば完成です~ヽ(⌒〇⌒)ノレッツ ラストスパートなのだ!!

C622組立ヽ(⌒〇⌒)ノ43-45日目

いよいよ テンダーの組立て開始です~ヽ(⌒〇⌒)ノ
C62-6-18-1
箱の中身を広げるとご覧の通り!! エッチング板とロストの袋がどっさり(^^;)納期に間に合うかなあ~~
C62-6-18-2
とりあえず テンダーの基本のパーツの整備から始めましたヽ(⌒〇⌒)ノ
プレス加工された部品は このテンダー本体と前側の妻板のみです(^^;)あとは ほとんどエッチング板から切り離して組み合わせるか 自分で折曲げますヽ(⌒〇⌒)ノ
しかし 折曲げ部には全てエッチングの掘込みがあり 簡単にスッキリと曲げられるので この辺はワールド工芸のキットのようなテキパキとした作業が可能ですヽ(⌒〇⌒)ノテンダー床下の台枠もロストとエッチング抜きパーツの組合わせです。
C62-6-18-3
台枠は C622の場合 ボルスター受けが量産型と違い側受けが別体となったC59タイプとなります。取付けようとしたら 取付け穴が長穴になっていて 台車が無いと位置が決まりません(>0<)/なあ~~んだ。床下配管も台車との当りがあるので 台車が出来てからとなります(^^;)ということは 台車を早めに作らないとダメ?
C62-6-18-4
妻板の石炭取り出し口上にある観音開きの扉は 一見ほんとに開くの?\(●o○;)ノ・・・と思わせるようなパーツの構成ですヽ(⌒〇⌒)ノ実際は開きませんが 結構こんなところにこだわりがあるキットなのだヽ(⌒〇⌒)ノなかなかやるじゃん!
C62-6-18-6 C62-6-18-5
ストーカー搭載車特有の石炭庫を持つテンダーですが その石炭庫床もご覧のようなエッチング板で自分で曲げます(^^;)綺麗に曲げられるかな?・・・・と 心配したのですが 裏側にも曲げ線がエッチングで入っており慎重に指で曲げて行くと一分ほどでご覧の通りヽ(⌒〇⌒)ノ簡単にシャープなスロープ付き石炭庫の床が出来ましたあ!!
C62-6-18-7
その床下につくストーカー本体ですヽ(⌒〇⌒)ノこれもエッチング板とロストの組合わせ!!ご覧の通り 実感的なお姿!ヽ(⌒〇⌒)ノしかし 残念ながらこれをテンダーの中に取付けるとほとんど見えなくなっちゃうです(^^;)もったいない。
C62-6-18-8 C62-6-18-9
前後の妻板も無難に取付け完了ヽ(⌒〇⌒)ノ前側も ATSが無いので比較的スッキリしてますが それでも締切コック等が並んでなかなか細密感が盛り上がるですヽ(⌒〇⌒)ノ

C622組立ヽ(⌒〇⌒)ノ37-42日目

どもどもども(^^;)しばらく仕事が忙しくなりこちらの作業がストップしておりました。で依頼されたC622の納期も近づいて来たので集中して進めましたので順にご紹介いたしますヽ(⌒〇⌒)ノ
C62-6-15-1
いよいよ機関士側のキャブ下のエア配管に入りましたヽ(⌒〇⌒)ノ これ関連の付属パーツはウイストの空気分配弁と渦巻きちり取り、締切コック二個のみです(^^;)キャブ下から機関車前方へ延びる配管は3本で これらを慎重に曲げてゆきます。
C62-6-15-2
C62の場合は 従台車の担いバネの上端がカーブ時 この配管に接触する可能性が高く 渦巻きちり取りと配管の位置は何度も調整しました(>0<)/
C62-6-15-3
付属品にこの辺の管押えは一切無いのでランボード下は全てベタ付けです(^^;)三本並んでキャブ下前方でカーブを描くのが特徴ですので この辺の曲げには神経を使ったです(^^;) 泥ダメもウイスト製ですが これを付けた段階で上回りの扱いを注意しないと この下に延びる配管を曲げてしまいます(>0<)/
C62-6-15-4 C62-6-15-5
ブレーキ関連はブレーキシューがクロスヘッド社オリジナルでブレーキ梁は金岡工房製ヽ(⌒〇⌒)ノブレーキ梁はブレーキシューの穴に差し込んで組付けるので位置出しは簡単なのですが ご覧の通りブレーキシューはこの一点で支持されるだけなので なんとも心もとない状態(^^;)とりあえず キットのオリジナル状態を保ったまま機関車に取付けましたが このまま機関車をいじってるとすぐ曲がってしまうのは必至(>0<)/みなさんは なにかしら補強を入れてやりましょう
さて バルブギアの組立ですヽ(⌒〇⌒)ノ
C62-6-15-6 C62-6-15-7
バルブギア関連はクロスヘッドをはじめ全てオリジナルパーツですヽ(⌒〇⌒)ノ特筆はなんと言ってもあのニワでも実現出来なかった加減リンクが実物通り三枚構造になっていることです!!見よ!この実感的な加減リンク!ヽ(`⌒´メ)ノキットの内容ですと加減リンクとラジアスロッドは連結されてないのでラジアスロッドの動きまでは再現しませんが ここまで出来てれば実物同様作用するように改造することは比較的容易ですヽ(⌒〇⌒)ノ
C62-6-15-8
いよいよ完成に近づいて来たので ここいらで正面のナンバープレートを取付けヽ(⌒〇⌒)ノナンバープレートは扉とプレートにあいた穴を0.3Φ線で貫通させるという実物に近い形で取付けます(^^;)ともに正確な位置に穴をあける必要があるので個人ではとても真似出来ない芸当なのだ(>0<)/
C62-6-15-9
正面から見たらほぼ完成状態ですヽ(⌒〇⌒)ノエプロンがまだ置いてるだけ。
若干ナンバープレート位置が高い気がするんだけど 写真と見比べると・・・・北海道時代がこれくらいみたいですね(^^;)しかし 東海道時代はもう少し低い気がするんだけど・・・あと0.5mmくらい(^^;)しらべるとC621も山陽時代になってナンバープレート位置が高くなってますねヽ(´o`;)ノなんでだろ?
ただナンバープレートの位置って微妙な違いで全然印象が違ってくるのでもう少し検討してもらうとよかったかも(^^;)なにせ この取付け方だと調整が効かないのだ(>0<)/うむ
C62-6-15-11 C62-6-15-12 C62-6-15-14C62-6-15-13
さてヽ(⌒〇⌒)ノこれで 外見はほとんど完成状態となりました!!(一部部品待ちあり(^^;))あとは モーターを付けて走行調整ですが・・・これがまた時間掛かるんだよなヽ(´o`;)ノ

C622組立ヽ(⌒〇⌒)ノ34-36日目

クロスヘッド社から 冷却管のパーツが送られて来ましたので 非公式側の冷却管とエアタンクを取付けましたヽ(⌒〇⌒)ノ
C62-6-7-1
さすがに 失敗を入れて3回目ですので コツを覚えて問題無く取付ける事ができました(^^;)あ~よかった。
C62-6-7-3 C62-6-7-2 C62-6-7-7
触って歪むのを恐れて 後回しにしていたキャブ側扉の手すりと キャブ背面のストーカー安全弁の配管をしましたヽ(⌒〇⌒)ノ  手すりはなかなか凝った受け金具なんですが 手すり本体がなんと言ってもφ0.4と細い真鍮線のため ちょいと触るだけで曲がってしまいますヽ(´o`;)ノほんとは ここは燐青銅線にしてやりたいところなんですが・・・・(^^;)
C62-6-7-4 C62-6-7-5
煙室扉のエプロンを組立てて 置いてみましたヽ(⌒〇⌒)ノ東海時代のC622のエプロンは何故か エプロンの片側のつい立てがありません(^^;)なぜだろ~~?
で ここで疑問なんだけど 煙室扉枠に このエプロンをハンダ付けしちゃっても扉枠は取外し出来るのだろう~か?(^^;)キッチリ温め器カバーに密着してるので身動き取れなくなる気がするんだけど~~(^^;)← まだエプロンを付けた蒸機を作った事が無い。う~~~~んヽ(´o`;)ノ悩むなあ~~~~~
C62-6-7-6
ちなみに 煙室戸ハンドルも まだ差し込んであるだけです(^^;)エコーのハンドルは非常に細く柔らかいので これも一番最後に取付ける予定です(^^;)

C622組立ヽ(⌒〇⌒)ノ32-33日目

かなり暇だった仕事が 急に忙しくなり C622の組立のスピードがかなりダウンしてます(^^;)あしからず・・・
前回 デフステーを少し上げて取付けないと水平に付かないと書いたのですが C622のキットのみ改良が遅れたためでC6218は 改良されているそうです(^^;)
さて 次は空気冷却管の組立ですヽ(⌒〇⌒)ノまず 冷却管を曲げました。
C62-6-4-1
本キットでは何個か自分で折曲げするパーツがありますが その折曲げのためのテンプレートフィルムが付属してますヽ(⌒〇⌒)ノ
C62-6-4-2
冷却管に受けを取付けヽ(⌒〇⌒)ノ
しかし この冷却管受けのロストの組付けは結構難物かも~~~(>0<)/小さなロストの組合わせで しかも組み合わせにくい~~~~~ヽ(´o`;)ノここで非公式側の組付けに失敗(^^;)管受けのロストパーツをダメにしてしまいました(>0<)/わああん。自分の模型なら ここで他社製パーツを使いたいところですが そうも行かないので クロスヘッド社に連絡して 部品を送ってもらう事にしました(>0<)/すんませ~~~ん
エアータンクとこの管受けとのクリアランスもお互いの調整をしないとスマートに付きそうもありません(^^;)・・・ここもアッサリ組付けるつもりだったんですが かなり時間を掛けてしまいましたヽ(´o`;)ノ
C62-6-4-3 C62-6-4-4
で なんとか公式側の冷却管とエアータンク取付け終了!!
小さくて曲がり易かった冷却管のロスト製受けもハンダ付けで組むとしっかりとなかなかの強度です(^^;)組むまでが大変
エアタンクも φ0.3線を巻いて吊りワイヤを表現するんだけど これを平行にハンダ付けするのがまた大変(^^;)これ一緒に鋳込んでほしかったなあ~~(^^;)
タンク本体の取付けは コテが入らないので 例によって液状ハンダとポケットトーチが活躍(^^;)ふう~~~。非公式側は部品が届くまで作業待ちですヽ(´o`;)ノ
C62-6-4-5 C62-6-4-6
スノープローを取付けましたヽ(⌒〇⌒)ノなかなか迫力のある顔立ちになったのだ!!
C62-6-4-7
東海型のスノープローはステップが当たるので一段目は切り取る形になります(^^;)
で実物写真をよく見ると スノープローとが連結されているように見えるので このC62もステップとスノープローを接触させてハンダ付けしましたヽ(⌒〇⌒)ノ
ただ クロスヘッド社さんに聞くと ちょっと違うらしいんですが・・・・スノープローの強度が一段とアップするので そのままとするです(^^;)
C62-6-4-8  C62-6-4-9
レールとのクリアランズは2mm弱くらいヽ(⌒〇⌒)ノこれくらいあれば そこそこの線路状態であれば接触しないでしょう(^^;)
C62-6-4-10 C62-6-4-11 C62-6-4-12
助手席側のキャブ下の暖房管、給水管、三方コックの配管も完了ヽ(⌒〇⌒)ノ この三本の配管のテンダーへの接続側の管受は キットには何も入ってないんですよね(^^;) 追加部品、追加加工はしない方針でしたが ここだけはさすがに宙ぶらりんにする訳にも行かず 帯板を使って受け金を作りました(>0<)/
C62-6-4-13 C62-6-4-14 C62-6-4-15
さあて いよいよC622機関車本体もラストスパート状態なのだヽ(⌒〇⌒)ノ・・・けど まだテンダーが手つかず状態(^^;)間に合うかなあ??

C622組立ヽ(⌒〇⌒)ノ30-31日目

昨日は煙室扉を組みましたヽ(⌒〇⌒)ノ
C62-5-31-1
実物の図面から正確に機械加工でRを表現された煙室扉枠はすばらし~出来ですヽ(⌒〇⌒)ノこのボリューム感はまさにC62ってかんじですねヽ(⌒〇⌒)ノ扉本体も機械加工品でまるで腕時計の裏蓋のように光り輝いてます(^^;) 
C62-5-31-2 C62-5-31-4
ただ ヒンジがちょっと大きいかなあ~(^^;)こだわる人はニワかエコー製に交換するといいかも。ヘッドライトは原型のためLP42(^^;)さすがに小さくみえるですな~。ヘッドライトのパーツはオリジナルロストで 点灯可能とするために支柱の中に穴があいていますヽ(⌒〇⌒)ノ ただ 取付け位置はもうちょい上にしたいなあ~~(^^;)見本品なので修正するわけにも行かないし~~~
C62-5-31-3
通風管も取付けましたヽ(⌒〇⌒)ノ原型では煙室部分のみ外側を通り ボイラー部分ではケーシング内を通ります。 煙室外側からケーシングに入り込む部分は穴が無かったのであけてからの取付けとなります(^^;)
給水関連の配管はボイラーの下付近は 配管押えのパーツが無いので ボイラーにベタ付けです(^^;)本来なら割りピンでも使って浮かせたいところです・・・
あと管継手も途中何カ所か入れてやりたいなあ~ヽ(´o`;)ノ残念ながらキットには入ってません~~~。
C62-5-31-5 C62-5-31-6
二子三方コックも取付けヽ(⌒〇⌒)ノここから二本 前方に向かって配管が延びるはずなんですが2号機は写真をいくら見ても1本しか見えないんですよね~(^^;)なぜだろ~。
配管はキットの管押えが2個余っていたので これを使って取付けましたヽ(⌒〇⌒)ノ(余ってたんじゃなく これに使うやつだったのかな~?(^^;)説明書には載ってないけど・・・)
一緒に吹出し弁も取付けましたヽ(⌒〇⌒)ノ
あと給水管と暖房管を付ければ こちら側のディティールはほぼ終了なのだヽ(⌒〇⌒)ノ
原型は楽チンだなあ~~~ヽ(⌒〇⌒)ノここいら辺の配管の取り回しは昭和29年頃変更されて北海道時代まで ほぼそのままとなっているみたいなので 北海道時代の写真を参考にしてます(^^;)
C62-5-31-7
付属の東海型用のスノ~ブロ~も整備ちゅう~~~ヽ(⌒〇⌒)ノこれも オリジナルのロストでダイナミックな形をしているのだ!!  これを付けるには前ステップが邪魔になるので切ることになるそうです(実物もそうらしい)(^^;) そのため 付けるかどうか?作者の選択になるんですが 見本品は付けた方が見栄えがするということで 装着するです!ヽ(⌒〇⌒)ノ
そして本日 この勢いでデフを取付けましたあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ
C62-5-31-8 C62-5-31-9
これを付けると 一気に これぞC62の2号機!!ヽ(`⌒´メ)ノ・・・・って感じですね~ヽ(⌒〇⌒)ノ
C62-5-31-10
デフの取付けは曲がりに気をつけると同時に大事なツバメを傷つけない様に注意しましたヽ(⌒〇⌒)ノ取付け後 研磨剤でツバメを磨いて鏡面近くピカピカにしておいたのだヽ(⌒〇⌒)ノ
C62-5-31-11
前ステップと連結器、ブレーキホースを取付けて 前から見た姿はほぼ完成状態になったのだヽ(⌒〇⌒)ノ連結器座はエコーで 連結器はKDと連結可能な金岡工房製ですヽ(⌒〇⌒)ノ
C62-5-31-12 
デフステーはこのように少しデフから上に出る形にしないと水平になりません(^^;)これから組む方はご注意を!

C622組立ヽ(⌒〇⌒)ノ29日目

キャブ室内ヽ(⌒〇⌒)ノやっと完了
C62-5-28-1 C62-5-28-2
残りの速度計、ブレーキ圧力計、ブレーキ弁脚台、椅子はただ取付けるだけなので ホイホイと進みましたヽ(⌒〇⌒)ノ
いや~さすが これだけ部品が付くと キャブ内は賑やかになりますなあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ
出来れば これに金岡工房の灰箱の開閉ハンドル、二子三方コックハンドル、砂撒き管操作ハンドル、給水ポンプ圧力計装置を追加するとさらに充実した室内になるのだヽ(⌒〇⌒)ノ
C62-5-28-3 C62-5-28-4 C62-5-28-5
今回のキットからキャブ外板は取外し可能になったので 外してキャブインテリアを楽しむことも可能ですが 開閉式扉からちらりと覗く機器がまた雰囲気が出てるなあ~~ヽ(⌒〇⌒)ノ
C62-5-28-6
さあ~~て次はどこを進めよう~~(^^;)

C622組立ヽ(⌒〇⌒)ノ27~28日目

C62を組み始めて早くも一ヶ月が経ちましたヽ(´o`;)ノ早いなあ
キャブ内パーツをガンガン取付けてゆく予定でしたが 久々に仕事が入りこちらの作業がかなり遅くなってます(^^;)
C62-5-27-1
キャブ内パーツを並べると(焚き口と逆転テコは取付済み) 全てロストパーツヽ(⌒〇⌒)ノほとんどが金岡さん及びクロスヘッド社のオリジナルです(レギュレーターハンドルのみウイスト製)
C62-5-27-2
で 仕事の合間に少しでも進もうと石炭を飛ばす方向、量を調整するストーカーノズル分配弁を取付けましたヽ(⌒〇⌒)ノここから5本 ストカーの焚き口に向かって細い蒸気管が延びます・・・・・・・・・・が!!\(●o○;)ノなあ~~~~んと これを取付けると焚き口の開き戸が当たってちょっとしか開きません!!(>0<)/わあ~~ん!!実物写真を良く検討すると 取付け位置がもう少し離れていると同時に この分配弁はぐっと前に張り出しており 開き戸はこの裏に入り込む形のようです(^^;)う~~む。キャブ内の目玉の可動式開き戸が これしか開かないのはちょっとまずいので もう一度取付け位置を再検討ヽ(´o`;)ノ
C62-5-27-3
ストーカーノズル分配弁をやや右上に移動して ここまで開閉可能となりましたヽ(⌒〇⌒)ノこれくらい開けばOKでしょう~ヽ(⌒〇⌒)ノ逆に 分配弁がストッパーになって開き戸の開き過ぎにならず 閉まらなくなる不具合も解消したのだヽ(⌒〇⌒)ノあ~~よかった!!
C62-5-27-4
ついでにストーカー配管関連でストーカーへの給気を調整する双子蒸気加減弁と蒸気分配箱を取付けましたあ~ヽ(⌒〇⌒)ノ
今までは分配箱本体に 数多くのバルブを取付けていましたが 今回からは なあ~~~んとバルブが一体となった超複雑なロストパーツとなってます\(●o○;)ノすご~~~!!こんなパーツがロストで出来るようになったんですね~~ヽ(⌒〇⌒)ノすばらし~~パーツなのだ!! これも金岡工房とクロスヘッド社がコラボした合作だそうです!!ヽ(⌒〇⌒)ノちなみに細かいバルブが数多く並ぶため強度を考慮してこれも ベリ銅製ロストとなってます!ヽ(⌒〇⌒)ノ この分配箱を付けただけで バックプレートが一気に超細密モデルの雰囲気が盛り上がったです~~~ヽ(⌒〇⌒)ノただし 分配箱への配管はバルブが13個もあるので これをやってるだけで数日かかりそうなので 写真のストーカー用の配管のみとさせていただきます~(^^;)ども
・・・・・と安心して次の部品の検討をしながら眺めていると・・・・・ん?(^^;)あれ?・・・があああああああん\(●o○;)ノ これだと水面計がストーカーの配管に当たって付かない~~!!
翌日ストーカーの配管を移動して無事 水面計も取り付きましたヽ(⌒〇⌒)ノ不具合が出た時はぐっすり寝て翌日 スッキリした頭でやり直すに限るのだヽ(⌒〇⌒)ノ
C62-5-27-5
ついでにインジェクター、ストーカー圧力計も取付け完了ヽ(⌒〇⌒)ノこれで キャブ内も6~7割進んだのだヽ(⌒〇⌒)ノ
C62-5-27-6
バックプレートとが早くもディティールテンコ盛り状態になりつつあります(^^;)これにフルパイピングしたら ゴチャゴチャになっちゃうかも~~(>0<)/ それにもまして 部品が窮屈に並ぶので取付け位置は慎重に検討しないと今回のようなトラブルが続出するですな(^^;)反省
しかし素組でこの状態になるとは 恐るべきキットなのだヽ(`⌒´メ)ノ

C622組立ヽ(⌒〇⌒)ノ26日目

給水ポンプとエアコンプレッサー、動力逆転機を取付けましたヽ(⌒〇⌒)ノがんばったのだ!!
C62-5-24-1
給水ポンプはウイストのロストでしたが キャスティングが非常に悪く 面がガタガタでしたのでヤスリでかなり修正しました(^^;)う~~む 機関車本体が非常に良く出来てるだけに こういった大物ロストパーツの品質が低いと一気に全体のレベルが下がって見えるなあ~ヽ(´o`;)ノ
C62-5-24-2 C62-5-24-3
給水関連のφ0.8の配管も付属の布巻き管を使用することになっているのでそうしましたが これも布巻きの表現が紐をネジったみたいでかなり印象がよくない(^^;) みなさんが組立てる時は 通常の真鍮線か燐青銅線にしたほうがいいかも(>0<)/実物も 東海時代はここいら辺に布巻き管は使用してなかったみたいです(^^;)管受けとして板状の受けをランボード上にたてるようになってますが これは北海道仕様のものがそのまま付けるようになってます。実際の東海時代は 通常の押え金だったみたいですので 拘る方は交換するようになるかも(^^;)配管の途中に何カ所か管継手を付けてやりたい所ですが 付属品には入ってませんので みなさんは適宜追加してください(^^;)
C62-5-24-4
機関士側では エアコンプレッサー、その排気管、ストーカーの排気管を取付けヽ(⌒〇⌒)ノキャブ~コンプ間のストーカー排気管には 付属の管受け(たぶん通風管用として入っているが)を使用しましたヽ(⌒〇⌒)ノ
C62-5-24-5
ストーカーとエアコンプレッサーの排気管は動力逆転機の下で合体するです。こちらの排気管も北海道タイプの管受けを取付けるようになっていましたが 作用管があるため排気管の位置がかなり外側に張り出し 指定の板状の管受けを取付けることが出来ませんでした(^^;)実物も 東海時代はこの管受けではなかったので ここは管受け無しというこにさせていただきました。
C62-5-24-6 C62-5-24-7
動力逆転機は このキットで数少ないニワ製ロスト。現在入手出来る逆転機は このニワだけの逸品なのだヽ(⌒〇⌒)ノしかし これの取付けはランボード上の作用管がかなり邪魔になって取付けには少々工夫が必要です(^^;) 操作ロッドの先には キャブ内の逆転テコ(金岡工房製)に繋がるように配置しますヽ(⌒〇⌒)ノ ただし キャブ前のランボード上でこの操作ロッドと作用管受が当たって 本来真っすぐのロッドがどうしも曲がってしまいますヽ(´o`;)ノう~~む  やはり作用管は 付属の作用管受けでなく ボイラーにベタ付けしないと かなり邪魔になっちゃうなあ~~(^^;)
C62-5-24-8
ランボード上の作用管については 2~3カ所これの影響で取付が難しパーツがあります(エアコンプレッサー排気管の管受け、動力逆転機、同操作ロッド)ので みなさん よ~く検討してください~(>0<)/ 
次にキャブ内を進める事にしましたヽ(⌒〇⌒)ノ
C62-5-24-9 C62-5-24-10
まずは焚き口からです~ヽ(⌒〇⌒)ノ焚き口は金岡工房の力作!!開閉可能な焚き口です!ヽ(⌒〇⌒)ノ左右の開き戸は実物同様に軸部分がギア状になっておりお互いが噛み合って両側に綺麗に開閉しますヽ(⌒〇⌒)ノすばらし~~!!しかし 開きすぎるとギアが外れて閉まらなくなるので その場合は指で押して閉じることになるです(^^;)
C62-5-24-11
クロスヘッドIA社さんでは サウンドとともにDCCでこの焚き口の炎の光も火室に仕込む予定だそうですヽ(⌒〇⌒)ノちゃんと チラチラと炎の揺らぎの点滅もするです!!←社にお邪魔した時見せてもらったのだヽ(⌒〇⌒)ノ

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

StatPress

Visits today: 69
We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme